今週の魔法つかいプリキュア! 42話

魔法つかいプリキュア! 第42話 『チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!』

まほプリep42 0

プリン作るのって、魔法使おうが使わまいが結果変わりませんよね?
最初期に言いましたが、普通にできることを魔法に無理矢理置き換えるのはナンセンスだと思います。
遂に明かされるチクルンの真実!
彼がオルーバに従わざるを得なかったその理由は… ミツ集めサボリを密告されるのを防ぐためでした!

        ∧∧       
       ヽ(・ω・)/   ズコー  
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄


チクルンがこちら側に寝返ることについてはちょっとモヤモヤが残ります。
チクルンがみらい達の仲に加わった期間に対して回想シーンが全体的にさっぱりしている気がしたので、
「やろうと思えばもう少し密度を濃くできたのではないか?」と思いました。
少なくともモフルンはともかく、プリキュア3人と十分な仲を築けたかと聞かれると微妙です。
前作のトワみたいに、「チクルン+プリキュアメンバー1人」みたいな話を人数分作れば良かったのではないでしょうか。

オルーバ側に就いた理由と、プリキュア側に寝返った理由が直接結びついてない点も微妙です。
ここで非洗脳系のキャラクターで、敵側からプリキュア側に寝返った代表であるフレプリのイース/せつなを例にとると…


・ラビリンスによって人間関係の何もかもが管理された世界に従うことが美徳だと感じていた

・「友達」として接してくる桃園ラブと出会い、交流を深める

・「友達」という、誰にも管理されない交友関係を無意識のうちに求めるようになる

・ラビリンスの支配から解かれ、何者にも管理されない「東せつな」としての人生を歩むようになる

…というように、最終的に最初に抱いていたものとは真逆の意思を持つようになっています。
これをチクルンに当てはめると…


ミツ集めをサボっていたことの密告を恐れ、オルーバに従うことに

・プリキュア&モフルンと触れ合ううちに、彼女たちとの間に友情が芽生える

・オルーバ側はプリキュアの排除を目論んでいる。でもプリキュアたちを裏切りたくない…

・取捨選択した結果、プリキュア側の方が居心地いいので(あとシャーキンス怖いので)オルーバ側を裏切りました!

あれぇ? ミツ集めをサボった件はどこに行ったのかなぁ~?
かつての自分の行いを悔いていなければ、改心した時のカタルシスというものもありません。
チクルン自身も、サボったことに関してあまり反省してる様子がありません。
モフルンが謝罪を促さなければ、恐らくなあなあで済まされていたことでしょう。
我らが朝比奈みらいであれば「チクルンは何も悪くないよ!」とか言い出しそう。

「キャラクターに使命を背負わせない」とは製作スタッフの言い分だそうですが、
何もかも軽くし過ぎてはお話がマヌケに見えてしまうだけです


トパーズ強化のいきさつはよく分からないです。
明確に決まってない理由を全部「ワクワク」という用語に押し込んでいる気さえしました。

次回は妖精の里へGO。はーちゃんの謎についてもようやく触れられるみたいです。
女王様なる存在がいるみたいですが、各々のキャラが使命に対して無頓着・無責任な今作において、
「女王の威厳」とは一体どんなものなのか少し気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト

聖杯クレーマー「親方(女王)に電話させてもらうね」ckrn「や、それだけは」

「なんでもしますから」「しょうがねぇなぁ~(悟空)」「何やってんだあいつら」
こんな、ホモビ並みにガバガバな展開と台詞回しがプリキュアで見られるとはたまげたなぁ。

筆者様が仰っていた通り、ハロウィン辺りまではチクルンの改心フラグの立て方は(テコ入れキャラにしては)良かったとは思います。
しかし、ここ最近のチクルンの傍若っぷりに雲行きが怪しくなりましたがこんなオチなら彼の性格の悪さもある意味納得ではあります。
このクールからは比較的王道な展開にシフトしている印象でしたからチクルンがオルーバに従っていた理由も王道に
「妖精界が侵略された」とか「女王や仲間たちが人質にされた」辺りだと思っていましたが予想の斜め下のオチでした。
結局自己保身の為に敵に加担してた訳ですから印象が悪くなります、5GOGOのシロップの逆張りを狙っていたとしたら悪手に他なりません。
このアニメは味方側程、ジコチューなくせに他律的で物語を牽引できないキャラばかりです。

