ああああああああああああああああああああああ ああああああああああああああああああああああ話

魔法つかいプリキュア! 第22話 『芽生える新たな伝説!キュアフェリーチェ誕生!』

まほプリep22 0

新OPは「うるさくなったなぁ」という印象が強いです。あそこまでアレンジはいらないと思います。
新EDは…ナオキです。
・前話のフォロー一切なしにいつの間にかナシマホウ界に帰ってる
・校長先生も何もなかったかのように元に戻ってる

この時点の私のお口アングリヲである。仕切り直しもここまでスパッとしてると潔い。そんな22話目。

満を持しての新プリキュアの登場。歴代エピソードの山場となる展開です。
初登場は単なるお披露目のイメージが強いので、設定に関してあれこれ文句を言うのはお門違い。
「新ヒロイン登場!」というインパクトと盛り上がりを楽しめば、それでいいのです。


でも、そうは問屋が卸さないというのがまほプリという作品です。いや卸していいから(良心)
どこに注目すればいいのか分からないお話でした。


そもそもはーちゃんに関しては、素性から何まで(というかプリキュアという概念に関しても)謎だらけなので、
プリキュアに変身されようが、まず思うことが「また余計な謎が1つ増えた…」ということだけで、喜ぶ余地はありません。
素性の知らない人物が新プリキュアとして加入する例は、ドキプリのキュアエース/亜久里がそれに当たりますが、
あちらはネタバレを防止していた(と同時に本編内でミスリードを誘っていた)だけに「亜久里って何者なんだ?」という思考にシフトできましたが、
こちらは中途半端に情報が明らかにされているのでタチが悪いです。


キュアフェリーチェ登場に至るまでの展開も雑でした。否、いつも通りと言うべきか。
新プリキュアが登場する大抵の場合、既存プリキュアたちが大なり小なりピンチに陥ってる状況が殆どですが、
今回の場合は「今から反撃するぞ!」という状況で登場なされました。それは違うだろう。
しかもその反撃までに移るシーンというのも、モフルンにフォローされるという相変わらずの情けなさを発揮しています
敵前に立っても笑顔を絶やさないモフルンは漢です。プリキュアは… ナオキです。

よく考えたら、今作のプリキュアって「ボロボロになるまで追い詰められる」って展開がないんですよね。
ボコられたけどあっさり立ち上がって技バンクを発動するのが殆どです。
反撃時のカタルシスが物足りないことも、この作品の欠点の1つだったか…


「新プリキュアの正体を追う楽しみ」
「新プリキュア登場による逆転のカタルシス」

これらを放棄した今回の22話では、盛り上がる点など一切ありません。
これだけでも驚きですが、それより前にもっと驚くべきシーンがありました。

まほプリep22 1

「もう、嫌なの… 大切なみんなとお別れなんて… 嫌なの!」
これはヨクバールの攻撃を受けて寝ていた倒れていたキュアミラクルの台詞です。

ふと疑問に思いました。
「みんな」って誰?

作中の過去描写で描かれていたのははーちゃんとクシーでした。
百歩譲ってはーちゃんはアリだとしましょう。でもクシーは違うだろう…
一度も言葉を交わしてないのに、お前クシーの何を知ってるのさ。
もう、嫌なの」という台詞からは、すでに何度か別れを経験してるかのような素振りを受けますが、作中通してそんな描写はありません。
マホウ界のみなさんとは確かにお別れしましたが、つい最近再会しましたし、その気になればまた会えます。
もしかすると今回の話の中盤で出てきた、リコの「マホウ界に帰ろうかと思ってる」という台詞にかけてるのかとも思いましたが、
どうも意味合いが異なってくる気がしますし、何よりそういう意味があるのであればきちんと描写されるべきです。


まほプリep22 2

何はともあれ新プリキュアの登場という新展開です。
これを期に仕切り直しを求めたいところです。が…
確か10話目あたりでも同じこと言ってたのよね、私。「ナシマホウ界編から良くなりますように」って。
で、実際良くなったかと聞かれると…








あまねく生命より、視聴者に祝福が欲しいねぇ…
関連記事
スポンサーサイト

同じく新戦士加入回のジュウオウジャーに比べてこの落差、で、出ますよ(溜息)

ドクロクシー本人を倒した直後だってのに、何でドクロクシーの力を宿してる「だけ」のヨクバールに苦戦してるんですかね…?
こういうのは、新幹部が繰り出してくる怪物がパワーアップしてて、以前のまま戦っても勝ち目は無い→そこで新アイテム、新戦士加入っていうのが王道パターンという奴なんじゃないか?どうもまほって、あえて王道を外してゴミ展開に持ち込んでる印象が強い。
まあ何時もボロボロになるまで戦わないのは当然だと思います。だって毎週のノルマだから嫌々入れてるだけだろうし、スタッフはみらリコの百合と所々の感動的(笑)な台詞とシチュエーションがやりたいんでしょう。
あと新悪役らしくきランプの精、台詞が尋常じゃないくらい聞き取りづらいんですが。

