今週のバトルスピリッツ ダブルドライブ 29話

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第29話 『サンドラットの涙』

DDep29 0

ちょっと若者集団にトシさん紛れ込んでんよ~
安定の石川作画回。エトが可愛い。キノトも可愛い。
でも本当に可愛いのはメイである。お前こそひょっとして女だったりしないのか。そんな29話目。

サンドラットのあからさまなウソ話に乗せられて十二神皇を取りに行ったら、案の定ウソでしたというお話。
てっきり過去が掘り下げられる話だとばかり思っていただけに、かなり残念でした。
いや確かに掘り下げ自体は行われたんですが、サンドラット自身がただのDQNだったという事実しか収穫がありません。
確かに今の今までサンドラットはコメディリリーフ的なポジションでしたが、ちょっと今回は笑えません。
サンドラットというキャラクターがどうあれ、嘘つかれて手柄を横取りされた事実は変わらないからね…
シナリオのショボさと石川演出の派手さの対比が虚しい…

まあ彼が嘘つきキャラであることは百も承知なので、もしかしたら今回彼が語った過去とかは全部嘘だったりするかもしれません(笑)
個人的には彼が十二神皇に拘る明確な理由をきちんと説明してほしいところです。次回あたりで。
十二神皇の使い手になるのであれば、今後戦いの渦中の巻き込まれることは確実ですからね。ただのこそ泥で終わってほしくないです。
新十二神皇、リッキーマウチューの実力や如何に。
関連記事
スポンサーサイト

過去の描写と掘り下げは必ずしも同じとは限らんぞ!ジョジョーーッ!!

こんばんは。
溜まっていた話をようやく消化し、今回のも配信で見たばかりなのですが…本当に話がカードの取り合いから進まないですね。
今回ヨクが「十二神皇を手に入れる為に十二神皇が必要なのは変」だという事に気付いた所が何かの伏線だと思いたいのですが、ダブドラの制作陣がそこまで考えてこのセリフを言わせたかは疑わしいです。
ただ前作の反省からか、ダブドラではキャラの過去話をよく描写するようになったのは良い所だと思っています。しかし、今回のサンドラットの過去話は深みが感じられませんでした。
母親の話は嘘だった上に、分かったのは彼は昔ビッグになってやると故郷を飛び出したお調子者でしたというだったので。
しかも最後にいたっては自分を今まで純粋に信じてくれたメイまで平気な顔して裏切るという始末。今回はサンドラットのメイン回だと言うのに行われたのは彼のイメージダウン。大丈夫なのでしょうか。せめてメイには罪悪感を感じる描写が欲しかったですね。
次回に期待…と言いたいのですが予告の絵を見ても只のギャグ回に終わりそうなのが不安です。駿太は恐らく販促の為に負けそうですし…それもサンドラットに情けない感じで。…主人公ェ…
そして何より、そろそろ行われると思ったヒロインたるエトの掘り下げも無いのが辛いです…というか最近の彼女は『世間知らずのお嬢様属性を付けた喋るソウルスポット探知機』に成り下がりつつあるのが…いっそ一度暗黒バトラーに攫われて助けを待つ姫ポジションになった方がおいしいんじゃないでしょうか。
販促を考えれば、そろそろアルティメットが出てきて話が動いてくれると期待してもいい時期です。残り20話近くで各キャラや邪神皇の掘り下げが行えるかどうか分かりませんが、せめてカードの取り合いからはいい加減逸脱して欲しいところ。
バトルは本当に面白くなってきたので、物語も盛り上がってほしいところです。このままでは今回の様に『作画は良いが脚本が薄っぺらくて結局アレな出来』という感想しか浮かばない話が増えそうで…
最近あまりダブドラは見れていませんが、ブログの感想は毎週楽しみに読んでいます。
それでは失礼します。
[ 2016/10/21 23:22 ] [ 編集 ]

Re: 過去の描写と掘り下げは必ずしも同じとは限らんぞ!ジョジョーーッ!!

ちくわの磯辺揚げ様、コメントありがとうございます。

ここ最近はカードの販促のためにひたすら取りあいばかりやっている状況ですね。
烈火魂でも大会予選とかは販促のためにスローテンポな展開ばかりが続いていたので、お約束的なものなんでしょう。
販促特有のダラダラ感を払拭するのがスタッフの実力の見せ所だと思うんですけどね。
ですが今回のお話はお世辞にも気持ちの良い内容とは言えませんでしたね。
販促がやんで展開が大きく動くことになるであろう4クール目あたりからは話が面白くなるとは思います。
エトもその辺で掘り下げが… 行われるにしたって遅すぎますね。はい。
烈火魂同様「4クールいらないんじゃね?」という作品にはならないでほしいです。
[ 2016/10/23 01:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1420-74adcf0c