>次回は妖精の里へGO。はーちゃんの謎についてもようやく触れられるみたいです。
>女王様なる存在がいるみたいですが、各々のキャラが使命に対して無頓着・無責任な今作において、
>「女王の威厳」とは一体どんなものなのか少し気になるところです。
以前冗談で「ベルセルク」のパックの生まれ故郷の事に触れましたがまさかホントに行くとは(困惑)
「メインクエストを進めるには妖精の国に行くべし」というファンタジーのテンプレには則ってますね。
もっともガッツ一行は妖精島に着くまでに海賊や化け物に襲われたり人魚の少女が仲間になったり色々ありましたが。
コチラは尺の都合でど○でもドアでお手軽ですか…人魚が仲間になるタイミングもフライングしてます。
ベルセルクの「花吹雪く王」に関しては(少なくとも見た目の)威厳は十二分にありますがこっちはどうなる事か…
[ 2016/11/27 15:11 ] [ 編集 ]

ヒメルダ・トワ「解せぬ」

こんにちは。今回明らかになったチクルンの事情…見てしばらくの間、唖然となりました。今まではチクルンは妖精の里の女王を人質にされる等の理由で従っていると考えてましたので。まあ保身のためにオルーバに従っているのでは、という意見は結構でてましたがまさか本当にそれだったとは…。一応みらい達に理由を話して頭を下げてましたがチクルンがやったことは2つの世界を滅ぼす手伝いおよびみらい達を危険にさらした事を考えると…、許すにしてもちゃんと説教すべきだったと思いますが今作はとにかく説教とか罰を与えるのを避ける方針だと改めて感じました。プリンも特に物語に必要なかったような…。いちいち魔法で作業してたら余計面倒なだけだと。トパーズ覚醒のバワーアップもピコピコハンマーが巨大化しただけですし、OPの映画CMのように分身を作った方が絶対良かったです(これ本編で出来ないかな…?)
[ 2016/11/27 15:51 ] [ 編集 ]

CKRNは妖精のクズ、はっきりわかんだね

はっきり言って、畜ルンの改心はなーんの感慨も湧かなかったです。

敵に仕えていたものが味方になる。
これは今までありました。
満薫、ラビリンス初期三幹部、セイレーン、レジーナ、シャットにロック。
彼らが敵であっても性根は真面目だったり純粋であるお陰で嫌いにはなれませんでしたし、味方になって加勢した時の感慨は一入でした。
でも畜ルンは性格が怠惰な上に性根もアレで、サボりバレたくないからオルーバに従ってたとなれば、こいつのどこを好きになればいいのでしょう。
正直歴代プリキュアに出てくる妖精の中でも最も嫌いです。

あと、魔法のプリンと言っても、ただサボってるようにしか見えませんでした。
もっと魔法界のプリンということで魅せる手段があったと思います。

あ、そうだ(唐突)
速水さんお疲れ様でした。
ようやくこんなスパゲッティミートクソースなアニメから解放されたようですね。

で、次回ですが、妖精の国に行くそうですね。
今回アメジストがミトメールしてましたけど、もしかしてアメジストでアカルンみたいなことするんですかね…
せつなと違って我らが朝日奈みらいと愉快な仲間たちは悪用しても悪びれるとかないからなぁ…
外れて欲しいなぁ…
[ 2016/11/27 16:21 ] [ 編集 ]

チクルンがオルーバに従う理由は自分もいくらなんでもしょぼ過ぎると思いました。
プリキュア達はチクルンを許していましたが、私には保身のために世界を滅ぼそうとする組織に加担するどうしようもない奴にしか見えませんでした。
そんな奴の改心する様を見せられても盛り上がるはずがありません。

今回はシャーキンスの退場だったのですが、話はダメダメ・作画は微妙・戦闘もほとんど動かない
という本当に幹部退場回なの?と首を傾げたくなるような内容でしたね…。
『変身アイテムを敵に奪われる』『組織とプリキュアの間で板挟みになるスパイ』『敵幹部との決戦』と、盛り上がりそうな要素が悉く台無しになっているのはかつてのラブー退場回を思い出します。

