今週の魔法つかいプリキュア! 37話

魔法つかいプリキュア! 第37話 『魔法が決め手?冷凍みかんのレシピ!』

まほプリep37 0

丈夫ッすよ、バッチェ~冷えてますよ~
冷凍みかんが1番大好きなのは、みらいでもリコではーちゃんでもモフルンでもなく、脚本担当の村山さんだと私は思います。
小ネタを充実させたい気持ちは理解しますが、本筋の方をもっとしっかりさせて… そんな37話目。

連絡もよこさず勝手に畑仕事を手伝って周囲に迷惑をかけていた校長先生を捜索するためにプリキュアたちが駆り出されました。
やっぱり校長先生無能じゃないか! 報連相を怠る姿勢は教育者としていかがなものか。
もう校長先生の良いところがサッパリ見つけられないのですが…

話の方は良くも悪くも普通といった感じなのですが、他の方が脚本担当されていた前3話に比べると妙に無味乾燥な印象です。
多分、冷凍みかんの描写に比重を置き過ぎて、各キャラクターから得るものが少ないせいだと思います。
34話であれば勝木さん、35話であればリコ、36話であればみらいとモフルンといったキャラクターにスポットが当てられた話を展開していましたが、
今回の話でスポットが当たったのは他ならぬ冷凍みかんです。冷凍みかんから何を得ろと言うのか…

また、従来の話では物語の開始時点から一貫した目標を掲げ、それに沿った話を展開しているのに対し、
今回の話だと、

「校長先生を探す」(アバンの時点での目標)

「ピーカンみかんを収穫する」(校長先生が見つかった時点での目標)

「冷凍みかんを作るためにアイスドラゴンに協力してもらう」(ひゃっこい島に着いた時点での目標)

「チクルンに冷凍みかんを食べてもらう」(バトル時での目標。ミラクルがそう言ってた)

といったようにクルクル目標が変わっているので、「そもそもこの話って何が目的だったんだっけ?」と考えてしまいます。
そのせいでいざ冷凍みかんが完成してもいまいちカタルシスが味わえません。
また、冷凍みかんを作る目的も、「校長先生の英気を養うため」という超個人的な目的であり、
この目的のショボさもお話の印象の薄さに一役買っていたと思います。
最初から「明日の魔法学校のお祭りのために冷凍みかんを作る手伝いをする」というお話にすればまだマシになってただろうに…
(というか、そんな個人的な目的で周囲に迷惑をかけていた校長先生って一体…)

あと細かいことではありますが、アイスドラゴンがみらいに協力してくれた姿勢がよく分かりません。
露天風呂に入って熱い思いをしたり、みらいと鬼ごっこしてヘトヘトになったりと、彼らには迷惑をかけていた印象しかなかったのですが…


以上の点から、今回の話は日常回においてもいまいち面白味の薄い話だと思いました。シリーズ構成の人が脚本書いてるのに…
プリキュアとチクルンの交流を深めるという意味では、今回の話は重要な側面を持っていると思いますが、
言い換えればそれだけです。ノルマを達成するためだけに用意された話としか思えません。
敢えて他の意味を見出すのであれば「チクルンは妖精の里出身」という設定が明かされたことに関してですが、
番組の残りの尺は1クールちょい。はーちゃんだったりモフルンだったり色々謎は残っているわけですが、回収する気はあるのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

嫌って言ってもつくんだよため息を…ほら、もうそこに(ミカンを)用意してあるからさ…

世界を滅ぼそうと画策する者の復活が近づき、その影響は目に見える形となって魔法界を襲った。さらに主の復活に備えようとする眷属たちに場所を問わず付け狙われる。そんな立場に陥った主人公達が気にする事、それは冷凍ミカンを作ること。
……そろそろ最終章に突入しようという中でそんな捨て回ぶっ込んでくるとか、なかなか凄いアニメだ…。
そもそも冷凍ミカンなんてナシマホウ界ならミカンを水に漬けて冷凍庫に突っ込めば簡単に作れるのに、ドラゴンの力を借りないとミカン一つ凍らせられない魔法界って一体。リズ曰く氷の魔法は上級らしいけど、確か今作の魔法って家電と同等のもの(byインタビュー)じゃなかったっけ?

