今週の動物戦隊ジュウオウジャー 33話

動物戦隊ジュウオウジャー 第33話 『猫だましの恩返し』

ジュウオウep33 0

ワーオ! 自分のちんちん初めて見られたぁ!
この勢いだけのノリで全て突っ切るような脚本のスタイル… 正に下山テイスト!
登場人物をまんま差し替えればニンニンジャーでも十分やれるようなお話でした。
ニンニンジャーでもそうでしたか、彼の手がける話はその趣向がこちら側の趣向と一致しないと全然楽しめないという曲者脚本です。
怒涛の相撲演出を楽しめた視聴者はどれくらいいたのでしょうか?私としてはまあまあ楽しめた方かな?
正々堂々戦うと言っておきながらさりげなく猫だましに頼ろうとするレオや、色仕掛けでスモートロンを「騙す」アムという、コミカルな演出が印象的でした。
それにしても、某横綱が使用したことで大ひんしゅくを買った猫だましを話の主軸に持ってくるとは下山さんらしいです。

今回の話を見て再認識しましたが、やっぱり下山さんってサブ脚本で活きる人だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

azld「こいつを横綱にしちゃえばいいワケだ(無気力相撲)」

各界のブラックネタを挟みながらの「唐突なスポーツ展開」のエピソードでしたが。
久しぶりの一般人のゲストキャラと絡む話ですからもう少しあの相撲部の2人との稽古を丁重に描いて欲しかったですね。
最近だと「ウルトラマンX」のラグビー回が結構面白かった記憶があったので比べてしまいます。
(あの後、現実でもラグビー日本代表が大活躍でしたから尚更記憶に残ってます。)

今回で気になったのはレオが相撲の事を知り「格闘大会」と言った事ですね。
以前申しましたが物語序盤の回想で、彼とセラには格闘技大会ですれ違いを生んでいます。
「ネコ科コンビ」というシナリオ上の縛りがあったとは言え、今回はレオ&セラコンビが主役の方が良かった気がします。
言うほど猫だましが話の根幹に関わってないので…まぁサブライターの下山氏には与り知らぬところだったのかもしれませんが。
と言うのも今回で初っ端敵の罠にハマったり、クバルの根流しにやられたりと、最近のセラはイイ所なしな印象でして…
[ 2016/10/09 19:00 ] [ 編集 ]

Re: azld「こいつを横綱にしちゃえばいいワケだ(無気力相撲)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>今回で気になったのはレオが相撲の事を知り「格闘大会」と言った事ですね。
以前申しましたが物語序盤の回想で、彼とセラには格闘技大会ですれ違いを生んでいます。

本編で全然触れられないですねー、このネタ。
仰る通りレオとセラのコンビであれば闘技大会の振り返りにもなりましたね。
ただジュウオウシャークの野生開放は背びれを発達させて地面を泳ぐことですから、いまいち相撲ネタと組みにくかったのかもしれません。
[ 2016/10/09 22:42 ] [ 編集 ]

ティーチしてくれる相撲取り

チームアザルドには体育会系な奴らが多いですが、
今回のように不正行為を平気で行うあたりやっぱデスガリアンはデスガリアンですわ。

相撲人気の低迷を嘆いていたスモウボーマも草葉の陰で泣いている現在の角界を反映したお話。
箸休めの下山ターン、これ似て閉幕。

猫騙しと恩返し・・・ガルーラかな?
[ 2016/10/12 21:16 ] [ 編集 ]

Re: ティーチしてくれる相撲取り

オルタフォース様、コメントありがとうございます。

>今回のように不正行為を平気で行うあたりやっぱデスガリアンはデスガリアンですわ。
不正行為というよりは、アザルドのやったことは策を講じて部下のやる気を出させただけなので、
どちらかと言えば気の利いた上司のような印象を受けました。
むしろ色仕掛けを行ったアムの方がちょっと卑怯かも…
[ 2016/10/13 00:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1411-75921440


動物戦隊ジュウオウジャー 第33話「猫だましの恩返し」

動物戦隊ジュウオウジャーの第33話を見ました。 第33話 猫だましの恩返し 買い物に出かけたレオとアムは相撲部の大学生が“猫だまし”という技の練習をしているところに遭遇し、レオはネコ科として“猫だまし”に興味を持つ。 そんな中、デスガリアンのプレイヤー・スモートロンが出現し、ジュウオウジャーに相撲での勝負を持ちかけてきたために大和達は受けて立つが、勝てば勝つほど昇進して...
[2016/10/09 11:56] URL MAGI☆の日記