THE 開封の儀 その2

DSC00515.jpg

ため込んだ玩具を一度に全て開封すると、
その分ゴミも多く出て掃除が大変だということを今日学びました。
やっぱり少しずつ開封していくのがいいんですかねぇ。
DSC00516.jpg
1つ目。フィギュアーツ真骨彫の仮面ライダークウガ ライジングマイティ。
真骨彫らしい高水準に纏められた完成度の高いアーツです。。


DSC00517.jpg
マイティフォームが初回販売・再販ともに即座に完売し、多くの難民を出したことで有名でしたが、
今回は何をトチ狂ったのか平日に販売するという暴挙に出ました。


DSC00518.jpg
案の定今回も即座に完売し、某通販サイトでは価格が高騰していきましたが…
マイティフォームが今でも10000円台で取引されている中、今のところライジングマイティは
7000円台なので、そんなに激しく価格推移ではないように見えます。


DSC00519.jpg
ぶっちゃけ真骨彫は基本フォーム以外プレバンで販売してほしい。
価格は高くつきますが、確実に手に入れることができますからね。


DSC00520.jpg
露骨にクウガが優遇されている真骨彫アーツですが、ここまで来たならアメイジングマイティに欲しいところです。
グローイングフォームもギリギリ発売できるかな?


DSC00521.jpg
一応旧アーツも並べてみる。
私が初めて買ったイベント記念商品がこのライジングマイティですが、今ではもう退色が酷いです。
あの頃はまだチャイニーズテンバイヤーとかあんまりいなかったなぁ…




DSC00522.jpg
2つ目。ROBOT魂のキュベレイです。
HGUCよりも全体的に丸みを帯びているプロポーションが特徴。
HGUCがノッポすぎただけかもしれませんが。


DSC00523.jpg
可動範囲も優秀ですが、つま先の可動域が狭いのと、引き出し機構がオミットされてるのが残念。


DSC00524.jpg
大型ビームサーベルが付属するというROBOT魂特有の嬉しい付属品も。
ただし引き出し機構がないので両手持ちはちょっとぎこちない。


DSC00526.jpg
最大の特徴であろうファンネルエフェクト。
HGUC1のものに比べれば自由度は低いものの、丈夫で使いやすいです。
ファンネルラックごと取り外すので、ファンネル1つ1つを取り外す面倒さもありません。私としてはこっちの方が好き。





DSC00527.jpg
3つ目。ROBOT魂のデスティニーインパルスです。


DSC00528.jpg
近々フォースインパルスの発売もアナウンスされているインパルスシリーズの第1弾。
全体的に造型の秀でた部分こそないものの、不足なく纏まっている安心感は感じられます。


DSC00530.jpg
可動も優秀。フリーダムなどで培われた前屈可動が採用されています。
ただ、ビームシールドとブーメランが付属しない点は残念。そういやジャスティスもブーメラン付属してませんでしたね…


DSC00531.jpg
ちなみにストライクとパーツに互換性を持たせる補助パーツが付属されていましたが、
どちらも保持力が弱く、あまり満足に遊べませんでした。残念。





DSC00533.jpg
4つ目。フィギュアーツのロード・バロン。
所謂怪人に属する彼ですが、バトライド・ウォー創生では強化フォームとして登場した異色の経緯を持ちます。


DSC00534.jpg
怪人アーツよろしく、可動は悪いです。主に下半身。
本編でも走る動作とかは割とぎこちなかった気がしますが…


DSC00535.jpg
ただ関節の保持力とかは十分。上半身の可動範囲も良好です。
付属品もきっちり揃ってますし、以前発売されたハートに比べれば満足できる出来栄えかな。




DSC00537.jpg
5つ目。ROBOT魂のヴィルキス最終決戦Ver.です。
テオドーラとクレオパトラはスルーしました。流石に最終話1話きりの活躍では特に欲しいとは思えないんで。
評判も散々みたいですね…


DSC00542.jpg
ちなみにヒステリカも今回一緒に開封しました。
随分前に届いたものですが、開けなくても分かる商品仕様にいまいち手が出しにくかったのだ…


DSC00538.jpg
遊び勝手は… ナオキです。(半ギレ)
パーツ保持力は通常版ヴィルキスよりマシになったかなとは思ったものの、実際そんなことはなくすぐにポロリします。
展開版のウィングの接続用のダボはもう少し大きくしてほしい。


