こ ん し ゅ う の ま ほ う つ か い ぷ り き ゅ あ び っ く り ま ー く  18話

魔法つかいプリキュア! 第18話 『魔法界再び!リンクルストーンを取り返せ!』

まほプリep18 0

魔法は素振りに始まり、素振りに終わる。
たぶん今までのエピソードの中で最もスローテンポなお話だったんじゃないでしょうか。相手が亀なだけなことはある。
「2人の活躍により、種族を超えた関係を結んだ」「想いも力の1つである」という主張は見ていて分からなくもないですが、
それにしたってあまりにグダグダすぎじゃないでしょうか。
ペガサスとアイコンタクトするシーンとか、ガメッツとのバトルではーちゃんが出てきて以降の進行具合とか、かつてないほどの緩やかさでした。
何と言いますか、「話のテーマは考えついたけどそれ以外何も考えずにアニメ作った」って感じがします。
どうにか引き伸ばして30分に収めようって感じで。多分15分もあれば描き切れると思うんですけど(素人並感)

そもそも話の前提からして違和感が拭えませんでした。
今回の話全体から察するに、今回「ガーネットを奪われて落ち込んでいたはーちゃんがそれを乗り越える」というのがシナリオの方針なのでしょう。
ですが前回のガーネットを奪われたことに関して、はーちゃんに言うほどの責任があるとは思えないんです。
前回の時点での敵の狙いはリンクルスマホンであり、はーちゃんはスマホンの死守に勤しんでいました。
その選択は間違ってないですし、はーちゃんにスマホンとガーネットの2つを守らせるのは流石に無理のあることです。
そもそもリンクルストーンを集めるよう命じられてるのは他ならぬプリキュア2人なんですから、責任があるとすればそっちの方でしょう。
「はーちゃんの失敗をプリキュアがカバーする」という前提自体がおかしいと感じられずにはいられません。

ガメッツとのバトルは凄いです…色んな意味で。
不思議に思ったのが、プリキュア2人がガメッツに動けないほどボコられたというのに、ダメージ演出(素肌に傷跡の作画が加えられていること)が一切なかったことです。
プリキュア2人がガメッツに倒されて起き上がるまで3分くらいありましたが、その時お肌ツルツルの状態でボケーっと倒れていた姿を想像するとこっちが情けなくなってきます。スイプリにもこんな話があったような…
せめて「起き上がろうとするけど身体が言うことを聞かない」的な、まだプリキュアが戦おうとしてる姿勢は描写すべきだったと思います。
いつまでも動かずに倒れたまんまなのは不自然でしかないです。

過去のプリキュアでのバトル時の妖精の待遇ってのは、精々観衆として見守っているか、良くて必殺技時のキーアイテムになるとかそういう程度で、
バトルで起きるアクシデントの殆どはプリキュア自らが解決してきた(少なくともそういう姿勢を見せてきた)はずです。
前回のガーネットを奪われたことといい、今回のバトル時の動かなさといい、プリキュアが解決すべき事態を妖精に押し付け過ぎなのではないでしょうか。
(プリキュア2人を責めているというわけではなく、アニメそのものの作風に問題があるという指摘)
今後3人目のプリキュアも出てくるらしいですけど、現段階ではプリキュアの存在そのものが情けなくなってきているので、素直に期待できないのが正直なところです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/05 15:35 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(1) | CM(4)

ちょっと待って、(記事タイトルに)IME変換が入ってないやん。

キュアップラパパ、キュアップラパパ…「それしか言えんのかこのsaloon!(3アウトチェンジ)」
過去、第1話のキュアップラパパ連呼の演出に不安を感じた身ですがここまで悪化するとは思いませんでした。
スパルダ画伯同様にいい加減なバトルでしたが、今回はそこに至るまでの過程さえグダグダな展開になってます。
元々描写の薄い魔法学校編に加え、そこから数話ナシマホウ界でのエピソードを経てるので人魚やペガサスとの絡みにドラマがありません。

筆者様の仰る通り兎に角プリキュアが情けない、バトルの動かなさもそうですが、このアニメは戦闘中のプリキュアの表情に乏しい事も致命的です。
それ故にプリキュアとしての目的意識が薄く感じます、会話に関してもミラクル&マジカルの内輪の会話ばかりで敵との舌戦もありません。
過去、プリキュアの妖精がなけなしの勇気を振り絞り敵に立ち向かう描写はありますがそれはプリキュアとの絆や妖精としての責務があってこそなのです。
はーちゃんにはそういった背景が薄くて空気を読んで立ち向かったようにしか見えません。

そろそろ追加戦士の時期ですが、実は既に公式が大っぴらにネタバレしてます、はやみんのインタビューまで公開されてます。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/news/2016060101.php
片翼のWガンダムみたいな名前のプリキュアですが花モチーフは直近のフローラと被ってるしミラクル&マジカルとの統一感はありませんね。
恐らくマックスハートのルミナスや5GOGOのミルキィローズ枠なのでしょうけど…
こんな早く公開したのはやはりバンダイ&東映内部でも作品の人気に危機感を抱いてるからなのでしょうか?
[ 2016/06/05 18:45 ] [ 編集 ]

