9月第3週 購入ガンプラまとめ

DSC00745.jpg

そういや9月5日で当ブログは6周年を迎えてました。早いものですね。
去年の今頃は余裕ぶっこいて発送日にガンプラ買いに行ってたのが遠い日のことのよう…
今じゃそんな暇ありません。今週は特にひどかった… コメント返信も中々できませんでしたし。
キュアップ・ラパパ! 来週はお仕事そんなに忙しくなりませんよーに…
DSC00747.jpg
今週買ったガンプラは1つだけ。HGBFのガンダムダブルオーシアクアンタです。
シアの機体といえば、サポートメインであったGポータントの活躍が記憶に新しい方ですが、
こちらはファンネルをガッツリ背負った戦闘メイン機の様子。その一方で猫耳生やしてたりする。
ロマン火力重視なサカイ君、ギャンシリーズに拘るカオルコと比べると、シアの特色というものが未だに掴めないでいます…


DSC00749_20160917203016ab4.jpg
原型機と比べるとファンネルの数こそ減っているものの、大きさのボリューム面ではアップ。
確実に兄さんのガンプラを参考にしましたね…


DSC00750_201609172030182f3.jpg
ただ、原型機で膝関節部分にあったカバーは廃止。
それによりパーツを装着する基部が目立ってしまっています。ここは隠してほしかった。

DSC00751_20160917204350e11.jpg
メイン武器はGNソード。小ぶりな短剣です。


DSC00756.jpg
ビームライフルとしての機能がある、との設定がありますが、実際変形させようとすると鍔の部分が邪魔になります。
取説にも変形方法が書いてなかったので、プラモ的には非推奨なんでしょう。
これじゃクアンタムバーストできない…


DSC00752_201609172043510ef.jpg
ファンネル発射~
原型機よりもゴツいですが保持自体は安定しています。


DSC00754.jpg
ちなみにこの機体における直列回路は、見た感じ高機動形態になるだけっぽい。
流石にプラモ同士で和解を目指す気はないようです。


DSC00746_2016091720434818a.jpg
関節とかはシアンタのものを流用しているので、フォーマット的には古くなってしまってます。
ですが関節の強度とかはGポータントより強くなってる気がします。クアンタ凄い。


DSC00753.jpg
ソードビット! 頼むから3mm穴を内蔵させてディスプレイしやすくしてくれ…


DSC00755.jpg
なおソードビットは腕に取りつけることもできるみたい。
ただし装着用の穴が開いてるのは右腕だけ。ビットは2つあるんだから両腕に装備させたかったところです。


DSC00757.jpg
というわけでHGBFのタブルオーシアクンタを遊びました。

際立った点こそないものの、武装コンセプトやカラーリングなどで原型機としっかり異なったキャラ付けができている印象です。
ただしソードビットが右腕にしか装備できない設計になっていたり、ビットのディスプレイが全く考慮されていなかったりと、
プレイバリューの点で少々不満が残ってしまっているのも確かです。
特に残念なのは各ビットの扱いについて。ビットを主体として戦う機体なのですから、
3mm穴を内蔵させるなりしてそちらのディスプレイ面も考えてほしかったです。クアンタムバースト再現できないし…
可動範囲に問題はなくポロリも今のところ心配なし。基礎となる部分が完成されてる以上、細かい部分の粗が目立つのでした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/17 21:06 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(8)

ガンダムタキシード仮面様「やっぱり僕は 王道を征くブルーディスティニーですか。」(えぇー)

TGS2016のイベント中継で古谷徹さんが言ってました。「ブルームーン(蒼月)」が好だからね、仕方ないね。
イベントによると、スクランブルガンダムはガンブレ3始め最新のガンダムゲーに順次参戦するようです。
以前、運命BPがあれば再現出来ると申しましたが、そういえばアレにはアロンダイトとビーム砲がくっ付いていて取れないのでした。
じゃあ、運命本体にスクランブルBPを着けよう(提案) あ、そうだ(唐突)TGSといえば「地球防衛軍5」が出るらしいゾ。

シアクアンタは文字通りクアンタをシア専用にした物ですね、ガンプラの女体化は個人的にこの程度に留めるのが好きです。
只、元がクアンタなせいか体系に関しては、完全新作のGポータントの方が彼女らしい気がします、特に腰回りから下半身は。
ミスサザビー程極端では無いですけど既存キットの流用が若干響いてますね。

>シアの特色というものが未だに掴めないでいます…
ガンプラに独自の美的意識を持っているシアですが、GN粒子か初音〇クのライトグリーン系を自身のラッキーカラーと決めているのかと想像してます。
漫画家の荒木飛呂彦先生も連載時期によって、青緑だったり紫だったりイメージカラーを変えてますから。
そのうちシアも初期ローゼンのウ〇コ色が気に入る可能性が微レ存。
[ 2016/09/18 12:51 ] [ 編集 ]

ブログ開設6周年おめでとうございます!

