【スペシャルウェポンは】 今週のニチアサ 53週目 【もういらない(泣)】

前書き

エヴァQ見てなかった!(゜ロ゜;)
早く見なきゃ…

あと早くライサンダーZを支給してください。C70爆弾でもいいですよ。
いくらエリアルリバーサー支給されても敵を倒せません。本部の罠もいいところじゃあ!

あとやっとFE覚醒のDLCが一段落つきましたが…全然クリアしてないよ…
難しいよ…つーかやってないよ…
これもレビューしろと言うのか…? 教えてくれ、アンナ…

ああ、何かグチっぽくなってしまった。今回も始めマース




バトルスピリッツソードアイズ 12話 『再会 母よ、その微笑みは』

14年前。
ゾードアイズep1 2

現在。
ソードアイズep12 1

まるで成長してな…くてよかったw

えー、バトスピ12話目です。
全国で光のソードアイズ達がヤンチャするので、治安維持の為にヤイバ王は全大陸にスティンガー兵を配置することを要請。
各国は次々と要請を受け入れますが、ツルギ達が駐留するメガラニオンだけは要請を拒否。

ソードアイズep12 2

そんな中スイーツメイツのパシリで大忙しのツルギ達は謎のピエロと遭遇。彼こそがメガラニオン王国の国王メガーラⅡ世。ピエロに化けていたのは民衆の中に溶け込んで街の様子をうかがうため。でもスイーツをタダ食いするのはよくないと思うなぁ。
ですがアトランティアのスティンガー配属についての要請を慎重に見つつも快く思わなかったり、ツルギの母親であるグレナダについての交流関係を明かしたりと王様としてはよくできた存在だと言えます。
ちなみに担当声優はチョーさん。彼も過去にバトスピに関わったことがあるなぁ…
独特の存在感を出すボイスは相変わらずですなぁ。

ヤイバは何とかスティンガー配属を承認させる為に、王宮に幽閉されていたグレナダを派遣。
これをチャンスと見たツルギ達は協力してグレナダとの接触を試みますが、一緒に来ていたヤイバに妨害されます。
肝心のグレナダ自身もヤイバに賛同し、ツルギには冷たい対応ばかり。
これは本人の意思なのか、それともヤイバによって操られているのか…
もし前者だとしたらあまりにも悲しすぎるぞ…

ソードアイズep12 3

まあそれから「バトスピでヤイバが勝ったらメガラニオンにもスティンガーを配属する」という条件でツルギとヤイバがバトル。ささっとターンを終えてヤイバがナインテイル・タークを召喚したところで本編終了。珍しく今回はシナリオ主体の回でした。
次回予告を見た感じではまたツルギが負けそうかな…? もうこれ以上負けるのはマズいと思うのですが。
しかし次回予告の時点でヤイバが放った言葉、「弟よ、余は悪か?」という言葉が引っ掛かります。
やり方は強引とはいえど、ヤイバなりにも何か考えてることがあるのでしょうな。
何れにしても来週が楽しみです。こういうシリアスなシナリオな流れは大歓迎!




特命戦隊ゴーバスターズ 40話 『カブるJとメサイアロイド』

ゴーバスep40 1

前回言うことが少なかった分、今回は多そうだ… そんな40話目です。
残されたメサイアカードを追う為、急遽メタロイド「パラボラロイド2」を作るエスケイプ。
自身の能力でメサイアカードを見つけるパラボラロイド2でしたが、突然メサイアカードを取り込んでしまうことに。
削除しようとするバスターズでしたが、突如Jがメタロイドにカブって援護!
実はマサトが13年前に亜空間へ転送される際、マサトだけは何故か完全に転送されずに現実世界にもデータが残り、
そのデータの欠片が今まさに戦っているパラボラロイド2が取り込んだメサイアカードの中にあると言うのです。
つまりパラボラロイド2を倒してしまえばマサトは二度と本体が地上に戻れない恐れがある!
マサトはパラボラロイド2を倒そうと指示しますが、樹液の行動はヒートアップする一方…

ゴーバスep40 2

恐らくここまで樹液が本気になったのは初めてでしょう。
マサトを救うべくカード奪取を必死に試みるも、その独特のプライドだけは何故か捨てないw
シリアスなシーンのはずなのに、「俺に冬は越せるのか!?」とか、マサトを助ける為にマサトを撃とうとしたり…
ただ分かることは、樹液もマサトと同じようにふざけたキャラを押し出して本心を隠しているのでしょうな。
ただ場を弁えているマサトと違い自覚があるかどうかは分かりませんが…そこがいいんですけどねw

