今週の魔法つかいプリキュア! 46話

魔法つかいプリキュア! 第46話 『魔法のクリスマス!みらい、サンタになる!?』

まほプリep46 0

クリスマスの夜だというのに人がいない…
46話目。最初から最後までクリスマス路線です。
そのため本筋に関わるツッコミどころは少ないものの、それ以外での粗はちょくちょく目立ちました。

冒頭の描写から、みらいとリコの2人も流石にいつも通り呑気に楽しんでいられるムードではなくなったようです。
その代わりことははいつも通りクリスマスを全力で楽しむ気マンマンでした。
立場が逆ではないだろうか? と少し感じました。前回、ことははマザー・ラパーパの生まれ変わりであることが明かされましたし、
自分自身がデウスマストと戦うべき立場であると知った以上、今までのように呑気に遊んでられないと思います。
前回でオルーバを倒しちゃったから、安心してしまったのでしょうか。

まゆみと勝木さんの関係の掘り下げに関しては良かったと思います。何故これと同じ描写を主役にもできないのか…
ただし「例え嘘つきと言われても自分の主張を貫き通す」という考え方は、真っ直ぐで情熱的とも言えますが、
存在するのかも不明なサンタに手紙出してお願いする描写まで加えると、「ちょっとメンヘラに片足突っ込んでないだろうか」という気持ちが過りました。
流石に私の考えすぎだとは思います。はい。それさえ無視すれば文句なしの友情描写でした。
(設定がよく分からないのですが、ナシマホウ界ではサンタに手紙でプレゼントを指定するのが恒例なのでしょうか?)

1番ビックリしたのはみらい達がナシマホウ界にプレゼントを届けるシーンについてです。
ナシマホウ界ではお届けソックスがないために、別の手段でプレゼントを渡す必要があるとのことでしたが、
その方法というのは真正面からチャイム鳴らし、家族に許可を得た上でプレゼントを部屋に置く… というもの。

ただの正攻法かいっ!("゚д゚)
普通に「キュアップ・ラパパ!」って言ってプレゼントを部屋の中に送り込めば良かったのではないでしょうか?
魔法はナシマホウ界で使っても、見られなきゃ問題ないんですよね?
大体「サンタはマホウ界の住人」という設定の割に、魔法らしいこと1回もやってませんよね?
ソリで移動するのは別に徒歩でも問題ないでしょうし、お届けソックスは魔法というかむしろドラえもんのひみつ道具みたいな印象です。

そもそもマホウ界の住人がナシマホウ界に介入すること自体がよく分かりません。
勝木さんやプレゼントの届け先の母親の対応を見るに、恐らくナシマホウ界ではマジでサンタが直接プレゼントを届ける文化が成り立っているようです。
言い方悪いですが、マホウ界はナシマホウ界の伝統的な文化でさえ侵略していたということでよろしいのでしょうか?
「クリスマスプレゼントは、魔法使いの皆さんが届けてるんだよ!」ということをアピールして、子供たちに夢を持たせようとしたのかな?


夢… 持ってくれたかなぁ…?
下手にサンタの存在に触れるのではなく、単純にクリスマスパーティーを楽しませた方がこういった疑問は浮かばなかったと思います。


まほプリep46 1

今年度の放送は全て終了し、残すところあと4話くらいになった魔法つかいプリキュア!。
デウスマストの眷属の復活(だいぶ強引ですが)、明らかになったマザー・ラパーパの秘密、存在価値のよく分からない精霊たちなど、
悠長ではありますが、着実にクライマックスへの準備が整いつつある状況です。
でも私の評価はダントツで低い状態です。1~2クール目と違い、3クール目の半ばくらいからは敵の描写などに
テコ入れのようなものを感じていましたが、本作に対する評価を大きく覆すものではありませんでした。

言いたい事は色々ありますが、1番気がかりなのは、やはり主人公2人が話の中に入っていないことです。
これは異常事態です。過去のプリキュアは大なり小なり不満のあるキャラクターはそこそこいましたが、
それでも皆さん悪役と戦っており、クライマックスに向けて敵と決着をつける準備もきちんと整っていました。
みらいとリコは敵と戦う準備どころか、プリキュアとして戦う覚悟という大前提すら曖昧なままです。
ことはに関しても不安は拭いされません。というかことはとフェリーチェはまず人格のレベルが違い過ぎて同一人物に全く見えません。
フェリーチェの状態で偉そうなこと言っても、ことはに戻ればはーはーうるさいだけです。やっぱり見ていて不安になります。

