10月第1週 購入ガンプラまとめ (買ったのは9月中ですが一応)

DSC00820.jpg

今週は非常に忙しかったです。さっきまでずっと寝てました。ロクにコメント返信できなくて申し訳ないです。
でも金曜だけは比較的定時に変えれたので良かったっす。久々に金曜にガンプラ買いに行けました。
来週からは少しは仕事落ち着くだろうから、積んでるガンプラ消化していきたいな。

それにしても現在プレバンで受注中のソードインパルスが悪夢再現仕様になっているのは驚いた。
何故だ。ROBOT魂といい、どうしてこうもフリーダムの腹にエクスカリバーを刺したがるのだ。
名シーンと言えば確かにそうだけど、後々の話のフォローから鑑みるとぬか喜びもいいところなシーンだったんだよなぁ。
何はともあれ2つポチりました。
DSC00821.jpg
今回買ったのは、明日から放送開始の鉄血のオルフェンズの主役機、ガンダムバルバトスルプス。
手足のフレームが延長され、改修前よりも全長が一回り大きくなりました。
Gフレーム搭載機は設定上は同じでも、プラモ的にはちょくちょく新規パーツを織り交ぜてくれるので中々飽きません。


DSC00822.jpg

DSC00823_20161001142148acd.jpg
前回のバルバトスの反省点なのか、色分けの精度はやや改善されています。
特に頬のフレーム部分や、肩の鉄華団マークなんかはきちんとパーツの時点で色分けさてれいますね。
多分以前のバルバトスだったら絶対シールで済ませてたゾ。
尤もシールで色分けしてるも部分も多いことは多いのですが。


DSC00824_201610011434146dd.jpg
付属武装はソードメイス。名称と見た目から、「ドラゴンころし」のような質量系の刀剣ということなのでしょうか。
せっかく前期最終話で刀の使い方を覚えたのに、また叩き潰すような武器に戻ってしまったのは寂しいというか何というか。


DSC00825_20161001143941100.jpg

DSC00826_201610011439437ed.jpg

DSC00827_201610011439446a5.jpg

DSC00829_201610011439470b9.jpg

DSC00828.jpg
手首が通常のものと突き用のものがあるのでポーシングの幅が広い…と言いたかったのですが、
写真撮ってみると似たり寄ったりなポーズしかとれなかった。アクション面は多分本編始まれば解消できる…はず。


DSC00830_201610011454039f5.jpg
バックパック用のアームは同じ長さのものが2種類付属。中折れ式で可動します。
前のバルバトスのアームはちょっと使い辛かったんだよなぁ。


DSC00831_20161001145404fca.jpg
試しに滑空砲を持たせてみました。一応保持は可能ですがアームが長すぎるのと、自由度が低いせいでポーズの自由度は今一つ。
まだまだアームには改善点が多いみたい。というか1/100みたいな可動タイプにしてほしい…


DSC00832_20161001150213a6c.jpg
同時発売のオプションセットを買えば武装バリエーションはさらに広がります。
前期で大活躍したメイスは小振りになって取り回しのよい形状へと変化。


DSC00833_20161001150215f0b.jpg
腕に装着する200mm砲。かなり大型で威力が高そうです。


DSC00834.jpg
FF7の主人公あたりが使ってそうなデザインの大剣。
というかそもそも正式名称が「バスターソード」である。


DSC00835_201610011502181ef.jpg
ロングライフル。バルバトスはこういった携行タイプの射撃武器に恵まれていないので、使い機会があったらいいな。
多分別勢力が使いそうな気がしますが。


DSC00837.jpg
そしてオプションセット最大の目玉は、何といってもバルバトスルプス専用両平手
平手への冷遇が激しい昨今のガンプラ業界の中で、このフォローは嬉しい限り。
ただしランナーの都合上、残念ながら手甲はシールでの色分けです。肝心な部分で詰めが甘い…


DSC00838.jpg
と思いきや、形状が一緒なのでバルバトスルプスの手甲パーツがそのまま流用可能でした。
やったー! バンダイさん大好き!愛してる!


DSC00839_201610011508097a1.jpg
これでパッケージポーズもきちんと決められるぜ!
というわけでバルバトスルプスを遊んだのでした。

1/144スケールでの再現度の高さは言わずもがなで、
色分け精度や手首の増加など、前回のバルバトスの反省点が生かされたような面もちょくちょく見受けられました。
定価1080円という安定の鉄血プライスも据え置き。コスパは十分でしょう。
ただし武装がソードメイス1つしかないので、単品だとどうしてもプレイバリューが狭くなりがちなのが難点。
事実上オプションセットと同時購入するのが前提だと思っています。

