今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 26話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 『新しい血』

鉄血ep26 0

また日曜の不安定な生活が始まるよ…
鉄華団がバルバトスしてギャラルホルンをグシオンした結果、
クーデリアが蒔苗してグレイズアインをハーフメタルすることに成功しました。
その一方で、マクギリスはグリムゲルデしてガリガリくんは値上がりしたのでした。
…というのが1期のあらすじです。皆様思い出せましたか?

というわけで約半年のブランクを開けて帰ってきた、我らが鉄血のオルフェンズ。
前期は呆気ないハッピーエンドで各方面から賛否両論の声が挙がり、当ブログでも様々な意見を頂きました。
で、2期の初めはどうだったかというと…

のっけから各勢力の現状説明に、容赦なくつぎ込まれる新キャラクターたちに面喰いました。
ぶっちゃけ、感想らしい感想はないです。現状把握だけで精一杯です。
00の時もそうでしたが、1話目特有の過剰説明というものは筆者の苦手とするものです。ガンダムの場合は特に様々な勢力が入り乱れてるから…
落ち着いてもう1度振り返ってみよう。26話現在、各勢力はどうなっているか。

・鉄華団 → 前期で頑張った結果、企業としてそれなりの立ち位置をゲット。安定した経済力と生活を手に入れるためにここからが正念場
・クーデリア → 前期で頑張った結果、実業家として偉くなりました。火星圏の独立を確立するためにこれからが正念場
・マクギリス → 前期で頑張った結果、ギャラルホルンの中枢を担うセブンスターズの一当主になれました。組織を立て直すために、これからが正念場
・ギャラルホルン → 前期でやらかした結果、治安維持組織としての地位も名誉も没落。かつての栄光を取り戻すために、ここからが正念場

なんだ、つまるところどの勢力も立ち位置は大体同じってところですね。
26話目にしてようやく真のスタートラインに立てたというところかな。

しかし世界情勢はギャラルホルンの衰退と共に悪化する一方で、鉄華団が活躍してしまったことで
「少年兵tueeee」という事実だけが独り歩きしてしまい、結局ヒューマンデブリの問題も相対的に悪くなる一方。
これはもしや全面戦争が起きて厄祭戦が再来するんじゃないかとも予想できてしまいます。
基本的に戦いの中でしか生きられない鉄華団は、この流れにどう立ち向かっていくのでしょうか。
オルガは最終的に武力とは無縁な生活を目指したいようですが。

現在、鉄華団はクーデリアたちを狙ってきたであろう「夜明けの地平線団」相手に奮戦中。
名前の奇抜さと登場の唐突さから、彼らが何者なのか全然分かりません。というか理解しようとする前に番組が終わりました。
相変わらず理不尽な敵に囲まれているクーデリアですが、以前と違って余裕も見えてきました。
少年兵の集まりではなく、立派な企業として力を手に入れた鉄華団のこれからや如何に。
多分ハッピーエンドで終わると思うんですけど

鉄血ep26 1
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/02 19:07 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(1) | CM(12)

仮面の男、一体何リオなんだ…
[ 2016/10/02 22:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

>仮面の男、一体何リオなんだ…
(生きてるだなんて信じたくない)
[ 2016/10/03 00:02 ] [ 編集 ]

クロスボーン・バンガード「俺らの出番ある?」

クロスボーン・バンガード「宇宙海賊いっぱいいるらしいし、ついに機動戦士クロスボーン・ガンダムがアニメ化決定だな」

ブルワーズとかいう出てきて速攻消えてったようなのや、テイワズですら手を焼くと言われる夜明けの地平線団。しかし、相変わらずオルフェンズの第1話でのガンダム登場=「勝ったな」感。OPの歌詞と同時にソードメイスをたたきつけていくスタイル。

思いついたので追記ング
先ほどニコ動でオルフェンズ2期OPの動画にて、バルバトスルプスの左肩などのパーツがない状態のシーンで「左腕がないんじゃない、左腕だけミカに置いてきてる。人機一体までもう少し」というコメがあってぞっとしましたね。最後のミカが左腕を掲げたシーンで、一瞬ずつミカ→バルバトス→フレーム→ミカとなるシーンも、おそらくそういうことでしょう。
[ 2016/10/03 11:54 ] [ 編集 ]

1話では地下から出現したバルバトスが今回は空から登場するという演出に痺れました。
今後に期待です。
[ 2016/10/03 12:40 ] [ 編集 ]

ミサ「もう(鉄血2期)始まってるー!」インフォちゃん「DLC出るから安心!」

ガンブレ3発売から半年以上、CMでやっと大規模なDLCが発表されました、スクランブルガンダムは兎も角。
バルバトス第6形態はタイミング遅すぎィ!HGが良い出来なのでルプスの参戦も楽しみではありますが、配信は年明けですか…

やはり分割という製作形態の常か、仰る通り説明だらけの1話になってしまいましたね。
前期最終回で私が予想した通りギャラルホルンという大規模な権力機能が衰えることで分裂主義が台頭。
世界情勢はより混沌とした状態になりましたか…MSがカラシニコフの如く量産されるなんてゾッとしません。

