今週の魔法つかいプリキュア! 41話

魔法つかいプリキュア! 第41話 『ジュエリーな毎日!魔法学校へ放課後留学!』

まほプリep41 0

その昔、とあるカードゲームにて僅か4ターンでデッキアウトした女性声優がいたらしい…
良い子も悪い子も「4ターン デッキアウト」でググってはいけない(戒め)
2つの学校で苦労も2倍だな! レッツ過密スケジュールな41話目。
悪い意味でいつも通りなお話でした。

ナシマホウ界とマホウ界の距離は、確か一晩寝泊りして着くレベルだったと思うのですが、今ではものの数秒で着くようになったそうです。
「カタツムリニアが速くなった」とかそういうレベルじゃありません。最早異常事態レベルですが、特に気にする人はいない模様。
リズ先生も本来ナシマホウ界にいるはずの3人が授業を受けていることに何の違和感も抱かなかったのでしょうか。
…抱かなかったんだろうなぁ。主人公たちのやること成すことが正当化されるのはまほプリにおいて特別なことではありません。

そもそも、長期間魔法学校の授業から離れていたというのに、今更復帰したところでついてこれるのでしょうか?
学校に勉強しにいくんじゃなくて、マホウ界を探検するとかそういう目的を持たせた方が自然だと思いますし、
マホウ界の掘り下げにも繋がります。何より過密スケジュールにはなりません。
まあ正直、「今更マホウ界を掘り下げられても…」という気持ちはあるのですが。

放課後にマホウ界へ行く親御さんへの報告も相変わらずです。それどころかマホウ界にお泊りまでしている様子…
夏休みなどの長期間休暇ならまだしも、今はバリバリ生課業の真っ最中ですよね?
恐らく土日や祝日前にお泊りイベントを敢行したんでしょうけど、それを二つ返事で了承してしまうとは…
今に始まったことではないですが、まほプリでは登場人物同士のコミュニケーションが異星人同士の会話に見えてちっとも親しみを持てません。
いつかのコメントでも指摘されてましたが、いくら「魔法使い」「変身ヒロインもの」という如何に現実から剥離された設定の作品であろうと、
最低限のリアリティを持たせるのは当然だと思います。

魔法学校のクラスメイトとの交流も、良くも悪くもいつも通りすぎます。
目立った悪い点(夜中にはしゃぐのは年相応なのでOKとして)こそないものの、リコみらいはーちゃんは今まででも
暇な時にはちょくちょくマホウ界を訪れていて、当たり前のようにジュンやエミリー達と交流を深めていましたから、
その時の描写と大差があるようには思えません。
それぞれの世界の距離が近くなるという一大イベントを迎えても、やってることが何も変わらないとは…

個人的に良かったと思ったのは、校長先生が今は亡きクシーの存在に触れていたこと。
クシーのことは公式側に忘れ去られていたとばかり思っていたので、ネタを掘り返してくれただけでもちょっと嬉しかったです。
当の校長先生については相変わらず無能臭が漂っているのでフォローする気にはなれませんが。

次回はシャーキンスがご退場になられるようです。
もう予告見た時点で展開が丸わかりです… これで「実は退場しません」とかいう展開だったら手のひら返して賞賛するかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/11/20 14:37 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(0) | CM(8)

尚、エミリーの中の人については…

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25896314
おいOKJMァ!そう言うのは本番前に丁重にレクチャーしてやれよ!
橋本ちなみさんはD3Pのゲームに結構出演してますけどFDF5には出れるかな…?

今回はこのアニメの「無計画、無軌道、無思慮」が凝縮されたような話ですね。
今更過ぎる魔法学校の授業風景とかハシャギっぷりとか序盤の「猶予期間」だからこそ許されるのであって。
このタイミングではキャラ全員、ある程度の成長や達観があって然るべきです、ノーブル学園だったら退学ものじゃないでしょうか?
それに寮内での一悶着のシーン、1話の呪文連呼を思わせる間延びした演出でした、CM挟んでBパートまでねじ込む意味ある?
そしてお馴染み、みらいの唐突な敵に対する啖呵と…主人公力ってのは周りが無理に持ち上げても意味がないのに…

