RGアストレイゴールドフレーム作りました

DSC00616.jpg

色々慌ただしくて、存在を忘れかけていたアストレイゴールドフレーム。ようやく組み立てることができました。
平日にガンプラの更新するの久々だなぁ。
DSC00617.jpg

DSC00618.jpg
アストレイシリーズの初期中の初期機体、ゴールドフレーム。後の整形厨。
RG特有の造形美だけあってプロポーションは良好。相変わらず目は細目ですが。
ゴールドカラーの部分はストフリよろしく3種類くらいの色に分けられて構成されています。それなりに綺麗。


DSC00619.jpg
350mmレールバズーカ「ゲイボルグ」。整形前のゴールドフレームの代表装備です。
モールドこそ彫られているものの、単色で色分けされていないので随分と味気ない。


DSC00620.jpg

DSC00622.jpg
ブルーフレームの時もそうでしたが、肘の関節がバズーカの重さに負けちゃってるので保持バランスは悪いです。
グリップは前後に可動するものの、保持用手首の指が邪魔して殆ど前に動かせなかったり。ついでにバズーカを肩に乗せにくい。
ゴールドフレームの代表装備なのに、この扱い辛さはちょっと…


DSC00623.jpg

DSC00624.jpg
それ以外は普通のアストレイ装備。なんだかんだで1番これが似合ってる気がする。


DSC00626.jpg

DSC00628.jpg
何やかんやで好きです、アストレイ。シンプルながらもヒロイックさのあるデザインがステキ。


DSC00630.jpg
そして隻腕再現パーツ。ゴールドフレームといえばコレである。


DSC00631.jpg
これで左手にゲイボルグを持たせれば見慣れたシルエットに収まりますが、
RGアストレイに左手用銃持ち手はありません。サーベル保持用の右手を使えば代用は可能ですが、ちょっと気になる人はいるかも。


DSC00633.jpg
デザインは優秀であるものの、関節の弱さや付属品の至らなさが惜しいゴールドフレーム。
仮に今度同じフレームを使いまわすような機会があった時は、せめて肘関節の強度については見直してほしいな…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/02 21:27 ] ガンプラ(RG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1352-f5444055