Re: ちょっと待って、(記事タイトルに)IME変換が入ってないやん。

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>このアニメは戦闘中のプリキュアの表情に乏しい事も致命的です。

プリキュアでも何でもそうですけど、肉体言語の押し付け合いというのは互いの主張があって成り立つものだと思うんですけどね。
プリキュアらしく過去の経験から得た主張をした回って、10話くらいだと思うのです。そもそもつい最近まで敵組織と戦う理由すらあやふやでしたからね。
自分たちの責任を果たしていない状況で、一丁前に妖精との絆を語ってほしくないです。


>そろそろ追加戦士の時期ですが、実は既に公式が大っぴらにネタバレしてます

一応名前までは把握済みですが、その他の設定に関しては触れないようにしています。出てきた頃にまた考えます。
早期のネタバレは話題作りにはなるでしょうが、肝心の話の面白さはアニメに依存するので、あまり効果のある宣伝だとは思えません。
[ 2016/06/05 20:20 ] [ 編集 ]

MFRN「堕ちたな(確信)」

今回も貫きましたねぇ。

話やキャラの設定の齟齬を放置して、描きたいことを描くスタイルを。

「プリキュアの善行で助けた人が今度はプリキュアを助ける」という展開をしたかったんでしょうね。人魚回やペガサス回を伏線にしたつもりなんでしょうけど、ちゃんと二人と人魚たちの絆やペガサスとの絆を描けてないから、あまり心に来ないんですよね。

そして、最果て島を知っているくせに距離まで知らないリコ。
端的に言えば「沖ノ鳥島を知っているけど、東京からスワンボートで行こうとする」という愚行に近いです。
ポンコツってレベルじゃねーぞこれ!
次に直接肉弾戦したことのないガメッツさん、なんでアーマーパージしてるんすかね?
これじゃあ強さの差がまるでわかんないんだよなぁ。
あと、はーちゃんはプリキュア庇うほどプリキュアとの絆ありましたっけ?
モフルンとの絆はあると思いますけど。
てか、はーちゃんが庇おうとしてる間に少しは立ち上がろうとしろよ…。

本当にMUR先輩並みの唐突さで描きたいことを描くために、闇のオーラだけでなく他の設定までイヤボーンしちゃうとはたまげたなぁ…。

あ、それと小林ゆうさん、中田譲治さん、お疲れ様でした。(付け足し)
[ 2016/06/07 20:11 ] [ 編集 ]

Re: MFRN「堕ちたな(確信)」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>話やキャラの設定の齟齬を放置して、描きたいことを描くスタイルを。

どちらかと言えば、今のまほプリに「これを描きたい」という意思は感じられません。
上から指示されたことを、捻りも無しにアニメに落とし込むという、全体的な元気の無さを感じております。

>端的に言えば「沖ノ鳥島を知っているけど、東京からスワンボートで行こうとする」という愚行に近いです。

おっ、そうだな(納得)
精々道の在り処を校長先生が話してくれるとかだったら、彼の存在感もフォローされてマシになってたかもしれませんね。

>あと、はーちゃんはプリキュア庇うほどプリキュアとの絆ありましたっけ?
モフルンとの絆はあると思いますけど。
てか、はーちゃんが庇おうとしてる間に少しは立ち上がろうとしろよ…。

プリキュアとの絆の結果というより、「みんなを助けてきた正義の味方が負けるわけない」という一種の憧れみたいな感情からくる行動だと思います。
納得はできますが、非力な妖精が体を張って立ち向かうシーンとしてはちょっとショボく感じます。プリキュアたちが動かなすぎるのもマイナスです。

>本当にMUR先輩並みの唐突さで描きたいことを描くために、闇のオーラだけでなく他の設定までイヤボーンしちゃうとはたまげたなぁ…。

そうだよ(便乗)
ああゆう奇跡が起きるシーンというのは、それまでに視聴者を乗り気にさせなければ空回りするだけって、はっきりわかんだね。
[ 2016/06/08 00:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1308-cd1bf051


魔法つかいプリキュア! 第18話「魔法界再び!リンクルストーンを取り返せ!」

魔法つかいプリキュア!の第18話を見ました。 第18話 魔法界再び!リンクルストーンを取り返せ! はーちゃんが持っていたリンクルストーン・ガーネットがガメッツに奪われてしまい、はーちゃんはショックで泣いてしまう。 そんな時、みらいとリコにガメッツから挑戦状が届き、魔法界の最果てにある空に浮かぶ島に向かうことになる。 魔法のほうきで海の上を飛んでいると人魚のロレッタがほ...
[2016/06/05 18:27] URL MAGI☆の日記