今週の機動戦士ガンダムUC RE:0096 16話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話 『サイド共栄圏』

UCREep16 0

作画が悪いわけでもないのにニチアサの中で1番表情変化の激しい男
「ガランシェールが沈んだそうです」からバンシィ・ノルン発進まで。
OVAでいう10分半くらいから30分くらいの部分まで描かれました。
何故こうも最近はリディを見納めながら番組が終了するのか…

ネェル・アーガマ部隊とネオ・ジオン。箱の真実を知ろうとする者として地球連邦に追われることとなった2組。
利害の一致から、互いに共同戦線を張ることになりました。かつての敵同士が手を組むとは実に熱い展開です。

…というのは真っ赤な大嘘であり、
実際はネェル・アーガマが逆らえないことをいいことにネオ・ジオンが言いたい放題・やりたい放題の限りを尽くしているだけです。
多分フロンタルのイエスマンと化したホモ大尉が悪いと思うんですけど(名推理)
やっぱホモって嘘つきなんすねぇ~

ep6は「最終決戦・前編」のような立ち位置のストーリーなので、終始ネェル・アーガマ内での揉め事が続きます。
ラプラスプログラムが遂に示した最終地点、及びラプラスの箱に対する向き合い方を、組織のみんなで決めるお話です。
見せ場の薄かったあの艦長にも遂に大きな役目が舞い降りてきます。楽しみですなぁ。
こんだけ騒いどいて後世に何ら影響が出なかったとか虚しいにもほどがあるお話である


UCREep16 1

今回紹介するのは、RX-0[N] バンシィ・ノルン
バンシィが元々装備していたキワモノ武装であるアームドアーマーを廃止し、
ビームマグナムとシールドという標準的な武装スタイルにチェンジ。
更にバックパックにアームド・アーマーXCを装備することでNT-Dの発動条件も緩和。
強化人間専用機だったスペックは汎用性に特化したものになりました。これで誰でもNTムッコロせるよ! やったね連邦ちゃん!
ちなみにバンシィはマリーダ・リディ共にバックパックのビームサーベルを1度も使用していませんが、
このバンシィ・ノルンではバックパックにアームド・アーマーXCを装備したせいで、サーベルが妙に抜きづらくなりました。
あのビームサーベル、廃止しちゃったも良かったんじゃないかとも思ったり。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/31 11:15 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(4)

サイド競泳圏? 「ねー今日練習きつかったねー」

フロンタルの目的である「サイド共栄圏」の全貌が判明したわけですが、確かに合理的な発想です。
要は今現在起きているグローバル化経済戦争を宇宙規模でやるという事なわけで、ジオン・ダイクンの思想すらも否定する物です。
後の歴史の連邦の衰退を見ればこの共栄圏を実現すればコロニー間の内戦が勃発する宇宙戦国時代は避けられるかも知れませんが。
どのみち「敵」が居なくなれば新たな争いの火種が生まれるのは目に見えてます。
ミネバの言うように彼はシャアではない事が今回ではっきりした筈なのですが…

バンシィ・ノルンは地上仕様同様にガンブレにも参戦してますが、専用ビームマグナムが鬼連射できて驚きましたw
アームドアーマーXCはヘイズルやガンダムMk-Vにあったシールドーブースターの系統の武器なのですが。
どれも共通するのは背中にマウントすると盾として使えずビーム砲の射角も仰角が固定されていて痒いところに手が届かない印象です。
この手の武器で完成度が高いのはやはりアルベルトガロードがぶっつけ本番でも兄さんをボコった「ガンダムX ディバイダー」じゃないでしょうか?
背中にマウントしても前方に構えてもブースターで増速ができますしハモニカ砲は攻撃範囲も自在な万能武装です。
何よりこれ等の武装がキッドの設計を元にジャンク品から製作された物なのが驚きですw
[ 2016/08/01 17:48 ] [ 編集 ]

Re: サイド競泳圏? 「ねー今日練習きつかったねー」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>後の歴史の連邦の衰退を見ればこの共栄圏を実現すればコロニー間の内戦が勃発する宇宙戦国時代は避けられるかも知れませんが。

どうあっても増えすぎた人類を恒久的な平和に導くのは無理ゲーなんだよなぁ。
「それでも」という希望的観測よりはマシかもしれませんが。
[ 2016/08/02 01:07 ] [ 編集 ]

人類の革新が進み、恒久的平和が実現してしまうとガンプラ宣伝する場がなくなるからシリーズが続く限り戦い続けるんだろうなぁ、と思う今日この頃です。宇宙世紀ほのぼの日常アニメとか受けるとは思えないし…。

真面目に考えると、ミネバが指摘しているようにフロンタルの構想だと人類をアースノイドとスペースノイドとして完全に二分し、最悪お互いの生存をかけて根絶し合う最終戦争へと発展しかねないんですよね。比べて確かに具体性に欠け、漠然とした希望的観測である「それでも」は、幾度かの抗争と文明の衰退を経たとはいえ、とりあえず∀の時代までの人類の存続につながるわけだから、種の保存という長期的視野で見たらそれほど悪いものでもなかったのかなと愚考する次第です。
[ 2016/08/02 19:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カニウニ様、コメントありがとうございます。

>とりあえず∀の時代までの人類の存続につながるわけだから、種の保存という長期的視野で見たらそれほど悪いものでもなかったのかなと愚考する次第です。
Gレコの世界では世界人口の半分くらいが死んじゃったみたいですが、それでも何だかんだ人間生きてるんですよね。
むしろ徹底的に冨野節で彩られたあの世界だとどの登場人物も無駄に元気そうで何か楽しそうに見えてしまいますw
[ 2016/08/02 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1348-ba3c50af


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話「サイド共栄圏」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第16話を見ました。 第16話 サイド共栄圏 ネェル・アーガマ艦内の医務室にはベットで眠るマリーダに寄り添うジンネマン達ガランシェール隊の面々の姿があった。 ジンネマンはネェル・アーガマを乗っ取るという当初の計画を忘れ、マリーダとの再会を喜んでいた。 ネェル・アーガマ艦長のオットーはラプラスの箱を消去しようとする参謀本部とビ...
[2016/07/31 19:49] URL MAGI☆の日記