【5つの光が】 今週のスマイルプリキュア! 【導いた結果】

スマイルプリキュア! 48話 『光輝く未来へ!届け!最高のスマイル!!』

スマプリfin 0

※あくまでこの記事はスマイルプリキュア!48話のレビューです。
スマプリfin 1
スマプリfin 2

びっくりして体がおっきくなっちゃったピエーロ様。
一時はその大きさに圧倒されるプリキュア達でしたが、ハッピーが皆を奮い立たせます。
ここで怯んだら終わり! 最後の力を振り絞ってピエーロの攻撃だ!
というわけで開始約20秒で新技披露。(バンクは使い回し)

スマプリfin 3

もちろん新技で早速ピエーロ撃破だなんてそうは問屋が卸さない。
一瞬で反撃され、皆揃って変身解除。おまけにスマイルパクトも石化してしまいました。
さっきまで勝気ノリノリ絶望なんてしない! ムードだったのに一気にテンションダダ落ち。
ピエーロの反撃によってもう世界は崩壊寸前このままでいくと明日どころか未来がヤバイ。
このまま終わりたくない、と絶望にひたすら屈しない構えの5人+α。

するとキャンディの胸にあるミラクルジュエルが光り出す。
ミラクルジュエルと皆の力を1つにすれば、もう一度だけプリキュアに変身できるかもしれない。
再び喜びムードが蘇る5人でしたが、そう上手い話でもないらしい。
ミラクルジュエルの奇跡は最終手段。もしこの力を使えば本の力は断たれて、メルヘンランドと地上界は行き来できなくなる。
すなわち、もう2度と5人はキャンディに会えなくなってしまうのである。
何だ、大したことないじゃん

スマプリfin 4スマプリfin 5
スマプリfin 6スマプリfin 7

これまたショックを受ける全員。しかしピエーロをこのまま野放しにはできない。
それなら少々の犠牲は… と覚悟を決めようとする一同。
しかしみゆきはどんなことがあっても、キャンディと別れてしまうのは絶対に嫌だと泣き叫ぶ。
一人がこう主張してしまえば他も抑えきれず、一同別れを惜しんで泣いてしまう。
ピエーロはその姿を見て「それが絶望だ」と語る。もう悲しみで頭がいっぱいで、何が大切なことなのかすらも分からなくなるみゆき。
するとキャンディは、「大切なことはちゃんと自分で考えて、自分で決めるクル」と言い放つ。5人と共に過ごし、感じた喜び。そしてその喜びから来る笑顔。その笑顔を伝えていきたいと主張するキャンディ。
そしてみゆきは思い出す。たとえ離れ離れになっても、心が繋がっていればずっと一緒。ずっと友達。

スマプリfin 8
スマプリfin 9

キャンディとの友情を噛みしめた一同は心を1つにしてプリキュアに変身。キャンディも人間体へ。
ピエーロの前に立ちふさがり、最後の必殺技、「ミラクルレインボーバースト」を発動。
想いを1つに束ねたその光はやがて巨大なハッピーの姿に変化し、ピエーロを抱いて包み込むように消し去りました。

スマプリfin 10

平穏が戻った地上。
プリキュアの本には平和が戻り、楽しそうな元3バカの姿が。
全てが終わって笑いあうのもつかの間。キャンディとポップの姿が光に包まれる。
必然的に訪れる別れ。どんなに決心しても、やはり友達同士永遠に別れるのは辛い。
天に上るキャンディは泣きながら別れようとするも、みゆきの「バイバイする時は?」の一言で顔をつねって笑顔。
こうしてキャンディとポップはメルヘンランドに帰っていきました。

スマプリfin 11

そしていつもの日々が訪れる。
バレーもお好み焼き店も、熱血パワーでこなすあかね。
41話で描いた漫画が佳作を受賞し、これからも夢に向かって突き進むことを決めるやよい。
愛する家族の為に、今日も真っ直ぐ突き進むなお。
日々精進し、自分が信じる道を歩み続けるれいか。

そして、身の周りにある沢山の小さな幸せを感じ、それを多くの人に届けていきたいと願うみゆき。
そんなみゆきは絵本を描くようになりました。タイトルは「最高のスマイル」。

スマプリfin 12

そしてある日のこと、第1話を思わせるようなドタバタ遅刻に曲がり角。とっても素敵な出会いの予感!
と、曲がり角を覗くみゆき。当然そんなイベントはなし。…と思いきや背後から謎の声。そして飛んでくる謎の本…

…キャンディが帰ってきました。理由はお星様にお願いしたからだそうです。オイオイ。
再び集結したプリキュアメンバー。これからもずっと一緒! 皆笑顔でウルトラハッピー!
おしまい。


ネット上の多くで今回のお話とDX3のお話の類似点を指摘する声が多いですが、筆者は未聴なので何とも言えません。
それを差し置いて感想を言わせてもらうと…
…見た直後はもの凄く( ゚д゚)ポカーンな状態でした。
視聴前のテンションから順々に追っていくと、