とりあえず塗装して作り直すことは確定です。
前回私が作ったバルバトスは色々と至らない点が目立ってしまったので、今回のバルバトスルプスはきちんと作りこもうと思います。
具体的にいつ頃作るかはまだ決めていませんが、ひとまず宣言だけ…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/01 15:26 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(18)

おー!ルプス!遂に買ったんですね!箱絵一期の時よりカッコよくなったな〜

今回の目玉?のあのソードメイス遠目から見るとバットにしかみえないような…近くから見るとカッコいいんですけどね。
鉄華団のエンブレムの仕組みはrgシナンジュの技術の応用ですかね。
オプションの中だったら200mm砲が一番好きです。写真にあったポージングがめっちゃカッコ良かったので…

安定の可動範囲ということで。地上戦メイン?の機体なので可動範囲が広いのはありがたいです。

やはりルプスは進化前のデザインをシャープにした感じですね。これがまたいいですね〜

これからオルフェンズ祭りなので僕もそれに備えたいと思います。(金銭的に…)


[ 2016/10/01 23:42 ] [ 編集 ]

どうも。最近「マクロスアルティメットフロンティア」にはまりまくってる、スペシャルグラハムです。HGバルバトスルプス……かつてのバルバトスの純粋なグレードアップになってるみたいですね。とても良さげですね。……後、割りとどうでも良いですがSEED DESTINYの悪夢って、あの時点で既にキラとアスラン寄りなサブタイトルだと思います。シン視点だとするなら、「復讐完遂」でしょうか。あぁ、HGCEストライクフリーダムが早く欲しいです。
[ 2016/10/02 09:19 ] [ 編集 ]

箱や設計図に英語の説明文が追加されててビックリしました
(小並感)
[ 2016/10/02 13:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ファンネル厨様、コメントありがとうございます。

>オプションの中だったら200mm砲が一番好きです。写真にあったポージングがめっちゃカッコ良かったので…

バルカンタイプの射撃武器は重要ですね。第5形態の頃より大型化して、私からこ好印象です。


>これからオルフェンズ祭りなので僕もそれに備えたいと思います。(金銭的に…)

放送開始ということで今月から早速ラッシュが厳しいですね。
他にもいろいろと買いたいものはあるのでやり繰りがキツいところです。
[ 2016/10/02 16:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

スペシャルグラハム様、コメントありがとうございます。

>シン視点だとするなら、「復讐完遂」でしょうか。

できてないんだよなぁ… 仇の対象がフリーダムであった場合は達成されていますが。
[ 2016/10/02 16:46 ] [ 編集 ]

あのアスタロトオリジンが1200円レベル、そしてバルバトスルプスが店舗によっては1000円を切るということを考えるとやっぱりオルフェンズ関連の開発陣は値段や可動ということにおいては有能すぎると思います。とりあえずルプスは144分の一と100分の1の購入が確定しました。・・・・置き場どうしよう(震える声で)
[ 2016/10/02 19:16 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

GM4様、コメントありがとうございます。

私もビックリしました。
プレバンでも海外の方向けのサービスとかやってるみたいですし、時代の流れなんでしょうね。
[ 2016/10/02 20:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

YH様、コメントありがとうございます。

>置き場どうしよう(震える声で)
むしろ鉄血シリーズの発売ラッシュより来月のガンプラEXPOの方が置き場所的に心配です。
[ 2016/10/02 23:36 ] [ 編集 ]

ステーキを食べ損ねただけで最強必殺技にされる男

>スペシャルグラハム様
今月最新作が発売されるという段階で3作前のマクロスゲーですか…
スタジオアートディンクは最近、マクロスとSAOのキャラゲーを作ってますが、嘗ては携帯機のガンダムゲーも手掛けてました。
バトルデスティニーのスターゲイザーの鬼畜バランスブレイカーが爽快でしたw

1話視聴後のタイミングでのコメントですが、前期と同様、土煙と地響き挙げてのエントリーという形で登場しましたね。
嘗て申しましたが天から舞い降りる「天使」のイメージなOガンダムやエクシアと対極的に。
バルバトスは召喚により現世に現れた「悪魔」のイメージですね。

他のサイトで内部フレームも見ましたが差し替えで自在に体型も変更できるとは相変わらず模型としても玩具としても出来が良いですね。
ヤキソバイズムに浸食されリバイブHGの購買意欲が落ちる中、コチラは素直に「なにこれカッコいい」と思えます。
ノーマルバルバトスに比べ四肢が伸び頭部がより鋭利になる事でイメージが変わります、正に「白い悪魔」です。

