今週の魔法つかいプリキュア! 29話

魔法つかいプリキュア! 第29話 『新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!?』

まほプリep29 0

まほプリep29 1

圧倒的身長差同士のダンスと言われると、こっちを思い出します。
奇しくも声優が一部被ってるぞ!
29話。前回に引き続いて関西地区の放送休止を考慮した箸休め回です。

多分今までのエピソードの中で1番面白かったと思います。
最初は「スマプリの2番煎じかな?」と思いましたが、あちらほど過剰にドタバタはしておらず、
「魔法使い側が主人公」であることを意識した作りだったので、新鮮な気持ちで視聴することができました。
ギャグシーンもテンポが良かったです。変則バンクも見ていて楽しかった。
3幹部が復活したことに関しても「また倒されちゃうのかな?」と思いましたが、意外にも救いのある結末でした。
プリキュアとその協力者だけが賛同される傾向の強い今作において、敵側の事情も考慮したことは非常に大きなことだと思います。
(ただみらいやリコがバッティたちの名前を言うシーンがなかったので、「やっぱり敵との関係薄いなぁ」と再認識させられました。)
総じて箸休め回として申し分ない出来栄えでした。
ああ、あの胡散臭い設定塗れの本編から脱却できることがこんなにも心地よいとは!

…って思ってましたが、ラストに出てきたレインボーキャリッジ、あれって新玩具らしいですね。ガッツリ本編に関わってるやん…
用途は不明ですが、箸休め回に新アイテム登場イベントを盛り込んだことを評価すべきか、
それとも「新アイテム登場はきっちり本筋に関わるお話でやるべき!」と指摘すべきなのか。
まあ私個人としてはお話を楽しめたのでどうだっていいです。
関連記事
スポンサーサイト

何で視聴者煽る必要があるんですか(正論)

…面白いかなあ。
自分が完全にアンチ目線になってるからというのもあるかもだけど、カオスと電波を履き違えてるようにしか思えなかったです。冷凍ミカン推しはウザいし、リコのポンコツアピールは忘れてないし、「魔法使いが出てくる以外ナシマホウ界の童話と同じ」というのは手抜きの極みだし(常春の魔法界で夏祭りやった時点で今さらだけど)。
少なくともガメッツ達をこんな茶番に引っ張り出すなら、あんなぞんざいに倒すべきではなかった。
まあモフルンに焦点が当たってたから、みらリコはーのクッソ温い友情ごっこを見せ付けられなくて済んだ、という意味では確かにマシかも知れませんが。

ところでツイッターにて、冒頭でことはが読んでた魔法文字の解読が完了したようです。
「エメラルドの難しい伝説
ここを解読する人がいたら仲良くなりましょう
多分私と同じタイプです
こういう細かいの気になるよね
わかるわかる ほんとよくわかる
だが敢えて言おう
ここを見る暇があるなら
本編に集中しよう
一週間お待たせ
MAHO GIRLS PRECURE!
始まるよ! 」
まどマギを真似たつもりか?あの虚淵でも視聴者にこんな煽り用意してなかったぞ、このUNKスタッフが。
[ 2016/08/21 16:12 ] [ 編集 ]

3幹部たちが倒されるのではなく和解という形にもっていったのは自分も良かったと思うのですが、本物の彼らの扱いがもうちょっとましだったら今回の話をもっと楽しめたのになあと思いました。

色付きの文字>(ただみらいやリコがバッティたちの名前を言うシーンがなかったので、「やっぱり敵との関係薄いなぁ」と再認識させられました。)
バッティたちを見ても「何であいつらがいるの!?」みたいなことを言わず、「あれ」や「あの人」呼ばわりしていてまるで面識がない相手に対する反応のように見えてしまいました。

公式サイトの次回予告の概要によると、リコが自分の将来について悩むらしいのですがその役はみらいが担うべきではないでしょうか。
16話で「自分のやりたいことが見つかっていない」と言っていたのでキャラを掘り下げる絶好の機会だと思うのになあ…。
[ 2016/08/21 17:01 ] [ 編集 ]

NO PLAN MMR「フレッーシュ!(プリキュア)」

カスカベボーイズの監督はガルパンやSHIROBAKOで名を上げた水島努氏ですね、水島精二氏とごっちゃになる事も多い…。

ぶっちゃけると箸なんて一向に進んでませんが、確かに箸休めとしては無難なギャグエピソードでした。
因みにシンデレラをモチーフとしたEPは「5GOGO」38話が元祖ですから今回で実質三番煎じです。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/yes_precure5/episode/summary/38/
http://www.toei-anim.co.jp/tv/smile_precure/episode/summary/39/
リンク先を見て分かる通りGOGOの脚本は村山氏、スマイルはGOGOでシリーズ構成だった成田氏なんです、強い因果を感じます。

只、こういう回は本編とのギャップ、あるいは終始ギャグ仕立てなシナリオだからこそ映えるものです。
路傍の石扱いだった本編の敵達をこう言った回で持ち上げても感慨は湧きません。
今回のモフデレラ「敵に対して慈愛を示し改心させた」「手に入れた魔法で人助けをする様になった」という筋書きからして。
本編のみらい&リコより遥かにプリキュアや魔法少女に相応しい人物像だというのが皮肉です。