(^ω^)<さあ始まった、最終回だ

(´・ω・`)<泣いちゃった。悲しいんだろうな…

(´・ω・`)<まだ泣いてる。

(^O^)<お、キャンディが動き出した。何だろ。

(´・ω・`)<あ、でもやっぱ泣いてる。

(´・ω・`)やっぱり泣いt泣いてばっかじゃねぇかぁ!( ゚Д゚)

今まで一緒だった仲間との別れが寂しくて、つらくて、悲しいのは分かります。
でもひたすら嗚咽に塗れて延々と悲しみムードに包まれてるのを見て、凄く置いてけぼりにそれたような気がします… 時々挟まれた、ポップの冷静な発言が凄く救いになりました。

とはいえキャンディとの別れは、長く時間を割くほど彼女達にとって耐えがたいものだったのでしょう。
ちょっとここで下にある、とある方の発言を見てみてください。

「ほら、よく言うだろ~?
人生には無限の可能性があるってさ~
僕はそんなの信じてないんだ
いつだって選べる道は少なかった
時には道は1本しかなかった
その、少なかった可能性の中から自分で選んだ結果が僕をここまで連れてきた
だからこそ僕はその選んだ道を…選ばなくちゃならなかった道を大切にしたい」


未来は無限の可能性があるだとかたまーに聞きます。
でも一見そのような未来も、きっかけ1つで大幅に選択肢を削り取られてしまうんだと思います。
彼女達はキャンディに会い、普通の少女ではなくプリキュアとして戦う未来を選びました。
そして彼女達は、自分達が選んだ未来の中で、キャンディとの別れという残酷な選択肢を出されました。
でもこうした残酷な選択肢があるからこそ、取り戻した平和を大切にしないといけないと思います。
実際みゆき達(というか みゆき 本人)はキャンディがいなくなった後、悲しみに暮れることは無く、全てが終わった後に気づいたことを素直に心に感じていました。その点は凄く評価したいです。(ちゃんと文になってるかな?)

それまでは良かったんです。でも…
キャンディ… 帰ってきちゃったんですよね…

ええ、分かります。キャンディがいなければ春のオールスター映画的にはアカンでしょう。
でもあんだけ時間費やして涙の涙の涙のお別れしたのに、大した理由も無くアッサリ帰ってきてしまうのは… 何というか… 色々と失礼じゃないでしょうか?
そういうのは春の映画で補完とかできなかったのかな… オーズではそうだったんだけどなぁ…
サブタイにある「最高のスマイル」を出すにはキャンディが絶対に必要だったのだろうか…
結局のところ、彼女達が守った笑顔って人々の笑顔よりも自分達の笑顔だったんじゃないんだろうかと考えが尽きません。はぁ。

結論をまとめると、最後まで視聴した感じがフォーゼと酷似してます。
色々と言いたいことはあるけど、番組としてはやりきった、走り抜いたって感じです。
もうちょっと、あと1話ぐらいやってくれて、それを合わせて今回の話を2話にまとめてたら感想は違ってたかも…
何というか、スマプリだからってことで最終回に求めたことが大きすぎたかなぁ。
スマプリらしいっちゃあそうなんですけどね。


モヤモヤは残ってますが、泣いても笑っても今回で最終回。今週でスマイルプリキュアはオシマイです。
でもこのスマプリがスマプリらしく走りきったように、私も私らしく感想を書いてきました。
楽かったこと、文句言ったこと、色々ありました。このアニメを通して本当に沢山のことがありました。
改めて、このアニメに出会えたことを光栄に思います。
スタッフ・キャストの皆様、本当にお疲れ様でした!
それでは来週からはドキドキ! プリキュアをお楽しみに~

スマプリfin 13



















































































ブロリー

…と思っていたのか!?

まだだ! まだ終わらんよ!
実はこのアニメ、ニチアサレビュー初の全話レビューなんです。
思えば個別記事を初めて書いたのもこのアニメが最初です。
こんな気持ちで終わるのも嫌ですし、全話レビューの記念ということで、
あと1回だけ、「本当のまとめ」ということでスマプリの記事を書こうと思います。
それで正真正銘、スマプリとお別れしたいと思います。
それでは最後の記事を書きあげるその日まで、しばしお待ちを(^^)ノ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/27 18:17 ] 旧ニチアサレビュー | TB(1) | CM(2)

やよいはアーススター編集部(まんがーる!)に持込すると良いよっ!

