5月第3週 購入ガンプラまとめ

DSC00381.jpg

バルバトス全形態再現セットが受注開始されましたね。
説明見る限りでは第5形態のサイドブースターのみが新規造型みたい?
グレイズの肩とかサイドブースターとか、結局色分けはシール頼みになってしまうみたいなので、
完璧に作ろうとするなら、普通にパーツ発注するのと今回の全形態セットも、かかる労力は変わらないと思います。
け、決して全形態再現セットが発売されることをひがんでいるわけではないですぞ!
DSC00382.jpg

DSC00383.jpg
まず最初はオリジンから登場したザクⅠ(旧ザク)。
デニム機とスレンダー機のコンパチ仕様なので、とりあえずデニム機を先に組みました。
ザクⅡでちょうどバランスのとれていたプロポーションが、情報量が少なくなったことでちょっと野暮ったい感じになりましたね。
如何にもな古い機体ってところでしょうか。


DSC00385.jpg
相変わらず真ん前が見え無さそうな構造してんな


DSC00386.jpg
デニム機は右肩が黒と黄色のストライブ模様。
味方機に誤射されないように警告するためのものなんですって。


DSC00387.jpg
旧ザクといえばショルダータックル。…という印象が強いのは何故だろう。不思議ですねぇ~


DSC00393.jpg

DSC00394.jpg
一方のスレンダー機は、ザクⅡ同様右肩にシールドを装備しています。
中途半端にザクⅡのシルエットをなぞってる感が否めないので、個人的にはデニム機のデザインの方が好き。


DSC00390.jpg

DSC00389.jpg

DSC00391.jpg

DSC00392.jpg

DSC00396.jpg

DSC00395.jpg

DSC00397.jpg
武装は高機動型ザクⅡに付属していたものと同様。基本構造も同じなので、似た感覚で動かせます。
動力パイプがない分、スムーズに動かせる部分もありますが、同時に腰回りなどは関節の保持が少々弱く感じる部分も。





DSC00398.jpg

DSC00399.jpg
2つめ。HG-REVIVEにて復活を遂げたギャンです。
旧HGUCはシリーズ2弾目という超古参キット。リメイクするに相応しいキットと言えるでしょう。

プロポーションとしては、ちょっと腰の細さが気になりますかね。アニメだと割とガッチリしていた印象があったので。
脚はスラッとしているので、スタイリッシュ体系と言えばそうなのでしょうか。


DSC00400.jpg
武装は劇中通り、ビームサーベルとミサイルシールド。
構造は旧版と殆ど変わり有りませんが、ミサイルシールドの内部はちゃんと色分けされています。


DSC00401.jpg

DSC00402.jpg

DSC00405.jpg
角度を調整できる専用の手首と、向きをしっかり変更できるシールドのおかげでプレイバリューは相当高いです。
関節の固さも結構しっかりしています。オリジンの旧ザクを作った後だとより実感できるかも。


DSC00407.jpg

DSC00404.jpg

DSC00406.jpg
本当によく動くから色々ポーズとって遊びたくなります。白兵戦用のMSとしては十分合格点です。


DSC00411.jpg
リヴァイブ同士で絡ませる。


DSC00413.jpg
あれは… いいものだぁーっ!


DSC00408.jpg
ただしそんなリヴァイブ版ギャンにも大きな欠点が。先に発売されていたヴァリュアブルポッドと合体できないことです。
バックパックはそのまま取り付けられますが、肩の追加装甲は胴体と肩の接続の関係上、無改造では取り付けられません。
無改造で取り付けられるバックパックにしても、保持力はあまり安定していません。
ギャンがリヴァイブされると聞いてから、「新しいギャンバルカンが組めるぞ!」と期待していただけに、この仕様は非常に残念です。





DSC00409.jpg
というわけで今回は2機のガンプラを組みました。
本当は金曜の間に買いたかったけど、色々あって土曜に買わざるを得なくなりました。うおーん。


