今週の魔法使えんわ。あーつっかえ。もーホンマ使えへんわ。辞めたらこの仕事? こんなアホらしイェア… それしか言えんかこのサルゥ!なんやサルゥ! 黙れやサルゥ! サルゥ!27話

魔法つかいプリキュア! 第27話 『Let'sエンジョイ!魔法学校の夏休み!』

まほプリep27 0

いつまで経っても通常バンク技で敵を浄化し続けるその姿は、
如何なる敵もライダーパンチとライダーキックの応酬で葬り去る仮面ライダーBLACKを彷彿…できない。
モフルンとはーちゃんと人間2人がマホウ界にやってきました。
やることはもちろん、敵組織を壊滅させたことの報告… ではなく単なる夏季休暇。まあ最初から期待してなかったけど…
マホウ界の掘り下げも少しだけ行われました。しかし既に折り返し地点をとうに超えた時期。
その判断、もう少し早められなかったものか。

そして新たに存在が示唆された敵勢力、「終わりなき混沌」
モンハンのクエスト名とかでよくありそうなネーミングです。このアニメ自体混沌と化してるからちょうどいいと思いますが
理由はよく分かりませんが世界を破滅させるためにデウスマストという悪者が降臨するらしいです。
新たな敵の登場を前に、本番組の主人公であるみらい/キュアミラクルは、
「あなたが何者だろうと関係ない。みんなで一緒にいるって決めたから。
悲しい別れはもうしない。みんなで一緒に楽しもうって決めたんだから!」

…と啖呵を切るのでした。

これ、「主役プリキュアの一大宣言!」みたいな感じで決めたつもりなんでしょうか。
22話でも似たようなこと言及した気がしますが、彼女の言う「悲しい別れ」というのがあまり理解できません。

個人的な考えではありますが、出会いの数だけ別れがあるのは世の摂理みたいなものだと思ってます。
「ずっと一緒」だなんて物理的に存在し得ません。一時的にでも別れなければならない時が必ず訪れます。
人によっては辛いことでしょうが、人生の上で乗り越えなくてはいけない壁の1つだと捉えています。

9話の別れだって理不尽なものではなく「役目を終えた以上帰らなければならない」という至極ごもっともな内容ですし、
そのことに関して「悲しい別れ」と、さも理不尽に離れ離れにされたかのような言い回しをするのは、ただのワガママだと思います。
(ついでに言及すると、9話の別れは校長の許可が出たから帳消しになったのであって、みらい本人は何もしてない。
リコやはーちゃんと同居することだって、外部がすんなり認めてくれただけというご都合主義です。)

これじゃ「プリキュアの一大宣言」というよりは「個人的なワガママ主張」だよ…
ここまで「プリキュアの使命(ぶっちゃけそんなものない)「敵との因縁」を何が何でも絡めようとしないのはどういう意図があるんでしょうか?

・同居してるから友達と別れる心配もない。
・挫折しないから精神的にも成長しない。
・どんな敵でも通常バンク技で浄化できるからプリキュアとしても成長しない。


こんなぬるま湯に浸かってるかのような状態で、この後一体何を描こうというのでしょうか?
進展性のないストーリーを描かれても退屈なだけです。深夜枠の日常アニメでやってください。


バトルシーンは単に爆弾かわしているだけで長ったらしく、途中で校長のフォローが入ったせいでテンポが悪く感じました。
新勢力の敵が登場し、3人用変身バンクをお披露目するという機会なのに、何故新しいバンク技が追加されないんでしょうか。
バンク作るのめんどくさいんでしょうか。その割にはEDの映像新しくなりましたよね…?
関連記事
スポンサーサイト

