今週の機動戦士ガンダムUC RE:0096 11話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第11話 『トリントン攻防』

UCREep11 0

今の地球連邦で「1年戦争の頃からアムロを知ってる人」ってブライトさんくらいしかいないんですかね。
バナージとジンネマンの砂漠の2人旅から、黒い三連星の出撃まで。
OVAでいう、ep4の20分ちょいから38分ちょいの部分まで描かれました。

砂漠の2人旅シーンはBGM効果も相まって大好きなシーンです。
MS大運動会が「動的」な名シーンであれば、こちらは間違いなく「静的」な名シーン。
「DESERT」は名曲すぎるって、はっきり分かんだね。透き通った音質でありながら、どこか虚ろな気配の漂う音色が癖になります。
連邦に妻子を殺されるという壮絶な過去を持ちながら、人としての優しさを忘れないジンネマンを象徴とするBGMだと思います。

「家族」に対して連邦に深い闇を持つジンネマンとロニ。
彼らの想いは暴走し、やがて怨念返しを生むこととなります。
怒りも悲しみも背負うのが人間であり、それに飲まれて復讐マシーンになってはならない。
マシーンではなく人として何をすべきか、バナージはとうとう自らの責任と向き合うようになります。
が、それはまた別のお話です。MS大運動会はまだ始まったばかりです。最後まで気を引き締めてまいりましょう。


UCREep11 1

今回ご紹介するのが、MS-05LザクⅠ・スナイパータイプ
劇中に登場するタイプのものは、パイロットであるヨハン・カークス仕様ということで頭部アンテナなど少々カスタムされている面がります。
具体的な活躍は次回明らかになりますが、スナイパーの名に恥じず、長射程のライフルで確実に敵を射抜く戦闘スタイルが特徴的。
ドローンの中という非常に不安定そうな場所から狙撃しているものの、キッチリ結果を残すカークスは流石としか言いようがないです。

しかし宇宙戦争が始まる前から生まれた機体を今の時代でも使うって、相当な事情ですよ。
狙撃仕様ですから本体のスペックは最低でも狙撃用のインターフェース面が整ってればいいんでしょうけど。
最初のザクⅠが生まれたのがUC:0074年と言われてますから、およそ22年前の機体。
現実世界で考えると、今から22年前といえばちょうど初代プレステが発売した頃…
…あれ、でも今でも初代プレステのゲームは結構漁ってプレイしてるぞ。
流石に本体の方はガタが来てますが、改修してないんだから仕方ない。その点を比べると、カークス機はしっかり整備されてるでしょうし。
なんだ、UC:0096年にザクⅠ使っても全然問題ない気がしてきました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/12 11:00 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(6)

兵器

宇宙世紀の兵器はサイクルがものすごく早いですよね。
コクピット周りにサイコフレームを採用しても2〜3年後には旧型扱い。
現実だと1911年に作られた銃が現在でも改修を続けて使われていたりします。なのでカークスのザクも中身が別物に改修されてるかもしれませんね。
[ 2016/06/12 11:21 ] [ 編集 ]

駐留軍はこんなんばっかりか

こんにちは!


番組スケジュール的にしょうがないんでしょうが、某所が騒がしいこの時期にえらくタイムリーな事件ですよねグローブ事件って
こっちは町が丸々壊滅しましたが
で、ガス抜きだろうが報復だろうが一番被害を受けるのは何の関係も無い一般市民、と


本体の出力もありますから直接戦闘は御法度レベルでしょうけど、移動砲台的な扱いなら却って活躍出来るかも……そういえば、某クロスボーン続編でもザクIIで最新鋭機を撃退してたような
[ 2016/06/12 12:41 ] [ 編集 ]

3人はどういう集まりなんだっけ?.rgm-96x

まほプリの1~9話までの体たらくが生んだ(まほプリ11話のコメント参照)グローブ事件ですか…
コレをきっかけにジンネマンは反連邦ゲリラの参加を決意し箱の一件に巻き込まれる事になる訳です。
連邦への復讐に燃える一方、現在の彼はリーダーとして冷静ですし失意のバナージを気遣える良き大人です。
バナージが足を引っ張ているように見えた砂漠の行軍ですが、助かったという台詞は正直な彼の気持ちだと思います。
1人で復讐だけに囚われていては今日まで彼は生きていないと思います、それはマリーダのマスターとして共に過ごした事も無関係ではありません。

