今週の魔法つかいプリキュア! 33話

魔法つかいプリキュア! 第33話 『すれ違う想い!父と娘のビミョ~な1日!』

まほプリep33 0

「あ、ハイドロザッパーだ!」って思った人はお友達になりましょう。
リコのお父さんであるリアンが登場しました。ずっとナシマホウ界にいたんですって。
仕事につきっきりのせいであんまり娘と向き合う時間がなかったんですって。
久々の再会だというのに娘に構う様子を見せないリアンに対してリコちゃん寂しげ。
一方のリアンも娘に対して親らしいことをしてやれなかったことを後悔しているご様子。
お互いコミュニケーション不足故に距離感が微妙なことになってます。
ここまでは良いと思いましたが、この後の展開で気になるものが2つほど。

1つ目。朝比奈家をリアンと対照的な存在として扱っていることです。
春休みの間、連絡1つよこさず娘を放置した挙句、それらの暴挙を「心配してた」「子供を思わない親はいない」の台詞で済ませる親がいてたまりますか。
理解者や親族のいる魔法学校にリコの身を預けているリアンの方が遥かに親らしいことやってますよ。

2つ目は、親子のすれ違いが主題のはずなのに肝心のリコの描写が極めて薄いことです。
作中の一連の行動・仕草から父親の愛情に飢えていることは把握できるものの、「察してくれ」と言わんばかりに本人は何も言いません。
ひたすらみらいやはーちゃんなどの周囲がリコの気持ちやフォローを遠まわしに伝えるだけです。
本人が父親への愛情を表現したと思しき台詞は「お父様に謝りなさい!」くらいです。もう少し直球に伝えられませんかね…?
ラストの別れ際の台詞も事務連絡みたいな薄い内容でした。
これは個人によると思いますが、もう少し本音でぶつかり合うような展開があっても良かったのではないでしょうか。
どうもまほプリはその辺の詰めが甘いといいますか、肝心な部分を描こうとしないといいますか…

あんまり目立ってないですけど、校長先生のリアンへの対応もちょっと解せません。
リアンが調べている「大いなる災い」とプリキュアの存在は切っても切り離せない存在(のはず)ですから、
校長先生は「アンタの娘プリキュアになっちまったぞ!」と真っ先に伝えるべきです。
必要な情報は連携すべきです。ホウ・レン・ソウはマホウ界でも重要なことだと思います。

話の題材も方向性も決して悪くないけれど、どうにも中途半端さが拭えないお話でした。

次回は恋愛絡みの話をやるみたいです。
その手の話は漫画版の特別篇でお腹いっぱいに味わったので、やらなくても結構です。次ィ!
漫画版を超えるような内容であれば別ですが、多分無理だろうなぁ…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/18 15:01 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(1) | CM(8)

ベルモンド一族「え゛っ!? 『ハイドロスト―ム』?(KONAMI感)」

前々から私は何故、事件の事情通であるリアンが直ぐにプリキュアにコンタクト取らないのかと疑問に思いましたが。
今回で一応最低限の解説役はしてくれたとは思います。しかし遅すぎるし仰る通りリコとリアンの心理描写まで最低限です。
一応、春休みの一件のフォローを入れるべくみらいパパ、大吉が何時になく出張ってましたがやっぱり不十分です。
いくら口で「心配だった」と言っても「得体のしれない者に娘を何日も預けて放任した。」事実は一生消えないんやで?
分かる?この罪の重さ(哲学2回目)

更に今回引っかかるのが大吉が言った「子供は親が思っているほど子供じゃない」という台詞。
今までインタビューで「子供には難しい事は分からない」と宣っていたシリーズ構成がそんな台詞を何故書けるのか?
兎に角今作は作り手の言ってる事とやってる事が一致しません、ってか村山氏はメディアで喋らせない方が良いです。