確かに校長が亡き友クシィへの思いを募らせるシーンは良いのですが、彼の中だけで完結してしまって
それがプリキュアの意識に全く作用しておらず、仰る通り「相変わらず」という状態です。
そんな状態でもオルーバくんは淡々と終盤に向けての「仕込み」をこなしてくれて涙ぐましいですねw
彼が最初から登場してればどんなに良かったか…チクルンの改心フラグももっと丁重に出来たでしょう。
最近ゴーバスターズの3クール位まで観ましたが(サンシャイナー並のにわか視聴)
エンターさんの有能さが光りますね、敵がこういう奴だからこそヒーロー側も気を引き締め全力を尽くすのだと改めて感じました。
オルーバくんもテコ入れキャラじゃなかったらエンターさん並に活躍出来た可能性が微レ存?
[ 2016/11/20 15:34 ] [ 編集 ]

こんなにいっぱい、消化しきってない伏線残しちゃって…駄目じゃないか!こんな適当な事しちゃあ…

こんな終盤まで来てやるような内容か?いや先々週からもうそう思ってたけど。
とりあえず、ジュン達がリコの部屋を物置に使ってたという流れは結構ガチでドン引きしました。机の上に花瓶を置く虐めみたい。
「何時帰ってきても良いようにそのままにしておいた」のほうがよほど心象良いだろうに、どうしてそうしないんだろう? あえて王道から外してクリエイター気取るのもいい加減にしろ。
まあ、かなの変な子扱いといい、ヤモーの病んで行く姿といい、アイスドラゴン虐待といい、今作の製作陣はどうもこういう陰険な描写を本気でギャグだと思ってる節があったしな。サイコパスか何か?

…つーか、自分が今作で共感・理解出来るキャラって未だにヤモーしか居ないんだよなあ。
復活早々主人の名を叫び、バラバラの骨を見つけて涙しながら怒り、最期の最後までその目的を代わりに果たそうとした姿は、まさしく側近の鑑。
みらいは天然サイコパスだし、リコは卑屈な承認欲求の塊だし、二人よりはややマシなことはも傍から見たらMURだし、朝比奈家はネグレクト疑惑があるし、教頭は「見られなければOK」を自ら実践する教師の屑だし、補習メイトも今回で友達と呼べるかどうかかなり怪しくなりました。
そして何より理解しがたいのは校長。旧友の遺骨とその従者の残骸を無造作に投げ捨て、数ヶ月もの間ずっと悼むどころか名前を出す事さえせず、世界に危機が迫ろうという状況で冷凍ミカン食ったり茶を啜ったりとのほほんとしておきながら、思い出したかのごとく遺品を探したりし始める。というか実際スタッフ忘れてたんじゃないのか?

あと文中でも突っ込まれてますが、放課後に別の学校行くのって土台無理があると思います。まさか塾みたく短時間で授業終わるわけじゃあるまいし、それとも魔法学校の一日はナシマホウ界の一時間そこらなのか。
[ 2016/11/20 16:10 ] [ 編集 ]

LK「あーこれもうめちゃくちゃだよ(困惑)」

こんな作品にコメントするのもアレなので手短に
・校長無能/解説メガネ君有能
遺品がなかったってあんた探した形跡なかったと思うんですけど?
あと、黙ってどこか行って騒ぎを起こすとか、これはもう確信犯(誤用)です。
なんかスパイでもいると思ってるのでしょうか?
その点オルーバ君は有能です。ラパパとは何か調べようとしたり、今回はちゃんと闇の魔法書を回収しています。

・またMUR先輩もびっくりな唐突「さすがみらい」
MRIって人を繋げてるように見せかけて、実は繋げてないんですよね〜
だから、この持ち上げ方は野獣先輩並みに臭いです(断言)

・世界が近づく
確か9話だと<del>マキグソ</del>ヤドネムリンで一晩寝てようやく着くレベルだったものが今回数秒で着くようになったそうですね。
そこまで近づいたことに大人は誰も危険視しないのがすごいです。
まほプリの世界なら惑星レッドが降ってきても衝突するまで喜んでるかもしれませんね。