ザクⅠスナイパーは、ぶっちゃけると「戦場の絆」の為に生み出されたMSですね、コレが無いとゲルググJG型までジオンに狙撃機が無い状態なので…
サンダーボルトのビッグガンによる狙撃もそうですが、芋っている以上近づかれたら終わりなのでMS本体は狙撃用の最低限の改造に留めている訳です。
只、コチラは頭部が強行偵察型の高精度センサーですし、装備一式を旧ザク内に収めているので結構コストがかかりそうな改造ですが…

>最初のザクⅠが生まれたのがUC:0074年と言われてますから、およそ22年前の機体。
MSの進化の速度が早すぎるので麻痺し易いですが、優れた設計の兵器ならばこの程度は古い内に入りません。
現在でも車載用の重機関銃として使われているブローニングM2が登場したのは1933年です、それ以降細かい改装はあれど基本構造は変わりません。
MS並に精密機械の塊の戦闘機F-15も1976年登場で半世紀に迫る期間現役です、爆撃機のB‐52は1955年で半世紀を超えてます。
B-52はその長きに渡る運用期間のお蔭で「親子三代にわたって搭乗員になった家系」が存在するほどで。
このエピソードとロマサガ2を元に「ガンダムAGE」は作られたのでは?という噂もあります、面白くなかったですけど(直球)
[ 2016/06/12 15:31 ] [ 編集 ]

Re: 兵器

Ryu@様、コメントありがとうございます。

うーん、確かに宇宙世紀が異常すぎるだけなのかもしれないですね。
技術の発展は戦争によるものが一番とかいう見方もあるみたいですし。
地球はメチャクチャでしょうが、軍事産業(というかアナハイム)は良くも悪くも活発だったんでしょうな。
[ 2016/06/12 16:22 ] [ 編集 ]

Re: 駐留軍はこんなんばっかりか

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>で、ガス抜きだろうが報復だろうが一番被害を受けるのは何の関係も無い一般市民、と

連邦軍の練度って相当腐ってたんすね~
でも正直ガンダムUCは連邦軍を意図的に貶め過ぎだと思うゾ。

>某クロスボーン続編でもザクIIで最新鋭機を撃退してたような

未読ではありますが、そもそもザクIIが残っていることに驚きです。動力源だってもう色々と違ってますよね…
[ 2016/06/12 16:47 ] [ 編集 ]

Re: 3人はどういう集まりなんだっけ?.rgm-96x

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>バナージが足を引っ張ているように見えた砂漠の行軍ですが、助かったという台詞は正直な彼の気持ちだと思います。

他人の存在を感じることで、自分に潜む復讐心を治めていたのでしょうか。
心の温かさこそが人を救ってくれると分かっているんでしょうね。

>MSの進化の速度が早すぎるので麻痺し易いですが、優れた設計の兵器ならばこの程度は古い内に入りません。

本当に感覚が麻痺しているようです… 宇宙世紀恐るべし。
とはいえこの時代のこの他にザクⅠのバリエーション機は殆ど見られませんし、わざわざザクⅠを使いまわす必要は薄いと思うんですよね。
カークスの趣味なのか、それともシャンブロ作ったせいで懐事情がカツカツだったのか…
まあMS大運動会ということで色んなMSを大放出してますから、気にし過ぎるのがおかしいとも言えますがw
[ 2016/06/12 20:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1311-6c90bad4


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第11話「トリントン攻防」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第11話を見ました。 第11話 トリントン攻防 ジンネマン達の悲しい過去を知ったバナージは涙を流し、『箱』をより良く使う方法を探るべく新たな情報が開示される場所・トリントン基地へ向かうことになる。 トリントンが急襲され、リディも出撃することとなる。 「オードリー、君も俺も生まれ家の呪縛から逃れることはできないんだな…ならばこ...
[2016/06/12 12:46] URL MAGI☆の日記