今週の仮面ライダーゴースト 50話(特別編)

仮面ライダーゴースト 第50話 『未来!繋がる思い!』

ゴーストep50 1

7月下旬くらいのことです。
日曜日に地域の集まりがあったので参加したところ、
とある男の子(一応顔見知り)が仮面ライダードライブの絵を描いていました。(これが中々上手だった!)
「ゴーストは描かないの?」と私が聞いたところ、
「ゴーストは… イヤだ…」って静かに言われました。

きっと、彼にとってゴーストよりもドライブの方がデザイン的にカッコよかったからそう言ったのでしょう。
彼の目にエグゼイドはどのように映ったのやら。
泣いても笑っても怒ってもラスト1話。遂に最終回を迎えました。
とりあえず今回の話の良かったところ挙げるとすると…

ジャベルについては良かったと思います。
異なる世界に来て自らの常識を疑い、一から修行をし直すというのは明確な成長描写です。
本来ならこういった成長描写は主人公にやってもらいたいところですが、
我らが主人公であるタケル殿は明確な根拠無しに綺麗ごとばかり主張するので全く成長要素がありませんでした。
ですので、サブキャラクタの些細な成長描写でも本作では貴重な評価点だと私は思います。

評価点は以上です。


それ以外は相変わらずでした。

まずアユムとは何者だったのでしょうか?
散々未来に対してネガティブな主張をしてると思ったら、いつの間にか満足して帰ってました。
主張の内容自体も根拠は一切示されていないので、子供が駄々言って迷惑かけているだけにしか見えませんでした。
今後の展開への伏線だとは思いますが、最終回のエピソードとしてはこの上なく相応しくないと思います。
多分、劇場版か小説版あたりで回収されるんでしょうけど…


ゴーストep50 2

…とか思ったら、どうやら10月公開予定のファイナルステージで回収されるみたいです。
そりゃないですよ!どうして映画や小説よりもはるかに視聴が限られる方法をとってしまうのか…
販促にしたってあんまりです。ファンなら全てのイベントを抑えよとのことなのでしょうか? 熱心なファンの皆さん、頑張ってください。

アユム抜きにしても話の内容は意味不明です。
「運命を変える」「想いを繋ぐ」といったそれらしい用語ばかり主張していて、今まで薄い印象でした。
というか前回まで人間の可能性がどうのこうのという話をしてたのに、急に想いが繋がる方向に話をシフトされても…
そもそも話の疑問点であるアユムの主張の根拠が全く説明されてない時点で、タケルの説得も掴みどころがない内容なんだよなぁ。
最後の最後まで綺麗ごとばかりでした。


細かい点ですけど、タケルって現役高校生だったんですね…
設定的には不自然じゃないですけど、すっかり忘れてました。というか、劇中で「タケルは高校生」って明確に話してたシーンありましたっけ?
この設定を考慮すれば「友達と会うことができない」とかゴーストの身であることの切なさを表現できたと思うのですが、
何故今になって持ち出したのかサッパリ分かりません。

あとラストシーンの「次に心をつなげるのは君だ!」という突然メタ展開になってシメるのも冷めました。
今までのライダーシリーズって、きちんとラストの幕引きまで「番組の中で終わってるもの」が全てだったと思います。(あったらすいません)
なんか全体的にメッセージがヤケクソ染みてて全然気持ちの良い終わり方じゃなかったです。
あと仙人は住職やってないで眼魔の世界の皆さんに謝罪しにいくべきです。さっさと眼魔の世界に帰ってください。


ゴーストep50 3

さて50話全て見終えた仮面ライダーゴースト。
かれこれクウガから16年間仮面ライダーの視聴を続けている私ではありますが、多分過去最低の出来栄えだと思います。
今振り返れば、まともに「良かった」と言えるシーンが皆無だということにも驚きです。
感想を書いている時は、タケルの宣言シーン(7話や34話)は確かに評価しましたが、
それはあくまでも今後の展開での改善を祈る期待のようなものであり、その期待が打ち砕かれた今ではクソどうでもいいシーンです。
シリーズ構成の暴走故に無茶苦茶になったニンニンジャーと違い、こちらのシリーズ構成はいまいちやる気が感じられないんだよなぁ…

