今週の魔法つかいプリキュア! 19話

魔法つかいプリキュア! 第19話 『探検&冒険!魔法のとびらのナゾ!』

まほプリep19 0

近々プリキュアにならなければいけないことを… 強いられてるんだ!
前回の島からホウキだけで帰ってきたんでしょうか。確か途方もなく距離が離れていたような…

そんな19話目。一切のクセの無い、至って「普通」としか言いようがないお話でした。
つまらなくないですが、取り立てて面白い部分もありません。
相変わらずプリキュアは情けなくて妖精にフォローをいれられてばかりですが、
「開かずの扉」「魔法の木が意思を持っている」はそれなりの魔法要素アピールになってますので、そんなにマイナスには捉えませんでした。
ただ強化されたバッティも、普通に浄化(今回は強化が解けただけですが)されるんですね… 通常なら強化技の出番なのですが。
総じてサブ脚本担当回らしく、「ノルマは達成した」ような感じの内容だったかと。

多分今回のテコ入れは、噂(というか発表)されている新プリキュアの登場のための下地作りなんでしょうね。
恐らく新技とかも新プリキュアが登場するまでお預けっぽい。
しかし肝心のプリキュアたちに関する下地というのが整っておらず、頑張ってるのははーちゃんとモフルンだけの現状で、
如何にして「次のプリキュアが必要」という説得力を生ませるのかちょっと期待です。ちょっとだけ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/12 15:23 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(1) | CM(6)

MRRK『アツゥイ!』

はーちゃんのイヤボーンなければどうしようもないプリキュア2人…。
そろそろ自力で頑張ってくれませんかね…。

前作もある意味ゆいちゃんやプリキュアのイヤボーンと言えますが、前者の場合はゆいちゃんの行動がプリキュアを励ましたり迷いを吹っ飛ばすという『プリキュアの心を支える』行動であり、それでプリキュアの想いの力が強くなったのは納得できます。
しかし、今作はまだプリキュアでないはーさんという機械仕掛けの神の力でイヤボーンしてますね。
それプリキュアとしてどうかと思うって、それ一番言われてるから(KYN)
[ 2016/06/12 16:03 ] [ 編集 ]

みらい「はぇーすっごい大きい(世界樹)」リコ「†悔い改めて†(校則違反)」

プリキュアに限りませんが追加戦士登場回は相対的に既存メンバーが弱くなったりピンチになったりしますが。
その前段階でレギュラーキャラをクソザコナメクジにするのは前代未聞ですね。
好奇心旺盛な設定の筈なみらいですが、肝心のプリキュアやエメラルド、敵や校長の正体といった物語の根幹には無頓着です。
やっと、はーちゃんの異変に対して校長の意見を仰ごうとしますが示し合わせたかの様に行方不明になって話を無駄に引っ張ります。
あとドクロクシ―に疑念を抱き話を引っ掻き回すかと思われたバッティですが、東方不敗の声を聞いただけで掌返しですか…
動機が弱くともハマーンからの謀反を企てたロックの方が物語を動かしてましたし、キャラも立ってました。

所で、本作の声優陣のインタビューが公開されてますが、みらい役の高橋李依さんから意味深なコメントが…
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1462423247

>みらいはリコのことが大好きですけど、その理由も自分の中で付けたかった時期がありました。
>でも、やってくうちに、「好きなだけだ!」というか、「ただこの子に惹かれた。それだけでみらいは大丈夫なんだ!」って思えてきたんです。
>セリフには絶対に理由をつけなきゃいけないと今まで思っていたところを、みらいが崩してくれたような気がします!