前回から思ってたんですが、チクルンのように「実はスパイだった」なキャラって前半から投入してたほうが遥かに盛り上がると思うんですよね。主人公達と一緒に居るうちに改心して本当の味方になるにせよ、そのまま裏切って完全に敵対するにしても、一世一代の大見せ場になる。
それに「進んで悪事を働いていたが、プリキュアとの戦いや関わりの中で心境が変化していき、最終的に自分なりのけじめをつける」というブンビーさんやシャットさんが好きな自分としては、こういう「如何にも救済されます!」なキャラってぶっちゃけ嫌いです。
まあオルーバともども、テコ入れの産物なんでしょうがね。
あとアイスドラゴンの扱いが半ば虐めにしか見えないです(つーか暖かいものに憧れてつくため息でミカンを凍らせる、という設定が既におかしい)。リコのポンコツsage、勝木さんのパラノイア扱い、ヤモーの病みっぷりといい、スタッフはこれを面白いと思ってるなら、センス無い通り越して正直怖いです。

そしてそんな自分の心境を、ベニーギョが代弁してくれました。「ワケ分かんな過ぎてムカつく!」
[ 2016/10/16 19:04 ] [ 編集 ]

リヨぐだ子「こんな世界なら人理焼却してしまってもいいかな?」

はっきり言ってこれ、面白いって言って観れる人ってすごいと思います。
なんていうか、糞料理フルコースを顔色一つ変えずに食うレベルで。

まず、仰る通り、内容が迷走してもはやクソミソ状態です。
そしてタイトルは魔法が決め手と言いつつ、決め手は虐待されてるアイスドラゴンくんのはーちゃんへの恋心でした。
そして我らが虐待お姉さんことASHNMRIは役に立ってません。
虐待したのに守ってくれたアイスドラゴンくんにお礼の一つも言えないとかこいつの頭はムホー状態です。
頭がムホー状態といえば校長もです。ホウレンソウできないとか地位ある大人失格です。
そしてもうすぐ終盤に差し掛かるのにそんなシナリオを書いた村山氏も同様です。
第一、冷凍みかんの天丼に理由はあるんですか?
冷凍みかんが魔法界で大事なもので、冷凍みかんがないと魔力枯渇者の大量発生など大きな問題が起きるのならまだ分かるのですが、全くなさそうで、あるとしてもゴルゴムの真面目に考えたアホな悪巧みレベルでしかありません。

もう頭がムホーのMRIとKOCHOとMRYMは役に立たないので窓際に行ってシコっといて、どうぞ(切実)
[ 2016/10/16 20:53 ] [ 編集 ]

Re: 嫌って言ってもつくんだよため息を…ほら、もうそこに(ミカンを)用意してあるからさ…

つがな様、コメントありがとうございます。

>そもそも冷凍ミカンなんてナシマホウ界ならミカンを水に漬けて冷凍庫に突っ込めば簡単に作れるのに、ドラゴンの力を借りないとミカン一つ凍らせられない魔法界って一体。
村山さんなりにファンタジー要素を追加した結果がアレなんでしょうきっと。
ただ仰るようにため息でみかんを凍らせるという発想は奇抜過ぎておかしいと思います。
こっちの方が子供受けが良いと考えてのことだったんでしょうか。

>前回から思ってたんですが、チクルンのように「実はスパイだった」なキャラって前半から投入してたほうが遥かに盛り上がると思うんですよね。
チクルンの場合は登場時期の都合から「こいつ仲間になりそう」という雰囲気が最初から漂ってしまっていますね。
個々の展開も明らかに「チクルンをオルーバから裏切らせようとさせている」感じに見えてちょっとあざといです。
これで「実は裏切りません」という展開だったら意表を突かれて面白いのですが。
[ 2016/10/16 22:15 ] [ 編集 ]

bng「また訳分かんないうちに流れ変わったな」

ヤモ―に続きベニーギョも我々視聴者の声を代弁しますか…
今回の整合性の無い展開も「UNICRON」を流せば説得力は生まれるかもしれない…

シリーズ構成になった途端、作中設定のノルマをこなすだけの中身のないシナリオになりましたね。
そもそも、夏祭り(常春)の花火草同様、何故“冷凍”みかんというナシマホウ界にもある物を作って「異世界アピール」としたのか?
只手間がかかるだけでファンタジックさは皆無です、自在に綺麗な花火を打ち上げる炎色反応、数時間でみかんを凍結させる気化冷媒。
「かがくのちからってすげー!」と現実世界の利便性を噛みしめる為の設定なのでしょうか?
校長は英気を養うとは言いましたが「MP回復アイテムとして必需品」とかもっとらしい理由が付けられれば良かったのですが後の祭り。
傍から見ればみらい達はアイスドラゴンを熱湯攻めして追いかけまわしてとTDNの動物虐待だと思うんですけど(名推理)
全ての動物を愛する風切大和が見たら同じ主人公として何と思う事か…

