今週のバトルスピリッツ ダブルドライブ 23話

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第23話 『守りし者』

DDep23 0

絶対に砂も一緒に飲んでそう
異世界からの使者が勇者としての使命が芽生える一方、
正統な血筋の勇者は野心を叶えるため闇の深淵へ… 最早その心は勇者にあらず。
ぶっちゃけ勇者云々以前に憂さ晴らししたいだけに見えてきたぞキキちゃん。
多分キキは心の底からバトスピを楽しんだことがないんでしょうね。駿太みたいに。
駿太が「大好きなバトスピをこれからもずっと続けたい、だから世界を守る!」という意気がヒシヒシと伝わってくる一方、
キキの場合は「(十二神皇含めて)バトスピは野望達成の道具に過ぎない」という気配すら漂ってきます。
というか、一族が没落したのも根本的な部分を追求すれば全部バトスピのせいだもんね。うん。
駿太のバトスピに対する情熱が、今後落ちぶれまくった勇者たちを変えたりは…しないかな?

また、「手にする覚悟さえあれば、使うものが誰であろうと構わない」というスタンスだった20話のセキコ仙人に対して、
「勇者の一族であれば有意義に使ってくれるだろうから喜んで差し出す」というスタンスだった今回の猿軍団という、
同じ「十二神皇を手に入れる」というシチュエーションでありながら、駿太とキキとで周囲の反応がほぼ真逆とも言える状況だったのが興味深かったです。
駿太とキキ、色々と対になる存在ですなぁ。タツミよりライバルに近いかも…?

バトルはちょっと驚きました。3VS1というシチュエーションに驚きました。
1ターン目で猿3人が合計6体のスピリットを召喚していましたが、あれで総攻撃かけていれば(フラッシュない限り)勝ててましたよね?
恐らく、「3VS1バトルの時、数の多い側は先制アタックできない」とかいうルールがあったんでしょうけど。
マジックの効果が全体に行き渡るシステムといい、きちんと3VS1のルールは事前に説明してほしかったです。

キキのプレイングそのものは見ていて楽しかったですね。流石は黄色バトラー、マジックの使い方が巧みです。
妖雷スパークをバーストしたと見せかける頭脳派プレイも見事でした。
このまま第4弾の販促の流れにどこまで乗っていけるか。
関連記事
スポンサーサイト

砂も飲んでますな…なんちゃって

私は野心の匂い=キキの背後のタツミorシシのことかなと思いました
勇者として生きようとこそすれ、彼女の意思が弱い気がするのです。

フラッシュの応酬は見ていて楽しいですが、ルールが不明瞭な変則バトル、賢者の戦い方が微妙…。
いつぞやの異界デッキバトル同様なら3人で先攻扱いでアタックできなかったのかと。
[ 2016/09/08 16:29 ] [ 編集 ]

>1ターン目で猿3人が合計6体のスピリットを召喚していましたが、あれで総攻撃かけていれば(フラッシュない限り)勝ててましたよね?
そもそもバトスピは、1ターン目先攻側はアタックできないのが基本ルールでは?
3ターン目に総攻撃しようとしたら、妖雷スパークが突き刺さってしまったという事で。
別にそのあたりに矛盾は無かったと思います。

むしろ気になるのは、あの後「妖雷スパークはどこへ消えたのか」が気になります。
最初の妖雷スパーク発動後に、カード効果で手札に戻りましたが、その直後配置されたバーストは妖雷スパークではなく、
以後妖雷スパークは一度たりとも使われず、最終ターンでキキの手札にただ1枚だけ残されたマジックは「イエローリカバー」。
手札を破棄した様子もありませんし、あの後妖雷スパークは一体どこへ消えてしまったのでしょうか。
なにかしらのイカサマをしたのではないかと勘ぐってしまいます。
[ 2016/09/08 23:13 ] [ 編集 ]

Re: 砂も飲んでますな…なんちゃって

バトスピバトラー様、コメントありがとうございます。

>私は野心の匂い=キキの背後のタツミorシシのことかなと思いました
その認識で間違いないと思います。
彼女の意思が弱く見えてしまうのは、きっと勇者の宿命というものに縛られているせいだからかと。
最早呪いですね。

>賢者の戦い方が微妙…。

3人がかりなのに圧倒されまくってて、全然強そうに見えませんでしたね。

>いつぞやの異界デッキバトル同様なら3人で先攻扱いでアタックできなかったのかと。

そういやバトスピで先制攻撃していたバトラーって1人もいませんでしたね。そういうルールでしたか。
何年も見てきたのにまだ基礎ルールを覚えられていないとは…orz
[ 2016/09/08 23:24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Ameliorator様、コメントありがとうございます。

>むしろ気になるのは、あの後「妖雷スパークはどこへ消えたのか」が気になります。

中々鋭い指摘だと思います。
脚本ミスでなければ今後の展開がちょっと気になりますね。
[ 2016/09/08 23:25 ] [ 編集 ]

やっぱりフラッシュや読みあいがあるだけでバトルがおもしろいです!
バトルを見ると確かに妖雷スパークが消えているように見えますが実際は最後まで手札に残っています。毎回のドローでイエローリカバーなどのマジックを引いておりなかなかの強運です・・・。
おしいのはクレオパトラスやシーザーの効果を全く使っていないことかな。異魔神は合体CGを作る必要がなく、過去作スピリットにブレイヴでき、今回のようにクレオパトラスを強くできるのに効果も使って欲しかったです・・・

キキも良い悪いは置いておき自分の信念を持ち行動しており、仲間になるかはたまたいいように使われ絶望するのか、早雲を負けキャラにしたドS監督のプレイングに期待しておきます。
[ 2016/09/09 13:55 ] [ 編集 ]

暗黒陣の十二神皇の弱点?と今後の予想

CMでハヌマーリンの効果出ちゃいましたね。確かにアンブロッカブルは自分も使うので強いですが、アルティメットが対象外というのが穴ですね。これはウロヴォリアスやアルティメットに指定アタックできないカラミティ・ボアにも言えます。逆にエグゼシードはアルティメットにも指定アタックができ、炎魔神にはアルティメット焼きがあります。
今後の新商品でアルティメットがアニメに出ることが確定的なので、アルティメット使いに奪われて乗っ取られると思います。
また、強いだけでは十二神皇を手に入れることはできず、勇者としての心を試される展開も楽しみです。
勝手に今後の展開の予想してごめんなさい。
[ 2016/09/10 07:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ここな様、コメントありがとうございます。

>バトルを見ると確かに妖雷スパークが消えているように見えますが実際は最後まで手札に残っています。

途中から手札が1枚だけに見えるんですよね。ドローステップの度に1枚ずつ引いているはずなのですが。
過去スピリットへの冷遇は確かに今も続いてますね。Xレア級のスピリットでさえただのアタック要員ですから。バトスピアニメの悪い癖です。

>早雲を負けキャラにしたドS監督のプレイングに期待しておきます。

少なくとも、負け姿だけに魅力を見出すキャラにはなってほしくないです。
[ 2016/09/10 23:04 ] [ 編集 ]

Re: 暗黒陣の十二神皇の弱点?と今後の予想

ジャンプ狂様、コメントありがとうございます。

カード効果から今後の展開を察するとは… その発想は予想外でした。
個人的には、十二神皇を手にして偉そうにしているタツミが
アルティメット使いであろうシシにボコボコにされる姿が目に浮かびます。
そんな中でもアルティメットに対しても実力を発揮できるエグゼシード…流石です。
やっぱり彼は主人公カードですね。
[ 2016/09/10 23:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1384-fa639f78