本編のみらいのキャラの定まらなさを鑑みると、ちっとも好意的な意見には見えません。
演じている高橋さん自身、台本からみらいのキャラクター性を見いだせないのでは?と邪推してしまいます。
過去の出演作を知る私の意見ですが高橋さんは新人ながらも演技力はかなり高いと思ってます。
問題があるのは脚本だって、はっきりわかんだね。
[ 2016/06/12 16:16 ] [ 編集 ]

はー様のイヤボーン最強説。もうみらリコ要らないんじゃね?冗談抜きに。
間抜けにも手柄を焦ったスパルダ、どーだって良いガーネットの為に決闘仕掛けてきたガメッツ、そして今回のバッティ。ここまで工夫も盛り上がりも無い幹部との対決なんて、プリキュアどころか他の作品でも見たことないです。戦隊の1話限りのゲスト扱いだった幹部(ターゲイト、デラツエイガー、ザイエン、ジャグド等)のが、よほどキャラ立ってますし強敵アピールも出来てます。
あ、そうだった。倒しやすくする為に「わざと」キャラ薄くしてるんでしたっけ。失礼しました。

声優座談会によると、みらい役の高橋さんは未だにみらいのキャラを把握しきれてないらしいです。曰く「何故みらいはここまでリコが好きなのか、自分なりに理由を考えていたけど、最終的に『好きだから好きで理由なんて無い』というところに落ち着いた」とか。またリコ役の堀江さん、はー様役の斉藤さんは揃って「みらリコよりモフルンのほうがはー様の保護者してる」という認識の様子。
ディレクターは作中で描写すれば良いような事をインタビューでドヤ顔で語ってるし、遠まわしとはいえ主役の声優にさえ脚本の不備を触れられてるしで、本当に大丈夫かこのアニメ。
[ 2016/06/12 19:04 ] [ 編集 ]

Re: MRRK『アツゥイ!』

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

まずこの作品において、プリキュアによる功績が少なすぎることが大きいですね。
「プリキュアは強い!」と言われても納得がいきませんし、そんなことで自らの身を投げ出すはーちゃんがちょっと可哀想です。
前提条件が抜けていることを製作側は分かっているのでしょうか?
[ 2016/06/12 22:53 ] [ 編集 ]

Re: みらい「はぇーすっごい大きい(世界樹)」リコ「†悔い改めて†(校則違反)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>好奇心旺盛な設定の筈なみらいですが、肝心のプリキュアやエメラルド、敵や校長の正体といった物語の根幹には無頓着です。

テラー・ドーパントの影響で意図的に避けてるのかな?(すっとぼけ
積極的に本人から謎を探っていく作風であれば、作品全体の掘り下げにも繋がると思うんですけどね…
唯一好奇心を持った魔法ですらアレですし。


>所で、本作の声優陣のインタビューが公開されてますが、みらい役の高橋李依さんから意味深なコメントが…

その記事はちょうど1ヶ月くらい前に読んだことがあるのですが、
「9話がいい話」と仰ってる時点で「この人たちとは感覚が違う!」と思うようになりました。
ですので、コメントの節々はあんまり深く受け取ってません。思考停止とも言えるかも。
[ 2016/06/12 23:05 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>あ、そうだった。倒しやすくする為に「わざと」キャラ薄くしてるんでしたっけ。失礼しました。

みんな今わの際は同じことを言ってましたね…バッティは死んでませんが。
闇の魔法で世界を支配するみたいですが、それを実行するならせめてもっと広範囲に闇の魔法の影響を出してほしいです。
そこまで描写を薄くしてしまったら、もはや敵役を作っておく意味ないですよ!
[ 2016/06/12 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1314-2d2221a4


魔法つかいプリキュア! 第19話「探検&冒険!魔法のとびらのナゾ!」

魔法つかいプリキュア!の第19話を見ました。 第19話 探検&冒険!魔法のとびらのナゾ! はーちゃんの言葉に答えたリンクルスマホンの光がガメッツの闇のオーラを消し去ったのはどういうことなのかみらいとリコは校長先生に聞いてみようと魔法学校へ向かうが留守であった。 校長先生は誰にも言わずにいなくなったようで教頭先生やアイザック先生が大慌てで探していると、伝書ポットに出かける...
[2016/06/12 21:17] URL MAGI☆の日記