今週の魔法つかいプリキュア! 44話

魔法つかいプリキュア! 第44話 『モフルン大奮闘!みんな子供になっちゃった!?』

まほプリep44 0

東アニが『ポッピンQ』を製作したのは、本来プリキュアが描くべき「成長描写」をサボってるからなのではないか、と思ったり。
あのアニメもどう転ぶかは分かりませんが…
水晶さん「様々な試練を乗り越え、彼女達は成長しています」
こ、これは… 新手のギャグシーンなのだろうか?(大困惑)
そもそも製作側(と言うより脚本家1人)が「成長描写なんて無駄」と明言しておいて、一体どの口が言えるのでしょうか。そんな44話目。

一応、「プリキュアが子供になる」という展開をただのギャグ描写ではなく、
曲がりなりにも正当な理由があり、本筋のシナリオに関わらせたことは賞賛に値すると思います。
(こういった筋の通った行動をするのはプリキュアではなく悪役なのはいつものことです。)
褒められる点は、多分それだけです。

子供になってしまったプリキュア達のはしゃぎっぷりを描くにしちゃあ、戦闘時では普通に変身できてしまったので中途半端です。
どちらかと言えば、「普通に変身できるのはフェリーチェだけ」という展開にすればよかったと思います。(他2人は幼児状態のまま変身)
フェリーチェの力がイレギュラーなものだという証明にもなりますし、幼児状態のプリキュア2人にヨクバールが危害を加える描写を入れれば、
フェリーチェが言い放った「2人を巻き込まないで」という台詞にも説得力が生まれます。
作中では3人とも幼児状態であることを全力で楽しんでいたので「巻き込まないで」と言われてもピンときませんでした。
今回の話を「モフルンメイン」だと捉えようにも、先述したフェリーチェの要領を得ない宣言のせいでどうにも不完全燃焼です。
戦闘中はひたすらモフルン空気でしたし…

敵側が都合よく動いてくれているおかげでストーリーは何とか進んでいますが、
そのメインストーリーは、ことは/キュアフェリーチェが中心人物となっています。
即ちみらいとリコは蚊帳の外です。2人ともプリキュアの使命に関わろうとしないせいで、話が進むだけ存在感が薄くなる事態になってしまいました。
リコは将来の進路について悩んでいた描写があったのですが、ちゃんと回収してくれるのでしょうか? 尺的にはもう余裕はなとそうなのですが。
みらいはもう何かどうでもいいや。



ところで、今のプリキュアグッズにおける稼ぎ頭はモフルンらしいですが…
今回のお話もモフルンの玩具を売り込むために設定された、という声もちらほらと見かけます。
一見伸びしろであるアイテムを売り込むために更にアピールする行為は理に適っているとは思いますが、
「グッズの中で1番売れているということは即ち、「グッズの中で1番家庭に普及しているということでもありますよね?
作中でもモフルンは1体しか存在しませんから、グッズを買うにも1つあれば十分ですし、
仮に子供が複数体欲しがったとしても、親御さんとしては「同じグッズは2つもいらない」と判断しかねません。
そのような事態にならないために、ニチアサのような販促番組は年末に新アイテムを登場させて売り込んでいるはずなのですが…
というか、例年のプリキュアもそうでしたよね?

今になってモフルンをアニメでアピールする意味はどれほどの意義があるのでしょうか?
私はこういった商業についての知識は非常に疎いです。きっと天下のバンダイさんには私には思いつかない販売戦略があるものだと信じています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/11 15:04 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(1) | CM(6)

knhr「シリ構なんか必要ねえんだよ!」

以前、「鐘弘亜樹=井上敏樹の娘」という説を紹介しましたが私は會川昇氏の別ペンネ―ムの可能性を推します。
BONESのオリジナルアニメ「コンクリートレボルティオ」のノベライズもしているので何と無く…

>東アニが『ポッピンQ』を製作したのは、本来プリキュアが描くべき「成長描写」をサボってるからなのではないか、と思ったり。
>あのアニメもどう転ぶかは分かりませんが…
『君の名は。』『聾の形』『この世界の片隅に』………今年は分が悪かったとしておきましょう…

