今週の動物戦隊ジュウオウジャー 18話

動物戦隊ジュウオウジャー 第18話 『刻まれた恐怖』

ジュウオウep18 0

サイはサイでも穏やかな気性なのはシロサイの方なんですって。
クロサイは凶暴らしいです。
今までのジュウオウジャーの中では珍しめな、バトルメイン回だったかも? な18話目。
完膚無きまでに叩きのめされて見事にトラウマを植えつけられたジュウオウジャー5人でしたが、
変に虚勢は張らず、「怖いものは怖い」と認めて皆と感情を共有することで克服しました。
イーグル1人にザ・ワールドと戦わせることは、この信頼関係と心理的余裕がなければできなかったでしょうね。

ブラッドゲームも相変わらずいい味出してます。
前回もそうでしたが、香村さんの考えるゲームは「多くの市民が慌ててふためく」事を念頭に考えられていると思います。
市民をスナイプして意識のある状態で人形にすることは確かに残酷ですが、目で見て「こいつ本当に困ってんの?」って分かりませんからね。
いくら考え抜かれたゲーム内容でも、その惨状が目で見て分からなければジニス様も反応に困るでしょうからね。納得がいきます。

バトルはロボ戦を2回挿むという大ボリューム。
トウサイジュウオーはボディの大部分がキューブライノスで構成されていて、キューブウルフは頭部、キューブクロコダイルは武器になるみたいですね。
簡素な設計故に、戦闘中に「ウルフとクロコダイルをキューブ状態でぶつける」という面白い芸当もやってくれました。
トウサイジュウオーにやられてしまったジュウオウジャーのキューブ達も、キューブ形態で横たわっていると「無残さ・無念さ」が際立ちますね。
キューブ形態の表現が中々面白いと感じました。

地上戦では、イーグル(ゴリラ)とザ・ワールドの激突が迫力抜群でした。
イーグル状態では持前のアクロバティックさでザ・ワールドを翻弄し、ゴリラ状態ではとにかく「力と力のぶつかり合い」と称するのが相応しい壮絶さでした。
バトルの最中で、ジュウオウゴリラが川の水を手で弾いて威嚇(?)していたシーンが印象的でした。強敵相手に自分を鼓舞していたのでしょうか。
結果的にボコボコにされてはいたものの、野生大解放の一撃を受け止めようとしていた辺りは、「ただボコられているわけではない」と思いました。

次回は早くもザ・ワールドが仲間になりそうな雰囲気です。
個人的にはアバレキラーみたいに、敵組織の中で長期間活躍するものだと思っていましたが。(まああっちは正直期間が長すぎなんですけど)
夏映画に間に合わせるためでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

メガマブシー!(作品違い

こんにちは!


新ロボのトウサイジュウオーはモチーフが二つ被ってるせいか、ガオレンジャーのガオハンターを彷彿とさせるものが……ゴツい見た目の割りに身軽ですし
今回のブラッドゲームは直接的で中々えげつないものでしたが、何故最初からこのルールにしなかったのか……最初のはナメプだったんでしょうか
ロボ戦やイーグルvsザワールドの決戦も含めて、今回は戦闘描写が特に丁寧だったと思います
最後のザワールドの様子は洗脳が解けかけてるのか、それとも無理にジューマンパワーを3つも移植した副作用なのか……
[ 2016/06/12 12:21 ] [ 編集 ]

トランプスが情けない分、ザワールドの強大さがよく描かれていて良かったと思います。

>トウサイジュウオーはボディの大部分がキューブライノスで構成されていて、キューブウルフは頭部、キューブクロコダイルは武器になるみたいですね。
以前ガオレンジャーを彷彿とさせると言いましたが、三匹の動物を操る点ではガオシルバーを思い出します。あちらともワニと狼がモチーフで当初は敵だった点も共通していましたし。ある程度モチーフにしていましたんでしょうか。前にも言ったんですけどキョウリュウのウッチーもガオシルバーがモデルらしいですね。どちらかと言うとあっちの方がモデルに近いですけどw

>個人的にはアバレキラーみたいに、敵組織の中で長期間活躍するものだと思っていましたが。(まああっちは正直期間が長すぎなんですけど)
そう考えると先に挙げたウッチーは登場も加入もかなり早かったように思えます。その次だとキンジでしょうか。
[ 2016/06/12 12:46 ] [ 編集 ]

Re: メガマブシー!(作品違い

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>ガオレンジャーのガオハンターを彷彿とさせるものが……

懐かしいですね。ハンマーヘッドとサイ以外はモチーフの動物も一緒ですし。
ガオシルバーも元々は狼鬼というそれはそれは手強い敵でしたもんね。
今回のザ・ワールドも狼鬼からヒントを得ているのかもしれません。

>最後のザワールドの様子は洗脳が解けかけてるのか、それとも無理にジューマンパワーを3つも移植した副作用なのか……

後者だと私は考えています。
ジュウオウジャーは元々王者の資格を持っていて、なおかつジューマンパワーを持ってる者でないとなりないはずですし。
イレギュラーな方法で力を手にしたのであれば、副作用があって当然だと思います。
[ 2016/06/12 16:40 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>そう考えると先に挙げたウッチーは登場も加入もかなり早かったように思えます。その次だとキンジでしょうか。

アバレキラーは敵組織としては重要な秘密を握ってましたから、敵対期間が長いのも頷ける話でした。
単に洗脳されているだけなら短いのも当然といえば当然ですね。
[ 2016/06/12 17:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1312-4f8dcc97


仮面ライダーゴースト 第35話「真価!楽しさの力!」

仮面ライダーゴーストの第35話を見ました。 第35話 真価!楽しさの力! ゴーストムゲン魂でガンマイザーらを一蹴したタケルだったが、現実世界に現れたイゴール達は眠ったままのアカリとジロウの体を奪っていく。 「あちらの世界で私を消去することはできませんよ。この体は人質ということで。またお会いしましょう」 アカリ達を救うため、罠だと知りながらもタケルは御成とユウイチを連れ...
[2016/06/12 12:45] URL MAGI☆の日記