戦う理由が「一緒にいたいから」という自分本位な理由でも構いませんから、最終局面ぐらいはプリキュア3人が舵をとるストーリーを見せいただきたいと思います。
私に残された最後の希望は、それくらいのものです…



希望といえば、この前の24日に友達と一緒にスターウォーズの映画観に行ってきたんですけど面白くて脱糞
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/25 16:09 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(1) | CM(8)

科学社会の人間からしてみれば、サンタも魔法使いも大して違いは無いと思います。だから魔法使いがプレゼントを渡すというのは、サンタがプレゼントを渡すのと同じくらい夢のある内容かと思います。

少なくとも、とある作品に出てくるサンタよりは夢があるかと思います。

ネタバレになるのでタイトルは言いませんが、その作品におけるサンタとは、人類の上位種で、しかも上位種社会のブラック企業のバイトがやっているということになっております。

バイトの内容は上位種社会で発生したゴミの不法投棄です。不法投棄先として選ばれたのが、煙突のある家宅なのです。人類は上位種が不法投棄したゴミをプレゼントとして、ありがたがっているだけという、とても悲しい設定が記されておりました。

それに比べたら、まほプリにおけるサンタとは、何と夢のあることでしょう。ゴミの不法投棄では無いのですから。

そんなわけで、まほプリのサンタはとても夢のある内容に私は感じられました。
[ 2016/12/25 21:51 ] [ 編集 ]

かな「全て魔法使いって奴の仕業なんだ…」まゆみ「なんだって!それは本当かい!?」

うーん、個人的には何とも言えないんですが、おそらくまほプリの中ではまだマシな部類でしょうか?
ただ、3つだけ言うとすれば、まずサンタが魔法使いだというのはやめた方が良かった気がします。
謎な存在は謎な存在のままにした方がいいと個人的には思っていますので。
あと、みらいの説教はやはりおまいうですね。
そして、最後、なんでクリスマスなのに2人しか街にいないんですかね?
他のみんな人理焼却されて死んだんですかね?
[ 2016/12/25 23:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はっぱカッタートル様へ

あなたが比較に出されている作品とまほプリがどんな関係なのか全く理解できませんし、
そもそもコメントの内容自体よく分かりません。あなたの中で納得しているのであれば別にいいのですが。
[ 2016/12/25 23:56 ] [ 編集 ]

先週、バッティ投手の大健闘→MRI「あっ大丈夫っす…」

アバンのシリアスパートをぶち壊す我らが主人公勢には最早驚きもしませんが…
「デウスマストの復活の兆しに不安になるみらい達にクリスマスを満喫する様促し激励する校長」
みたいな構図には出来なかったのですかね?とことんノーテンキなプリキュアです…

前回、おジャ魔女を例に出して「霊的なサンタが実在する」と予想しましたが悪い意味で予想が外れてしまいました…
「サンタの正体は魔法使いだった」というオチはファンタジックに見えて実際は子供の夢をぶち壊す事実ですね。
フィンランドに公認のサンタが居て世界的に活躍している現実世界の方が夢があります。
あんだけルール破りを繰り返しながら何故この期に親んでピザ屋のバイトみたいな事をするのか?

相変わらず主人公が絡まないドラマパートの方が面白く、かな&まゆみコンビの友情描写は良く描かれてました。
そして彼女達が虐待おばさん(17歳)に襲われることで初めてプリキュアが明確に「人助け」の為に戦ったという点でも功労者です。
しかしサムネの指摘通りクリスマスとは思えない閑散とした街中での戦闘がこのアニメの歪さを物語ってます。
24話と言い、32話と言い魔法使いプリキュアにとってモブの平和と安全は端から眼中に無いようです。

>下手にサンタの存在に触れるのではなく、単純にクリスマスパーティーを楽しませた方がこういった疑問は浮かばなかったと思います。
前作はみなみんが家族に自身の夢を打ち明けるパートと学園でのクリスマスパーティーとの二本立てでしたね。
はるかやきららに比べ、みなみんのテーマ(夢)対するアンサーは予定調和気味ではありましたが年相応ではありました。
ハッキリ言ってみらい&リコは年下のはるかより幼稚なキャラ設定ですね、意図的にしろ最終回迫るこの段階でコレでは…
[ 2016/12/26 00:13 ] [ 編集 ]

Re: かな「全て魔法使いって奴の仕業なんだ…」まゆみ「なんだって!それは本当かい!?」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>謎な存在は謎な存在のままにした方がいいと個人的には思っていますので。
仮面ライダーウィザードはこの辺の設定をよく活用できていました。
というかサンタの存在が世間に知れ渡っているという設定自体理解し難い…

>そして、最後、なんでクリスマスなのに2人しか街にいないんですかね?
他のみんな人理焼却されて死んだんですかね?

