今週の魔法つかいプリキュア! 32話

魔法つかいプリキュア! 第32話 『ワクワクいっぱい!はーちゃんの学校生活!』

まほプリep32 0

はー! 今日も学校楽しかったな~。早く帰って宿題しなきゃ!」
よってはーちゃんはひでである。ライダー助けて!

「はー!」じゃなくて「あ~」じゃないのとか指摘したがる兄貴は窓際行って… シコれ。
ナシマホウ界に戻ってきたことで、話の方向性が従来通りの学園モノにシフトしました。
一生学校に引きこもってればいいんじゃないかな。そんな32話目。

スランプに陥ってしまった壮太くんに対して、はーちゃんが魔法を使って(結果的に)彼を励ますお話。
ガールミーツボーイものなお話としては結構王道なものだったと思います。
肝心な部分で魔法に頼ると24話で学んだことが生かされてないんじゃないかとか、
ちょっと解決方法アッサリしすぎじゃないんじゃないか(元々大きな問題じゃなかったみたいですが)とか思うところがありますが、
普通に見れるお話でした。これでもうちょっと作画に気合いがあれば。
むしろ今までのエピソードに比べて魔法の使い方が比較的マトモだったことは評価すべきか。(ちゃんと人に見られないよう配慮してたし)

バトルに関しては、従来のプリキュアのように日常パートで得たことをそのまま戦闘に生かしてくれる点はいいのですが…
プリキュア・エクストリーム・レインボーの技バンクの必要性が皆無としか言いようがない。あれって普通の金魔法でも倒せてますよね?
無理に新技バンクを挿んでる印象が強く、テンポの悪さを感じました。販促を兼ねているとはいえちょっと強引です。
できるのであれば、もう少しドンヨクバールが脅威な存在であることをアピールしてほしいです。


今週のプリキュア記事はもちっとだけ続くんじゃ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/11 16:02 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(0) | CM(8)

KTH「ライダー助けて!」MRT「愛を知らぬ哀しき竜…ここに星のように!タラスク!(全員巻き添え)」

ほらKTH、同じ声のライダー(Fate)呼んでやったぞ!感謝しろよ!(リヨぐだ子)

それはともかく、実際壮太くんと他のサッカー部員との間にある根本的な問題点が全くもって解決されてません。
正直、このエピソードでこそ、「心や考え方、思想の問題に対して魔法で解決を図ろうとしてはいけない」「言葉は魔法」とか色々と活かせる話にできたはず。
それをただ「はーちゃんかわいい」に終始させるのはある意味すごい技量です。
…褒めてないからね。
[ 2016/09/11 16:43 ] [ 編集 ]

シャーキンスおじさん「下らないつったのに下らなかねぇっておかしいだろそれよぉ!?違うか!?オイ!」

おじさんの声が速水奨氏だったら悶絶少年は114514本売れたと思います(名推理)

この際、ことはがイキナリ登校したり、精霊にが発生するという案件に無頓着だったり過去の自問自答を無視して魔法を乱用したり…等
細かいツッコミをスルーしたとしても歴代の日常回を中身のなキャラで演じても話に説得力が生まれません。
今回は壮太の悩みにことはが介入して問題解決するというおジャ魔女やハートキャッチに則った筋書きですが。
彼は部長と言う重い責任と人間関係で悩んでいたのに、ことはが「超次元サッカー」をやり「ワクワクすればいい」と助言するのは答えとしてズレてます。
居なくなった部員達も何食わぬ感じで戻ってきて、仰る通り取るに足らない悩みをスルーした様にしか見えません。
私個人としてはスポーツに於いて「楽しく和気藹々」なモチベーションだけでは成り立たないと思います、前作は行動に対する酸いも甘いも描いていました。
だからはるか&ゆうきのリスペクトに共感を得られました、新参者で努力もせず何でもできることはが上から目線で語っても説得力はありません。

バトルに関しては作画が悪い中工夫が見られましたが、やはり魔法使いらしさは皆無です。
タイトルでも触れてますがシャーキンスの言う「下らない」は状況的に的を得てます、バトル中だから。
それに対して「壮太の努力を馬鹿にした」と拡大解釈して非難するのはやっぱりズレています。
例年のように試合中に妨害して台無しにしたのなら分かりますが試合2時間前に会場に行くマヌケに律儀に付き合ってくれた彼の苦労の方が殊勝です。
商店街で突如人が居なくなったことと言い「守るべき日常」を描いていないのに歴代のそれらしいセリフを機械的に吐いても意味がない。
クッキーの事といい、提示されたクエスチョンに対するアンサーがチグハグですよね、「1+1」に対して2や3や100と答えるのではなく
「みかん」とか「メロンパン」とか答えてる様な物です。
次回はやっとリコの親父さんの登場ですがシナリオのカギを握りプリキュアを導ける立場になり得る彼を何故今まで出し渋ったのか?
結局本筋は進まず、リズ登場回のようなリコのドメスティックな領分で話が収まってしまいそうな予感です。
[ 2016/09/11 23:14 ] [ 編集 ]