次回作はせめて主人公の主義主張だけはハッキリしていますように。
我ら想う。故に我らあり。


ゴーストep50 0
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/25 13:45 ] 仮面ライダーゴースト | TB(1) | CM(18)

1年間お疲れ様でした。
個人的な感想としては、ゴーストは此処暫くのライダーの悪いところを寄せ集めて表出させたという印象です
・ウィザード:終盤までなかなか話の進まない展開の遅さ(それでも綺麗に〆たけど)
・鎧武:難解な割に作りこみが感じられない世界観
・ドライブ:唐突に「本当は悪の存在じゃない」と言われ出す怪人達
といった具合。
御成の露骨な空気読まないギャグキャラっぷりは見てて不快でした。過去にもコメディリリーフポジションのキャラは居たけど、あくまでそれは「一つの側面」であって「全て」ではなかったと思うんだけど。
さらに予算不足なのかそれとも怪人デザインが頓挫したのか、適当さや使いまわしっぷりも目立ちます。「眼魔の守り神」なんて大層な設定掲げて登場したガンマイザーが殆ど噛ませのやられ役で、後半登場のブレードやアローは「怪人」ですら無いとか、スーツを作る予算と余力すら無くなってたのか?

エグゼイドは…うーん、カラーリングが玩具過ぎるような。いやゲーム機がモチーフなら仕方ないかも知れないが、それでもガチャポンモチーフでスタイリッシュに仕上げたバースくらいにはなあ。
それに職業ライダーって辺りがドライブと被ってて不安。とりあえずバグスターには悪役で居て欲しい、最終的に和解するにしても納得させる感じであって欲しい。
[ 2016/09/25 14:11 ] [ 編集 ]

ゴースト(視聴)一年間お疲れ様でした

こんにちは、今回も長文になり申し訳ないです

まず、アランがフミ婆の意思を継いで絵を描くというのは個人的にはいい展開だと思いました。また、同じく、ジャベルが大天空寺で修行するという展開は、個人的には望んでいたのでよかったと思います。が、雑巾がけのときに急に「グンダリ!グンダリ!」と叫ぶのは意味が分かりませんでした。また、同じシーンで御成がふざけていたのも何だかな…と思いました。結局、彼は終始賑やかし役でしたね

なぜ、タケルが生き返ったのにオレ魂になれることや、唐突にエグゼイドアイコンが出てきたのも気になりました。まぁ後者は恐らく販促のためなんでしょうけど…あと、どうでもいいことですが、タケルがどのような理由で休学していたのかも個人的には気になりました。まぁこれも理由なんて考えてないんでしょうけど。また、自分は映画を見ていないのでマコトの父の意思、というのが分かりませんでした

結局、アユムが言う未来はどのような未来なのか分かりませんでした。まぁこれもどのような未来なのか考えてないんでしょうけど…そのアユムも結局タケルの意味分からない言葉で納得してしまいましたね

最後の君の番だ!発言も、物語と現実がごちゃ混ぜになってイマイチよく分かりませんでした

終始、ゴーストの登場人物はタケルを神格化しているのが自分には理解出来ませんでした。内容の薄っぺらいことしか言ってないのに、何が他の登場人物を惹きつけるのでしょうか。結局、多く視聴者のことは最後まで惹きつけることが出来なかったと思います。ゴーストを楽しんでいた人には申し訳ないですが…

さて、来週から始まるエグゼイドですが、デザインは兎も角ストーリーには今のところPVを見た限りでは期待出来そうです。また、黒いエグゼイドは色のお陰で比較的マシですし、武器も個人的にはかっこいいと思ったので注目したいです

[ 2016/09/25 15:07 ] [ 編集 ]