ドタバタギャグ回かと思われましたが、仰るとおり筋の通ったシナリオで色々補完も見られたエピソードでした。
復活したガメッツはプリキュアと戦う理由を立派に成長(したように見える)フェリーチェに見出したり。
自滅したとは言えヤモ―に次いでドクロクシ―に対する忠誠を持つバッティが戦意損失してチームから抜けたりと
過去ろくに描写が無かったとは言え彼ららしい行動で性格が掘り下げられたと言えます。
アンチの間でも「鐘弘回はマシ」という意見は見られますが構成の意向を無視することでマシになる様です…
しかし、仰る通り物語を牽引していたのはオルーバ達敵サイドであって師走のこの時期に於いてプリキュアが全くの受け身と言う…
次回はどうやら今まで散々放置された校長とクシィの関係もやっとクローズアップされるようですし、とことんプリキュアが蚊帳の外です。

>子供になってしまったプリキュア達のはしゃぎっぷりを描くにしちゃあ、戦闘時では普通に変身できてしまったので中途半端です。
良い意味でも悪い意味でも拘りが見られたスマプリの「コドモニナール」を今回の製作体制でパロるのは無理だったという事でしょう。
しかも、シリ構の尻拭いで物語の補完まで合わせて行わなければならない訳ですから…
今年は上に挙げた作品群の大ヒットで劇場アニメ大豊作の年と世間は活気に満ちているようですが、実際のアニメ制作現場は惨憺たる状況です。
今クールでは放送を落とす深夜アニメが続出してます、「夏目友人帳」や「ブレイブウィッチーズ」の様な人気シリーズまでもが…
大手東映が落とすことはまずあり得ないでしょうが、人気が盤石なタイトルから優先的に手を抜く悪癖は昔から健在です。
もしこの魔法つかいプリキュアを「販促は成功したから、以降もこの方針」と上層部が判断したら現在の仮面ライダーと同じ状況に陥るでしょう…
…今日は業界全体に対する愚痴が多めになってしまいましたセンセンシャル!
[ 2016/12/11 20:41 ] [ 編集 ]

キャシー(水晶玉)「詳しくは雑誌で」

こんばんは。今回はギャグ回だと思って(少し)楽しみにしてましたが実際は中途半端なシリアス回でした。みらい達の子供化とモフルンの奮闘ぶりは微妙でしたがオルーバと旧三幹部とのやり取りとガメッツがフェリーチェがはーちゃんだと気付くシーン、それを無視して核心に迫るオルーバとシリアスパートの方は良かったです。ひたすらエメラルドに執着するスパルダに強者を求めるガメッツと目的を失ったバッティ、前半では感じられなかった旧三幹部の人間臭さは魅力的ではありましたが何故?とも思いました。もしかして方針が変わったのでしょうか?今回は子供化の話を入れずにガメッツ達の復活と掘り下げ、ことはの謎解きにテーマを絞って物語を作った方が良かったと思います。「成長描写は無駄」というシリーズ構成の発言は自分も唖然となりました。どの子供向けアニメでも成長描写は入れてますし、むしろキャラクターが成長していくのに魅力を感じている子供はいっぱいいると思うのですが…。これについては三塚SDの考えも大きかったようです。三塚SDもプリキュアだからって人助けをしたり世界を救う為に戦ったりして身を削っている事に疑問を持ってましてそれが理由で今回みらい達に使命感を持たせなかったそうです。ただし、ことはだけは使命を背負っている子とも言ってました。まあシリーズ構成曰わく「代わりに全編を通してみらい達が変化していく様を描いてきた」そうですが自分にはよくわかりませんね。次回は校長とクシィの話をやる…と思いますが、オルーバとスパルダの関係が気になって仕方ありません(笑)
[ 2016/12/12 01:17 ] [ 編集 ]

>そもそも製作側(と言うより脚本家1人)が「成長描写なんて無駄」と明言しておいて、一体どの口が言えるのでしょうか。そんな44話目。

そういったコンセプトと「1年通して女の子が変身して世界の破滅を目論む悪者と戦うストーリー」はすこぶる相性が悪いと思うのですがね…。
いっそのこと敵の存在やバトルを一切失くして、コメディ路線に絞った方が良かったんじゃないかと思います。

