今週の機動戦士ガンダムUC RE:0096 8話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話 『ラプラス、始まりの地』

UCREep8 0

もしかして来週は新しいMSが登場しない…?
ユニコーン・クシャトリヤの帰還から、ギルボアさんの出撃まで。
OVAでいうep3の23分から40分くらいまで。17分くらいしかやってなかったのか…
とりあえずあらすじ説明が長すぎます。丁寧なのは結構ですが、何も1話から解説せんでも…
この調子だとep7まで来たら、あらすじ解説でAパート終了するんじゃないでしょうか。それなんてドラゴンボール?


黒幕であるマーサおばさんの登場に、ダグザ中佐とギルボアさんというイカしたおじさんたちも目立った回。
あと地味にハサン先生もいい人。艦長もお茶汲みとしての真のスペックを発揮しました。
ダグザ中佐を見てると、腐敗した連邦の下で、薄汚い仕事とかも嫌な顔一つせずにこなしてきたんだろうなぁと感じさせられます。
軍人としても人間としても真っ当な気質を備えているとか本当にかっこいい。

一方のギルボアさんも真っ当な人とは確かに描かれてるんですが、
バナージとの接点が「ep2で一緒に飯食ったくらい」しかないので、「バナージに影響を与えた大人」としてはちょっと首をかしげます。
パラオでの出来事も、マリーダさんとの絡みがメインでしたからね。小説版ではきっちり描かれているようですが。

ユニコーンのパイロットという面倒くさい責任を背負ったせいで、バナージは否応なしに重大な責任が圧し掛かってしまいました。
様々な大人と出会い、彼はラプラスの箱の鍵を背負うものとしてどう責任を果たしていくのかが、これからのシナリオの中心となっていきますね。
一方リディ坊ちゃんは地球に降りたことで転落人生が始まります。ep4まではギリギリ大丈夫だけど…


UCREep8 1

今回紹介するのは、MSN-001A1 デルタプラス
百式のバリエーション機であり、Z系列の技術も取り入れているので可変機構も備わっています。
今回は大気圏に突入するだけでしたが、前回はその優れた性能で袖付きの機体を連続でなぎ倒していました。
MSとしてはかなり珍しく、バックパックにメインスラスターがない(バインダーだけ)という特徴も。
機体性能の高さと、単独で大気圏の離脱・突入が可能というハイスペックな機体ではありますが、OVAにおいてその顛末は…

HGUCでも発売されており、MS・MA形態がそれぞれパーツを差し替えることで再現されているので、両形態の再現度の高さはピカイチです。
ただしMS形態は見た目よりも可動範囲が狭く、何故か右手しかサーベルの持ち手しかなく、そもそもサーベル刃が短すぎるという少なくない欠点も。
特に可動範囲に関しては、可動厨である私にとっては残念極まりないです。見た目が物凄く好みなこともあって。
なんでHGにおいて青色のビームサーベルは数が少ないんですかねぇ~ 不思議ですねぇ~
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/22 12:50 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(6)

デルタ+系列のデザインは格好いいですね。(劇中で活躍するとは言っていない。)一方でただOVAをテレビで無理やり25回に分けて放送しているので話が中途半端なところで終わってしまうのが残念ですね。この分だと新規カットがいつになるのか心配です。ユニコーンはオルフェンズよりも期待とスタッフとお金をかけているみたいだから頼むヨ~

[ 2016/05/22 20:42 ] [ 編集 ]

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。

本日の前回のあらすじは、来週の終わりをユニコーンが落ちていくあたりで切るための尺稼ぎなのかなと感じました。まぁ理想はその分を新規カットを出してもらいたいんですが、プロデューサーが新規カットについて明言しているのがOP・EDだけで、本編に関しては「そのまま」と言ってるあたり希望は持てないのかなと思います。
[ 2016/05/22 21:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>ユニコーンはオルフェンズよりも期待とスタッフとお金をかけているみたいだから頼むヨ~

この内容でスタッフと金をかけてるんですか…? ただ既存の映像を切り貼りするだけの作業だと思うんですけど。
どちらかと言えばオルフェンズの方に力を入れてもらいたいところです。
[ 2016/05/22 21:37 ] [ 編集 ]

アカンこれじゃ(ジュウオウジャーの)ナレーターは死ぬゥ!

仰る様に今回はアバンでやたら時間を稼いでましたね、地球に降りるまでの辛抱と思えばよいのか…
ハサン先生はZの旧アーガマの頃から軍医をしていましたからね、当時は再強化を受けてカミーユに接触したロザミアの診察もしていました。
ダグザ中佐は自称する通り「連邦の歯車」として淡々と任務をこなしてきましたが、決して冷徹な人間ではありませんね。
バナージに幾度も助けられた事に恩義を抱いてますし、先のパラオで戦死した部下にも無駄死にで無い証を立てたい気持ちもあるでしょう。

デルタプラスは規格外で艦隊運用し難いネェル・アーガマ同様に規格外な可変MSですね。
元々はZ計画初期に生まれ当時の技術では可変機としては完成せず百式として生まれ変わった事は有名ですね。
既にZプラスの量産に成功したアナハイムで構造的に欠陥のあったデルタガンダムを再設計する意義は不明ですが…
Zガンダムと比べるとフライングアーマーが小型で大気圏突入に不向きな印象ですが…ぶっちゃけ初代ガンダムでも難なく出来た事ですけどね。
この機体の末路はかつての百式と重なる所ではありましたが…
[ 2016/05/22 21:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カニウニ様、コメントありがとうございます。

>本日の前回のあらすじは、来週の終わりをユニコーンが落ちていくあたりで切るための尺稼ぎなのかなと感じました。

確かに、ep4の冒頭はep3のラストシーンと繋げるにはかなり無理がありますからね。有力だと思います。

>プロデューサーが新規カットについて明言しているのがOP・EDだけで、本編に関しては「そのまま」と言ってるあたり希望は持てないのかなと思います。

そうでしたか。楽しみにしていたのでかなり残念です。
一応1話の時点で描き直しをいくつかされているようですが、元々映像として完成されているので違いが分かりにくいですね。
ジャベリン使って戦うユニコーンが見たかったなぁ…
[ 2016/05/22 21:49 ] [ 編集 ]

Re: アカンこれじゃ(ジュウオウジャーの)ナレーターは死ぬゥ!

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>ダグザ中佐は自称する通り「連邦の歯車」として淡々と任務をこなしてきましたが、決して冷徹な人間ではありませんね。
バナージに幾度も助けられた事に恩義を抱いてますし、先のパラオで戦死した部下にも無駄死にで無い証を立てたい気持ちもあるでしょう。

ここまでオンオフを切り替えられる大人って、本当にシビれます。
任務にホモホモしい私情を持ち込んで、理想に酔ってばかりのアンジェロくんは悔い改めて、どうぞ。

>Zガンダムと比べるとフライングアーマーが小型で大気圏突入に不向きな印象ですが…ぶっちゃけ初代ガンダムでも難なく出来た事ですけどね。

初代はテストタイプだから、ノーカンノーカン! 尤もZもZで設計とか予算とかで結構無茶はしてるんですけどね。
[ 2016/05/22 22:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1292-a419c3cd


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第8話を見ました。 第8話 ラプラス、始まりの地 バナージはクシャトリヤごとマリーダをネェル・アーガマに連行すると、ハサン医師の診断により、マリーダが既に女性としての尊厳を奪われていた事が明らかになる。 「立場が逆転したな」 「……」 「そんなに見るな」 「よく覚えてないんです。何であんなことになったのか」 「マシーン...
[2016/05/22 13:13] URL MAGI☆の日記