とりあえず1年間お疲れ様でした。
自分は今回の話は長谷川さんが担当するとばかり思っていたので、福田さんで驚きました。自分の感想としてはいつもよりは少しマシに思えました。アランが眼魔世界を青い空に変えることを決心し、マコト兄ちゃんやカノンちゃんがそれを手伝うというのを本編内でやってくれたのは良かったと思います(どうやらこの話をVシネに繋げるらしいです)
あとはジャベルの部分もよかったです。

今回唐突に出てきたアユムはタケルの子供って感じですかね?
タケルが、思いを繋げる、人間の無限の可能性を信じてるなどと言って励ましてましたが、まずアユムの事情をきちんと聞いてやるべきだったと思います。この部分はゴースト特有の意味のわからない薄っぺらな台詞が最後の最後まで続いたな、と思いました。
ちなみにラストのシーンはクソと思いました。

総評という感じですが、自分もクウガから見始めましたが、ゴーストが一番酷かったですね。
説明無しの謎パワー、燃えない戦い、何がしたいか不明な脚本、辻褄の合わない話
これらが多すぎます。
今までのライダーでもちょこちょこありましたが、ゴーストはほぼ全話でこんな感じでした。
今年は販促が妙に多かったり、挿入歌が一切無かったりして脚本以外の面でも、公式にやる気あるのかと思いました。
正直、いい部分を探そうとしてもすぐには見つからないです。
とりあえず一番思うのは仙人は登場キャラクター全員に拷問されてください、もうそれぐらい戦犯です。

さて、次週からはエグゼイドがスタートということで期待と不安でいっぱいですが、また1年間WOLTさんの感想を楽しめたらなと思います
[ 2016/09/25 16:17 ] [ 編集 ]

アユムの存在意義をスタッフに聞きたい

一年間の視聴お疲れ様でした。
このブログの感想を一通り見てきになったことを言います。
バイクとイグアナが最後に出たのは何話でしょうか?
自分が見れていないところもあるので・・・
[ 2016/09/25 16:19 ] [ 編集 ]

最低の最終回・・・。

初めまして。
毎週楽しく拝見させて頂いています。
私も長年仮面ライダーを見続けていますが、「ゴースト」は歴代でもぶっちぎりの作品だったと思います。(悪い意味で)
本日のアユムにしたって、そもそも回収出来ていない謎がいくつも残っているのに、何故新たに謎を増やそうとするのか理解に苦しみます。
そして、タケルの安っぽいお言葉も例によって意味が分かりませんでした。
アユムに「俺はアユムの力を信じている」と説くシーンがありましたが、出会ったばかりの素性も判らない少年に、どうしてそんな無責任な事が言えるんでしょうか?
役者さんに罪はありませんが、調理次第で傑作となったかもしれない材料を台無しにしたスタッフ(特にプロデューサーと脚本家)の罪は大きいと思います。
長文失礼致しました。
[ 2016/09/25 16:38 ] [ 編集 ]

英雄の力を借りてパワーアップ・・・・・という点は良かったんですが、それを調理に失敗してダメにしたという感じがします。英雄のエピソードも単純で、同じ英雄と戦うということでネタがかぶるfateと比べると子供向けということを差し引いても戦いや英雄関連のエピソードの単調さは否めないと思います。次回作エグゼイドはデザインでいろいろ言われる作品ですが、動けばかっこいいライダーもたくさんいましたし、前評判を覆す面白さを期待したいですね。(前回の自転車アクションを真似したいと思った人。手を挙げてー。)
[ 2016/09/25 17:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>個人的な感想としては、ゴーストは此処暫くのライダーの悪いところを寄せ集めて表出させたという印象です
多分、各作品の悪いところは製作側の「やりたいこと・伝えたいこと」を優先したために、
その弊害として溢れてしまってるものだと思っています。
ゴーストの場合、その「伝えたいこと」がハッキリしていないためにマイナスしか残らないことになってしまったのでしょうか。

>御成の露骨な空気読まないギャグキャラっぷりは見てて不快でした。過去にもコメディリリーフポジションのキャラは居たけど、あくまでそれは「一つの側面」であって「全て」ではなかったと思うんだけど。
役者さんは頑張っていたと思いますが…
前にも記事に書いたと思いますが、御成からギャグ要素を排したら何が残るのか彼のファンの方に聞いてみたいです。