旧ザクは安定のオリジンクオリティです。
驚くようなセールスポイントはありませんが、これといったマイナス点もない安定さを誇っています。
敢えて言うのであれば、武装や構造は今までのキットの流用品なので、ちょっと食傷気味なところでしょうか。

リヴァイブ版ギャンは、比較的クセも少なく遊び易くて、個人的に評価の高いキットです。
今までリヴァイブ商品としてリリースされてきた中でも、屈指の良プラモではないでしょうか。
ただしヴァリュアブルポッドと無改造で合体できないのは小さくない欠点です。これを含めて「いいもの」と呼べるかどうかは皆さん次第ですね。

しかし並みあるジオンMSがどんどん新しくガンプラ化される中、一体いつになったら本命の量産型ザクⅡは立体化されるのか…

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/21 20:35 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(14)

ええ、ポチりましたとも。バルバトスセット。
これを見越してかパーツ請求どれも品切れ+再販未定のコンボなんですもん…
[ 2016/05/21 21:27 ] [ 編集 ]

reviveギャンはモノアイのスリットが細すぎるのがちょっとNGです
素人が下手に広げようとすると頭のシルエットが変わりそうで手が出せません・・・
ギャンを買おうか悩んでましたけど予想よりプロポーションが好みな旧ザクを買うことにします
[ 2016/05/21 23:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

>これを見越してかパーツ請求どれも品切れ+再販未定のコンボなんですもん…

ご愁傷さまです。在庫がないということは、みなさん考えていることが同じだったということですね。
これからもバルバトスの金型は酷使されることでしょうね。破損しないといいなぁ。
[ 2016/05/21 23:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ゴリラ様、コメントありがとうございます。

>reviveギャンはモノアイのスリットが細すぎるのがちょっとNGです

確かに細いですね。自分が貼ったホイルシールが大きい方だったので、
小さい方を貼ればまた印象が変わるかもしれないと思うのですが、そちらでもダメなのでしょうか。
旧版のギャン頭部もシールの貼り方とかに問題がありましたからね。一筋縄ではいきませんね。
[ 2016/05/21 23:33 ] [ 編集 ]

今のところリバイブ化された機体はBF登場組ですがそのどれもが新規パーツ装着不可(パーツ流用のグフは除く)なのは狙ってやっているのでしょうかね……あくまで元機体のイメージを重視してるからかもしれませんが
[ 2016/05/21 23:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

DAYC様、コメントありがとうございます。

>新規パーツ装着不可(パーツ流用のグフは除く)なのは狙ってやっているのでしょうかね

ものによっては3mm穴が備えられている(バックパック接続とか)あるので、全ての新規パーツが装着不可ということはないです。
DAYC様の仰っているのは、今回のギャンのヴァリュアブルポッドのような例でしょうか?
私としては、このリヴァイブ版機体をベースに新たな改造機体を製作するつもりなのではないかと思っています。
どうやらHGBFで新しいギャンの機体が発売されるようですし。それでヴァリュアブルポッドと合体できなくていい理由にはならないと思いますけどね。
[ 2016/05/21 23:54 ] [ 編集 ]

がわ゛い゛い゛な゛ぁ゛サ゛ザキ゛ぐん゛

初コメントです。
バルバトスセットの説明文にある「新造」とは色を替えて成形したという意味であって新規造形ではないのではという意見が某所ではありますあります、どっちなんですかね…

ギャン作りましたけどホントいい出来ですよね、胴体にポリキャップ隠しがあったりしますし、合わせ目も出るには出るがそこまで目立ちませんし
何より手首が素晴らしいんですよね、これがあるだけでポージングの幅が広がりまくる…なんで今までなかったんだろうか…今すぐビルドナックルズみたいに発売して、どうぞ。

ヴァリュアブルポッドですが、バックパックは接続パーツを裏表反対(肉抜きの多い側をギャンの背中側)にしてやればそこそこ安定しますね。ご存知かもしれませんが一応…
肩の装甲は仕方ないことかもしれませんね、最近のHGはほとんどが肩と胴体との接続がボールジョイントに統一されているようで(カスタムのための規格?)、今回のギャンもそこを合わせたためにこうなったのかと…

