今週の仮面ライダーエグゼイド 4話

仮面ライダーエグゼイド 第4話 『オペレーションの名はDash!』

エグゼイドep4 0

レベルアップすれば事実上戦闘不能になる状態で、どうやって彼はスナイプとの勝負に勝つ予定だったのか…?
4話目ですが、ストーリーや設定がいまいち理解できない… どうにも不可解な部分はかり目立ちます。

今回のバグスターとの戦いでは「バグスターとレースを行い、勝利すれば妹さんを取り戻せる」という内容でしたが…
何故それを永夢が全て知っていたのかが分かりません。
話の内容から察するに「爆走レーサー」というゲームそのものが「レースに勝って大切なものを取り戻すゲーム」という内容故に、
天才ゲーマーである永夢はそれを熟知していて敵の目的が理解できていたのかもしれませんが、きちんと説明すべきです。
そもそも爆走レーサーは仮面ライダーレーザーが変身に使うガジェットであって、敵との因果関係はない…はずです。
何故敵とのバトルが無関係なゲームのルールに従う必要があったのでしょうか?
説明可能な設定があるかのもしれませんが、今のところ明かされていません。私が聞き逃したということもないと思います。

永夢がゲーム病に感染した患者に対してひたすら「ストレスが、ストレスが、」と連呼しているのも不自然です。
確かに病は気から、とは現実でも言われていることですが、ゲーム病の原因は最初から分かり切っています。バグスターです。
本当に患者を助けたいのであれば、患者のストレスの原因を探るのではなくバグスターの退治に専念すべきです。
というか私がゲーム病の患者だったら、バグスターよりも患者とのお喋りを優先する永夢自身がストレスの原因になりそう…


設定云々は置いといて、お次はキャラクター面について。
今回登場した九条貴利矢ですが、例に漏れずマイナス印象の目立つキャラクターでした。
「友達を助けるために永夢と友達になる」といった行動を見た時は「こいつは中々イイヤツかも!?」と期待していたのですが、
それが全部嘘だと発覚した時は流石にガックリきました。脚本担当の高橋さんはキャラクターのマイナス面を描くことに余念がないようです。
しかしそれで得られるものがないのも確かです。先述した「ストレスが」といい、永夢の描写も良いものとは言えませんし。

毎度毎度好感度だだっ下がりな飛彩の行動も意味不明でした。
退治すべきバグスターがいるというのに、彼が選んだ行動はスナイプとのバトルでした。
永夢のマイティアクションXを取り返そうとした… ようには見えませんし、思い当たるのは大我への個人的な恨みでしょうか。
もしそうだったら「医者として使命より個人的な事情を優先する」という人間のクズみたいな人物に成り下がるのですが…
マイナス面を描くにしたってキャラクターの描写がブレすぎです。ここまで嫌な奴に描くことに何の意味があるのでしょうか…

特撮のような4クール作品の1クール目というのは、視聴者に番組を理解してもらうために主要キャラクターや最低限の設定を理解してもらうための期間だと私は考えています。
しかし現状、キャラクターやゲーム面の設定などに満足な説明がされているとは思えません。
特にゲーム設定の唐突さや説明不足っぷりはかなり悪目立ちしているように思えます。
「ゲーム設定を生かすためにバトルやシナリオを設計した」というよりは、
「上層部からゲーム設定を入れるよう命じられたから、既存設定に無理矢理ゲーム設定をねじ込んだ」というような、
何だか嫌々やってるような印象すら持ちます。バトルの描写は気合い入れているだけに、シナリオもそれに追いついて欲しい…
関連記事
スポンサーサイト

今回のジュウオウジャー最高でした

自分も妹さんはゴールにいる!という永夢の発言は意味不明でした。気になったので前回の話を見ましたが、大我が「オレと同じゲームのバグスターか」という発言をしていたので、どうやら今回も貴利矢と敵のゲームが一緒だったということかな、と思います。
「あいつはオレと同じゲームか」などと毎回一言あれば分かりやすいんですが、早くも説明不足が目立ち始めた気がします。永夢の発言も、あのゲームはゴールで宝を手に入れるんだ、みたいに一言あれば全て納得で流石天才ゲーマー、物知りだな!ってことにもなると思うんですがね…