>それに職業ライダーって辺りがドライブと被ってて不安。
タケルのような未成年キャラならまだしも、真っ当な成人男性なら手に職をつけていたほうが健全だと思います。
そこは別に心配しなくていいと思いますよ。
[ 2016/09/25 18:49 ] [ 編集 ]

>アユムの主張の根拠が全く説明されてない
疑問に思って聞く流れのはずなんですが
タケルが意見を押し付けているだけにしか・・・

何かと決めつけたりするのが多かったなぁと。

>ファイナルステージ
フレイ&フレイヤを本編に出したりと謎ですね。

>16年間仮面ライダーの視聴を続けている
私も同意見です。
これまでならどこかしら好きな場面はあるんですが
ゴーストは考えても出てこないくらいで・・・

エグゼイドは予告の掴みは良かったので
話の内容が面白い事を祈ります。
[ 2016/09/25 18:57 ] [ 編集 ]

Re: ゴースト(視聴)一年間お疲れ様でした

なかちゃん様、コメントありがとうございます。

>まず、アランがフミ婆の意思を継いで絵を描くというのは個人的にはいい展開だと思いました。
私も良かったとは思いますが、まずアランにあそこまで絵心があったことが少し唐突でした。
エグゼイド(正確にはゲンム)描くの上手すぎぃ!

>なぜ、タケルが生き返ったのにオレ魂になれることや、唐突にエグゼイドアイコンが出てきたのも気になりました。
オレ魂になれたのは、多分厳密に「人間の身体に戻れた」ことが描写され切っていないことが理由の1つだと思います。
タケルは「不滅の存在だから生き返る必要がない」とまで言われた人なので、多分変身可能かつ、
人間としての生活ができるレベルの状態まで復活させられたんだと思います。まさしく脚本のご都合設定です。

>終始、ゴーストの登場人物はタケルを神格化しているのが自分には理解出来ませんでした。内容の薄っぺらいことしか言ってないのに、何が他の登場人物を惹きつけるのでしょうか。
主義主張が綺麗ごとばかりでも、一生懸命行動する姿が惹き付けられるんだそうです。
はて、私には具体的にタケルが他人を惹きつけるようなことをしたのか全く思い出せない…

>武器も個人的にはかっこいいと思ったので注目したいです
トンカチ型の武器って珍しいですよね。私も期待したいです。
[ 2016/09/25 19:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たんぽぽ様、コメントありがとうございます。

>マコト兄ちゃんやカノンちゃんがそれを手伝うというのを本編内でやってくれたのは良かったと思います(どうやらこの話をVシネに繋げるらしいです)
本来なせ本編内で描くべきことだと思うんですけどね。解決する姿勢を見せてくれただけでも良しということでしょうか。
何でもかんでも他メディア展開に繋げないでほしい…

>とりあえず一番思うのは仙人は登場キャラクター全員に拷問されてください、もうそれぐらい戦犯です。
公式としてはギャグキャラのつもりなんですかね、あの最終回の扱いからすると…

>また1年間WOLTさんの感想を楽しめたらなと思います
ありがとうございます。頑張ります。
[ 2016/09/25 22:02 ] [ 編集 ]

Re: アユムの存在意義をスタッフに聞きたい

美鈴季卓様、コメントありがとうございます。

>バイクとイグアナが最後に出たのは何話でしょうか?
私の記憶が正しければ、キャプテンゴーストが最後に登場したのは14話です。
マシンゴーストライカーは16話に出てきた記憶がありますが、もっと後にも登場していたかも…?
[ 2016/09/25 22:06 ] [ 編集 ]

Re: 最低の最終回・・・。

漆黒の薔薇十字様、コメントありがとうございます。

既に本編は前回の時点で終えていますから、
後は福田さんなりにシメの話を自由に作ってくれればそれで済むと思ったのですが、
財団Bやら東映やらに色々と注文が入ったんですかね。
次回作の脚本家の方は、もう少しスケジュールに余裕のある方がいいですね。
[ 2016/09/25 23:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