>アイスドラゴンがみらいに協力してくれた姿勢がよくわかりません。
「ベニーギョの口に入ったみかんが苦かった」というフラグ立てをしておいて、みらいに「アイスドラゴンに酷い事をした」と
反省を促す展開にはなりませんでしたね、最後はことはの色仕掛けを恋だのと無理矢理解釈するとかサ〇コパスとしか思えません。

>「チクルンは妖精の里出身」という設定
つい最近「ベルセルク」もやっとの事ガッツ一行がパックの故郷へと到着して話が動き出そうと言うのに。
コチラもチクルンの故郷が云々とかもうウンザリです!
あと、やはりオルーバは敵なのに視聴者に作中の謎を解説してくれる眼鏡くんと化してましたね。
[ 2016/10/16 23:13 ] [ 編集 ]

Re: リヨぐだ子「こんな世界なら人理焼却してしまってもいいかな?」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>虐待したのに守ってくれたアイスドラゴンくんにお礼の一つも言えないとかこいつの頭はムホー状態です。
頭がムホー状態といえば校長もです。ホウレンソウできないとか地位ある大人失格です。

みんなムホー状態じゃないか! なんてこった!
みらいがパッパラパーなのは今に始まったことではないですが、生徒たちを支えるべき
校長先生があの調子じゃ本当にガッカリします。
一応、現状は謎の敵が襲い掛かってくるかもしれないという危機的状況なのに英気を養うために冷凍みかんを食べるとは…
この呑気さは大物故と捉えるべきなのでしょうか? 村山さんの考えていることはよく分かりません。

どうでもいいですが、今回のコメントの「ASHNMRI」や「MRYM」が初見だと意味が分からず、理解するのに少し時間がかかりました。
TDN表記って難しいですね…
[ 2016/10/16 23:13 ] [ 編集 ]

MRI「適当にハーってしてもらってさ、終わりでいいんじゃない?」

いやー今回は素晴らしかったですね。
素晴らしいくらい中身のない回でした。
筆者様が仰る通り目的が不明なせいで一体何を魅せたい話なのか全くわかりませんでした。
オチや戦闘中のやりとりを見るに恐らくチクルンがメインだったのでしょうか。
冷凍みかんに戯画化されたプリキュア・モフルンの絆を見て
オルーバの下ではそれを感じられない寂しさとそれに対する羨望を覚えるチクルンの姿だけでも描いていれば
最後に冷凍みかんを食べて涙するチクルンにも別の意味合いが出てきて
オチとしてもキレイに収まったのでしょうが
リニアの中で「チクルンは冷凍みかんを食べたことがない」だけで済ませられちゃ
今回の話「チクルンが初めて冷凍みかんを食べました」以上のものにならないですよ。
一体全体なにを持ってこんなとっ散らかった構成でイケルと思ったのか不思議でなりません。

でも4クール番組であればたまにはこういう回もあります。
今回はそういうものだったで済ませましょう。
と、言いたいところですが今回ってシリーズ構成の村山さん脚本なんですよね…。
ここ数話続いたゲストメインの話がそれなりの出来だっただけに
満を持して登場したシリ構謹製の脚本がこの出来では改めて今後への不安が増すばかり。
これから終盤にかけて村山さん脚本の回が多くなっていくでしょうに
終盤ののっけからこれではもうゼツボーしかありません。
っていうかシリ構脚本回でここまで中身がない話って
これもう脚本家としての実力を疑われるレベルのような気さえしてきます。
[ 2016/10/17 01:18 ] [ 編集 ]

Re: bng「また訳分かんないうちに流れ変わったな」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

冷凍みかんの作り方は意味不明でしたね。
アイスドラゴンに協力していただくのではなく利用するとは、彼らは家畜か何かなのでしょうか?
村山さんの冷凍みかんにかける思いというのが真っ直ぐなのか捻くれているのかサッパリ分からない…

