今週の機動戦士ガンダムUC FE:0096 10話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話 『灼熱の大地から』

UCREep10 0

UCのナレーションや、ORIGINなどで、ガンダムにおける池田さんの新緑ボイスを聞く機会が増えてきましたが、
やっぱり十代のシャアの声を担当するのは流石にキツいんじゃないかと思う今日この頃です。
ep4の冒頭から、バナージの名言シーンまで。
OVAにして、ep4の20分ちょいまでです。
過去エピが嘘のような予告の短さでした。やっぱりただの尺稼ぎなんだよなぁ、アレ…

「MS大運動会」とも称されるように、ガンダムUCの中でも最もエンターテイメント性が高いと思われるep4。
序盤からジムⅢにジュアッグ、ネモにカプールなどなど、古参MSがたくさん登場していますが、まだまだ序の口。
バイアラン・カスタムくんの雄姿を見るまで油断するんじゃない。ユニコーンガンダムは今回のエピソードにおいて大した活躍をしない(というかぶっちゃけ何もしない)のでどうでもいいです。

MSの活躍が本格的になる一方で、リディ坊ちゃんの堕落や黒幕おばさんの暗躍も本格的になりつつあります。
そしてバナージの鬱憤も本格的に爆発しました。
言われるがままにガンダムに乗って戦って、辛い思いをしてなおまだ戦わなければならないことに彼の心身は悲鳴を上げています。
しかし何を言おうと所詮は自分の責任。誰かにぶちまけたところで、最後は自分で道を選び、果たさなければならないことです。
過去の行いを清算しようと決意するミネバと、過去に縛られ打ちひしがれるリディ。自らの過去と向き合い、バナージの選ぶ道とは。

UCREep10 1

今回紹介するMSというかMAは、AMA-X7 シャンブロ
ナイチンゲールを更に怪物染みさせた、怪獣のようなデザインが特徴的。実際口からビーム吐くわけだし。
絶大な火力を誇る大型メガ粒子砲と、リフレクタービットにより広範囲に攻撃できる拡散メガ粒子砲、
インターフェース面はサイコフレームを使用しているので、サイコミュに頼ることができるという如何にもジオンらしい発展を遂げた機体です。
しかし同じく巨大MA(MS)であるネオ・ジオングやデンドロビウムと違い、中々商品化の機会に恵まれません。(ガチャポンのSD人形くらい)
ネオ・ジオングがHGUCで発売された今、バンダイにこの機体を立体化させる技術がないとは思えませんが… さすがに今出すのは危険な賭けかな?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/05 11:21 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(2)

田所浩二「やりましたよ!やったんですよ!必死に!」

その結果がこれなんですよ!ホモビに出て、ネットの玩具にされ、今はこうしてPSVRのイメージキャラクターにされてる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28804772
これ以上何をどうしろって言うんです?何とクソコラしろって言うんですか!

全話の中で最も(ガンダム以外のMS戦の)評判のよいep4が始まりましたが、失意のバナージをよそに状況は刻々と変化していきますね。
連邦の首都ダカールがこうもアッサリ壊滅させられるのは疑問ですが、必要以上の破壊に繋がったのはロニの父親にあるもののアニメではカットです。
オードリーは地球に降りたものの、彼女とリディの力及ばずマーサ一味に捕らえられます、森功至さんがダイナーの店主役なのに当時驚きました。
リディをブライトに預けようとしたローナンは父として今できる精一杯の親心なのでしょうが…

シャンブロは正に宇宙世紀のジオン製MAの集大成といった形状ですね、ジュアッグくん同様にジオンの水陸両用に対する並外れた執着も感じられます。
某4コマ漫画に「地球の7割が海だからと言っても、残り3割の陸に拠点や都市があるのだから水泳部の意味は無い」と突っ込まれましたが。
十分な戦力を持たず制空権も握れないジオン残党にとっては水中でのゲリラ戦しか活路を見だせないという事情もありますね、戦後にその有用性を示したと言えます。
サンダーボルトの第2部でも水泳部を中心にしたゲリラ戦がジオン残党の戦略の要みたいですし。ドロス級を海に沈めるとは…
個人的にはアトラスガンダムよりロト並に小型化してビームサーベルまでドライブ出来る工作型MSになったアッガイくんの方がオーパーツに感じました。
[ 2016/06/05 17:22 ] [ 編集 ]

Re: 田所浩二「やりましたよ!やったんですよ!必死に!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>田所浩二「やりましたよ!やったんですよ!必死に!」

じゃあオ○ニーとかもやるのかな?

>連邦の首都ダカールがこうもアッサリ壊滅させられるのは疑問ですが、必要以上の破壊に繋がったのはロニの父親にあるもののアニメではカットです。
OVAだとロニの両親は既に死んでる設定なんですよね。それにより彼女の最期もかなり違うものになってるようですが。
いずれにせよ親がとんでもない思想を抱いていると、子供は苦労するんだなぁ、と受け止めておいてます。

>十分な戦力を持たず制空権も握れないジオン残党にとっては水中でのゲリラ戦しか活路を見だせないという事情もありますね、戦後にその有用性を示したと言えます。

連邦側が航空機戦力に長けているのは一年戦争から続いている設定ですが、水陸両用MSというのはあまり発展してないように見えますね。
アクア・ジムも「とりあえず作りました」だけで大した活躍もなくやられてしまいますし。
一応、コロニー出身でありながら地球の性質を理解したジオンの戦法は
[ 2016/06/05 19:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1305-782922b9


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話「灼熱の大地から」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第10話を見ました。 第10話 灼熱の大地から 地球に降りたリディはラプラスの箱に関わっていたことで知らなければならないとラプラスの箱の因縁を父・ローナンから聞かされてしまう。 「すまない」 「どうしたのです?」 「情けない家だと知った」 「情けない?」 マーセナス家はビスト財団の合わせ鏡として、ラプラスの箱の謎を守る...
[2016/06/05 11:38] URL MAGI☆の日記