YH様、コメントありがとうございます。

>英雄のエピソードも単純で、同じ英雄と戦うということでネタがかぶるfateと比べると子供向けということを差し引いても戦いや英雄関連のエピソードの単調さは否めないと思います。
どの話もやってることが大して変わらず、偉人から受け取ったメッセージも大して役に立たず、
そもそも眼魂にいちいち吸い込まれるシーンが鬱陶しかったりといい印象はなかったですね。

>次回作エグゼイドはデザインでいろいろ言われる作品ですが、動けばかっこいいライダーもたくさんいましたし、前評判を覆す面白さを期待したいですね。
私にとっては、平成ライダーのデザインは基本的にダサいものだと受け止めているので、エグゼイドのデザインはあまり気にしてません。
存分に暴れてほしいです。

>前回の自転車アクションを真似したいと思った人。手を挙げてー。
(技術的にでき)ないです。
[ 2016/09/25 23:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まぐに様、コメントありがとうございます。

>疑問に思って聞く流れのはずなんですが
タケルが意見を押し付けているだけにしか・・・

最後まで人間離れしていたキャラクターでしたね、タケルは。
相手の疑問を聞かずに答えを説こうとするその姿勢はエスパーもしくは宗教のカリスマなような人物です。
[ 2016/09/25 23:38 ] [ 編集 ]

東映の公式で「番組当初、中身を伴わなかったタケルの言葉に物語終盤で何かを感じて頂けたら幸いです。」って文面があったので、スタッフはタケルのキャラに関しては自覚しているみたいですね。。何をどう感じ取れと...

>劇中で「タケルは高校生」って明確に話してたシーンありましたっけ?
2話ではしゃいでいる高校生の集団を見て「俺も1週間前はああだった。もう・・・今までとは違うんだよな。」と言っているシーンがありましたが、本当にそれだけなので設定としては弱いですね。

それよりも前回ラストのおにぎりの下りにもいえることですが、タケルの生前にまつわる(本編以前などの)話は描くべきでしたね。ウィザードの晴人も掘り下げが薄い方でしたが、彼の過去に関しては描写されていましたし、何よりキャラはしっかりしていたと思います。

続いて次回作のエグゼイドに関してなのですがこちらのシリーズ構成の方も特撮初挑戦みたいですね。プロデューサーの方はそれなりに経験がある方なので心配の必要はないのかも知れませんが、ゴーストの二の舞は踏まないで欲しいですね。
[ 2016/09/26 20:10 ] [ 編集 ]

一年間お疲れ様です。

ついにゴースト終わりましたね。
一年通して一番良かったと思える話はアランが完全に味方になったたこ焼きアクションの回ですね。
あの頃のアラン周りの話はゴーストにしてはちゃんとキャラの掘り下げや改心に至るまでの描写がしっかりされていたと思います。

そことネクロムのデザイン、BGMの出来以外褒めるところが見つかりません。
はっきり言って平成ライダー史上最悪の出来だと思います。

全体的に一話の中に無理に要素を詰め込むせいで描写がおざなりになってる印象でした。
全体的にキャラの掘り下げも少なく、(特にタケルは)何を言ってもその場でそれっぽいことを言ってるだけの印象でした。
尺のせいか英雄との関わりも薄かったですし…
序盤は販売スケジュールに合わせてか流れ作業のように眼魂を集めてましたし、中盤以降の英雄と心を繋げたことになってる話でも「眼魂内の空間に入る→英雄がそれっぽいこと言う→タケルが「そうですね」レベルの中身のない返事をする」というものでとても英雄と心を繋げたようには見えませんでした。
タケルとちゃんと向かい合ったと言えるのは武蔵と龍馬ぐらいだと思います。
製作は「心を繋げました!」とキャラに言わせれば視聴者も納得すると思ったんでしょうか?
これまでのライダーでは心理描写しっかりしてたんですが、今回だけ何故ここまで適当になったのか不思議でなりません。