次回予告に一瞬だけスパルダが映っていましたが、今までの敵の扱いを思い返してみてきっと雑な扱いで終わるんだろうなという予感しかしません。
あとなんで今更闇の魔法使い勢を復活させたのでしょうか。36話で封印されているデウスマストの眷属がまだ存在することが明らかになっているので、
彼らを登場させればいいと思うのですが。
[ 2016/11/27 21:27 ] [ 編集 ]

Re: 聖杯クレーマー「親方(女王)に電話させてもらうね」ckrn「や、それだけは」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>しかし、ここ最近のチクルンの傍若っぷりに雲行きが怪しくなりましたがこんなオチなら彼の性格の悪さもある意味納得ではあります。
ここ最近の1、2話ではいまいちチクルンにスポットの当たる回が少なかったですね。
今回のオチから逆算した展開とは思えないので、偶然の一致みたいなものでしょう。
王道のように見えていまいち煮え切らない展開ばかりのまほプリにおいては、ある意味当然の結果だったと思います。(褒めてはいない)
むしろこんな有様で、
>「妖精界が侵略された」とか「女王や仲間たちが人質にされた」
みたいな理由だったらそっちの方が驚きそうです。どうなってるんだ、俺の感覚は…
[ 2016/11/27 23:53 ] [ 編集 ]

ORBA「いいんですかぁ~CKRNさん?俺バラしちゃいますよ~?」

まさか日曜の朝から相手の弱みを握って「何でもする」と言わせて言いなりにさせるどっかのホモビみたいな展開をアバンから見せられるとはたまげたなぁ~。

今回はどう考えてもチクルンというキャラの掘り下げ不足が目を引きました。敵の言いなりになってスパイしたりリンクルストーンを奪うのは結構なのですが、それに対して罪悪感を感じたり反省したり悩んだりする描写が必要だったと思います。どんなに悪事を働いても素直に悔い改める気持ちがあれば許されるのがプリキュアシリーズの伝統ですが、だからと言って改心に至るまでの過程や葛藤を無視してはいけない(戒め)

敵組織がデウスマストになっても敵幹部退場回の軽さは変わりませんでしたね。シャーキンスさん、同じ巨大化でも巨大MAの時連邦軍の前線基地を焼いたり山の形を変えたりと嵐の中で輝いてた戦果は忘れないよ(笑)
[ 2016/11/28 01:38 ] [ 編集 ]

Re: ヒメルダ・トワ「解せぬ」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

チクルンのオルーバに従う理由については皆さん驚愕しているようですね。
私としても、多分まほプリ史上驚愕の事実だったと思います。悪い意味で。
こんな有様のキャラクターでも迷うことなく許す我らが朝比奈みらいはある意味悪役より恐ろしいです。

>OPの映画CMのように分身を作った方が絶対良かったです
作画陣が耐えられないので多分無理です…
[ 2016/11/28 22:40 ] [ 編集 ]

Re: CKRNは妖精のクズ、はっきりわかんだね

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>でも畜ルンは性格が怠惰な上に性根もアレで、サボりバレたくないからオルーバに従ってたとなれば、こいつのどこを好きになればいいのでしょう。
オルーバが彼を勧誘する流れ自体が少々ヤケクソ染みたものだと感じました。
あの理由のテキトーさを知ってしまった今では、とても最初から計算された展開だとは考えられません…
仰る通り、チクルンはプリキュア史上しょうもない妖精だと思います。

>もっと魔法界のプリンということで魅せる手段があったと思います。

材料も作り方も普通のプリンなんだよなぁ…
でもハチミツプリンって普通においしそうです。
[ 2016/11/29 00:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、コメントありがとうございます。

>私には保身のために世界を滅ぼそうとする組織に加担するどうしようもない奴にしか見えませんでした。
この辺許しちゃう辺りが本当にまほプリらしいと思います。(褒め言葉ではない)
経歴がどうあれ、一点でも自分たちの気に入るところがあれば即仲間として認めるとは…
やり取りが賢くなさすぎます。

>本当に幹部退場回なの?と首を傾げたくなるような内容でしたね…。
この作品において、過去に「盛り上がった幹部退場回」なんて存在しなかったので
ある意味まほプリらしいです。(褒め言葉です(ry
[ 2016/11/29 00:37 ] [ 編集 ]