自分はちょっと好感度が持てるキャラが一人もいないのが気になります(明日那はかわいいと思います)
今回は永夢のストレスの原因を教えてください!という怒鳴るような言い方が最悪でした…

気になったのは自分だけかもですが、カラーリングといい、登場の回数と仕方といい、ゲンムからは初期の魔進チェイサーを思い出しました(笑)
[ 2016/10/23 13:16 ] [ 編集 ]

アクションは悪くないですが、説明不足感が否めない回が続きますね…。催促期間後から巻き返しはきくのでしょうか。今回それとなく感じたのは変身の演出のテンポの悪さです。4人?にライダーが増えたことで元々長めのレベルアップ演出がしつこく感じてしまいました…。序盤なので仕方ないとは思うのですが。。
[ 2016/10/23 16:31 ] [ 編集 ]

エグゼイド、漸くバイクに乗る(笑)


それにしても永夢以外のライダーはあんまり好きになれませんね…(永夢もそんなに良キャラでも無いのは置いておいて)

貴利矢も恐らく自分で動くよりはライダーが居た方が小回りが効く故に協力させたんでしょうけど、ならもう少し騙し続けてた方が賢いですね。何故全員敵対したがるのか…

とりあえず飛彩は単に何も分かってなさそうですが、大我と貴利矢はゼロデイ故の自分本位なのが1クール目で分かったら良いなあと思います。
ライターバトル物にしても龍騎は徐々に敵が増え、鎧武はとりあえず序盤はミッチが仲間に居たりしましたから、ライダーが皆敵対状態を序盤でやられるとただのヘイトの元なので どうにかして頂きたいモノです…


あとまぁバイクですがなんちゃってオフロードバイクのCRF250Lにはあんまり期待してなくその通りだったのでいいとして。
怪人のバイク!XR250でしたね~いやあやっぱり平成ライダーマシン最多ベースマシンの傑作オフロードは音も良いですしラフなライディングも似合いますね~(懐かしくてちょっとはしゃぎました(汗))
[ 2016/10/23 16:36 ] [ 編集 ]

Re: 今回のジュウオウジャー最高でした

たんぽぽ様、コメントありがとうございます。

>気になったので前回の話を見ましたが、大我が「オレと同じゲームのバグスターか」という発言をしていたので、どうやら今回も貴利矢と敵のゲームが一緒だったということかな、と思います
ああ。たまたまバグスターのゲームが同じだっただけなんですね。
色々と謎は残りますが、今後も同じように「たまたま」同じゲームのバグスターが登場していくんでしょうか。
バグスター発生の謎とかも知りたいところです。

>今回は永夢のストレスの原因を教えてください!という怒鳴るような言い方が最悪でした…
さっさとバグスター倒してくれ! とか言いたくなりますね。
あまり医療関係の用語とか出せない事情は分かりますが、だからと言ってストレス連呼されても…

>気になったのは自分だけかもですが、カラーリングといい、登場の回数と仕方といい、ゲンムからは初期の魔進チェイサーを思い出しました(笑)
ダークヒーローを狙ってるのかもしれません。ただ高橋さんの脚本だとただの悪いヤツにならないかちょっと不安です。
[ 2016/10/23 16:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ふじたに様、コメントありがとうございます。

