今週の動物戦隊ジュウオウジャー 34話

動物戦隊ジュウオウジャー 第34話 『巨獣ハンターの逆襲』

ジュウオウep34 0

この状態で突撃するのかと思ったら普通に変形してしまいました。
正直、突撃してほしかった…
バングレイを倒すために偽物を使った作戦を実行したものの、
偽物の扱いに関しては敵側の方が上手でした。残念無念、大和は囚われの身に・・・ そんな34話。

スーパー戦隊お家芸ともいえる偽物ヒーローの登場展開ですね。
偽物ヒーローを登場させる際はそれ専用のスーツとかを用意させて戦うものですが、
今作ではイーグル・ザワールド・残り4人の3陣営に分かれることで戦うメンバーが被らないように配慮されていました。
恐らくは偽物用のスーツを作らないために製作側が工夫を凝らした結果なのでしょうが、

・イーグル → 偽シャークたち5人相手に1人で戦わなければいけないので、必然的に苦戦する
・ザワールド → 操本人が仲間から嫌われたくない思いが強く、とりわけ大和に対してはその思いが強いので偽イーグル相手には必然的に苦戦する
・残り4人 → 偽ザワールドは単独でも高いスペックを誇るので、4人がかりでも本気で戦わなければ十分苦戦する

といったように、各陣営が偽物相手に苦戦する理由が非常に納得できるものに練られていたので、凄く関心しました。
再生怪人に偽物ヒーローといい、バングレイは製作側に優しい敵キャラですね。恐らく次回で退場してしまうのがもったいないです。

ストーリー展開に関してですが、個人的にアニマルキューブの個性を発揮させるのはもっと序盤からやってほしかったです。
キューブホエールのように自我をもって大和たちと接するキューブは、過去の例を振り返ると劇場版に登場したキューブコンドルくらいしか思い当たりません。
ジュウオウジャーら関しては従来の動物モチーフ戦隊のように、「ヒーローとその相棒メカが絆を深める作品」ではなく、
「異なる種族同士(人間とジューマン)が絆を深める作品」とばかり認識していたので、
ここ最近のキューブホエール絡みの展開はちょっと唐突気味です。
ジューマンとの絡みは序盤から丁寧に描いてきた分、もう底が見えてしまっているのかも。
言い換えれば大和が囚われの身になってしまった今こそ、ある意味彼らの絆が試される場面でもあります。
その辺は期待しておきましょう。

そうしや本名が判明してからさっぱり出番が無くなってしまったバドーさん、何してるのかな…
関連記事
スポンサーサイト

バングレイ「クジラ狩りが終わったら考えてやるよ。(終わるとは言っていない)」

前回の偽物回とは違いクバルの脳内バイアスが掛かっているから凶悪となったというのは中々な設定です。
特に偽ワールドは仰る通り操が洗脳されてた時相当の冷酷さを持っているでしょうし強敵でしょうね。

10話以来のジュウオウジャーに降りかかる大きな試練ですが、あの時はやはり大和の誠実さ、ひた向きさが皆を引っ張ったと言えます。
しかし今回はその大和が敵の手に落ちてしまった訳で、残されたメンバーで如何にピンチを乗り越えるか?ですね。
26話にて一時的に大和が抜けた5人で戦う展開はありましたが、操がサブリーダーとは言わずとも皆と対等な立場で戦えるのか?
シリアス一直線ですからしょげてる暇はありませんからねぇ。
[ 2016/10/16 23:10 ] [ 編集 ]

Re: バングレイ「クジラ狩りが終わったら考えてやるよ。(終わるとは言っていない)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

大和が敵に囚われてしまった影響は大きいですね。
こんな時は大和に代わって誰がリーダーシップを発揮するのか気になるところですが…
普段ヘタレな操がここぞという時に勇気を発揮してくれるとカッコイイ場面ですね。
[ 2016/10/17 00:12 ] [ 編集 ]

今回はいろいろ構成が練ってあって面白かったですね。操の株も若干上がったんじゃないでしょうか。
途中から登場していい感じに話をかき回して、ストーリーを盛り上げてくれたバングレイもおそらく次回で退場の流れでしょうが、そのあとはクライマックスに突入となるでしょうね。クバルの動向なども気になりますし次回が楽しみです。

>ここ最近のキューブホエール絡みの展開はちょっと唐突気味です
他のキューブアニマルたちとはそこまで辛みがないのに、キューブアニマルだけが特別なのはちょっともやもやしますね。キョウリュウジャーでメンバーと獣電竜の絆が描かれた話がほとんどなかったことを思い出します。印象に残っているのが1話でのダイゴとガブティラくらいで、それ以外にはなかったと思います(仲間と認識している場面はちゃんとありましたが)。それだけ尺がなかったからでしょうが
[ 2016/10/19 14:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

vault774様、コメントありがとうございます。

>キョウリュウジャーでメンバーと獣電竜の絆が描かれた話がほとんどなかったことを思い出します。
どちらもメンバー同士の絆を描くのに尺を割きすぎたツケが回ってきた感じです。
尤もジュウオウジャーはジューマン絡みの話をいくらでも膨らませられそうな気がするのですが。
そういやバドーとか名前出たっきり登場する気配がないですね。
[ 2016/10/20 23:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1416-2fc991fd


動物戦隊ジュウオウジャー 第34話「巨獣ハンターの逆襲」

動物戦隊ジュウオウジャーの第34話を見ました。 第34話 巨獣ハンターの逆襲 「いきなりデケーのが3体もかよ!」 「前に倒した奴ばっか。バングレイの仕業だよ」 「今日はまだ会ってないのに、どっから調達したんだろ?」 「あぁ、とにかく早く倒さないと!」 「待て、大和。初めからあの戦力で仕掛けてきたということはおそらくキューブホエールを誘い出すためだ」 「流石タスク...
[2016/10/16 11:57] URL MAGI☆の日記