無事最終回を迎えたスマイルプリキュアですが。
確かにDX3のを彷彿したのは確かです、私はMXでの放送を見ましたから(制作局がやれよ!)
まぁ、かい摘まんで説明すれとこの最終回でのキャンディの役割をハミィが演じてた訳です。
事後的な結果論ですがスイートは「歴代一プリキュアと妖精との絆が希薄」と私は感じていたので
スマイルのこの展開の方が自然で感無量でした。
只、確かにこの作品で涙の連続は不自然でしたね。
「ラストは感動的」というジレンマが働いてしまったのか…福圓さんと大谷さんの演技力の高さが返って浮いているというか…
これはスマイル放送初期から懸念していた事だったのですが。
長らくシリーズに携わり名エピソードを仕上げた大塚SDですが4クールの長期スパンの仕事は初です。
ラストになって息切れしてしまった感は確かにありますね(^_^;)
本当はもっとやりたい事はあったのでしょうが最早このシリーズは初代の時のような制作側が好き勝手出来ない位大きなコンテンツになってしまいましたし…
後日談に尺をとって欲しかったのは確かですね、前作は蛇足に感じたのに…。
人によりますが私は最終的にみゆき達は自身のスマイルの為に戦ったオチは悪く感じませんでした。
初期作のプリキュア達も割と自身の思うままに戦い、世界の平和は後から付いて回ったパターンが多かったですから。
「難しい事はわからない」等、歳相応の反応をしたみゆき達も
前作の響が急に悟りを開く台詞よりずっと地に足がついた感じですし。
私もフォーゼの総括で述べた事と被りますけど
一話一話単位で見た場合のエピソードのクオリティやバリエーションの豊かさは歴代屈指なのは確かです。
スイートの収益ダウンの中健闘したスタッフの皆様には最大限の拍手を贈りたいです、ハイ( ~っ~//
[ 2013/01/27 22:39 ] [ 編集 ]

Re: やよいはアーススター編集部(まんがーる!)に持込すると良いよっ!

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
DX3、MXでやってたんですね~。ちゃんと確認しておくべきでしたorz

この度最終回を迎えたスマイルプリキュアにつきまして、見る前は「どんな記事にしようか、どんなことを書こうか」と記事のことで頭がいっぱいでした。それだけあのアニメには何も心配してなかったんです。
それだけに見終わった後の後味が何とも言えず、「こんなはずじゃあ…」と面喰ってしまいました。
いいようにまとめようとしても愚痴っぽい文章になってしまって…^^;
今回のお話で賛否分かれていた意見の間が更に離れてしまったようですね。
常に5人+1匹一組のお話だけあって、お互いの結束や絆といったものは痛い程感じられましたので、最終回に仲間との別れを主軸に描いたのは良かったと思います。
ですがいつもどんな方向に飛ぶか分からないバラエティに富んだシナリオの中で、ただ終始泣き続けてしまうっていうのはちょっと芸が無いと感じられました。
好き勝手やり過ぎて、もう王道や既存のネタというものが根本的に合わなくなってしまったのでしょうか。
最後の最後で型にはめてしまうっていうのはスマプリっぽくないですね。おまけにDX3のパクリ疑惑ですから…

>福圓さんと大谷さんの演技力の高さが返って浮いているというか…
そう! そうなんですよね! 最終回だけあって皆さんガチな泣き芸のばかりで、「何かよくわからないけどこんなに迫真の演技ってことはきっといいシーンなんだろう…」と呆気にとられました。大谷さんなんてガチすぎて、キャンディが何言ってるのか全然聴き取れなかったりw
最後に皆さんが「みんな笑顔でウルトラハッピー!」と叫ぶシーンなんて「ああ、皆さん楽しそうだな…」なんて思ってたんですけど、終始ポカーン状態だった私にとって声優さん方のテンションは非常に受け取りづらかったです。

>人によりますが私は最終的にみゆき達は自身のスマイルの為に戦ったオチは悪く感じませんでした。
>初期作のプリキュア達も割と自身の思うままに戦い、世界の平和は後から付いて回ったパターンが多かったですから。
なるほど。確かにそう考えればみゆき達は最終回までは自分達の笑顔の為に戦い、全てが終わった後に「皆の笑顔を守る」という目的に昇華できたと考えれば納得できます。
でもあれは流れ的に、キャンディがいなくなったからこそ気づけたことだと思うので、キャンディが元に戻ってきた今、目的が当初のものに戻ってしまったんじゃないかと考えてしまいます。友達一番な彼女達ですので…

とはいえブランドの売り上げ上昇や映画の興行収入一位など数ある名誉も成し遂げていますので、このアニメの存在は決して無駄ではないと思います。ていうか、口が裂けても「このアニメは失敗だった」なんて言えません! スイート効果でだだっ下がりなテンションを急上昇させてくれた、私にとってもこのブログにとっても思い入れの深い作品ですので、本当にここまで見てきてよかったと思います。

最後までレビューしてきた視聴者の一人として、紳士な態度で最後の記事を書き上げたいと思います。
[ 2013/01/29 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/143-70cbc04a


スマイルプリキュア! 第48話「光輝く未来へ!スマイルプリキュア!!」

スマイルプリキュア!の最終話を見ました。 第48話 光輝く未来へ!スマイルプリキュア!! ピエーロは地球を大きな渦で飲み込もうと巨大なブラックホールのような怪物になっ
[2013/01/27 21:19] URL MAGI☆の日記