>今回それとなく感じたのは変身の演出のテンポの悪さです。4人?にライダーが増えたことで元々長めのレベルアップ演出がしつこく感じてしまいました…。
販促を兼ねている以上は全て省略することができないのでしょう。
ブレイブのバンクシーンとかはかなりスピーディでしたが、あれが精一杯なんだと思います。
販促期間が過ぎればいくらか解消されるでしょうが、レベル1の戦闘まで省略しないでほしいな…
[ 2016/10/23 19:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>とりあえず飛彩は単に何も分かってなさそうですが、大我と貴利矢はゼロデイ故の自分本位なのが1クール目で分かったら良いなあと思います。
物語の全貌が明かされてからが本番、だと思いたいですね。
「飛彩は単に何も分かってなさそう」と仰っている辺りねTAKE様の飛彩に対する評価が見え隠れしているようなw
でも実際、個人的な思念で動いてそうなんですよね、彼。

>怪人のバイク!XR250でしたね~いやあやっぱり平成ライダーマシン最多ベースマシンの傑作オフロードは音も良いですしラフなライディングも似合いますね~(懐かしくてちょっとはしゃぎました(汗))
エグゼイドのバイクよりもバグスターの方がお気に召したようですね。
初期の平成仮面ライダーのベースマシンだったんですね。TAKE様のようにバイクを嗜まれている方にとっては貴重なシーンだったんでしょうね。
[ 2016/10/23 21:43 ] [ 編集 ]

こんにちわ

>そもそも爆走レーサーは仮面ライダーレーザーが変身に使うガジェットであって、敵との因果関係はない…はずです。
何故敵とのバトルが無関係なゲームのルールに従う必要があったのでしょうか?

このあたりに関しては永夢はやたら患者とのコミュニケーションを重視していて小児科の患者に対して一緒にゲームしようと言っているので冒頭で子供と題材のゲームやってれば違和感なく描けたんじゃないでしょうか
そもそもバグスターの行動原理がよくわからないんですよね。今回説明されていましたが、バグスターはゲームのバグから生まれたって設定があったので、生まれたゲームがもとになった行動原理になっている...って説明があったほうが良かったかもしれません。それとそのゲームのルールでしかそのバグスターを倒せないとか設定してあるとか

>本当に患者を助けたいのであれば、患者のストレスの原因を探るのではなくバグスターの退治に専念すべきです。
↑にもあげたとおり永夢はやたら患者とのコミュニケーションを重視している部分があることが物語の最初から描かれていますし、前回それが功をなした部分があったんでしょうが、仰る通りバグスターを倒したほうが迅速かつ確実ですし、そもそもあの役割は永夢ではなく明日那に担わせたほうがよっぽどスムーズでよかったんじゃないでしょうか。

>今回登場した九条貴利矢ですが、例に漏れずマイナス印象の目立つキャラクターでした
正直出てきたばっかなんで裏の顔が描かれても「あーそうですか」としか言いようがないです。

>絵夢のマイティアクションXを取り返そうとした… ようには見えませんし、思い当たるのは大我への個人的な恨みでしょうか。
それでも今回の飛彩の行動がよくわからないですよね。彼はレーザーとの勝負をおとなしく見ていたかと思いきや、患者とバグスターが分離した途端いきなり襲いかかっていく意味不明なところを見せていましたし。仰る通りの大我への恨みだったら最初から首を突っ込むはずなんですが、あまりにも行動が不自然すぎて思わず引っかかっちゃいました。
[ 2016/10/24 15:14 ] [ 編集 ]

貴利矢「くお~!ぶつかるー!ここでアクセル全開、インド人を右に!!」

近年のライダーは開始1クールは販促強化月間が続く。
その間にどれだけ見せ場を作るかが要となるというが・・・

こんな調子だとその内痛い目見るのがお約束だな、エグゼイド系ライダーは。
[ 2016/10/24 21:30 ] [ 編集 ]

Re: こんにちわ

vault774様、コメントありがとうございます。

>このあたりに関しては永夢はやたら患者とのコミュニケーションを重視していて小児科の患者に対して一緒にゲームしようと言っているので冒頭で子供と題材のゲームやってれば違和感なく描けたんじゃないでしょうか
とにかくゲーマーアピールが少ないんですよね。
「ゲーム設定を描くのにやる気がないのでは?」と思わせる一因になっています。
毎回ゲームの敵をやるために子供とゲームをする過程を描いていくのはダレると思いますが、
ゲーマー設定は絵夢を描く上での重要な設定のはずなのでどうか考えていただきたいです。

