今週の動物戦隊ジュウオウジャー 17話

動物戦隊ジュウオウジャー 第17話 『エクストラプレイヤー、乱入』

ジュウオウep17 0

赤線が顔まで飛び火してるのは、「顔も一緒に絵にしてしまおう」という真理夫さんの芸術家らしい計らいなのかしら。
17話目です。
ブラッドゲームの内容は「同じスート同士の人が対面すると、両者に電撃が走る」という比較的軽微なものではありましたが、
それにより市民が混乱が及んでいたり、親子の再会を妨げるなどの明確なストーリーを用意してたりと、
ゲームが起きることにより障害というものを丁寧に描かれていました。この辺は流石はシリーズ構成といったところです。
再三に渡って言及しているとは思いますが、派手さやインパクトに欠けてはいるものの、堅実な仕事をこなしてくれるところが香村さんのいいところだと思います。

ただ今回の話が「セラの個別回」だったことには驚きました。予告やサブタイから、「今回は追加戦士の回」という認識が刷り込まれていたので。
セラ個別回として今回の話を振り返ると、どうにも微妙な感じが拭えません。
悩みや葛藤といった部分が全て自己完結で終わってますし、ラストは追加戦士であるザ・ワールドに出番をとられてしまったので、総まとめのような描写もありませんでした。
ジューマンワールドに対するホームシック描写は1クール目で大体終えていたので、今になって掘り返されたことも少し印象を悪くしてしまっているかも。
やりたいことは分かるのですが、どうせやるなら抱き合わせではなく、きちんと個別回として作るべきだったかな、と思ってます。

そして追加戦士もとい追加敵(?)であるザ・ワールドの登場。
サイ・ワニ・オオカミのジューマンの力を使った野生開放は、マスクギミックの独特さもあって面白かったですが、
肝心の固有装備がまさかの釣り竿だったのは面喰いました。
パワーで圧倒する、というよりは技巧派向けの装備ですが、それにしたってビジュアル面としてはちょっと…
同じムチ・ロープ状の武器であれば、イーグライザーのようにガシャガシャ言わせながら動かす武器の方がかっこいいと思います。
貧相さが拭えない釣り竿武器をどうカッコよく見せていくかに期待がかかりますね。
野生開放する際にいちいちジュウオウジャーをライトで照らしていたのは、自身で野生開放する力がないとか、そういう理由付けなのでしょうか。
とにかく出てきたばかりで謎が多いですが、追っていく楽しみは十分ありそうです。
関連記事
スポンサーサイト

>ブラッドゲームの内容は「同じスート同士の人が対面すると、両者に電撃が走る」という比較的軽微なものではありました
食らった人間が気絶するレベルの電撃ですから、その辺はえげつない感じが出てて割といいんじゃないかなと思います。そもそもチームクバルの作戦っていつもこんな感じですし。

>セラ個別回として今回の話を振り返ると、どうにも微妙な感じが拭えません。
「最近どうもセラの影が薄いから個別回を入れてみました。」って感じでいささかやっつけ感が拭えませんね。ジューマン側では珍しく家族絡みの話が描かれているんで結構興味深いですけど。

>サイ・ワニ・オオカミのジューマンの力を使った野生開放は、マスクギミックの独特さもあって面白かったですが、
肝心の固有装備がまさかの釣り竿だったのは面喰いました。

武器を奪い取るあたり何とか差別化を図った感じですね。
それよりもすべての動物の能力を同時に使える「野生大解放」は結構カッコいいですね。二つの力を持った大和よりも強そうで良かったです。
[ 2016/06/05 21:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>「最近どうもセラの影が薄いから個別回を入れてみました。」って感じでいささかやっつけ感が拭えませんね。

上層部からの指示なんですかね… ですが纏めようとしている努力が感じられる点は良いと思います。

>それよりもすべての動物の能力を同時に使える「野生大解放」は結構カッコいいですね。二つの力を持った大和よりも強そうで良かったです。
数が多い分強力なのは、単純明快で分かりやすい発想ですね。しかし明らかな強敵であることは分かった分、
如何にして彼を倒していくかに注目されますね。普通に倒したらそれはそれで味気ない事態になりそうですし。
[ 2016/06/05 21:52 ] [ 編集 ]

今回のセラメイン回は

当初の予定通りではないかと思っています。
というのは、ジュウオウのメインの組み合わせは第二クールに入って順番など若干変えてきたものの、基本的にはかなり色的にトッキュウを踏襲しているように見えるからです。
トッキュウで赤黄→緑→黄緑→青桃だったのを緑→赤黄→白→黄緑→マリオ→青。
マリオさん回を先に入れる必要があったために追加戦士回と一緒になり割りを食った印象です。