ついでの如く現れたベニーギョ(17歳)ですが、個人的にキャラデザに関しては今まで一番良いかもしれません。
とはいえ、デウスマストには未だ眷属が居るそうで、シャーキンス共々埋没するかアッサリ退場しそうな予感です。
「豪華キャストを使い潰すアニメに名作は無い」「声優1人を使いつぶす特撮に名作はない」「ギルボアさんがナレーションの特撮は名作」
今年のニチアサで実感した事です。
[ 2016/09/18 16:00 ] [ 編集 ]

心配してた(心配してたとは言ってない)

みらいの父親が春休みの件で心配してた?またまた嘘ついて〜。
と思いました。

本当に心配してたのなら、まず帰ってきた地点で心配していた描写を入れるべきです。
それを入れずに今更心配してたとか薄ら寒いです。

あと校長はやっぱり役に立たないってはっきりわかりました。
リアンと連絡とってるなら、早急にリコがプリキュアになったことを報告すべきです。
何の躊躇があったんですかね?
確かにプリキュアとの血縁関係が割れると狙われる可能性は否定できないですけど、そんな衛宮切嗣みたいなことするような敵はまほプリ世界だと誰もいないんだよなぁ。
[ 2016/09/18 16:06 ] [ 編集 ]

>春休みの間、連絡1つよこさず娘を放置した挙句、それらの暴挙を「心配してた」「子供を思わない親はいない」の台詞で済ませる親がいてたまりますか。
以前の「悲しいお別れはもう嫌」「魔法の勉強も大変だった」といった発言も、積み重ねがほとんどできていないため共感ができませんでしたが、
今回も心配していたといくら言っても、連絡すらしなかったという事実で台無しになっていますね。
スタッフは視聴者が積み重ねがなくても、作中の言葉を全てその通りに受け取ってくれていると思っているのでしょうか。

冒頭モフルンが攫われると勘違いして、みらいとはーちゃんがリアンをボコボコにするシーンがやり過ぎだと感じました。
モフルンは嫌がってたけどただ抱き上げてただけなんだから、「モフルンに何をする気!」と問い詰めるだけで良かったんじゃないかと。
おそらくスタッフはギャグでやってるんだと思いますが、何でこんなに喧嘩っ早いんだろうと思ってしまいました。

リアンが火の魔法を使う際火打石で火を起こしていましたがしょぼく感じてしまったのは私だけでしょうか。
魔法というファンタジーな概念の中になぜ現実的な要素を入れるのか…。
ドラクエみたいに何もない空間から炎を出現させるみたいな描写で良かったと思いました。

今回本格参戦したベニーギョはデザインはかなり好みなのですが、今作の敵キャラの描写を見る限りきっと彼女もおざなりな扱いと最期になるんだろうな…と思うのは何とかできないですかね。
[ 2016/09/18 17:16 ] [ 編集 ]

ことは「嘘をつくのは心が痛いよ」

こんにちは。今回は個人的には今までで一番物語ができていたと思いました。リコの寂しさやリアンの心情、朝日奈家のみらいへの想い、ことはのリコの娘としての想いなどがよく表れていたと思いました。特に良かったのはリアンが身を挺してリコを庇うシーンで「これぞ娘を想う父親」そのものでした。ただ、ことはの回想シーンではーちゃんを寝かしつけるシーンを使うのはガメッツに石を取られて泣き疲れて寝るまで放置した後の事と考えるとどうかと思いましたが…。それに毎回空色スープを飲ませるシーンばかり使うのもワンパターン過ぎですし(他にない気もしますが)今回の話で一気に敵勢力やリンクルストーンなどの説明がされました。リンクルストーンがみらリコの想いに導かれたというのがありましたがみらリコの出会いについても何かありそうですね。しかし「終わりなき混沌」は何人いるのでしょう?次回はまゆみちゃんの恋物語ですが私としては勝木かなの活躍に期待してます。(尚、今回のコメントでは朝日奈家の(今まで)に関しては色々目を瞑っています)
[ 2016/09/18 17:17 ] [ 編集 ]

Re: ベルモンド一族「え゛っ!? 『ハイドロスト―ム』?(KONAMI感)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>更に今回引っかかるのが大吉が言った「子供は親が思っているほど子供じゃない」という台詞。
今までインタビューで「子供には難しい事は分からない」と宣っていたシリーズ構成がそんな台詞を何故書けるのか?