流石シア様。中々可愛いガンダム作ってくれますね〜。やはり本人も可愛いからだろうか…(´ω`)なんと言ってもあの猫耳いいですよね〜シア様をそのまま具現化した様なプラモです。

僕的にはファンネルを腕に付けたモードと背後に回したモードが好きです。

財布に余裕が出来たら一番に買いたいと思います。(シアのフィギュアライズバストでないかな〜(´∀`)
[ 2016/09/18 14:33 ] [ 編集 ]

説明書には「ビームライフルとしての機能も内蔵している」という記述だけで「ライフルモードへの変形」の事とは書いてないですね。
劇中ではクアンタムバーストの時は特にソードの変形は見られず、ソードの状態のまま突き手にして撃ってますので、単にソードのままビームも撃てるってだけで、変形はオミットされてるんじゃないですかね。
あれを再現したければ、必要なのはソードの変形ではなく突き手首ですね。

ソードビットが付けられるのが右腕だけなのも、クアンタのガントレットの接続穴を利用しただけのものですから、劇中もリアルに「HGクアンタ」の改造キットなのであれば、右腕にしか装備できないのもある意味設定通りかもしれません。
これがMGやRGだとガントレットを外すと左右共通の構造をしてるので、左右に装備できることになりますね。
[ 2016/09/18 16:36 ] [ 編集 ]

Re: ガンダムタキシード仮面様「やっぱり僕は 王道を征くブルーディスティニーですか。」(えぇー)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>シアクアンタは文字通りクアンタをシア専用にした物ですね、ガンプラの女体化は個人的にこの程度に留めるのが好きです。

アレンジの精度が絶妙ですよね。リナーシタやゼロ炎を手掛けてきた海老川さんならではだと思いました。

>ガンプラに独自の美的意識を持っているシアですが、GN粒子か初音〇クのライトグリーン系を自身のラッキーカラーと決めているのかと想像してます。

まあ、パーソナルカラーを絞ることは大事ですからね。BF炎シリーズとかもそんな感じですし…
[ 2016/09/18 17:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ファンネル厨様、コメントありがとうございます。

>ブログ開設6周年おめでとうございます!

ありがとうございます。

>なんと言ってもあの猫耳いいですよね〜シア様をそのまま具現化した様なプラモです。

実を言いますと、猫耳の中が肉抜きされていたのがちょっと不満でした。
細かい部分ではありますがきちんとあそこもパーツで埋めてほしかったです。そうすれば猫らしさもアップする…はず。

>(シアのフィギュアライズバストでないかな〜(´∀`)
今度ラクスが発売されるくらいですし、出るんじゃないですかね?
[ 2016/09/18 21:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

>劇中ではクアンタムバーストの時は特にソードの変形は見られず、ソードの状態のまま突き手にして撃ってますので

う~むむ、録画してた画質がそこまでよろしくなかったのと、全身発光してて輪郭が掴みづらかったことから判断がつきにくかったです。
そうだったのか…

>ソードビットが付けられるのが右腕だけなのも、クアンタのガントレットの接続穴を利用しただけのものですから、劇中もリアルに「HGクアンタ」の改造キットなのであれば、右腕にしか装備できないのもある意味設定通りかもしれません。

そこまで複雑な話ではないと思います。「市販プラモの改造品」という設定は最早死に設定もいいところですし。
現にリ・ガズィの改造機設定であるライトニングは実際のプラモだと完全新規設計です。
BFの頃にはちらほらあった「余剰パーツを生かした武装」みたいなのも今じゃ殆どないですし、
そもそも現実に存在しないキットをベースにしてる場合も多くなりましたし。
単純に「クアンタのキットを流用したせいで、左腕に接続穴がなかった」だけの話だと思います。
[ 2016/09/18 22:43 ] [ 編集 ]

レス返してもらって気になったんですけど、ソードビットが右腕しか装備できないことが詰めが甘いというのは、キットの話なのか、設定面の話なのか、どちらでしょうか。
両腕に装備できることが当たり前とする理由が見えないのですよね。劇中で両腕に装備したシーンは無かったように思うのですが。
設定画でも背面画を見るとHGをトレースしたような腕の形をしていて、穴があいてるのも右腕だけですし。(ついでに膝横の穴まで丁寧に描かれてます)
そうすると最初から左腕にソードビットを装備させる気のないデザインですので、キットの詰めが甘い、という話ではないですよね。
MGやRGで表現されたように、クアンタは00と同一フレームであるから、両腕同じ場所にコネクタがあるはずだ、シアクアンタはそこにソードビットが装備できるはずだ、という設定面での話になるということでしょうか。
[ 2016/09/19 00:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

>ソードビットが右腕しか装備できないことが詰めが甘い
「こうすればよりプレイバリューが増えるんじゃないか?」というただ1つの希望的観測です。
ソードビットがせっかく2つ用意されているのに、1つしか装備できないのは惜しいことだと思ったために、
「両腕に装着穴付ければ装備できるのに。詰めが甘いなぁ」と感じました。深い意味はないです。
多分私の文書力が悪かったのが原因なので、該当箇所の文章は修正します。
[ 2016/09/19 01:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1393-34dd539b