ゴーバスep40 3

そしてエスケイプに続きエンターさんも新たな形態に!
パワードレッドバスターを圧倒するその実力ですが、標的はバスターズではなくパラボラロイド2。
メタロイドを取り込むのは有益な情報を手に入れられないということで仕切り直す為に無理矢理カードを奪い去りました。マサトの秘密も聞いた状態で…
うわ~、いや~なスパルタ教師ですなぁ。まあメサイア生前では散々振り回されてましたから、これくらいはしていいでしょうねw
しかもどうやらエンターさんもギアスを…いや、メサイアの力を取り込んでいるようですし… 更に胡散臭くなりましたなぁ。

ゴーバスep40 4

結局カードも一応無事ということで今回は終了していますが、謎はまだまだ残ります。
一番気がかりなのが冒頭での亜空間マサトの状態について。
ダメージを受けるごとにペナルティが課せられ、最悪死に繋がることは分かっていましたが、まさかあそこまで体を消耗していたとは…樹液が焦るのも分かります。

多くの疑問と謎を投げかけた今回のお話。これが今後どう繋がる…?




仮面ライダーウィザード 12話 『希望の和菓子』

ウィザードep12 1

和菓子食ってないなぁ…ウィザード12話目です。
今回は瞬平のレベルアップ(?)回のようです。新たな魔法石からハリケーンドラゴンとスペシャルの指輪を手に入れて絶好調の晴人と同じように、瞬平も助手としてレベルアップするとのことですが…
お決まりパターンで失敗、失敗、失敗の連続。ゲート周りの話でも空回りしてばっかり。おまけに最後は人質にとられてしまう始末…
今回の相棒達はとにかく悲惨だなぁ… 過去作品と対比してみると、『W』ではお互い無くてはならない存在だったフィリップに情報収集家のウォッチャマンとサンタちゃん、『オーズ』ではこれまたお互い無くてはならない存在だったアンク、『フォーゼ』では前2作品と比べると質では若干劣るものの、データの分析や情報収集、ダイザー係(笑)などでフォーゼをサポートしたライダー部部員達。何れも物語開始直後に実力を発揮してきた連中です。
今回では晴人のサポートはコヨミと輪島のおやっさんが徹してますし、ぶっちゃけ晴人一人でも何とかなる場面が多いので余計に助手の存在が小さく見えてしまいます。警察という特別な組織に属している凜子ならともかく瞬平は…
こういうキャラにこそ頑張ってほしいんですけどね。次回でどう巻き返してくれるか…

ウィザードep12 2

今回のゲート周りの設定は町の小さな和菓子屋さん。
店主の松木さんと見習いの徹也さんが営んでいますが、経営かなり切り詰めている様子。
徹也さんがファントム「ヴァルキリー」に襲われ他のお店へのお菓子の発注が遅れ、付き合いも切られて家計は火の車に…!
そんな中謎のバイヤーの男が和菓子を食べて、是非出店したいという話に。嫌な予感しかしない。
この機会に全てをかけてお菓子を作る二人。「きぼう」と名付けた饅頭を店に出荷するも、実は例のバイヤーがヴァルキリーの正体! まあこれは大体予測できましたわな。
けれどゲートが徹也さんでなく松木さんというのはいいミスリードだったと思います。

つーか今回のファントムのヴァルキリーって男じゃないですかーやだー

ウィザードep12 3

バトルは新作の指輪であるハリケーンドラゴンを堂々披露。
ウィザーソードガン逆手持ちの二刀流で華麗な剣術をお見舞い。トドメはまさかの電撃!
緑って風にも雷にも例えられますからね^^ 便利だなぁ。




スマイルプリキュア! 40話 『熱血! あかねの宝さがし人生!!』

スマプリep40 1

スマプリ(恐らく)ラストのキャラ回、今回はあかね回です!
いや…今回マジでゲート生まれちまうぞ… あかねのアンダーワールドはどんな世界だろうか?
まあそんなことはさておいて^^