オルガはゆくゆくは戦争屋から足を洗おうと考えているようですが、果たして上手くいくのか?
歴代ガンダムの主人公達は曲がりなりにも戦争を終わらせる為に戦っていた訳ですが。
鉄華団が残した実績は図らずも新たな戦争の火種を蒔いてしまいました。
「戦争の被害者が加害者になる過程」をマリーは描くつもりはあるのか?
前期の印象として、製作している側は主役勢の属性を「ロウ」「カオス」「ニュートラル」のどちらか決めかねている印象でしたが。
この後半戦で決着を付けなくてはいけません。

2期からの新規キャラで目立つのがハッシュ・ミディという鉄華団の新人ですね、彼の視点からも物語が描かれるのでしょうか?
メリビット女史みたいに最後は丸め込まれ三日月達を肯定するだけのキャラならわざわざ登場させる意味は無いのですが…
ハッシュの中の人は逢坂良太さんですから、いずれガンダムに乗りそうです。
「アスランの様な主人公らしい演技の石田彰さんが大好き」と声優を志したそうですが…
種死まで観てもそう思えたのでしょうか…?
[ 2016/10/03 15:13 ] [ 編集 ]

Re: クロスボーン・バンガード「俺らの出番ある?」

ユウ様、コメントありがとうございます。

>「左腕がないんじゃない、左腕だけミカに置いてきてる。人機一体までもう少し」
前作最終盤でグレイズアインが表情豊かに元気よく動く一方で、コクピット内のアインは微動だにしていなかったので、
「阿頼耶識によって機体の親和率が高くなる=やがて肉体がMSに移ってしまう」ことは明白だと思います。
そのうちバルバトスも元気よく暴れ回ることでしょう。
[ 2016/10/04 00:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

初カキコです様、コメントありがとうございます。

>1話では地下から出現したバルバトスが今回は空から登場するという演出に痺れました。
1期では地面から這い上がってようやく地上に出れた落ちこぼれだったのが、
2期では敵を見下ろすほど実力と地位を身につけた隠喩ともとれますね。
[ 2016/10/04 00:32 ] [ 編集 ]

Re: ミサ「もう(鉄血2期)始まってるー!」インフォちゃん「DLC出るから安心!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>前期の印象として、製作している側は主役勢の属性を「ロウ」「カオス」「ニュートラル」のどちらか決めかねている印象でしたが。
この後半戦で決着を付けなくてはいけません。

ロボットには少年が乗ることがお約束である展開にメスを入れたのはいいことですが、試みが斬新なだけでは納得できませんね。
主要人物の主義主張から好みが別れる作品であることは確かですが、どれくらいの視聴者を最終的に納得させることができるのか期待がかかります。

>2期からの新規キャラで目立つのがハッシュ・ミディという鉄華団の新人ですね、彼の視点からも物語が描かれるのでしょうか?
メリビット女史みたいに最後は丸め込まれ三日月達を肯定するだけのキャラならわざわざ登場させる意味は無いのですが…

阿頼耶識が気になってるような描写がありますし、何かしら力を求めているストーリーが読み取れますね。
こういうのってなんだか最終的に寝返りそうな気がしますが、さてはて。
[ 2016/10/04 01:01 ] [ 編集 ]

諸々の事情がありようやく視聴できた二期の第1話ですが、前期ではマイナスからのスタートに対して、今期はプラスからのスタートなんですね。皆さんは前期のラストには不満があるみたいですが、個人的には「二期でハードな展開を描くために、わざとあのラストにしたんじゃないか」と思っています。

まあそれはさておき一期では少なかったバトルも今後は多くなるみたいですし、そちらに期待したいですね。
[ 2016/10/06 13:38 ] [ 編集 ]

真のスタートってのはまさにそんな感じですね。
1期にほとんど不満はないわたしですが、クーデリアに実績がないことだけは不満だったので。
説明過剰なの富野ガンダムじゃないのに富野っぽくて個人的にはお気に入りですが、分かりにくかったのはわたしも同じですw
[ 2016/10/07 21:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

vault774様、コメントありがとうございます。

>個人的には「二期でハードな展開を描くために、わざとあのラストにしたんじゃないか」と思っています。

最後の最後まで不穏さを煽っておいてあのラストですから、個人的にはあまり考えられないです。
ハードさをウリにするのであれば、カツカツな状況からのし上がることがコンセプトな1期の方が向いていたと思います。
[ 2016/10/07 22:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

>クーデリアに実績がないことだけは不満だったので。
火星の有名人とはいえ、火星内の活躍とかあんまり取り上げられてませんしね。
本人の立ち回りもあまりそれらしくないと言いますか… 会議でそれらしい発言をしたことしかないですね。
今回では早速彼女の行動による実績が出ているみたいですし、良い方向に描写されてほしいですね。
[ 2016/10/08 22:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1408-5c97dc3a


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #26「新しい血」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第26話を見ました。 #26 新しい血 「もうすぐ夜明けだね」 「あぁ、いよいよ歳星へ出発だ。そこでテイワズと盃を交わしゃ、俺らはいよいよ名瀬の兄貴と肩を並べることになる。テイワズの直系団体だ。この規模の農場だけじゃまだまだ金は足りねえ。鉄華団に入りてえって居場所のねえ奴らもわんさか集まってくる。いつかは真っ当な商売だけでやっていく...
[2016/10/02 19:41] URL MAGI☆の日記