今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 27話

起動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話 『嫉心の渦中で』

鉄血ep27 0

くさっ! この部屋臭うよ!(消臭力並感)
雄々しくバルバトスが登場して敵をなぎ倒していくも、無理が祟ってあえなく機能停止。以後ずっと状況説明のお喋り。
そしてラストシーンは三日月とオルガを映す。これ1期の2話目とまんま同じパターンやん!そんな27話目。

無能政治家アリウムの手によって夜明け前の地平線団に集団ストーカー行為を受けてしまった鉄華団。
相手は巨大な兵力を有しているということで以前よりも力をつけた鉄華団とはいえ迂闊に手を出すことはできません。
それでも邪魔してくる以上は立ち向かわなければならないということで、鉄華団は夜明け前の地平線団と交える決意をします。
しかしその裏にはマクギリスの思惑があり、マクギリス自身もギャラルホルン内に動きを読まれている始末。
結局のところ、鉄華団は1期同様利用される立場に変わりはないようです。
果たしてオルガには現状を打開する見通しはあるのか。あるにしても鉄華団はテイワズの傘下にいる状態。
あんまり下手に動くことはできず、今のところちまちまビジネスで稼いでいく姿しか想像できんのですが…

夜明けへ前の地平線団は自慢の兵力とプライドもあってか、アリウムの意思に関係なく鉄華団を潰す気マンマン。
でも1期では全くその名が語られず、2期になった途端「実は凄い兵力持った海賊団がいます」とか言われてもいまいちピンときません。
一海賊団が艦艇10隻もの兵力を自前で用意できるものなのでしょうか。
確実にバックに何者かの援助を受けているのだと思いますが… さてさて怪しいのは誰かな?
脚本の都合とか言っちゃだめだゾ。

新入団員のハッシュ君は兄貴分のビルスの無念を受けて、阿頼耶識やMSといった目に見える「力」の存在に執着している模様。
スラムの孤児たちを救うシンボルになりたいという心意気は結構ですが、MS乗りたいなら地道に努力するしかないと思いますゾ。
理論上は無理だと分かっていても心は納得できないという、年頃の少年のような矛盾めいた行動がちょっと微笑ましい。
その意思が暴走しなければよいのですが。

次回は早くも宇宙に上がる様子。1期同様3~4話で話を一区切りとしているのなら、夜明け前の地平線団も案外あっさりやられちゃったりして…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/09 19:11 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(1) | CM(8)

二期になってから一気に色々なMSが出てきましたねー。鉄華団がMSの有用性を示したからでしょうが、今後も色々出てきそうです。(ロディフレームも頼むヨー)ガンプラの出来も値段を考えると水準以上なのでうれしいですね。Gレコの時もこれくらい頑張ってくれればー。
[ 2016/10/09 19:27 ] [ 編集 ]

サンドバル「倒して!剥いで!奪う!って感じで…」赤バンダナ&青バンダナ「」(完全なる無視)

ハッシュの身の上は意外と早く判明しましたね、前期では流す程度だった阿頼耶識手術失敗のリスクが具体的に描かれました。
同じスラムのストリートチルドレンでも格差が生まれてしまうのが世の仕組みです。
対抗意識を燃やすハッシュですが、三日月は阿頼耶識手術を受ける前から「スペシャル(意味深)」な人間性ですからね…
前期で鉄華団と大きな遺恨を残しながらも図々しく出入りするトドの商魂たくましさは脱帽ものですw
何やかんやで有能な人物なのでしょうが、この立ち位置のキャラは何時か事態を引っ掻き回しそうです。

今回で不穏な要素は鉄華団の地球支部の状況でしょうかね?
ギャラルホルンを排したアーブラウは彼らを軍事顧問に迎え正規軍を編成してますが早速アストンと正規兵との間でいざこざが…
チャドは前期では正直地味なキャラだったのでリーダーを務めるのは意外ですがw「戦力が乏しい」という言はフラグとしか…
OP見る限り地上でも戦端が開かれて、火星の本隊と分断されそうな予感がします…