DSC00539.jpg
肩が交換全体になったせいか、通常版よりも更に外れやすくなった気がします。
ポロリを防ぎたいけど接着はできない…うごご、どうすれば。


DSC00540.jpg
でもまあ、付属品は凄く多いのでプレイバリューは広いですね。
ただ遊び勝手が…


DSC00541.jpg
るららりら~ 当分はこのポーズで飾ってようかしら。
飛行形態はそのうち組み替えます。





おしまい。
ロード・バロンまでは楽しく遊べましたが、ヴィルキスに移った途端テンションが下がりました。理由はお察しください。
ただ全体的にどの商品のクオリティが高いことは間違いないですね。
それにしても最近ガンプラ塗装してないな…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/25 19:11 ] その他 | TB(0) | CM(4)

スパロボVはヴィルキスの『V』

http://srw-v.suparobo.jp/
コンバトラーもボルテスもヴィクトリーも入ってないやん。どうしてくれんのこれ?

まさかクロスアンジュがこんなに早く参戦するとは、ヤマトはアナライザー以外ロボット出て来ないしマイトガインのあのオチをどうやって表現するのか…?
まぁ、アンジュがラクスをどう評価するのか気になる所ではありますね。

HGCEインパルスの時も述べましたが、単体のデザインとしてはDインパルスの方が好みですね。
シン・アスカの業の深さを現す意味では制式版デスティニーの血涙フェイスの方が確かに合っているのですけど…
この流れでF90VやセカンドVも出してくれよな~頼むよ~

ヴィルキス始めラグナメイルはあまり良い評判を聞きませんがここまで商品展開が続くということはアニメ本編の人気に支えられてると見るべきなのでしょうか?
「汚いシンフォギア」「汚いGOプリンセスプリキュア」という巷の賞賛(?)はナルホドとは思いますが、このアニメは恐らく舞-HiMEシリーズの精神的続編かと思われます。
『アイドルマスター XENOGLOSSIA』という黒歴史が生まれたのは当時美少女アニメのノウハウが無いサンライズがこれまた当時合併したばかりのバンナムから突き付けられた
「やっぱり当時ろくに設定の固まっていないアイドルマスターのアニメ化」という無理難題を舞‐HiMEという過去の実績を利用して合体事故を起こした結果だと思われます。
当時『戦犯』としてつるし上げられた監督と脚本…
花田大先生はラブライブ、長井監督はオルフェンズでサンライズに帰って来た訳ですから因果な物です。
[ 2016/06/26 16:20 ] [ 編集 ]

Re: スパロボVはヴィルキスの『V』

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>HGCEインパルスの時も述べましたが、単体のデザインとしてはDインパルスの方が好みですね。

顔の造型はこちらが好みです。
Wシリーズ同様、モールドなどは少ないですが、設計面は手堅く安心して触れることのできる仕上がりになっています。
フォースインパルスの方も期待したいところです。

>「汚いGOプリンセスプリキュア」
おっ、おい待てい(江戸っ子)
GOプリは一般市民が王女を目指すお話だけど、クロアンは王女が一般市民未満の存在に堕ちるお話だゾ
タイトルと設定が似通ってるけど、実際は真逆の結果を描いた作品なんだよなぁ。


>『アイドルマスター XENOGLOSSIA』という黒歴史が生まれたのは

おっ、おい待てい(江戸っ子)
ゼノグラシアはスパクロに登場してたから、黒歴史というワケでもないと思うゾ
良い作品かどうかはさておき、少なくとも異色作としてファンの記憶の中には残っていると思うんだよなぁ。
自分が深夜アニメを見漁っていた頃に出会った作品なので、何やかんやで思い入れはあったりします。ロボットがちょっと気持ち悪いけど…
[ 2016/06/26 20:18 ] [ 編集 ]

アニメはちょこっと見てただけなんですがヴィルキスもバルバトスと同様、腰が細いですねい。
[ 2016/06/26 20:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

>アニメはちょこっと見てただけなんですがヴィルキスもバルバトスと同様、腰が細いですねい。

細いのもそうですが、妙に角度がついてのも特徴的ですね。
[ 2016/06/29 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1320-e4e1aa55