>名称と見た目から、「ドラゴンころし」のような質量系の刀剣ということなのでしょうか。
バルバトスとの契約の『対価』として三日月の右腕と右目が贄にされてしまいましたが。
「ベルセルク」で蝕を生き延びたガッツも同じ様な状態になってしまいましたね。
ガッツはドラゴンころしに加え失った左腕に代わり大砲が内蔵された義手を装備して使徒との死闘を繰り広げました。
ルプスの200㎜砲も腕部内蔵式でガッツの義手と似たところがありますね。
「怪物と戦う者は、自らも怪物とならぬよう心せよ」「汝が深淵を覗き込んでいる時、深淵もまた汝を覗き込んでいる事を…」
…とは、言いますがどちらもハッピーエンドになってしましそうな気がします…
[ 2016/10/03 15:08 ] [ 編集 ]

即買い余裕でした

少し前のワイ「うーん、場所空ければなんとかなるかなあ…とりあえずグレイズ改と百里を移動させて…おっ、空いたやん!」
ニコ動のガンプラマイスターさんの動画見たワイ「買う(確信)」
ヨドバシに到着したワイ(9/30)「あー、バルバトスルプス売ってるといいけどなあ…アプリ見ても10/1って書いてあるしなあ…ってあるやんけ!買ったろ!」

おかげで即購入して作り始めてます。一部は自己流アレンジ入れてるので、「三日月のバルバトスルプス」ではなくなってます。ツノが金色だったり、中央の青いのがメタブルーだったり、胸のダクトっぽいのが金だったり。

腕にある楕円形の部分は箱の塗装例を見ると、楕円形部分の外周?がスミ入れされてるため、筆ペンで塗ってから綿棒でふき取ることでそれっぽくしてます。今回のために筆と塗料皿も購入し、指先の白も塗ってあります。ただマーカー塗料だからか、しばらくすると下地が見えてくるのが残念なところ。厚塗りするか、白だけ塗料を買うか…

。明日休みなので、白塗料はともかく、筆ペンのグレーも買おうかと画策中です。
[ 2016/10/03 23:09 ] [ 編集 ]

Re: ステーキを食べ損ねただけで最強必殺技にされる男

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>1話視聴後のタイミングでのコメントですが、前期と同様、土煙と地響き挙げてのエントリーという形で登場しましたね。
嘗て申しましたが天から舞い降りる「天使」のイメージなOガンダムやエクシアと対極的に。

今回は天空から舞い降りる登場シーンでしたね。
しかし天使の名を冠するエクシアは宙を漂っていたのに対し、バルバトスは仰るように地響きを立てて地上に舞い戻りました。
「天使再臨」ならぬ「悪魔降臨」といったところでしょうか。

>ルプスの200㎜砲も腕部内蔵式でガッツの義手と似たところがありますね。
私はあまり意識はしてません。
200m砲を装備した側の手はガッツと違って武器を振るうこともできますし。ついでに外付けタイプです。
悪魔の力を身に宿して戦うのがガッツなら、三日月は悪魔に肉体を差し出して力に変えているような人物かと。
[ 2016/10/04 00:56 ] [ 編集 ]

Re: 即買い余裕でした

ユウ様、コメントありがとうございます。

メタリックカラーを意識して製作されているようですね。完成が楽しみです。
指先の塗装は私もどうしようかと考えているところです。とりあえずサフ吹いて白塗装の食いつきをよくさせようかな…
[ 2016/10/04 01:11 ] [ 編集 ]

ルプス完成

ようやくバルバトスルプス完成しました。途中でOPセットの制作もしてたので、本体の制作がちょっと延びたもののいい感じに仕上がりました。ガンプラの制作はその時々の自分の技術の粋を集めたもの、と某ガンプラマイスターさんの動画でも言っていたので、そのつもりでやってみました。

・ツノの安全基準用の出っ張りを切り、黄色いパーツで見える部分を金色に塗装
・頭部の青い部分をメタブルーで塗装
・両肩の赤い部分をメタレッドで塗装。なお、生乾きで触ったりしたので指紋消しのためにちょっと上塗りも。
・フレームのケーブル、シリンダー部分などの一部にオルフェンズマーカーのガンメタを塗料皿に出して筆塗り塗装。SDバルバトスの手の甲はあとで筆塗りだったので、本格的な筆塗りは今回が初。
・各種モールドのうち、溝部分はオルフェンズマーカーの筆ペンで塗ってから綿棒でふき取り、段差部分はあまり使っていなかったスミ入れ用シャーペンでスミ入れ。今回一番活躍したかもしれない
。ふと思い立って、太もも部分の組み立てると溝になる部分にガンメタでスミ入れのような形で塗装
・サイドブースターの下部分(シール貼らない方)がグレーだったため、これまたガンメタで塗装
・アニメ公式サイト見たら、サイドブースターの後ろ側(シールの下あたり)がグレーだったのでまたしてもガンメタ塗装。ただし、段落ちのようなくぼみの中だったのを面倒&技術足らないのでシールの下から下側のモールド部分までをガンメタで筆塗り後、表裏にはみ出た部分をデザインナイフで削って元通りに
・ソードメイス、ツインメイスにある小さい三角マークをガンメタで筆塗り
・バスターソードのへこみ部分を黒でスミ入れ。気が向いたら刃の部分を銀の油性ペンで縫ってもいいかも