>あと、やはりオルーバは敵なのに視聴者に作中の謎を解説してくれる眼鏡くんと化してましたね。
製作側の意図した方向とは別に敵が解説役として機能している状態ですね。
こちらとしてはありがたい限りですが。
[ 2016/10/17 22:13 ] [ 編集 ]

Re: MRI「適当にハーってしてもらってさ、終わりでいいんじゃない?」

RAG様、コメントありがとうございます。

>オルーバの下ではそれを感じられない寂しさとそれに対する羨望を覚えるチクルンの姿だけでも描いていれば
最後に冷凍みかんを食べて涙するチクルンにも別の意味合いが出てきて
オチとしてもキレイに収まったのでしょうが

尺も大詰めかつシリーズ構成の脚本回だというのに、何の収穫もないような日常回でちょっとゲンナリしますね。
チクルンと関係を深くするにしても、他にいくらでもやりようがあったと思います。
それこと仰るようなオルーバの下で生活していた時との比較のような…
子供を魅了させる作品を作りたいのか、子供騙しな作品を作りたいのかハッキリしませんが、
シリーズ構成に任命された以上はきちんと結果を出していただきたいですね。
[ 2016/10/17 23:57 ] [ 編集 ]

オルーバ「結局僕がなんとかするしかないんだね」チクルン「そのようですね」(ため息)

おはようございます。今回の話は久々に「うーん」という感じの話になりました。内容についてはWOLT様を始め他の方々が述べた通りなので割愛しますが、今回の件で校長先生が大幅に株を落としてしまいましたね。かつてドクロクシー戦で体を張ってみらい達を守ろうとした事で人によっては去年のカナタ王子並に評価されていたのですが。みらい達がアイスドラゴンに溜め息を出させようとしているのも動物虐待と言われれば確かに、という感じですし。それに冒頭でチクルンが冷凍みかんを食べた事ないのでみらい達が騒ぐシーンがありましたがあんな如何にも大げさに「何こいつ」みたいに言われるとチクルンからすれば傷つくと思います。(個人的には)別に知らなかったとしても特におかしくないと思うのですが…。実際の話これ以上みらい達の株を落としてほしくないですね。むしろプリキュアやリンクルストーンの謎を解こうと仲間達で真剣に話しあっているオルーバ達の方が面白く感じています。これも本来は校長やみらい達の仕事ですが。次回はAKB48のまゆゆをゲストに迎えてハロウィン回ですが前作でいえば春野はるかがカナタ王子の一言で絶望した重要回にあたる回でそんな呑気な事していていいのでしょうか?それとも最後で何かドンデン返しがあるとか…?まあ劇場版の公開も近いですし、一人でも多くの人に観てもらう為にはできる事は何でもしないといけませんね。
[ 2016/10/23 07:34 ] [ 編集 ]

Re: オルーバ「結局僕がなんとかするしかないんだね」チクルン「そのようですね」(ため息)

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>それに冒頭でチクルンが冷凍みかんを食べた事ないのでみらい達が騒ぐシーンがありましたがあんな如何にも大げさに「何こいつ」みたいに言われるとチクルンからすれば傷つくと思います。
私もちょっとオーバーリアクションだと思いました。
元々魔法界の冷凍みかんを知ったのはみらいだってつい最近のことだったのに、
妙に先輩面して冷凍みかんのことを語っていたのは少し不自然でしたね。


>次回はAKB48のまゆゆをゲストに迎えてハロウィン回ですが前作でいえば春野はるかがカナタ王子の一言で絶望した重要回にあたる回でそんな呑気な事していていいのでしょうか?
もうそんな時期でしたか。早いものですね。
ちなみにその話の感想はというと…
[ 2016/10/23 12:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1418-2e08c56b


魔法つかいプリキュア! 第37話「魔法が決め手?冷凍みかんのレシピ!」

魔法つかいプリキュア!の第37話を見ました。 第37話 魔法が決め手?冷凍みかんのレシピ! 校長先生が魔法学校からいなくなったと教頭先生から連絡をもらったみらい達はカタツムリニアに乗って急いで魔法界へ向かう。 カタツムリニア内で冷凍みかんが品切れになっており、モフルンはまだ食べたことがないチクルンに冷凍みかんを食べさせてあげたいと考える。 そんな時、水晶のキャシーから...
[2016/10/16 15:24] URL MAGI☆の日記