>次回は早くも宇宙に上がる様子。1期同様3~4話で話を一区切りとしているのなら、夜明け前の地平線団も案外あっさりやられちゃったりして…
彼らはヤッパリ前座じゃないでしょうか?本命は同じく海賊討伐に向かったアリアンロッド艦隊との遭遇戦(大嘘)かと?
マクギリスの政敵であるラスタルの失墜を目論んでの今回の一連の筋書きと言うやつです。
仰る通り未だ鉄華団は利用される側の存在なのですよねぇ…
[ 2016/10/09 21:41 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

YH様、コメントありがとうございます。

>Gレコの時もこれくらい頑張ってくれればー。
あの頃はクリアパーツを一杯使っていて値段だけは一丁前でしたから…
[ 2016/10/09 23:02 ] [ 編集 ]

ハッシュはオルガが折れたらこうなってたかも知れないミカヅキの姿ですよね。
こういう鼻っ柱の強い奴ほど先輩後輩を超えたいい仲間になったりすることもあるんで期待したいところです。
[ 2016/10/10 13:16 ] [ 編集 ]

Re: サンドバル「倒して!剥いで!奪う!って感じで…」赤バンダナ&青バンダナ「」(完全なる無視)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>対抗意識を燃やすハッシュですが、三日月は阿頼耶識手術を受ける前から「スペシャル(意味深)」な人間性ですからね…
種のキラとサイの間に生まれた格差を彷彿とさせますね。
サイはキラにはできない自分なりの役目を見つけることで解消することができましたが、
同じ傭兵として役割が被っている三日月とハッシュできどうなることやら。

>彼らはヤッパリ前座じゃないでしょうか?本命は同じく海賊討伐に向かったアリアンロッド艦隊との遭遇戦(大嘘)かと?
援護するとはいえ、並みならぬ兵力を持つ海賊と軍の一艦隊を相手どるのは流石に厳しいと思います。
マクギリスにはどのような策略を練っているのでしょうか。
[ 2016/10/10 14:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

>こういう鼻っ柱の強い奴ほど先輩後輩を超えたいい仲間になったりすることもあるんで期待したいところです。
良い方向でこれからに期待したいキャラですね。
[ 2016/10/10 23:50 ] [ 編集 ]

チャドやヤマギ、アストンといった1期ではあまり目立たなかったキャラにもスポットが当たっているのが続編って感じでいいですね。それよりもあるサイトで阿頼耶識の成功/失敗するケースについて議論がされていましたが、何が違うんでしょうね。以前から興味があった失敗組のその後が描かれていたのは良かったんですけど、前期のアインの例を見るに単なる運ってわけではなさそうですし、MSとの関連性について今後ストーリー的にも深くかかわってくるのかどうかに興味がわいてきます。
[ 2016/10/12 13:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

vault774様、コメントありがとうございます。

>それよりもあるサイトで阿頼耶識の成功/失敗するケースについて議論がされていましたが、何が違うんでしょうね。
正直議論するほどの問題ではないと思います。
「成功確率の低い手術」というのはテレビなどで割と耳にしますし、
「大人と子供で対応のことなる手術」というのも現実で聞き覚えがあります。
既存技術においては成長期の子供でなければナノマシンがうまく定着しないから、阿頼耶識システムは子供にしか適応できないという話だけだと思います。
麻酔なしで行わなければならないというのは、それほど際どいバランスで行われる手術なのだと思っています。
ギャラルホルンは阿頼耶識について密かに研究を進めていたとのことなので、「大人でも適合可能かつ失敗確率の少ない手術」というものが可能だったんだと思います。
[ 2016/10/12 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1414-9367450b


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #27「嫉心の渦中で」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第27話を見ました。 #27 嫉心の渦中で 「敵は全てこちらの索敵範囲から離脱したそうです。追撃は?」 「やめとこう。こっちも立て直すのに時間がかかる。しかし、゛夜明けの地平線団”か…」 「厄介な相手に目を付けられましたね」 犠牲者は出たものの、無事、宇宙海賊「夜明けの地平線団」を退けることに成功した鉄華団だったが、撃退したのは...
[2016/10/09 22:04] URL MAGI☆の日記