「シリアスさよりも楽しさを重視する」とも言ってましたね。だからこそ今まであったプリキュアの設定から排しているものが多いと。
でも過去のプリキュアでも個人的に「楽しい」と思える話はいくつもありましたし、だからこそ支持を受けてここまでシリーズがやってこれたんだと思います。
「子供たちにとって難しいこと」であっても、生かすも殺すもあくまで製作側の調理次第であって、
「子供には分からないから描かなくていいや」とバッサリ切り捨ててよいものではないと思います。
[ 2016/09/18 22:35 ] [ 編集 ]

Re: 心配してた(心配してたとは言ってない)

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>本当に心配してたのなら、まず帰ってきた地点で心配していた描写を入れるべきです。
それを入れずに今更心配してたとか薄ら寒いです。

もうフォローできる時期を超えてますね。変に蒸し返さない方がいいと思います。

>リアンと連絡とってるなら、早急にリコがプリキュアになったことを報告すべきです。
何の躊躇があったんですかね?

面倒臭かったんじゃないですかね?(てきとう)
[ 2016/09/18 22:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、コメントありがとうございます。

>スタッフは視聴者が積み重ねがなくても、作中の言葉を全てその通りに受け取ってくれていると思っているのでしょうか。

製作スタッフが話していたことから察するに、「女児はそこまで考えてない」と思っているのかもしれません。
その心構えはどうなんだろう…

>冒頭モフルンが攫われると勘違いして、みらいとはーちゃんがリアンをボコボコにするシーンがやり過ぎだと感じました。

い、一応謝罪はしたから… 本人も気にしてないみたいですし。

>リアンが火の魔法を使う際火打石で火を起こしていましたがしょぼく感じてしまったのは私だけでしょうか。

私もショボいと思いました。というかそもそも、水攻撃を封じるのになんで炎のバリアを使ったのかが解せません。
「ムホーの前には魔法は無力」という場面にしたかったのかもしれませんが、ちょっと頭が悪い展開だと思いました。

>今作の敵キャラの描写を見る限りきっと彼女もおざなりな扱いと最期になるんだろうな…と思うのは何とかできないですかね。

多分ならないと思います。製作側は敵キャラを大切に思っていません。現実とは非情なものです。
[ 2016/09/18 22:53 ] [ 編集 ]

Re: ことは「嘘をつくのは心が痛いよ」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>こんにちは。今回は個人的には今までで一番物語ができていたと思いました。リコの寂しさやリアンの心情、朝日奈家のみらいへの想い、ことはのリコの娘としての想いなどがよく表れていたと思いました。
想いは確かに描かれていたと思います。でも説得力が足りていませんでした。
仰るように「みらいと家族」「リコと父親」「ことはと両親(みらい・リコ)」という話を構成する3つの柱の構図が出来上がっていながら、
何れも妙な粗が目立って説得力に欠けているのが凄く残念でした。
[ 2016/09/18 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1396-468cdcbc


魔法つかいプリキュア! 第33話「すれ違う想い!父と娘のビミョ~?な1日!」

魔法つかいプリキュア!の第33話を見ました。 第33話 すれ違う想い!父と娘のビミョ~?な1日! 先に復活していたシャーキンスの前にベニーギョも合流する。 「遅かったな、ベニーギョ」 「お待たせしたって感じ?シャーキンス。封印された他の同志達はまだ誰も目覚める気配なさげだし、そのプリキュアって奴らの始末あたしがやっちゃおうって」 その頃、魔法界で考古学者をしていてい...
[2016/09/18 19:36] URL MAGI☆の日記