初めましていつもROMってますがタイトルの衝撃にやられましたw笑いがww
スッカスカな本編に寒気を感じていたところを救っていただいて有難うございます
悲しいお別れはしたくない宣言もリコとの離ればなれ未遂とはーちゃん失踪をしっかりと作れていればまだ納得できたかもしれません
シリアスなシーンと向き合わなかった結果「言うほどお別れしてないだろ」と切り捨てられても当然になってしまいましたね
[ 2016/08/07 18:17 ] [ 編集 ]

mrcl「うるさいんじゃい!さっきから(背中のブルーベリーが)ブツブツブツブツよ!」

我らが主人公、朝比奈みらいは「お母さんに許可を取った」「魔法学校には沢山生徒が居たんだ」という今更過ぎる激寒コメントに始まり。
敵に対する啖呵も物語後半とは思えないほど独り善がりでかみ合ってない主張を繰り出してきて頭にきますよ~。
まぁ、前半の3幹部に比べれば敵のラブ―が明確にプリキュアの排除を目的として現れたおかげで一応因縁は生まれましたが…
今更になって魔法学校の描写を細かく描いた所で時すでに遅しで、ナシマホウ界でのエピソードを挟むくらいなら
以前も申しましたが思い切って「異世界冒険プリキュア」として魔法学校での活動に全力投球すべきでした。
あと校長が魔法力を使い切ってしまった自分に何が出来るかと自問してましたが「プリキュアに対する十分な情報提供」という仕事があると思うのですが。
未だにリコの父親が調査に奔走していることをプリキュアに伏せているのは何故なのか?イーディス長官といいやる気あんのか?ゴラァ!

>「ずっと一緒」だなんて物理的に存在し得ません。一時的にでも別れなければならない時が必ず訪れます。
>人によっては辛いことでしょうが、人生の上で乗り越えなくてはいけない壁の1つだと捉えています。
コレは意図的なのか偶然なのかホントに前作と真逆の内向きな発想ですよね、実は脚本の村山さんはオールスターズのインタビューに於いて。
「プリキュア達はずっとプリキュアのままなせいで成長できないジレンマを抱えている」という旨の発言をしてました。
そう言った意見もあってか前作は仲間との別れや状況の変化「少女モラトリアムからの脱却」までをエピローグで明確に描き、彼女たちの『夢』が現在進行形な描写まで入れた。
オールスターズの持つ慢性的な欠点を知りながら、こんなぬるま湯な箱庭世界に甘んじる脚本しか書けないとは「口だけ番長」と言わざる得ません。
[ 2016/08/07 22:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まよ様、初めまして。コメントありがとうございます。

>悲しいしいお別れはしたくない宣言もリコとの離ればなれ未遂とはーちゃん失踪をしっかりと作れていればまだ納得できたかもしれません
シリアスなシーンと向き合わなかった結果「言うほどお別れしてないだろ」と切り捨てられても当然になってしまいましたね

私のような視聴者が「別れるの悲しいだろうなぁ」と感情移入できるほどではありませんね。
ワガママ言い放題で人間的に成長のないキャラクターが主人公をやっていて本当に良いのかと問いかけたくなりました。
[ 2016/08/07 22:57 ] [ 編集 ]

ドンヨクバール「異議あり!!」

 今回新展開を迎えましたがみらい達は相変わらずという感じでした。補習授業編では9話の冒頭で出てきただけの寮で入道雲のベッドの紹介をされたのは「何を今さら」とは思いつつも嬉しかったのですが。みらいの「一緒にいたい」発言は私も違和感を感じていました。別れる事を異様に恐れているような…。リコの夢やはーちゃんの事情とかまるで考えずただ「別れたくない」と駄々をこねているという印象で。今後掘り下げがあるといいのですが今まで意図的なくらいなかった事を考えると望めないかも知れません。(一応擁護すると9話では自分よりリコの夢の為に補習を合格させようと頑張る気丈さがありました。それだけに何故?と思いますが。)あと新しく登場したドンヨクバールを普通に金魔法で倒したのも今まではーちゃん(ことは)に助けられっぱなしだったのを考えると何故?と思いました。今まで手を抜いていたのかな?よく「子供は気にしない」と言われますが本当に気にしないのでしょうか?私としてはそこまで甘くないと思うのですが。まあ色々ツッコミ所が多いですが今は本当に頑張って欲しい所です。
[ 2016/08/07 23:43 ] [ 編集 ]