Re: KTH「ライダー助けて!」MRT「愛を知らぬ哀しき竜…ここに星のように!タラスク!(全員巻き添え)」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>それはともかく、実際壮太くんと他のサッカー部員との間にある根本的な問題点が全くもって解決されてません。

個人的には、最初からあまり問題点は大きくなかったものだと捉えています。
とはいえ…

>正直、このエピソードでこそ、「心や考え方、思想の問題に対して魔法で解決を図ろうとしてはいけない」「言葉は魔法」とか色々と活かせる話にできたはず。

解決法にもっと工夫のしようがあったのでは、という点に関しては私も同じ意見です。
魔法を軸にしたいのは分かりますけど、安易に頼りすぎる展開は微妙だと思います。
[ 2016/09/13 01:01 ] [ 編集 ]

Re: シャーキンスおじさん「下らないつったのに下らなかねぇっておかしいだろそれよぉ!?違うか!?オイ!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>細かいツッコミをスルーしたとしても歴代の日常回を中身のなキャラで演じても話に説得力が生まれません。

この話を中身のないプリキュア3人で回されるよりははるかにマシだと感じました。
そこに私の評価が「面白い」ではなく「普通」と称した理由があります。

>例年のように試合中に妨害して台無しにしたのなら分かりますが試合2時間前に会場に行くマヌケに律儀に付き合ってくれた彼の苦労の方が殊勝です。

徹底して周囲に被害を出さないように配慮しているのが物凄く不自然ですね。
確かに「工夫してるのはいいけどそこまでサッカーしなくていいよなぁ」とは思いました。
迫力も足りないバトル内容でしたので、レインボーキャリッジを使ったトドメも分不相応に感じました。
[ 2016/09/15 20:41 ] [ 編集 ]

勝木さんの扱いが段々笑えないものになっていると感じているのは自分だけでしょうか。
魔法使いは本当にいると何度も主張しても周囲には引かれ、プリキュアたちは魔法を目撃されても魔法使いだとバレなきゃ問題なしと認識しているため適当にあしらうだけという。
例えば車に轢かれそうになった人がいたとして、その人を助けるために魔法を使うところを見られるとかなら仕方がなかったと納得できます。
しかし初目撃となった11話では遅刻をしたくないという私利私欲のため魔法を使っているので、ただ巻き込まれた勝木さんが可哀想に感じてしまいます。
初登場時は誠司やゆいちゃんのようなナシマホウ界で唯一プリキュアの事情を知って、サポートに回るキャラになると思っていたんですがね。
まさか最終回を迎えても結局真相を知ることはなく、「魔法使いは本当にいるのよ、本当に見たんだからー!」と叫んで終わりにはならないですよね…。
[ 2016/09/16 07:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、コメントありがとうございます。

>勝木さんの扱いが段々笑えないものになっていると感じているのは自分だけでしょうか。
う~ん、正直深く考えすぎだと思います。
プリキュア3人のやり取りに中身がなくて意味が見いだせないの同じように、
勝木さんのキャラも大した意味はないものだと受け止めています。
[ 2016/09/17 00:38 ] [ 編集 ]

バナージ「それでも」

こんにちは。今回は色々雑さが目につきました。壮太の悩みが特に何もしないで解決したりシャーキンスが「くだらない玉遊び」と言ったのがサッカー部への侮辱と受け取られたり(別にシャーキンスはサッカー部の事は触れていないばかりか全然知らない)など、子供でも首を傾げそうな展開ばかりでした。本来なら「壮太が自分の行動を反省してサッカー部と和解する」「シャーキンスがサッカー部に危害を加えて試合に臨む思いを侮辱して反論する」という内容だと思いますが過程を省いて結果だけ見せているので物語として殆ど成立してません。子供は特に気にしない(と考えている)所かも知れませんが「それでも」過程はきちんと描くべきだと思います。同じ子供でも小学生くらいだと気になると思いますし。あと、私もグレイ様同様、勝木さんの扱いが気になりました。ー、ニ回で終わるならギャグで済みますが初登場からずっと「みんな信じてよ!」と言って引かれるのが続いているのはどうかと。他の所でも勝木さんの扱いに不満を抱いている人が多いです。せめて今回の壮太のように勝木さん回があるといいのですが…。みらリコも少しは考えて欲しいものです。次回はリコの父親が登場しますが敵なりエメラルドなり掘り下げがある…とはあまり思えないです。
[ 2016/09/17 15:46 ] [ 編集 ]

Re: バナージ「それでも」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>「くだらない玉遊び」と言ったのがサッカー部への侮辱と受け取られたり

そうですよね、シャーキンスはあくまでも「もっとまともな戦い方しなさい」と指摘しただけなのに、
それを受けてフェリーチェが逆ギレしたシーンは「あれ、そういう意味でシャーキンスは指摘してたの?」と勘違いしてしまいました。
日本語不自由展開やめちくりー。
[ 2016/09/18 01:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1389-928f1939