キュアフェリーチェ、デザイン見た段階から「動かないんだろうな」って思ってたけど、本当に全然動きませんでしたね。ゴテゴテと豪華は違うんだよ(これはミラマジもそうだけど)。
変身バンクも冗長だし、BGMは耳素通りしてましたよ。(上半身の)動きからして仏様的な「オリエンタル」な感じを狙ってるんじゃないか、というレスを見ましたけど、デザインは全然オリエンタルじゃないし。そもそも、花をあしらった衣装+花びらを纏った攻撃って前作のフローラと丸被りじゃねーかよ。しかもその辺はフローラのほうが見せ方が上手かったし。

ヤモーが上手く纏めてくれて、自分の中で微妙に好感度上がってます。「何という茶番!」
[ 2016/07/03 16:57 ] [ 編集 ]

WOLT君!何やってんだWOLT君! WOLT君、ニチアサレビューに戻ろう!

フェリーチェの登場は唐突でした、視聴者の意表は突けたでしょうがそこに至るまでのドラマが弱い。
「仕切り直し」とは言えど、結局主人公の戦う動機付けが弱いと何を言っても中身が伴わず空虚さが残る好例ですね。
前回の「何もわからないけどはーちゃんを返して!」と同様に、どうもここ最近のみらいはヒステリックな感情が目立ちます。
過去作のブラック、ピンク枠の様な目の前の脅威に対して毅然と立ち向かう描写がこれまで薄かったのですが3クールに入って遂に戦意損失という失態。
以前私は序盤のみらいのチャランポランな振る舞いに「覚悟も無くプリキュアやって後悔するフラグなの?」と皮肉っていたのですがホントになるとは…
一度死んだと思っていたヤモ―が目の前に現れているのに彼との絡みも無しで「大切なみんなとお別れなんて… 嫌なの!」と言うのもズレた見解です。
「敵との因縁は描かない」「作中の事象や謎に関わらない」前期の主人公足り得ない癖が是正されてないのです。
ついでに新敵の影も薄い、初代の「彼ら」は流石に女児にトラウマを植え付けそうだからダメだとしても…

良い点を挙げるならリコがナシマホウ界のテストで満点を取った自信を糧に魔法学校での勉学に意欲を見せた点。
以前指摘した通り作中の科学と魔法の対比が出来ていないので精神論での成長要素にしかなっていませんが、みらいに比べればマシです。
兎に角今は「英雄の旅路」に於ける「賢者との遭遇」が重要です。
フェリーチェという新しい仲間を加え賢者から託された「新たな目標」に挑まなければ。
校長は前期を通してプリキュアの導き手としては力不足でした、電話で会話していた人物が後期からの「賢者」枠なのでしょうが
一刻も早くプリキュアとコンタクトを取るべきです、はーちゃんを加えてのイチャイチャはそこそこにもっと第三者や「作中世界」と対話するのです。
[ 2016/07/03 17:44 ] [ 編集 ]

(曲が)うるさいんじゃい!

OPだけでなくEDもなんかガチャガチャしすぎてて
「楽しい」よりも「やかましい」という感想が先に来てしまいました。
どっちも前のほうが良かった…。

エースの場合は謎の部分は「意図して設定された楽しむための謎」だったんですけど
まほプリにおけるプリキュアの謎は
「制作側の怠慢によって意図せず謎になってしまった不手際の象徴」でしかないので
楽しむことなんて出来ないんですよね…。
主人公側が一体どういう存在なのか視聴者に一切説明せず進めていくスタイルは
ある意味尊敬できるけど好きじゃないよ。

ところで今回の話…
というか戦闘シーンでのプリキュア達のやりとりが意味不明に感じたのは僕だけでしょうか。
筆者様が言ってたみんなって誰だという部分もですが
マジカルの
「はーちゃんはあなた達を止めるためにいなくなった。
 私ははーちゃんを必ず見つけるって決めたのに今度はそれを邪魔するの」
という台詞も
少し前のシーンで、半ば探索を放棄しているような台詞を言っていたことを考えたら変な気がしますし
はーちゃんは敵のせいでいなくなったという台詞も
結果的に見ればそうですけど敵側からしたら
狙ってそうなるよう仕向けたわけでもないから、敵に消失の全責任があるような言い方もおかしいですし
ついでに言えばミラクルの「みんなとお別れなんてイヤ」というのも
リコの魔法界へ帰ることを受けてのセリフと考えても
戦闘シーンでまるで敵のせいでリコとの別れが来てしまったように言うのも変ですし
モフルンが突然スープ飲むのも
そこから笑顔云々に繋がるのも不自然に感じました。
こう感じたのはもしかしたら自分がもう完全にまほプリに失望し
色眼鏡で見ているからそう感じたのではとちょっと思ってもいるのですが…。