Re: mrcl「うるさいんじゃい!さっきから(背中のブルーベリーが)ブツブツブツブツよ!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>以前も申しましたが思い切って「異世界冒険プリキュア」として魔法学校での活動に全力投球すべきでした。

どちらか1つに絞った方が絶対良かったですね。
私もマホウ界を旅して2人の絆を強め、ついでに新しいアイテムを手に入れて敵と戦うというRPGライクな話が良かったと思います。
ワガママを貫き通すだけの作品は嫌です…

>「プリキュア達はずっとプリキュアのままなせいで成長できないジレンマを抱えている」という旨の発言をしてました。

村山さんから「成長」という言葉が出てくるとは意外です。たぶん1番描けてないことだと思うんですけど(名推理)
「プリキュアのままなせいで成長できないのなら、プリキュアに囚われないキャラクターを描こう!」という魂胆なのでしょうか。
確かにみらい達はプリキュアとしての使命とは無関係な存在ですが、だからといって成長する過程を省いてしまったらそもそも意味ないんだよなぁ…
[ 2016/08/08 00:04 ] [ 編集 ]

Re: ドンヨクバール「異議あり!!」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>別れる事を異様に恐れているような…。リコの夢やはーちゃんの事情とかまるで考えずただ「別れたくない」と駄々をこねているという印象で。

友達と別れたくない、という思いは理解できるものなのですが、
リコは元々マホウ界の住人ですし、はーちゃんだって複雑な経緯で生まれた存在ですから、いつか別れるときは必ず訪れると思うのです。
分かり切っているのに、「別れるなんて絶対いや!」と先送りにするばかりで、果たして最後の最後、本当に別れるときになったら彼女はその事実を受け入れることができるのか心配です。
まさか最終回過ぎても3人一緒に過ごすとかじゃないですよね…?

>あと新しく登場したドンヨクバールを普通に金魔法で倒したのも今まではーちゃん(ことは)に助けられっぱなしだったのを考えると何故?と思いました。今まで手を抜いていたのかな?

多分新しい技バンク作るのが面倒なんだと思います。グッズも新らしいの全然出てませんね…


>よく「子供は気にしない」と言われますが本当に気にしないのでしょうか?私としてはそこまで甘くないと思うのですが。

私にとってはニチアサは「子供向け番組だが、子供だけのものではない」という認識です。
詳しいことに関しては説明すると長くなるので、別の機会で話せたらと思っています。
[ 2016/08/08 01:03 ] [ 編集 ]

MRI「やったぜ!」

まほプリのせ○とくんことラブーの説明を一蹴するMRI。
ならば、「お前ら3人のいる津名木町と人魚の里と魔法学校には手出ししない。その代わり、他の魔法界とナシマホウ界を支配する!」と言われればどうするつもりだったんでしょうね。
現状のみらリコことはの3名の話だとこう言われると納得するしかないんですよね。

てか、回を追うにつれて箱庭世界であることが浮き彫りになってきてますね。
やっぱり最後は病院オチですかね?(久米田目)
[ 2016/08/08 01:58 ] [ 編集 ]

Re: MRI「やったぜ!」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>「お前ら3人のいる津名木町と人魚の里と魔法学校には手出ししない。その代わり、他の魔法界とナシマホウ界を支配する!」
みらいたちの身の回りの安全は保障するこから好きにやらせろってことでしょうか。
この主張に異議を唱えるにしても、果たしてどこまで説得力のある啖呵が切れるのかちょっと気になります。

>やっぱり最後は病院オチですかね?(久米田目)

魔法なんて必要ねぇんだよ!
[ 2016/08/08 22:38 ] [ 編集 ]

こんばんは。初めてコメントをさせていただきます。
悲しいお別れ云々以外にもみらいが校長を励ますシーンもなにか違和感を感じました。みらいがこれからもずっとみんなと一緒がいい、お別れなんて嫌、どんなことがあっても一緒にいると決めたと自分の願望を主張するばかりで、最後にとって付けたようにだから大丈夫ですという台詞を言ったように見えて「それらがなぜ大丈夫につながるのか」と感じてしまいました。大いなる災いの存在を校長から聞いて、「一人で抱え込むのはだめです。みんなでできることをすればどんなことがあっても大丈夫ですよ」みたいなことを言わせるのではだめだったんですかね。
[ 2016/08/08 23:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、はじめまして。コメントありがとうございます。