ギャンバルカンは残念でしたが、ギャンとしては間違いなく「いいもの」と言える出来だと私は思います。
[ 2016/05/22 00:47 ] [ 編集 ]

Re: がわ゛い゛い゛な゛ぁ゛サ゛ザキ゛ぐん゛

イモータル課長様、はじめまして。コメントありがとうございます。

>バルバトスセットの説明文にある「新造」とは色を替えて成形したという意味であって新規造形ではないのではという意見が某所ではあります
バルバトスの説明文を見た限りでは、グレイズの肩がそれにあたりますね。
ただし白色の部分はシールで色分けするみたいなので、結局成形色変更ということで変わりないと思います。
サイドブースターに関しては「形状と成形色を新造」と書かれているので、恐らく新規造型なのでしょう。

>何より手首が素晴らしいんですよね、これがあるだけでポージングの幅が広がりまくる…なんで今までなかったんだろうか…今すぐビルドナックルズみたいに発売して、どうぞ。

ただ単に角度のついた手首ではなく、自在に角度を変更できる点が素晴らしいですね。

>ヴァリュアブルポッドですが、バックパックは接続パーツを裏表反対(肉抜きの多い側をギャンの背中側)にしてやればそこそこ安定しますね。ご存知かもしれませんが一応…

それは知りませんでした。情報提供ありがとうございます。

>肩の装甲は仕方ないことかもしれませんね、最近のHGはほとんどが肩と胴体との接続がボールジョイントに統一されているようで(カスタムのための規格?)、今回のギャンもそこを合わせたためにこうなったのかと…
私も仕方ないと受け止めています。近年のガンプラは全部肩の接続軸がボールジョイントですからね。
思い返せば、旧版のストライカーパックも無改造で対応できていたビルドストライクが素晴らしいガンプラだったと再認識させられます。
せめてバンダイ公式で改造手順とか説明してもらえるとありがたいんですけどね。
[ 2016/05/22 08:39 ] [ 編集 ]

※先に発売されていたヴァリュアブルポッドと合体できない~
バナージ……哀しいね。

とは言え、可動は事前に想像していた以上に優秀みたいですし、「いいもの」であると言う事に異論はありませんね。これは欲しくなります。

RGは確かに、そろそろガンダム系以外のものが来ないかな~と思ってはいました。
だからってRGシナンジュは流石に予想外過ぎぃ!!
[ 2016/05/22 19:23 ] [ 編集 ]

ギャンバルカンに合体できないのは残念ですが。思ってたよりも出来がよさそうですね。ギャン。
グリムゲルデと並べても面白そうですね。
[ 2016/05/22 20:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます。

旧版との違いはやはり圧倒的な可動範囲の違いに尽きます。
剣士型MSなので、サーベルを振るうありとあらゆるポーシングが楽しめますよ。

>RGは確かに、そろそろガンダム系以外のものが来ないかな~と思ってはいました。
だからってRGシナンジュは流石に予想外過ぎぃ!!

普通は主役ガンダムを先に発売して、次に同シリーズのMSという順番ですからね。本当に予想外でした。
[ 2016/05/22 21:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

BFでもなかなかの活躍を見せてくれていたので、是非とも購入してブンドドしていただきたいです。
[ 2016/05/22 21:33 ] [ 編集 ]

ギャングバルカン、イエサブか何かの解説だとちょっとドリルで穴開けて3ミリの軸打ちするだけでいけるそうなので挑戦してみたいと思います。

バルバトスは中途半端に数体持ってるのもあれなのでいっそ全種揃えるつもりで集めようかな…
[ 2016/05/24 02:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ノリス様、コメントありがとうございます。

イエサブさんの解説は私も拝見済です。
あれを見て以来、今度作るのはギャンにしようかな… と思っているのです。

>バルバトスは中途半端に数体持ってるのもあれなのでいっそ全種揃えるつもりで集めようかな…
パーツは現在在庫がカツカツみたいですから、頃合いを見計らって…
[ 2016/05/24 21:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1291-010707c4