>…って思ってましたが、ラストに出てきたレインボーキャリッジ、あれって新玩具らしいですね。ガッツリ本編に関わってるやん…
私は完全に悪手だと思います。「仮面ライダー剣」の鯛焼き回(ギャレンのパワーアップアイテム入手回)のパロという声は聞きましたが見てないので何とも…
それでも、一回ポッキリのシンデレラ回で出たカボチャの馬車をモチーフにしたアイテムが高額商品だなんて唐突過ぎます、ギャレンの新アイテムは鯛焼きだったのですか?
前作を振り返ってもバンダイ側が「バイオリンタイプの追加戦士武器とお城型の箱物アイテムを出す。」というオーダーを出して、アニメ制作側は…
バイオリンをトワの思い出の品として設定したり、ホープキングダム城は封印されたプリキュアの最終兵器の在り処として設定したりと…
出すアイテムから逆算して長期的なシナリオを組んでいたのです、音楽担当の高木氏は「思い出の曲」を二重層にするという粋な計らいまでしてくれました。
兎に角「努力」「達成感」とは無縁なこのアニメですが、「寝てただけで最強アイテムが手に入る」なんて棚ボタ極まれりです。

つなが様が指摘している冒頭の魔法文字には私もカチンときました。
まるで「このアニメをつまらないと言っているのは重箱の隅を突く様な神経質な連中だ。」と言わんばかりです。
あまりにも根幹がスカスカだから細かい粗にも目が行ってしまうという事を分かっていない。
先に述べた高木氏の二重奏とは真逆の思慮の浅い無駄な遊び心としか思えません。
[ 2016/08/21 18:26 ] [ 編集 ]

Re: 何で視聴者煽る必要があるんですか(正論)

つがな様、コメントありがとうございます。

そうでしたか。つがな様には楽しめなかったようですね。
>カオスと電波を履き違えてるようにしか思えなかったです。

私はカオスとも電波とも感じませんでした。冷凍ミカンを馬車にすることや、ダンス対決をすることも
曲りなりに筋が通ってると感じました。どの点が電波だと感じたのでしょうか?


>ところでツイッターにて、冒頭でことはが読んでた魔法文字の解読が完了したようです。

これは… 確かに遊び心という割には煽りと受け止められても文句言えないですね。
魔法文字に興味を持っていざ解読した子供たちがこの文言を見てなんという気持ちになるでしょうか。
というよりは、大友をターゲットにしたような文章ですよね、これ。手間をかけるなら別の部分でやってもらいたいです。
[ 2016/08/21 18:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、コメントありがとうございます。


>バッティたちを見ても「何であいつらがいるの!?」みたいなことを言わず、「あれ」や「あの人」呼ばわりしていてまるで面識がない相手に対する反応のように見えてしまいました。

そもそもバッティたちの名前を聞くタイミングがなかったと思うので名前自体を言わないことは問題ないのですが、
せめてかつて戦った相手だという認識はあってほしかったですね。別の世界に来て記憶が飛んじゃったんでしょうか?

>公式サイトの次回予告の概要によると、リコが自分の将来について悩むらしいのですがその役はみらいが担うべきではないでしょうか。

う~ん、本当に進展のない主人公ですね。製作スタッフはみらいをこのままずっと遊ばせる気なのでしょうか。
まだ本格的に焦る時期ではないとはいえ、傍にいる友人が将来に悩んでいるのであれば、少しは考慮してほしいですね。
[ 2016/08/21 19:13 ] [ 編集 ]

ラブー「あれ、俺の出番は?」

こんばんは。今回は完全にモフルンが主役のお祭り回でした。本編ではあまり活躍しなかった三幹部が実にいい味を出してましたし、モフデレラも本編でも見せていた人格者ぶりを発揮して王子(校長)にリコ達を紹介したりガメッツを許したり最後で魔法使いに覚醒して王子と結婚よりもみんなを幸せにする事を望んで旅立つなど、みらい達よりも魔法使い(プリキュア)らしい活躍ぶりでした。本編も最初からこの調子なら良かったのですが…。最近知った事ですが「魔法プリは子供向けを意識してあえてテーマ性を薄くしている」との事。そんな本末転倒な事をするより最初から一話完結型のドタバタ主体の話として魔法プリを作った方が良かったと思います。が、今回の話は本編の事は全て忘れて楽しむのが正解ですね。強いて難点があるとすれば、冒頭でことはがエメラルドの事を調べているのにみらい達が全然手伝う気がなかった事でしょうか。エメラルドの件はみらい達にも関係ある事なのに…。つなが様の魔法文字の訳を見ましたがさすがにこれは…、遊び心で済めば良いのですが。次回は宿題回ですが予告を見る限りでは14話の赤点回でみらいが学んだ事が全然生かされてないような、まさか…ね。
[ 2016/08/21 22:27 ] [ 編集 ]

