今週の仮面ライダーゴースト 31話

仮面ライダーゴースト 第31話 『奇妙!ガンマイザーの力!』

ゴーストep31 0

ここで五十嵐博士が無事だったことを確認してる辺り、
誰も五十嵐博士の見舞いとか行ってなかったんですね…
前回:タケルの死まであと54

今回:タケルの死まであと40

毎度毎度思ってたけど、話数が1つ進むだけなのにタケルのタイムリミットが進み過ぎである。
今回なんて14日も経過してました。2週間の間お前らは何やってたんじゃい。
もう折り返し地点超えてるんですから、タケル殿は流石に焦った方がいいと思います。
タイムリミットなんてあって無いようなものだから気にしないとは思ってましたが、流石に今回は気になりました。
シナリオも前回の直後に起きたと行っても不自然ではない展開でしたので、
多分タイムリミットの表記はシナリオと一緒に考えてるのではなく、一通り撮影が終わった後に「あと何日にする?」「こんくらいでいいんじゃね?」ってノリで考えてるんだと思います。

ストーリーの方針としては、アランが仲間に加わったことで「眼魔の世界へのワープゲートを破壊する」ということが定まりました。
それは良いのですが、それに対する眼魔サイドのやってることが謎です。
ガンマイザーの力で人間界の大人を次々と子供化していましたが… あの、それやって一体どうするんでしょうか?
眼魔の世界と子供はどう関係あるんでしょうか。少なくとも棺桶の中に入ってた人って大人ばかりだと思っていたのですが。
今までは人間界の人々の魂を奪うということをやってましたが、今回は本当に大人を子供にしてるだけです。
やってることが中盤辺りに出てくるスーパー戦隊の怪人と同レベルなんですけど… 一応、眼魔界では凄い存在なんですよね、あんたたち…
タケル達は人間界と眼魔界を繋ぐゲートを壊してるんだから、そのゲートを死守するのが最優先だと思うんですけどね。

今回のシナリオのメインと思われる「シブヤと母親のやり取り」というのは正直どうでもいいです。
何故かというと、解決したところで全体に与える影響があるとは思えないからです
子供化現象が終わったところで全てが元に戻るだけですし、そもそも子供化現象の目的というものが不明瞭なので。
そもそも今までモブ級の活躍しかしてこなかったシブヤを急に掘り下げられても… といったところです。
掘り下げ自体悪いことではありませんが、今やるべきことなのかと聞かれると凄まじく微妙。

そして眼魔側の幹部として、高岩さん演じるジャイロが登場しました。
スーツアクターの方が顔出しで演じられる役って、『剣』の最終回で出てきた喫茶店の客とか、スーパーヒーロー大戦Zで最初に出てくる工事現場の作業員とか、
至極どうでもいいようなモブ中のモブなので、今回も例に漏れずすぐに退場しないか心配です。
…というより、すぐに退場すると思います。アクターの仕事もありますから忙しいでしょうし。
多分ですけど今後出るであろう最強フォームの噛ませになるんじゃないでしょうかね。

総じて長谷川さんの脚本回の割には妙な雑さが目立ちます。
五十嵐博士による過去の掘り下げもありますし、次回ではどんな方向に収束するんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/15 13:50 ] 仮面ライダーゴースト | TB(0) | CM(3)

>ここで五十嵐博士が無事だったことを確認してる辺り、誰も五十嵐博士の見舞いとか行ってなかったんですね…
て言うか普通に生きていたんですね...全然触れられないからてっきり死んだものと

>今回なんて14日も経過してました。2週間の間お前らは何やってたんじゃい。
本編中で時間が経過しているのが何も確認されたんで、おそらく前話での

フミ婆の死→フミ婆の葬儀→ディープコネクト社への侵入→クライマックスでのアクション

のシーンの間で何日か経過したと考えれば多少はつじつまは合うんじゃないでしょうか。
ただ4.5日程度経過したならまだ納得できますけど、14日と言う寿命の1/7も消費した理由には決してなってはいませんが。

>一応、眼魔界では凄い存在なんですよね、あんたたち…
今回なんて明らかにガンマイザーより強い眼魔ウルティマが出てきましたし、前々から思っていたんですけど全体のパワーバランスがよくわかりません。

>解決したところで全体に与える影響があるとは思えないからです。
次回描かれるであろうタケルと父のエピソードの布石になる...とかだったらまだ意味は生じるとは思います。まあシブヤは母親、タケルは父親なんで今一関連性が低いんですけど。ただ問題は今回のエピソードでそこら辺を描けるかどうかですね。今回はストーリー的にもかなり重要なので描く余裕はなさそうですけど。ていうか今回じゃなく別のエピソードで描いても良かったんじゃないかと思います。ただゴーストって「捨て回」がない(ていうかどの話が重要なのかがわからない)んでできるかどうかなんてさっぱりですけど。

それよりも何の躊躇もなく抱き着いてきたタケルが記憶読み取り能力に戸惑うのは意味が分かりません

>そして眼魔側の幹部として、高岩さん演じるジャイロが登場しました。
そもそも何しに出てきたんでしょうか。ゲートや子供化現象とは無関係みたいですし。

同じようなキャストとポジションであるフォーゼの立神みたいに終盤まで残る可能性もありますが、ゴーストではかつてのジャベルとポジションが微妙にかぶっていますから早く退場しそうですねえ。

[ 2016/05/15 19:54 ] [ 編集 ]

少なくとも生身アクションをすれば良かったのに...>ジャイロ
それたけでもかなり印象に残りそうなんですけど
[ 2016/05/15 19:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>て言うか普通に生きていたんですね...全然触れられないからてっきり死んだものと

誰もが死んだorもう出てこない存在だったと思います。少しは過去エピで触れてほしかったです。

>本編中で時間が経過しているのが何も確認されたんで、おそらく前話での

フミ婆の死→フミ婆の葬儀→ディープコネクト社への侵入→クライマックスでのアクション

のシーンの間で何日か経過したと考えれば多少はつじつまは合うんじゃないでしょうか。

それはそれで前回のゲストの人(名前忘れました)の人を2週間も待たせたことになるので、不自然と言えば不自然になります。

>次回描かれるであろうタケルと父のエピソードの布石になる...とかだったらまだ意味は生じるとは思います。

個人的に父親との絡みは闘魂ブースト魂の回で終わったと思っている(納得したとは言ってない)ので、今更やるのはどうなんだと思います。
最終フォームの登場も、また父親の力に頼るんですかね。

>そして眼魔側の幹部として、高岩さん演じるジャイロが登場しました。

妥当な線で言えば、ゲートを破壊しようとするライダーたちを止める為に出てきたんでしょう。そんな気が本編から察することはできませんが。
生身アクションでいえば、私としては「高岩さんはスーツを着て動いてナンボ」だと思っているので、あっても無くても特に問題があるとは思ってません。
むしろ生身でアクションするとなると、その時ゴーストが使えない(アクターを高岩さんが務めている為)ので、かなり限られたシチュエーションになりそうです。
[ 2016/05/15 21:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1287-6e9f3368