あと個人的に思うのがフェリーチェ加入の必要性の無さですね。
ぶっちゃけ敵側の脅威さなんて欠片も描けてないですし
来るべき災いなんてのもエメラルドあれば解決らしいので
フェリーチェ自体の必要性は一切感じないです。
歴代ずっと見てきてここまで盛り上がらないボス戦も新キュア加入も初めてだったので
あっけに取られっぱなしの数週間ですが、果たしてこのままの調子で突き進むのかどうなのか…。
折角仕切り直ししたんだし、ちゃんと作って欲しいと願うばかりです。
[ 2016/07/03 19:04 ] [ 編集 ]

HNM「なんで観る必要なんかあるんですか?」

結論として「なんだ、新展開じゃないや…。(ことはを無視して)」と思いました。
敵はヨクバールだし、作り出したのはヤモーだし、どこが新展開なんですかねぇ?

余談ですが、フェリーチェのモチーフは花で、担当はタナカリオン氏ということですが、変身シーンとか、変身後の決め絵を見てると仏教かなと思ってしまいました。
[ 2016/07/03 19:20 ] [ 編集 ]

Re: 同じく新戦士加入回のジュウオウジャーに比べてこの落差、で、出ますよ(溜息)

つがな様、コメントありがとうございます。

>ドクロクシー本人を倒した直後だってのに、何でドクロクシーの力を宿してる「だけ」のヨクバールに苦戦してるんですかね…?

本当に戦い方に工夫がありませんね。
プリキュアがぎゅんぎゅん動いていればそれでいいという見方なのでしょうか。

>まあ何時もボロボロになるまで戦わないのは当然だと思います。だって毎週のノルマだから嫌々入れてるだけだろうし、スタッフはみらリコの百合と所々の感動的(笑)な台詞とシチュエーションがやりたいんでしょう。

ピンチにならなければ説得力も出てこないと思うんですけどね…
「かっこいい台詞言わせたい! でもミラマジが傷つくのは不平!」って考え方なんでしょうか。
どっかのガンダムも似たようなことやってたような…

>変身バンクも冗長だし、BGMは耳素通りしてましたよ。(上半身の)動きからして仏様的な「オリエンタル」な感じを狙ってるんじゃないか、というレスを見ましたけど、デザインは全然オリエンタルじゃないし。

バンクシーンは別に不満はないですが、長らくこういうバンクを見てきたので今更新鮮味はありませんし、
驚くような映像だったかと言われればそんなことはありませんでした。至極普通ってヤツですね。
オリエンタル要素はよく分からないです。そもそも花モチーフのプリキュアに東洋モチーフってズレてると思うんですけど…

>ヤモーが上手く纏めてくれて、自分の中で微妙に好感度上がってます。「何という茶番!」

今まで以上に高戸さんのボイスがかっこよく聞こえました。さすが。
[ 2016/07/03 22:41 ] [ 編集 ]

Re: WOLT君!何やってんだWOLT君! WOLT君、ニチアサレビューに戻ろう!

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>フェリーチェの登場は唐突でした、視聴者の意表は突けたでしょうがそこに至るまでのドラマが弱い。

私は特に唐突という感じはしませんでした。
予告やらOPやらでやたらと登場することを強調とさせていましたし、展開も「ここら辺で出るな」という感じの強いものでした。
要するに悪い意味で「予測可能回避不可避」な展開だったかと。

>「敵との因縁は描かない」「作中の事象や謎に関わらない」前期の主人公足り得ない癖が是正されてないのです。
ついでに新敵の影も薄い、初代の「彼ら」は流石に女児にトラウマを植え付けそうだからダメだとしても…

出来る限りトゲを無くした結果なんですかね。トゲも何もなくては張り合いもありませんが…

>校長は前期を通してプリキュアの導き手としては力不足でした、電話で会話していた人物が後期からの「賢者」枠なのでしょうが
一刻も早くプリキュアとコンタクトを取るべきです

リアン(リコのパパ?)は賢者枠というより少し怪しい気がします。割れたランプ見つけてましたし…
まああんまりトゲのある展開をしないのであれば彼が賢者枠でももんだいはないと思いますが。
[ 2016/07/03 23:48 ] [ 編集 ]

Re: (曲が)うるさいんじゃい!