スマプリep40 2

「自分の宝物」という課題を学校側から出された皆。
クラスメイトはそれぞれ皆の思い描く宝物を口々にしますが、一人決めかねるあかね。
自分の宝物って何? バレーボール? お好み焼き? ブライマソ?
悩むあかねに4人から手渡されたバレーボールの試合にむけてのお守り。4人が力を合わせて作った力作でした。
これこそが宝物! と大喜びするあかねでしたが、そこにウルフルンの魔の手が…

見ている内に気づいたんですけど、このキャラ回の流れは単なるキャラ回じゃなくて、
そのキャラを取り巻く設定や培った体験などがお話のベースになっている、所謂集大成なんですね。
ブライアンが出てきたのはちょっと意外だった^^;

スマプリep40 3

最終的に行きつく答えが「友情」であることは分かっていましたが、そこまでの過程は秀逸の一言に限ります。
5人の友情、熱いバトル描写、それらを含めて最終的な答えまで辿りつく流れを30分内に納め、尚且つ詰め込んだ感も感じさせない…御見それしましたーっ!
とにかく今回のお話はスマプリのキャラ回通しても屈指の出来栄えだったと思います!
でもきっとその後の話でもっといい話が出来るんだろうなぁ… それはいいことなんですがw























ところで今週もジャンケンなかったね^^



関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/25 16:12 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(2)

ミ○ト「瞬平くん…あたはもう何もしなくてもいいの…」 ハ○ィ「何もしなくていいニャ♪」

どうも、C70で「紅の山」爆破稼ぎのライフのソバスチンですヽ( ̄▽ ̄)ノ
ペイルはマスターレイピアや参謀30、SIGスナ、RZRランチャーと揃っているんですがストーム1は未だ礼賛F止まりです(-"-;A
C70は 気持ち良いほど赤蟻を一掃出来て楽しいですが…自爆には要注意ですがw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19418026
↑私もこれだけの使い手になりたいものですw因みにワイリの中の人は乃村健次さん。
はい、某ガンダムで強いられ過ぎたせいでこんなになってしまいましたw
 あ、あとエヴァQですが破で白熱した人は覚悟してくださいwあとなんかシリアスな笑いが多いですw
リツコさんとか、シンジが積み上げた○をバーン!とか「○でやり直すんだ!」とか(゚×゚*)

さてサブタイのタイトルコールがあかねだったりエンドカードも専用の物に変わったりと
スポット回であることにこだわりの感じられたスマイルプリキュアですが。
WOLT様の仰るとおりこれまでのあかねの軌跡の集大成な回といえます。
 ブライアンからも手紙が来るとは思いませんでしたw
http://www.syu-ta.com/blog/2012/11/25/172531.shtml
↑リンク先のレスにもあるように「like」の単語に反応してしまうれいか以外のメンバーはリアリティがありますねw
 今回サニーと対峙したアカンベーが初登場回(2話)でのバレーボールというのは心憎い演出でした。
みゆき達のプレゼントを通して熱血友情パワーを炸裂するサニーは正統派ヒーロー(ヒロインに非ず)でしたd(>_・ )
新必殺技「サニーファイヤー・バーニング」が発動する際に映画先行登場のアレが発動しました。
次回以降も同じ演出がありそうですし、最終決戦は勿論期待しても良いでしょうね(^∇^)
 最後に気になったのがジョーカーから最後通告を受けたウルフルン。次回はどうなってしまうのでしょう?
ジョーカーは「昔に戻りたいのですか?」と言っていましたがその意味とは。
加えてウルフルン自身ピエーロの事もよく知らないとは…恐らく他の二人も同様でしょう。
3幹部がバットエンド王国に組することになった理由はピエーロへの忠誠でないのは間違いないでしょね。
やはり交換条件をエサにジョーカーにそそのかされて行動していたのかもしれません?c(゚.゚*)

