今週の機動戦士ガンダムUC RE:0096 20話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第20話 『ラプラスの箱』

UCREep20 2

バンシィのアームド・アーマーDEは何処に行っちゃったんでしょうか。
クシャトリヤのファンネルミサイルを受けたときにいつの間にか無くなってましたが、破損したようには見えなかったけどなぁ。
ラプラスの箱のありがたいお話を受けている最中に、フロンタルがちょっかいを出してきて喧嘩売ってきたあたりまで。
OVAでいう34分くらいから53分くらいまで描かれました。
多分次回はバナージの「メガラニカ前面にサイコ・フィールドを張ります!」あたりで終わるんじゃなかろうか。

遂に明かされたラプラスの箱の正体。
それはマルチスタンド… ではなく、宇宙世紀憲章の記された石碑のオリジナルでした。
元々「宇宙に追いやっちゃってごめんね! でもゆくゆくは参政権認めるから許してちょんまげ」というお祈り程度の内容だったのに、
憲章の内容を書き換えたこと、サイアムがちゃっかりオリジナルを持ち去ってしまったこと、
何よりニュータイプという紛うこと無き宇宙に適応した新人類があっさり生まれてしまったことからその内容の意味が急変。

元々スペースノイドを徹底的に苛め抜いてきた地球連邦にとって、
「実はスペースノイドもアースノイドも同等に扱う予定だと最初から決まってました」だなんて事実は今更明かせるはずがありません。
同時に、スペースノイドにとってはまたとない「連邦を攻撃する口実」に成りえるわけです。
当時の首相らのサインもばっちり書いてあるわけですから、逆転裁判でお馴染みの「決定的な証拠」というわけです。

ラプラス事件を企て、憲章の内容を書き換えたのは、宇宙世紀初代首相の息子であるジョルジュ・マーセナス。
要するにこんなややこしい事態を引き起こしたのは、マーセナス家の一族の内輪もめみたいな側面もあります。
なんと情けない… こんなことのために連邦もジオンも多くの犠牲を払ってきたのだ…

バナージとミネバは箱の持つ正しい意味を世間に明かし、宇宙世紀全体を縛り付けてきた呪いを解こうと決断します。
一方フロンタルはサイド共栄圏のダシに使おうと主張をやめません。確かにそっちの方が建設的なんだけども。
相容れなくなった両者は、その先に待つ未来を掴むために最後の戦いに臨みます。
箱を巡る長い戦いもいよいよクライマックスです。


UCREep20 1

今回紹介するのは、NZ-999 ネオ・ジオング。OVA版オリジナル機体であり、今epにおけるラスボスです。
全長116mという巨大なボディ、メガ粒子砲や有線式アームというお決まりの武装コンセプト、
更に操縦者の想いを具現化させるチート兵器、サイコシャード発生機という、ラスボスらしい至れり尽くせりな機能を持っています。
ep7公開とほぼ同時期にHGUCが発売されることがアナウンスされ、定価2万円を超える大ボリュームで話題となりました。

その一方でこの機体に存在について否定的な意見も少なくありません。

・今のネオ・ジオンにこんなデカブツ作る資金あるわけないだろ
・というか戦闘そのものがつまらない
・そんなことよりシナンジュと戦わせろ
・ガンプラの販促目的で登場しただけ
・ハル・ユニットがでかすぎる


以上の点が結構多く見られる否定意見です。
私個人としても、ネオ・ジオングは戦闘内容の影響もあってか「強大なラスボス」というよりは「とにかくデカい機械」という印象が強いです。
その辺りの掘り下げは次回お話いたしましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/28 11:04 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(4)

野獣の言う「菅野美穂」という謎の言葉も、与えられた台本にすぎないのではないのか?

遂に明かされたラプラスの箱の正体に関しては「拍子抜けした」という声も当時多かったでしょうが。
F91へ連なる宇宙世紀の一区切りを総括するには十分説得力のある物だと私は思いました。
宇宙世紀憲章の「未来」の条文は確かにジオンに大義を与える代物ですが。
同時に「ジオニズム」や「ニュータイプ論」を御旗に連邦に抗議する必要性も薄れる記述です。
後に「宇宙戦国時代」へと発展してニュータイプという言葉も形骸化していくのも頷けます。
ガンダムは戦記物である以上、思想や軍事ばかりに描写が偏ってましたが、こう言った「法」や「条約」が鍵を握るガンダムは斬新ではありました。
ミネバはフロンタルの正体を看破している様でした、原作ではジオン共和国の差し金で彼は生み出されたと明記されてましたが。
今のフロンタルはTDN『器』では無いと自称しました、OVAオリジナルのラストへの伏線にはなっていますが…

ネオジオングはやはり世界観から浮いているMAですね。
今回の描写だけでもメガラニカのシステムを掌握した上で侵入したMSをも外部からハッキング出来てしまう機能。
「しかも脳波コントロールできる!」

因みに「ガンダムブレイカー3」のラスボスもネオジオングなのですがコッチの方がラスボスとして上手く描写されてます。
http://www.youtube.com/watch?v=u9LOH9B8oPU
最終形態になると自機のコピーをコアユニットにしてプレイヤーに襲い掛かります。
ゲーム的には割とベタな演出ですが、ネオジオングはこのゲームの為に生み出されたMAじゃないのかとさえ思えますw
[ 2016/08/28 15:41 ] [ 編集 ]

バンシィのアームドーマーDEなら対リペアード戦で右足の膝関節を破壊される寸前でファンネルミサイルの二連直撃を受けて破壊されているですよ
爆炎に包まれてて分かりにくいのですが明らかにぶっ壊れております(画面右側の構造物が其れ)
[ 2016/08/28 16:05 ] [ 編集 ]

Re: 野獣の言う「菅野美穂」という謎の言葉も、与えられた台本にすぎないのではないのか?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>F91へ連なる宇宙世紀の一区切りを総括するには十分説得力のある物だと私は思いました。

後付け設定でありながら、よくもまあここまで意味のある設定を作り上げたなぁと最初は感心しました。
ただし最終的にコロニー同士で戦争を起こしたり、なし崩し的に連邦が弱体化したりするのを見ると、
ラプラスの箱の開示は本当に意味のないものだったんだなぁと後付け特有の悲しさに包まれます。
[ 2016/08/28 22:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無しの風来坊様、コメントありがとうございます。

映像を今一度確認しましたが、確かに全壊とは言えないものの破片は飛び散ってますね。
個人的には最後までアームド・アーマーDEで戦ってほしかったです…
[ 2016/08/28 22:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1375-5e707655


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第20話「ラプラスの箱」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第20話を見ました。 第20話 ラプラスの箱 インダストリアル7のメガラニカへと向かうバナージはミネバと約束を交わすと屋敷の中に入り、決意を新たにした時、 モニターに貴婦人とユニコーンのタペストリーが映し出される。 タペストリーの部屋へと入ったバナージは宇宙世紀0001年のラプラス爆破テロで失われたとされていた「宇宙世紀憲章」...
[2016/08/28 11:48] URL MAGI☆の日記