>悲しいお別れ云々以外にもみらいが校長を励ますシーンもなにか違和感を感じました。
見守るという名の放置プレイを決め込んでいる校長先生が言えることではないですね。
いや実際は敵勢力を調べようと力を尽くしてるんでしょうけど、映し出されるのは机に座ってるシーンばかりなので…
長年生きてる人なんですから、陳腐な慰めの言葉より器の広さを感じさせる台詞が聞きたいですね。
[ 2016/08/08 23:56 ] [ 編集 ]

「大丈夫」って何が?「もう」嫌だって前になんかあったっけ??
とTVの前で?に頭を埋め尽くされたところにこのタイトルで腹筋崩壊してしまいました…
いや校長への宣言もラブーへの啖呵も制作側の言わんとしてる事は分かるんですが、
みらいというキャラが何言ってんのかよく分かりません。
でもこの大丈夫宣言をもって今回を神回と断定している方もいるようですので、
なんというかみらいへ自己投影(感情移入ではなく)している人には楽しめたんだろうなあ、
と思った次第。自分にはちょっと難しかったです。
[ 2016/08/09 08:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

真夏のトンカツ様、コメントありがとうございます。

>いや校長への宣言もラブーへの啖呵も制作側の言わんとしてる事は分かるんですが、
みらいというキャラが何言ってんのかよく分かりません。

「自分にできることをする」という主張は結構なんですけどね。
だったら伝説の魔法使いとして敵を積極的に倒していくとか、これ以上被害を増やさない(そうそう被害ありませんが)とか、
プリキュアとしての使命に絡めた台詞も言えそうなのものですが、言ったことといえば「自衛に徹します(超約)」ですから。
視野狭すぎィ!

>でもこの大丈夫宣言をもって今回を神回と断定している方もいるようですので、

決め台詞言うだけで神回認定とはおったまげーです。
主張に基づいた行動をする、もしくは行動に裏打ちされた台詞を言うのが印象に残る話に繋がると思うんですけどね。
[ 2016/08/10 00:20 ] [ 編集 ]

レスありがとうございます。視野狭すぎィ! に関しては全く同感なんですが、
こちらを見るにスタッフは子供のリアリティとして確信犯的に描いていると思います。
ttp://i.imgur.com/II7sL64.jpg
自分の手の届く範囲しか頭に浮かばないというのはなるほど子供ってそうだなぁとは思いますが、
「ワクワクもんだあ!」はその向こう側を認識して初めて出てくる台詞だと思うのですよね…
[ 2016/08/13 02:00 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

真夏のトンカツ様、コメントありがとうございます。

>こちらを見るにスタッフは子供のリアリティとして確信犯的に描いていると思います。

情報提供ありがとうございます。みらいやリコを意図的に子供っぽく描いてるのは確かに視聴時も感じました。
「ワクワクもんだあ!」という台詞も、先のことを見据えて喋っているのではなく、
ただ単に「これやったら面白そう!」という程度にしか感じていないんだと思います。
彼女なりに筋は通ってると思いますが、その思考から一切成長していないように見えること、
好奇心旺盛な割には身の回りのことしか興味を抱いてないことなどから、モヤモヤした気分は晴れませんね。
[ 2016/08/13 12:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1358-aba4502f


魔法つかいプリキュア! 第27話「Let'sエンジョイ!魔法学校の夏休み!」

魔法つかいプリキュア!の第27話を見ました。 第27話 Let'sエンジョイ!魔法学校の夏休み! 魔法界にも夏休みが訪れ、みらいとはーちゃん、モフルンは魔法学校の夏休みを体験しようとリコと一緒に魔法界へと出かける。 魔法学校では夏祭りの準備で生徒達が忙しそうにしている中、ジュンとケイ、エミリーと会ったみらいみらい達は学校の食堂でいっしょにご飯を食べながらおしゃべりする。...
[2016/08/07 17:35] URL MAGI☆の日記