組み立てて気付いたのですが、両腕に機関砲くっつけるとかなり干渉しますね。なので、しばらくは左腕の機関砲を外してバックパックに接続してみます。やったぜ!フラン!ヘヘッ
[ 2016/10/07 02:44 ] [ 編集 ]

Re: ルプス完成

ユウ様、コメントありがとうございます。

とても工夫を凝らして製作されたようですね。
実物を拝見できないのが非常に残念です。
何処かに写真をアップしていただくこととか、できませんかね?(モデラーズギャラリーさんとか)
[ 2016/10/08 20:45 ] [ 編集 ]

バスターソードォー!

ふと思い立って、「この武器セットやソードメイスって、モナカ割りじゃね?」ということでまさかの合わせ目消しに挑戦。最初は流し込みタイプを購入したものの、粘着力が弱く、「何のために付けたのかわからない」ってくらいでした。塗ってしばらくしてから力入れると外れちゃう。

翌日、2連休だったのでリモネンセメント(非流し込み)を購入。さらに調べたらクリアー塗料を使ってツヤを出すことでヤスリがけの跡を消せる、ということでこちらも購入。いざ合わせ目消しだ!さあ、合わせ目の数を数えろ!

…結果から言うと、合わせ目消すのは成功しました。ヤスリもまあいいんじゃないか、ってくらい。問題は、クリアーの粘度がものすごく、ドロッドロ。そのためか、塗るとツヤが出るものの、光に当たると塗った場所が分かるようになってます。かといって削ったら意味ないし…。同じ色で塗装するとなると、さらに塗料買わなきゃいけないし…。

そしてタイトルの通り、ヤスリがけに夢中になって机にバスターソードの柄頭を立ててヤスリがけしていたら柄がポッキリ。ヤッチマッタ…orz いっそのこと、今度の休みにオプションセットをもう一個買って、両腕とバックパックに200mm砲くっつけようかな?
[ 2016/10/12 01:20 ] [ 編集 ]

Re: バスターソードォー!

ユウ様、コメントありがとうございます。

>「この武器セットやソードメイスって、モナカ割りじゃね?」
これは個人的な考え方ですが、模型においてのモナカ割りというのは、
「パーツ同士の合わせ目が真ん中真っ二つに割れている」ことを指しているものであり(HGUCガンダムのバズーカ本体とか)、
ルプスのソードメイスやミニメイスなどはこれに当てはまりません。そもそもどちらも合わせ目目立ちませんよね?
合わせ目が目立たない以上、無理に消さなくてもいいとは思いますが、こればっかりは個人によるとしか言いようがないです。
武器セットの中でモナカ割りと言えるものはロングライフルくらいだと思います。

また、私のブログのコメント欄に製作の記録を残していただくのは構わないのですが、
恐らくそういうことは個人ブログを立ち上げるなどした方が書きやすいでしょうし、モチベーションの維持にもつながると思います。
コメントしないで欲しいとかそう言いたいわけではなく、あくまでも「こうした方がいいのでは?」という助言程度に受け止めてください。
[ 2016/10/12 22:47 ] [ 編集 ]

ブログかあ…

モナカ割りってそういう意味だったんですね。アイスモナカのような構造になっていれば全部モナカ割りになると思っていました。実はソードメイスやバスターソードを組み立てたとき、一部に微妙に隙間ができていたので、それがモナカ割り→どうせなら合わせ目消し、と至った理由です。

ブログですか…実はすでに(放置気味ですが)iPhoneケース専用のブログを立ち上げています。とはいっても放置気味、そしてその発想に至るには1年半くらい遅かった…。コメントも書けてレビューも見れて、その上趣味も多く被っていて、といつの間にか友人感覚になっていたのかもしれません。気を付けつつ、記事のチェックやコメントをさせていただきます。
[ 2016/10/13 00:44 ] [ 編集 ]

Re: ブログかあ…

ユウ様、コメントありがとうございます。

>コメントも書けてレビューも見れて、その上趣味も多く被っていて、といつの間にか友人感覚になっていたのかもしれません。
先ほどのコメントでも言いましたように、ユウ様のコメントが嫌ということは決してないのです。
ただコメントからはユウ様なりの熱意や創意工夫を凝らしながら製作されていることは十分伝わっていますから、
それを文章だけで表現されるのは非常にもったいないことだと思います。
そして多分、ブログなどを作られた方が私のブログにコメントを残すよりも多くの方の目に留まるかと思います。
説教臭くて申し訳ありませんが、同じ趣味を持つ者同士これからも仲良くしていければと思っています。
[ 2016/10/13 00:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1404-4179c58b