今週の動物戦隊ジュウオウジャー 42話

動物戦隊ジュウオウジャー 第42話 『この星の行方』

ジュウオウep42 0

窓にスクリーンはめ込んで世紀末的な映像を流すドッキリを思い出した
43話目。前後編の後編という立ち位置ですが、前回で大きな引きがあった割には随分とシンプルな印象です。
年末商戦に備えてなのか、ロボは沢山登場しましたが… やっぱりタコが浮いてらっしゃる。

仇敵に恐怖を抱き、自暴自棄の果てに自分を売る(至言)ことに決めたクバル、
仲間のために、過去と恐怖に別れを告げた操、
未だ過去から抜け出せずにいる大和という、3人の対比が印象的でした。

ただし、今回の話で成し遂げたことはあくまでもクバルを倒したことだけです。
大和と父親の確執、及び大和が前回操に対して妙に過保護精神を出していたことに関してはまだノータッチです。
今後それらを解くカギとなるのは… 次回はいよいよ万里夫おじさんに正体がバレるみたいですし、彼が大役を担うのかも?
(父親との確執に関しては、恐らく「病床の母の傍にいてやれなかったこと」とかそういうの何でしょうけど)

アザルドに関してはより謎が増えました。
バドは「この星の生き物なんじゃないのか!?」と言っていましたが、少なくとも私は正方体塗れの生き物を見たことありません。
彼の身体を構成するキューブとアニマルキューブの繋がりを見出したんでしょうが、着地点が一体どうなるのかサッパリ分かりませぬ。
年末商戦真っ只中の割にはバドの集めたキューブも登場していませんし、バンダイと香村さんの思惑とは一体…
関連記事
スポンサーサイト

ナランチャ「何をやったって、しくじるもんなのさ。 ゲス野郎はな」

こんばんは!


クバルが退場しました、おわり


大筋が一行で済む回は久しぶりな気が……
大和と父親の確執が判明する一方、みっちゃんはようやくトラウマから抜け出し確かな成長を見せてくれましたね
洗脳時の「レベルが違うんだよ!」をまさかこんな使い方をしてくるとは……思わす涙ぐんでしまいました
その一方でクバルは同情の余地の無い下衆っぷりを見せてくれました
こりゃ復讐も失敗するわ……
[ 2016/12/18 18:32 ] [ 編集 ]

バド「お前GMTTなんだろ?(周知の事実)」 アザルド「お前KMNライダーなんだろ?(周知の事実)」

遂にクバルを倒したと同時に操がやっと一皮むけたと言えるバトルでした。
おっしゃる通りジニスに対する恐怖を克服した操と、屈服したクバルとの対比。
それを見た大和が自分が意固地な事を自覚したりと次への引きの印象も強いですね。
ニチアサで岩田光央さんの演じたキャラと言うとプリキュアSSのドロヘドロ!(名作)
ドロドロン位しか知りませんが、相変わらず怪演が光りますねw
あと小ネタとしてレオ&セラ組の絡みが久しぶりに見れました、ナリアに紳士的に接し足を掬われ
見かねたセラに文字通り一蹴されると、今後進展はあるのかは不明ですが香村さんは2人の設定を忘れてませんでしたね。

次回のクリスマス回で正体バレとはフレッシュプリキュアを思い出しますw大和の過去を知る人物ですから色々判明しそうです。
バングレイに母親の死を二度も見せられるというショッキングなイベントを経た今だと父親との確執は少々インパクトが弱いですね。
[ 2016/12/18 19:15 ] [ 編集 ]

因果応報

今作のことだから改心・和解は無いだろうと思ってましたが、予想を上回る惨めな末路を辿ったクバル。
これまで精神的に痛めつけるゲームを重ねてきた彼が、プライドも頭脳も全て叩き折られて錯乱・暴走した末に誰にも悼まれる事なく退場、というのはまさしく因果応報と言えます。そもそも大和達の言うとおり、「故郷を滅ぼされる」事の痛みは知っているはずなのに同じ事を繰り返してた時点で、クバルに「他人と痛みを共有する心」が無い事は明白でしたし。
そして裏切ったとはいえ、側近の死に様さえ「面白かった」で済ませるジニス様は本当にブレない。中の人の井上さんはもっと重たい声で演じる予定だったらしいですが、結果的には底の知れない恐ろしさが出てるのでこれで大正解。

あとは遂に恐怖を克服したみっちゃんと、父親との確執がはっきり描かれた大和ですかね。此処に来て雰囲気が逆転するか。
ただ母親が亡くなる時の回想で「一人にしないで」と言ってるところを見るに、それが直接の原因ではない感じもします。仕事にかまけて全く家に帰って来なかったから燻ってて、そして妻の死に目にも会わなくて遂にそれが爆発したという感じでしょうか。
まほう何とかと違って基本丁寧にやってるから、ちゃんと回収は出来ると思いますが。
[ 2016/12/19 15:21 ] [ 編集 ]

Re: ナランチャ「何をやったって、しくじるもんなのさ。 ゲス野郎はな」

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>洗脳時の「レベルが違うんだよ!」をまさかこんな使い方をしてくるとは……思わす涙ぐんでしまいました
そういえば当初はそんなこと言ってたような。
同じ力でも立場や思想が違うと響いてくるものもまた変わってきますね。
[ 2016/12/20 00:20 ] [ 編集 ]

Re: バド「お前GMTTなんだろ?(周知の事実)」 アザルド「お前KMNライダーなんだろ?(周知の事実)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>バングレイに母親の死を二度も見せられるというショッキングなイベントを経た今だと父親との確執は少々インパクトが弱いですね。
幼少期の頃から関係がこじれているみたいですから、結構ドロドロとした問題だと思います。
見ていて気持ちの良いものかどうか… 良いオチに繋がってくれるといいのですが。
[ 2016/12/23 00:45 ] [ 編集 ]

Re: 因果応報

つがな様、コメントありがとうございます。

>そして裏切ったとはいえ、側近の死に様さえ「面白かった」で済ませるジニス様は本当にブレない。
本当にクバルのゲームを面白がって見ていたのか、それとも錯乱しながら許しを請うクバルの姿が滑稽で「面白い」と評していたのか、
井上氏のつかみどころない演技のおかげでどちらとも捉えられていたのが面白かったですね。

[ 2016/12/25 14:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1476-7976c4d4