Re: ORBA「いいんですかぁ~CKRNさん?俺バラしちゃいますよ~?」

黄瀬きゃすばる様、コメントありがとうございます。

>今回はどう考えてもチクルンというキャラの掘り下げ不足が目を引きました。
チクルンのキャラを立てる猶予は十分にあったはずなんですけどね…
いいヤツっぽく見えますが、結局自分本位である点については何ら変化がありませんでした。
「使命を描かない」というのは細かいキャラ描写を省きたいが為のごまかしにも思えるようになってきました。
[ 2016/12/01 01:05 ] [ 編集 ]

蜂「言うとおりにすればバラさないでくれるんですか?」オルーバ「おう考えてやるよ」

「敵方に協力してたキャラが改心する」という王道エピソードにおいて、おおよそ自分が知る限りでは最低の内容でした

チクルンがオルーバに従ってた理由がまずふざけてるとしか思えない。軽い動機から悪事に加担したのが、どんどん深みに嵌っていって自力で抜けるに抜けられなくなる…とか、そういう感じでもないですしね。
子供が楽しめるよう深刻にしたくない? 中学生女子が戦いに没頭するのはおかしいから使命感を持たせたくない? ストーリーとキャラを作りこむことを放棄してるだけだろうが。子供を言い訳に使うんじゃねーよボケ共が。
しかもサボり癖が原因でそうなったにも関わらず、全く反省の色が無いってのも、いやあキツいッス。これ見よがしに悪態つくし態度を弁えず舐めた口利くし声汚いし、正直身内には絶対要らないです。まさかミルクより嫌いな妖精が出るとは思わなかった。
身内に胡散臭がられながらも自分の仕事をこなし、主の死を前にして涙を流しながら嘆き怒り、命を投げ打ってでも仇討ちを挑んできたヤモーのほうが114514倍共感出来ます。二人の扱いの差が、ギョロ目のヤモリ男と見てくれだけ可愛い蜂という外見から来るものだとしたら、自分は本気でスタッフの人格を疑います。

あと「リンクルストーンが無ければ変身出来ないんだから、みらリコはーを見逃しても問題ない」というチクルンの出張。もっともに聞こえますが、デウスマストが降りてくれば全てが滅びるのだから本当に3人から手を引いたところで全く無意味。
まあオルーバ達からすればそのほうが良いのかも知れません。現状みらリコはーには「デウスマストとその眷属を倒して世界の崩壊を食い止める」といった目的意識は欠片も無いわけだから、放置しておけば邪魔して来ることはない。ただ2人+αの世界を邪魔せず、デウスマストが降りてくるその瞬間を待っていれば良いだけ。改めて考えるとひでーな本当。

速水さんはお疲れ様でした。次はまともな役を演じられるよう願っています。
[ 2016/12/04 02:18 ] [ 編集 ]

Re: 蜂「言うとおりにすればバラさないでくれるんですか?」オルーバ「おう考えてやるよ」

つがな様、コメントありがとうございます。

>あと「リンクルストーンが無ければ変身出来ないんだから、みらリコはーを見逃しても問題ない」というチクルンの出張。もっともに聞こえますが、デウスマストが降りてくれば全てが滅びるのだから本当に3人から手を引いたところで全く無意味。
よく考えたらそうでしたね。あの時のチクルンではそこまで気が回らなかったのでしょう。
ただ、待っていればデウスマストが復活するのですから、下手にプリキュアにちょっかい出すよりは
じっと黙って待って、最終的に総力戦に挑む方が合理的だと思います。
まあ、あんまり深く設定を考えてないんでしょう。きっと。
[ 2016/12/05 01:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1460-b3873b8d


魔法つかいプリキュア! 第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

魔法つかいプリキュア!の第42話を見ました。 第42話 チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン! オルーバに報告していたチクルンはシャーキンスがプリキュアを叩きつぶすと言ってきたためにリンクルストーンさえ奪えばプリキュアを始末できたも同然だと言ってしまう。 「貴様、まさかプリキュアに情でも移ったのではあるまいな?」 「全然そんなことありませんけど」 「真か?」 ...
[2016/11/27 15:04] URL MAGI☆の日記