さらに言うとキャラの成長もアラン以外碌に書けていなかったともいます。
タケルとマコトは登場初期から何か変化あったんでしょうか?
タケルは初期からずっとそれっぽい精神論をいうだけの空っぽのキャラでしたし、マコトは終盤まで自分に関する問題について「お前は気にするな」といって一人で抱え込む欠点は一切変わりませんでした。
欠点のない完成されたキャラという設定ではありませんし、成長する余地はいくらでもあったはずなんですが…

そしてキャラが薄っぺらいなか、シリアスな空気など関係なく突っ込まれるギャグ…
真面目に締めるべきシーンでギャグやられても全く面白くないんですが…

ゴーストを見た後だったらどんな作品でも途中で投げずに見れる気がしてきます。

エグゼイドは複数のライダーが序盤から出ますし、それぞれのキャラが印象に残りやすいように掘り下げをしっかりしてくれることを期待しています。
[ 2016/09/30 22:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ボルトルボ様、コメントありがとうございます。

>「番組当初、中身を伴わなかったタケルの言葉に物語終盤で何かを感じて頂けたら幸いです。」

タケルに成長している部分がないことを認めた上で苦し紛れのフォローをしているようにしか見えないです。
主人公が成長するのではなく、周囲がそれに合わせて動くストーリーって色々とズレてるような…

>2話ではしゃいでいる高校生の集団を見て「俺も1週間前はああだった。もう・・・今までとは違うんだよな。」と言っているシーンがありましたが、本当にそれだけなので設定としては弱いですね。

ありましたね。でもその時から「ゴーストの身体は壁をすり抜けられる」などの便利な部分が強調されていたので、
死んでしまったことへの悲しみというのが伝わっていませんでした。
思えば当時不安を抱いていたものが今になって全て現実と化しているような…

>プロデューサーの方はそれなりに経験がある方なので心配の必要はないのかも知れませんが、ゴーストの二の舞は踏まないで欲しいですね

やっぱり上層部の方がしっかりしてもらわないとですね。
[ 2016/10/01 15:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サイバーン様、コメントありがとうございます。

>一年通して一番良かったと思える話はアランが完全に味方になったたこ焼きアクションの回ですね。
あの頃のアラン周りの話はゴーストにしてはちゃんとキャラの掘り下げや改心に至るまでの描写がしっかりされていたと思います。

アランは他ライダー2人に比べてドラマに恵まれており(他が恵まれてないだけとも言える)、
心情の変化とかは比較的に理解しやすかったです。ただたこ焼き食べながらバトルするのは普通に危ないと思いました。

>タケルとマコトは登場初期から何か変化あったんでしょうか?

タケルについては製作側も成長の薄さを認めていましたし、マコトに関してはカノンの救出前後で確かに変化がありました。不気味なぐらい唐突な変化が。
wikiとかでマコトのことを「合理的な考えの持ち主」とか書いてあった気がしますが、1クール目のヒステリーさからは
そんな性格を連想することはできません。

>そしてキャラが薄っぺらいなか、シリアスな空気など関係なく突っ込まれるギャグ…
真面目に締めるべきシーンでギャグやられても全く面白くないんですが…

ギャグは昨今のライダーにおけるお約束的なものですね。
ストーリーが描かれない一方で、ギャグだけはお約束の如く延々と続くので違和感しかなかったですね。
[ 2016/10/01 17:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1400-b7dbdc1d


仮面ライダーゴースト 特別編「未来!繋がる想い!」

仮面ライダーゴーストの特別編を見ました。 特別編 未来!繋がる想い! 最後の戦いが終わり、大天空寺にも平和な日常が戻ってきた。 「タケル、久しぶりの高校はどうだった?」 「楽しかったよ、勉強以外はね。全然分からない…」 「半年も休んでたからね。私が家庭教師やってあげるよ」 タケルは高校に復学し、家庭教師役のアカリの厳しい指導に弱音を吐きつつも生きていることの幸せを...
[2016/09/25 21:13] URL MAGI☆の日記