Re: NO PLAN MMR「フレッーシュ!(プリキュア)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>只、こういう回は本編とのギャップ、あるいは終始ギャグ仕立てなシナリオだからこそ映えるものです。
路傍の石扱いだった本編の敵達をこう言った回で持ち上げても感慨は湧きません。

私としては、「本編でぞんざいな扱いだった彼らにもようやくスポットが当てられた」という思いだったので、
感慨深いものはありました。種死のシン・アスカのような同情心からくるようなものではありますが。

>「仮面ライダー剣」の鯛焼き回(ギャレンのパワーアップアイテム入手回)のパロという声は聞きましたが見てないので何とも…

パロディも糞もありません。毛色が全く異なります。
(そもそも鯛焼き回はストーリーこそギャグだったものの、ギャレンがパワーアップするまでの経緯自体はそれなりにまとも)
私としてはアイテムの必要性そのものの疑問の方が大きいです。現状、強化敵であろうはずの
ドンヨクバールでさえ通常浄化技で問題なく倒されていますから、高額アイテムを使う意味が分かりません。
入手経緯のシナリオ云々に関しては作風の違いもありますからそこまで強く否定する気はありません。
「努力」も「達成感」もないまほプリにとっては、アイテムの入手経路もユルいもので十分だと思ってます。
尤も入手するのであれば夢の中などではなく、「伝説の魔法使い」として相応しい場所でやってほしかった、というのはあります。
この諦め半分の視聴態度、今後改善されることはあるのか…
[ 2016/08/22 00:21 ] [ 編集 ]

Re: ラブー「あれ、俺の出番は?」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>最近知った事ですが「魔法プリは子供向けを意識してあえてテーマ性を薄くしている」との事。

極めて理解に苦しみます。要するに「子供向けアニメは内容が薄い・テキトーでも構わない」と遠回しに主張してることになりますよね?
子供たちが話の内容を重視してないのであれば、童話や絵本、子供向け雑誌などは多く存在しないはずです。
これらの書籍にバリエーションがあるのは、それだけ子供たちも話の内容に目を向け、変化を求めていることに他ならないと思います。
何よりシリーズものとして各作品に細かく差別化を行ってきたプリキュアというアニメにおいて、
テーマを薄めてしまうことは仰るように本末転倒に他なりません。個性を際立たせてこその差別化だと思います。

>冒頭でことはがエメラルドの事を調べているのにみらい達が全然手伝う気がなかった事でしょうか。エメラルドの件はみらい達にも関係ある事なのに…。

エメラルドそのものの力を得ているはーちゃんに聞くのが手っ取り早いと判断したからだと思います。
校長先生もエメラルドのことについては調べつくしていると思うので、今更みらいやリコを呼んで手伝わせても校長先生が調べた結果以上のものは出てこないと思います。
[ 2016/08/22 00:43 ] [ 編集 ]

MFRN「できることはみらいをリコから寝取ることさ」

単品としてはいいんじゃないですかね?
繋がり無視の箸休め?回としてはよくできていると思います。
正直、モフルンが一番プリキュアの心を持ってるってそれ一番言われてるから(指摘)

難点としてはMUR先輩顔負けの虹馬車の召喚と、ことはの読んでた魔法文字ですね。
強化アイテムは誰かから認めてもらうor自身が成長することで現れるもの。
彼女たちは何が成長したんですかね?胸ですかね?(変身時)

あとことはの読んでた魔法文字の解読内容、あれはいけない。
エメラルドの伝説なら、ちゃんと伝説を記すべきです。
それが校長の口から語られた内容であったとしても。
況してや、あんな煽り文章は言語道断。
それさえ気づかない製作陣は最早内輪で楽しければそれでいいって感じなんですかね?
[ 2016/08/23 12:22 ] [ 編集 ]

Re: MFRN「できることはみらいをリコから寝取ることさ」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

お話単体としては十分楽しめる内容だったと思います。
強化アイテムは「入手経緯自体はあっさりしてても、発動する時が本番」というケースもあるので、
もしかしたらその力を行使する時こそ彼女たちの成長っぷりが試されるのかもしれません。多分ないと思うんですけど(名推理)

魔法文字は確かに「エメラルドの文献に関する書籍」の中に書いてあったんですよね。
多分、最初に解析した方は純粋にプリキュアの秘密とかを調べるためにやったんだと思います。
遊び心というかおふざけ心を発揮するのはやめていただきたいですね。
[ 2016/08/23 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1371-cb16bd97


魔法つかいプリキュア! 第29話「新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!?」

魔法つかいプリキュア!の第29話を見ました。 第29話 新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!? みらい達は魔法学校の図書館でナシマホウ界とはストーリーが少し違う絵本を見ており、寮のお部屋に戻ってからも、モフルンは「シンデレラ」を夢中で読んでいた。 みらい達もみんな絵本に夢中になってそのまま眠りについてしまうと、なぜかみらいとはーちゃんはネズミに、リコは魔法使いの姿になっ...
[2016/08/21 16:14] URL MAGI☆の日記