エンターの切り札、先輩の肉体の安否等と最終決戦に向けての伏線が散りばめられていたゴーバスターズですが。
マサト先輩が操られた時といいやはりJは先輩の一番の理解者であり相棒と言ったところでしょうか。
 今まで散々奇妙な行動を繰り返したJは元来の性格もありますが、亜空間で造られた彼にとって
始めて見る先輩の故郷である地上の世界やそこに住む人々に感動していたのかもしれませんね。
「マサトと彼が愛する世界やそこに住む人々を守りたい」、Jの戦うモチベーションはそこにあるのかもしれません。
 「切り札は最後まで取っておくものです。」と14枚目のメサイアカードを忍ばせていたエンターさん。
歴代のスーパー戦隊で終盤に差し掛かりながらここまで完璧に作戦を進めた敵幹部は中々いませんね。
失敗したときのリスクを考えて保険を立てておくという周到さも持ち合わせていますからね。
 メサイヤカードの効果でパワーアップしたエンターさんはカッコイイですね。出渕裕氏のセンスが炸裂しています。
頭部のパーツが猛禽の嘴なのは氏がデザインしたMSヤクト・ドーガにくりそつです↓
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=23067343
あと出渕メカを判別する方法は所謂「ブチ穴」の存在です。
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A4%E3%83%85%E3%83%96%E3%83%81%E7%A9%B4
ゴーバスではゴリサキの腕に目立つ形で開いていますしMSだと量産型ガンキャノンとかケンプファーとかetc
と、まぁ他にもタクサンありますから確認してみるのも良いかもしれません(^-^*)/
 話は戻りまして(;^_^A完全に蚊帳の外になってしまったエスケイプ(とパラボラロイド2)
クリスマス商戦の犠牲になってしまう不安がありますが果たして…
そして先輩の運命は?ヨーコが仄めかしていた研究所職員のデータ再構成は可能なのか?
最終決戦のパーツは揃った感じですね(^-^*)/
[ 2012/11/25 20:07 ] [ 編集 ]

Re: ミ○ト「瞬平くん…あたはもう何もしなくてもいいの…」 ハ○ィ「何もしなくていいニャ♪」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
本当ならもうちょっと考察とかいれて内容を充実させたかったんですけど、
生憎当日は緊急のバイト出勤日となってしまいまして…ソバスチン様の考察文がいつも以上に身に沁みます。
まあ内容増やしたところで大して充実するわけではないんですけど

ペリ子に対しては体力が少ないのと今更育て始めるのが面倒っていうので現在はストーム1一本です。
ライサンダーFだけでも十分羨ましいです。こちとらマグマ砲やゴリサキZ…いや、ゴリアスZが限界…
基本的にまだ「紅の山」を単独クリアするほどの実力がないので「魔獣の群れ」で稼いでいます。
たまにオンで「紅の山」をやることもありますが、正直「魔獣の群れ」と出るアイテムがさほど変わらないんですよね…^^;

今回のスマプリは実に内容の詰まったキャラ回だったと思います。
中身については非の打ちどころが無いですね! 田野アサミさんの演技も非常に気迫のあるものでした。
あかねというキャラを一年間通した経験が存分に生かされましたね。
映画先行登場のネタも含まれていたんですね。劇場版は観ていないので予想外でした。
今回は久々のジョーカー登場もありましたが…様子は明らかに穏やかではなかったですね。
今までの行動などからウルフルン達が一般的な「悪」からズレているのも明らかです。
ピエーロ様の復活という大義名分上、自分達が好き勝手やりたい気なだけもしますね。
もしかすると改心フラグにも繋がってくるかもしれませんね。

ゴーバスターズもこれまた充実した回でした。
確かにJの今までの謎の行動は地上世界を体験することの感動の照れ隠しみたいなものでしょうね。
感動しすぎて暴走して、結果的に謎の行動がエスカレートしていたかもしれませんw
何せ由緒正しき「野生」の世界ですからね! 亜空間の樹液は甘くなかったのかな?w データ化された樹液なんて飲めたものではないでしょうからなぁw

そしてエンターさん。「敵が手札の全てを明かすわけではない」というある種王道悪のアンチテーゼを往った作戦ですね。実に狡猾な…
恐らくここまで優秀な戦隊での悪役幹部はいないでしょうな。同じポジションであるエスケイプですら手の内に納めているも同然とは…
研究所職員のデータ云々はどうなるのでしょうかね? メサイアが復活したと同時にデータも復活したりとか…? でもできれば復活はしてほしくないですなぁ。ヒロム達は彼らの犠牲があったからこそ一回り成長することができたのですから。

あと関係ないですけど、私はウイング作品のようなちょっと古臭い感じの漂うMSが好きです^^
(逆シャアはフォロー外でした。スイマセン。m(_ _)m)
[ 2012/11/27 01:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/131-42b938c0