RAG様、コメントありがとうございます。

>OPだけでなくEDもなんかガチャガチャしすぎてて
「楽しい」よりも「やかましい」という感想が先に来てしまいました。
どっちも前のほうが良かった…。

私も前期の方が良かったです…

>「はーちゃんはあなた達を止めるためにいなくなった。
 私ははーちゃんを必ず見つけるって決めたのに今度はそれを邪魔するの」
という台詞も
少し前のシーンで、半ば探索を放棄しているような台詞を言っていたことを考えたら変な気がしますし
はーちゃんは敵のせいでいなくなったという台詞も
結果的に見ればそうですけど敵側からしたら
狙ってそうなるよう仕向けたわけでもないから、敵に消失の全責任があるような言い方もおかしいですし

肝心のはーちゃんを探してるシーンが全面的にカットされてるので感情移入はできないですね。
そもそも過去エピの描写から、「こいつら探してても不自然じゃないよな」という説得力すら生まれています。
製作側の都合でカットしたり、怠慢が招いたことを敵役に責任転嫁するのはマズイですよ!

>モフルンが突然スープ飲むのも
そこから笑顔云々に繋がるのも不自然に感じました。

そもそもモフルンに助けられること自体が異常だと考えています。
過去エピではーちゃんとしっかり関わる描写があれば、自然とミラクルとマジカルが思い出せるような展開になっていたはずです。

>あと個人的に思うのがフェリーチェ加入の必要性の無さですね。
ぶっちゃけ敵側の脅威さなんて欠片も描けてないですし
来るべき災いなんてのもエメラルドあれば解決らしいので
フェリーチェ自体の必要性は一切感じないです。

そうですね。キュアフェリーチェ、いらないですね…
敵も強くないですし、当初から探せ探せと言われていたエメラルドも見つけてしまいましたし。
そもそもプリキュアがどういった存在であるのかも明かされてないしで、新加入プリキュアを受け入れる地盤が全く整ってないように思えます。
次回以降やるんでしょうけど、そんな流れで良かったんですかね…
[ 2016/07/04 00:15 ] [ 編集 ]

Re: HNM「なんで観る必要なんかあるんですか?」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>余談ですが、フェリーチェのモチーフは花で、担当はタナカリオン氏ということですが、変身シーンとか、変身後の決め絵を見てると仏教かなと思ってしまいました。

名乗り向上や技の名前に「祝福」やら「輪廻転生」やら、宗教チックな用語が目立つ感じですね。
花モチーフということで前作フローラと差別化したいんでしょうが、かなり浮いてるこの設定、上手く落とし込めるんですかね。
[ 2016/07/04 00:21 ] [ 編集 ]

いやいや

僕、実はプリキュア関係は一度もみたことないのですが、こちらの記事だけは毎回欠かさず見てるんです!
本編見てなくても、笑っちゃうくらい面白くて、実は愛にあふれてる!だからこそ媚びずに一見辛辣に見える記事内容だったりする、っていうのは、よくよく読み込めばわかると思うんですよね…
他のガンダム関係や特撮関係はきちんと視聴してるのですが(笑)ホント、その通り!って思える内容で…
放送してから記事がアップされるまでのタイムラグも早いので、僕のなかではらるりれろ!さんの記事を読んで、やっと、来週を楽しみに待てる、という(爆笑)玩具、プラモレビューも独自の視点があるし、購入を迷っていた商品を買うのは、こちらの記事で肩を押されて、ってことが多いんですよね。
これからも更新楽しみにしてます。暑いさなかですが、くれぐれもご自愛くださいませ。

PS文句言ってくるやつは、それこそ他のサイトを見てろ!
[ 2016/07/10 18:08 ] [ 編集 ]

Re: いやいや

ナカミー様、コメントありがとうございます。

毎回見ていただけているようで、まことに光栄です。
これからも自分なりの視点で記事を作り、皆さまと交流できればと考えております。

プリキュアの記事をご覧になっていただけるのであれば
本編の内容も確認していただければなお一層理解を深められると思います。
差し出がましい意見ではありますが、ご一考下さいませ。
[ 2016/07/10 19:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1329-52e1047f


魔法つかいプリキュア! 第22話「芽生える新たな伝説!キュアフェリーチェ誕生!」

魔法つかいプリキュア!の第22話を見ました。 第22話 芽生える新たな伝説!キュアフェリーチェ誕生! 姿を消してしまったはーちゃんはどんなに探しても見つからず、諦めきれないみらいはもう一度探しに行こうとする。 だが、リコは魔法界でもっと勉強して魔法を使いこなせるようになればはーちゃんを見つけられるかもしれないと魔法界へ帰ることを決めていた。 そんな中、消えたはずのヤモ...
[2016/07/03 17:27] URL MAGI☆の日記