セラは当初、個性の発揮できる場面が対レオか弱点に直面した時の反応とやや限定的でそれ以外は普通の良い子だったために影が薄くなり、その後もキャラの試行錯誤をしてるように見えました。
今回のおばあちゃんの知恵袋的な要素はセラが今後も折に触れ自分から積極的に打ち出せる個性になりそうで良かったと思います。
これまで問題解決策は主にアムの役目でしたが人間関係改善的なものが多く、逆に家事等が苦手なので差別化できそうですし。
[ 2016/06/05 23:43 ] [ 編集 ]

Re: 今回のセラメイン回は

あき様、コメントありがとうございます。

>ジュウオウのメインの組み合わせは第二クールに入って順番など若干変えてきたものの、基本的にはかなり色的にトッキュウを踏襲しているように見えるからです。

あまり順番とか組み合わせは意識したことはなかったですね。そんな法則があったとは。

>今回のおばあちゃんの知恵袋的な要素はセラが今後も折に触れ自分から積極的に打ち出せる個性になりそうで良かったと思います。

お姉さんポジションというのは中々の強みですね。
今後は子供相手とか、家族関係の改善に力を発揮できるかもしれません。
[ 2016/06/05 23:59 ] [ 編集 ]

敵は狩人?

こんばんは!


最近のブラッドゲームは直接的な破壊よりも精神的に苦しめるものが多くなってますね(会話手段の剥奪、自然破壊、意識を残したままぬいぐるみ化、身内の引き離し)
この前の地震もあって「破壊された町」のシーンをみだりに出せないのもあるんでしょうが、ジニス様が満足しているのを見る限り「ターゲットとなった星の住人が苦しむ」のを愉しんでるんでしょうね
その手段が直接的でも間接的でもジニス様が満足出来れば問題じゃないと
その中でも流石にジニス様が直接関わったブラッドゲームはどっちも桁違いにえげつないものがありますね
ギフトの時も絶望感が半端無かったですが、今回は自分達と同じ「ジュウオウジャー」が敵に回るという(しかも変身者も洗脳された地球人)……よくもまあこんな「ゲーム」を考えつくもんです
そういえば、ジュウオウザワールドのアイテムは懐中電灯と釣竿兼長銃のようですが、この構成ってもしかして猛獣を狩るハンターをイメージしているのでしょうか?
となるとジュウオウジャーの前に立ちはだかる強敵としてはピッタリなモチーフかと
[ 2016/06/06 19:18 ] [ 編集 ]

Re: 敵は狩人?

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>この前の地震もあって「破壊された町」のシーンをみだりに出せないのもあるんでしょうが、ジニス様が満足しているのを見る限り「ターゲットとなった星の住人が苦しむ」のを愉しんでるんでしょうね

あり得る話だと思います。
ただ個人的には、「意識を残したまま人形化する」のは人間の苦しんでる様子が目で見て判別することができませんし、
「身内の引き離し」は単純に規模が小さすぎると思うので、ジニスが本当に楽しめてるかどうかちょっと怪しいと思います。

>そういえば、ジュウオウザワールドのアイテムは懐中電灯と釣竿兼長銃のようですが、この構成ってもしかして猛獣を狩るハンターをイメージしているのでしょうか?

なるほど。面白い見方ですね。
私は3体のジューマンの力を従えていることから、単純に「猛獣」というイメージでしたが、
よく考えてみると「3体のジューマンの力を持っている=3体をわが物にしている」と、ハンターらしく自らの手柄をアピールしているという見方もできますね。
ジューマンと和解して力を分けてもらった大和とは良い対比になりそうです。
[ 2016/06/06 21:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1306-2c199cce


動物戦隊ジュウオウジャー 第17話「エクストラプレイヤー、乱入」

動物戦隊ジュウオウジャーの第17話を見ました。 第17話 エクストラプレイヤー、乱入 デスガリアンのプレイヤー・トランパスが戦闘機からトランプ柄のカードをばら撒いて人々の額に貼りつけており、大和達は戦闘機を撃破してトランパスを追うが、額にカードを貼りつけられてしまう。 トランパスは竜巻で人々を吹き飛ばしゲームをスタートし、散り散りに飛ばされた先でセラはカードのせいで父親...
[2016/06/05 12:38] URL MAGI☆の日記