今週のバトルスピリッツ ダブルドライブ 22話

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第22話 『海辺の決闘!』

DDep22 0

やっぱり1番大切なのはゲイル・フェニックス…
ではなくキャンサードだったりして。王家の秘宝クラスの代物だったりするかもしれない…
メインストーリーが落ち着いたためか、1クール目を彷彿とさせる作風のユルさが戻ってきました。
とはいえようやく砂漠と岩場以外の環境がお披露目になったことで雰囲気は非常に新鮮です。
前回サンドラットと交わした約束を意外な形で回収したのも良かったです。
テンポも良かったですし、ここ最近続いていたシリアスめいたムードの箸休めにはちょうど良かったです。

ただバトルは微妙でした。
ダブル十二神皇というのは確かに壮観と言えば壮観ですが、やったことは過去エピに倣ったものばかりです。
エグゼシードの【走破】は言わずもがな、リボル・ティーガのダブル【砲撃】も前回やりました。
フィニッシュはリボル・ティーガの【走破】で決まりましたが、ゴウラ将軍のスピリットは全員疲労していたので【走破】の必然性はなかったはずです。
せっかくED後のバトル講座でリボル・ティーガの【砲撃】失敗時のBPバンプ効果が説明されていたので、そちらを使用した戦法を使ってほしかったです。
というか、予告の時点で蟹使いだと分かっていたから、てっきり相手はキャンサードを使ってくるものだと思ってた…w

レディアント・ペガスの扱いはもう、酷いってレベルじゃないです。
相変わらずただのドローソース係として呼ばれた上、今回は登場バンクの時間すら削られました。
ここまで来るといちいち召喚時にバンクを使っているのもアホらしくなってきます。
彼はエグゼシードと炎魔神(というか何らかのブレイヴ)があってこそ真価を発揮できるものだと思っていますが、
リボル・ティーガがいる以上今後彼が火力面で目立つことはきっとないでしょう。
彼はインフレ化が進む駿太のデッキについていけなかったのだ・・・むしろ十二神皇を呼ぶ力があるだけマシだと思おう。
関連記事
スポンサーサイト

どうも。
なんでもないバトルでしたが、駿太くんのバトルは状況を分析したり相手の攻撃を警戒したりする描写がちゃんとあって好感が持てますね。
ヨクも、正直これまでは駿太くんの劣化というか、独自の魅力に欠けていたような印象だったのですが、今回はコミカルで見ていて楽しいキャラでした。真面目なキャラのギャグは映えますし、上手く使えばシリアスシーンの緊張感も増やせて良いのかと思います。
バトルは、個人的には最後のバーストも絶甲だと予想してたので、炎魔神が来るとばかり思ってて意外でした。エグゼ出した時は「え、これ勝てないじゃん!?」と思ってしまいましたね(笑)
レディアントは、メタい話ですがキャンペーンのカードであり、入手難易度も価値も低くなっているカードなので、販売促進の面では軽く見られてしまっているのではないかなと思います。駿太くんは大体手札を余してるので、出す必要も現状無いのが現状です。今は一応場には出てるので、まだ良い方なのかなと……。
次回はキキということで、ストーリーも進んで新カードも出そうなので、かなり楽しみですね。彼女のビジュアルも好きなので嬉しいです!
それではー。
[ 2016/09/02 20:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

バトスピ大好き様、コメントありがとうございます。

>バトルは、個人的には最後のバーストも絶甲だと予想してたので、炎魔神が来るとばかり思ってて意外でした。

私も炎魔神でバースト破壊するんだろうな、と思ってました。
やり尽くした展開なので避けたのでしょうけど。

>レディアントは、メタい話ですがキャンペーンのカードであり、入手難易度も価値も低くなっているカードなので、販売促進の面では軽く見られてしまっているのではないかなと思います。

販促期間の活躍を終えたのならまだしも、ただの1回も活躍できてないんだよなぁ…
エグゼシードとのダブルアタック展開が見たいです。
[ 2016/09/03 22:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1379-7c76eb7c