>それでも今回の飛彩の行動がよくわからないですよね。
悪人キャラですと、大我の方が如何にもって感じで目立っていると思います。
絵夢は描写こそ足りないものの、他の医者とは違う正義感を持っているということは何となく分かります。
飛彩はどっちつかずなんですよね…
[ 2016/10/24 22:35 ] [ 編集 ]

Re: 貴利矢「くお~!ぶつかるー!ここでアクセル全開、インド人を右に!!」

オルタフォース様、コメントありがとうございます。

>近年のライダーは開始1クールは販促強化月間が続く。
その間にどれだけ見せ場を作るかが要となるというが・・・

現代のアイテムを大量に生産して売りさばいていくシステムと、
後継者育成のために特撮経験の薄い方をシリーズ構成に据えるやり方は相反していると思います。
いないもんですかね~、販促と脚本を両立できる方…
[ 2016/10/24 22:37 ] [ 編集 ]

まさかバイクそのものがライダーなんて...

皆さんゲーム絡みの設定に説明が不足していると仰っていますが、個人的には大半が死に設定化したり、忘れ去られたりするモノだと思っております。その辺が気にならないだけの勢いがあれば問題ないかと

しかしそれにしても、他のサイトやコミュニティとかを見ても誰一人「今回の話でライダーが出揃った(販促的にも大分落ち着く)んだから今後は違った話になるだろう」って考えの人がいないのが驚きですね。確かに仕方がないとは思いますが、自分はそう言う希望を持っている方なので結構ショックでした。

そんな現状なのに「次回、黒いエグゼイドの正体が明らかに...?」なんて話をされても困ります。そんなことが気になる視聴者の方はいるのでしょうか。
[ 2016/10/28 14:24 ] [ 編集 ]

Re: まさかバイクそのものがライダーなんて...

ボルトルボ様、コメントありがとうございます。

>皆さんゲーム絡みの設定に説明が不足していると仰っていますが、個人的には大半が死に設定化したり、忘れ去られたりするモノだと思っております。その辺が気にならないだけの勢いがあれば問題ないかと
勢いは大事だと思いますが、設定を無視する理由にはなりません。
「ゲームによって生み出された怪物と戦う」という設定は作品を構成する中核であるはずなのに、それを無視してしまえばエグゼイドという作品はのものが成り立たなくなります。

>しかしそれにしても、他のサイトやコミュニティとかを見ても誰一人「今回の話でライダーが出揃った(販促的にも大分落ち着く)んだから今後は違った話になるだろう」って考えの人がいないのが驚きですね。確かに仕方がないとは思いますが、自分はそう言う希望を持っている方なので結構ショックでした。
個人的には今回の話が「販促的に落ち着くもの」であるとは考えていません。
エグゼイドのレベル3への変身が残っているからです。

>そんな現状なのに「次回、黒いエグゼイドの正体が明らかに...?」なんて話をされても困ります。そんなことが気になる視聴者の方はいるのでしょうか。
私は別に問題ないと思います。謎を無駄に長引かせずスパっと解決へ向かわせることは評価したいです。
[ 2016/10/29 00:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1423-96455aaf


仮面ライダーエグゼイド 第4話「オペレーションの名はDash!」

仮面ライダーエグゼイドの第4話を見ました。 第4話 オペレーションの名はDash! ガシャットを大我に奪われた永夢の前に、バグスターウイルスに感染した患者・嘉高を連れた貴利矢という監察医が現れる。 「っつうわけで、ゲームの名人・Mの力を借りに来たのよ」 「いや、あのあなた達は…?」 「あぁ、平気平気。名人が奪われたガシャット、自分が奪い返すんで」 「何でそれを!?...
[2016/10/23 11:57] URL MAGI☆の日記