そういえば別のインタビューで、「子供が見たいのはプリキュアなので、敵側のドラマはあまり描かない」という発言があったのですが、
来週はスパルダとオルーバの絡みがあったり、バッティが改心しそうな素振りを見せていたり上記の発言と矛盾するような内容になりそうです。
そこら辺を言及したらどういう言い訳が出てくるのか非常に気になります。

夕飯時にみらい母が風邪はどうなのかと聞いてみらいは訳が分からないという反応でしたが、そうなるとこの母親は一度もみらいの様子を見に来ていないということになってしまいます。
最低でも夕飯を作る前に体調はどうなのか、食事はとれそうなのか聞くべきですよね。
[ 2016/12/13 20:39 ] [ 編集 ]

Re: knhr「シリ構なんか必要ねえんだよ!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>次回はどうやら今まで散々放置された校長とクシィの関係もやっとクローズアップされるようですし、とことんプリキュアが蚊帳の外です。
正直、今まで散々放置しておいて何をいまさら… という気持ちが強いんですけどね。
クシーのネタを引っ張り出すには不自然にブランクが開き過ぎです。
視聴者はともかく、プリキュアの皆さんは彼の存在を忘れていても不自然ではないと思います。
とても考えられた展開とは思えないです。シリ構の方の意図とは違うんでしょうね。
[ 2016/12/17 18:51 ] [ 編集 ]

Re: キャシー(水晶玉)「詳しくは雑誌で」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>「成長描写は無駄」というシリーズ構成の発言は自分も唖然となりました。
どちらかと言えば、「お説教臭い展開は描きたくない」という意図があるんだと思います。
でもプリキュアという勧善懲悪モノを描く上で、敵と対立して啖呵を切るようなシーンがあるのは必然です。
多少積極臭くなってしまうのは当たり前だと思います。それらを放棄してひたすら内輪で楽しむだけの姿勢のヒーローなんて見応えがありません。

いずれにせよ、敵キャラの描写が増えていたり、話の中でも明確な「成長」といった言葉が出てきたりと、
村山氏が当時から抱いていた構想とは少しずつ変化が生じていると考えています。
話を描く意思は感じられますが、やっはりプリキュアには向いていなかったということですかね。
[ 2016/12/17 22:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、コメントありがとうございます。

>そういえば別のインタビューで、「子供が見たいのはプリキュアなので、敵側のドラマはあまり描かない」という発言があったのですが、
来週はスパルダとオルーバの絡みがあったり、バッティが改心しそうな素振りを見せていたり上記の発言と矛盾するような内容になりそうです。
そこら辺を言及したらどういう言い訳が出てくるのか非常に気になります。

私の想定としては2つあり、
①このまま村山氏に任せてはいけないため、別の脚本家などのスタッフが舵を戻している最中である。
②流石の村山氏も当初の構想では物語が進められないと判断し、少しずつ路線を変更している
のどちらかだと思います。
何れにせよ村山氏が最初に掲げた構想は、仰るようにプリキュアに向いていなかったと思います。

>最低でも夕飯を作る前に体調はどうなのか、食事はとれそうなのか聞くべきですよね。
倫理的にはともかく、オチとしてきちんと機能していたので、私はそこまで文句はないです。
[ 2016/12/18 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1472-b2cfafa3


魔法つかいプリキュア! 第44話「モフルン大奮闘!みんな子供になっちゃった!?」

魔法つかいプリキュア!の第44話を見ました。 第44話 モフルン大奮闘!みんな子供になっちゃった!? ある日、オルーバによってみらいとリコ、はーちゃんが小さな子どもになってしまう。 そうとは知らないみらい達は校長先生に相談しようとするけれど、子どもなために校長先生そっちのけでワイワイしてしまう。 鳥を魔法のほうきで追いかけたり、魔法で部屋いっぱいのパンケーキを出したり...
[2016/12/11 19:48] URL MAGI☆の日記