で、次回はオルーバがチクルンに命じてプリキュアのリンクルストーンを持って来させようとするそうです。
オルーバのことです。ただ奪うだけじゃなく、解析もするつもりでしょう。
で、チクルンはどうなるでしょうね…
はっきり言ってあの性格なので裏切って生き残っても、オルーバにクシャポイされても気にならないですけど。
[ 2016/11/20 16:28 ] [ 編集 ]

Re: 尚、エミリーの中の人については…

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>このタイミングではキャラ全員、ある程度の成長や達観があって然るべきです、ノーブル学園だったら退学ものじゃないでしょうか?
その辺本当にブレないですねぇまほプリは。内輪でじゃれ合う描写はいつ見ても進展がありませんし、
敵との関係性も一向に濃くなりません。敵は明確に人間たちの住む世界を狙っているというのに…
チクルンに対する描写もちょっと雑になってきましたね。これに関してはちょっと希望を持っていたのに…
ある意味村山さんが導くまほプリ世界の行く末が楽しみです。
[ 2016/11/22 00:29 ] [ 編集 ]

Re: こんなにいっぱい、消化しきってない伏線残しちゃって…駄目じゃないか!こんな適当な事しちゃあ…

つがな様、コメントありがとうございます。

>ジュン達がリコの部屋を物置に使ってたという流れは結構ガチでドン引きしました。
ナシモラル界、ここに表れりって感じでしょうか(笑)
この作品には悪意の見える行動をギャグに見せようとしていてあまり気分が良くないですね。
本人たちも無意識の行動をとっているので、余計にタチが悪いと言いますか…

>世界に危機が迫ろうという状況で冷凍ミカン食ったり茶を啜ったりとのほほんとしておきながら、思い出したかのごとく遺品を探したりし始める。
校長の「何もしてなさ」は尋常じゃないと思います。
危機感を煽るような台詞を吐くばかりで本人特に何も行動してないですし。
子供が内輪でキャーキャー楽しむのならまだしも、大人までボーっとしているのはどうかと思います。
[ 2016/11/23 00:00 ] [ 編集 ]

Re: LK「あーこれもうめちゃくちゃだよ(困惑)」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>・またMUR先輩もびっくりな唐突「さすがみらい」
リコみらいも補修メイトも、明確な成長が見られないんですよね。
「泣く子も黙るジュン」なんて「いつ頃その設定出てきたっけ?」と思ってました。
[ 2016/11/23 00:33 ] [ 編集 ]

クシィ「どこの世界に遺体を4ヶ月も放置する親友がいる?」

こんばんは。今回は…斬新な話ですね(笑)本来なら4~5話でやる話を41話に持ってくるとは、これまでの話は大いなる序章でこれから本当の「魔法つかいプリキュア」が始まる訳…無いか。まあ初期設定ではみらい達が魔法界とナシマホウ界を行き来して魔法学校に通う予定だったそうですのでここにきて本来の設定に戻ったという事でしょうか。内容は魔法界の説明回としては良かったと思います(今頃でなければ)魔法界が大きな魔法樹によって形成されている事、実は魔法の箒と絨毯が生物で扱いやすいように改良された事などは興味をそそられましたし、クシィとの思い出も良かったです。パジャマパーティーもジュンの物置の件を除けば補修メイトと交流を深めるいいイベントでした。これで序盤の話だったらここから多くの人と手を繋いだリ、クシィの思い出をドクロクシーの話に絡めて物語を作っていくなど色々できたのに…、もうどうにもならない事ですが。しかしジュンもリコの部屋を片付けようとか考えないのでしょうか、今作は子供向けを強く意識している割には不快な描写が結構目に付きますね、不思議と。次回はチクルンが改心する話ですが多分プリンが改心の決め手になると思いますがプリンが決め手になるのは前作の映画でもやっていたような…。
[ 2016/11/27 01:47 ] [ 編集 ]

Re: クシィ「どこの世界に遺体を4ヶ月も放置する親友がいる?」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>今回は…斬新な話ですね(笑)本来なら4~5話でやる話を41話に持ってくる
4~5話は流石に早いかと。2クール目の終わり際が丁度いいんじゃないかなと思います。
これまで培ってきた経験や友情を胸に秘めて、クールの最後のバトルを飾るなんて展開、最高だと思います。
あり得ない話を想像すると逆に悲しくなってくるだけですが。
[ 2016/11/27 23:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1448-78e2bf6a