描くのが面倒臭かったんだと思います。クリスマスの街並みを描こうとしないなんてますます理解し難いです。
[ 2016/12/26 23:06 ] [ 編集 ]

Re: 先週、バッティ投手の大健闘→MRI「あっ大丈夫っす…」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>「デウスマストの復活の兆しに不安になるみらい達にクリスマスを満喫する様促し激励する校長」
みたいな構図には出来なかったのですかね?

激励させる=デウスマスト関連のいざこざは自分が引き受ける、ということになると思います。
しかし校長先生自身お仕事ができるような人に見えないので、多分自分が引き受ける覚悟がなかったんでしょう。
そう考えると何となく納得できます。悲しいです。

>あんだけルール破りを繰り返しながら何故この期に親んでピザ屋のバイトみたいな事をするのか?
全然魔法っぽくなかったですね。
この期に及んでルールを厳守して、あれほど連発していた「キュアップ・ラパパ」を使わなかったのが凄く不自然でした。

>ハッキリ言ってみらい&リコは年下のはるかより幼稚なキャラ設定ですね
彼女らはきちんと個人の目標を見つけることができるのでしょうかね。みらいリコはともかく、ことはの行く末に関しても曖昧なままです。
まあ曖昧なまま終わらせた方がこのアニメっぽいんですが。悲しいです。
[ 2016/12/27 23:33 ] [ 編集 ]

勝木かな「なーんかごまかされた気がするんだけど…」

こんばんは。大分遅れましたがクリスマス回の感想を。まず勝木かなとまゆみの物語は良かったです。かなが不可思議なものを目撃してみんなに話すも信じてもらえず孤立するも、自分を信じるために前に進むという話は魔法プリらしからぬ重い話ではあるも強い娘だなと思いました。ただ仰る通りサンタクロースに手紙を出す部分はどうかと思いましたが(笑)かつてはそんなかなに引いていたまゆみもかなの手をとって魔法つかいを追いかけるシーンもぐっときました。正直みらリコよりまゆかなの方がプリキュア向きというか「手を繋ぐ」テーマを表現できていると思います。…ただ、確かにまゆかなの物語については実に良かったのですが、今までの勝木かなの「頭のおかしい子」扱いのフォローになったのかというと、個人的には全然フォローになってないと思ってます。むしろ今回の話でかなの「頭のおかしい子」設定が公式のものになってしまいました…。せめて勝木かなの過去をみらリコが知って考え込むようにして欲しかったです。あ、クリスマスについてですが、個人的には「サンタクロースが魔法つかい」だった、というのは夢がある、のではなく逆に「サンタクロースは実際にはいない」という現実を突き付けているように見えます。いつも夢にあふれている子どもたちに対するシビアなメッセージでしょうか?…冗談ですが。スタッフ達はこれまで子どもたちに夢を持たせる話を書いて来ましたが、実際には子どもたちにはどう映ったのか気になりますね。次回、遂に(ようやく)デウスマストが降臨しますが今まで全然成長しなかった(ようにしか見えない)みらい達の手に負えるのでしょうか?今まで不満抜きで心配です。
[ 2017/01/08 00:12 ] [ 編集 ]

Re: 勝木かな「なーんかごまかされた気がするんだけど…」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>正直みらリコよりまゆかなの方がプリキュア向きというか「手を繋ぐ」テーマを表現できていると思います。
>せめて勝木かなの過去をみらリコが知って考え込むようにして欲しかったです。

決して友情形成の描写ができない、というわけではないんですよね。方向性が違いすぎるだけで。
変に捻ることなく真っ直ぐな展開を以前から描けていれば、と悔やまれます。

>スタッフ達はこれまで子どもたちに夢を持たせる話を書いて来ましたが、実際には子どもたちにはどう映ったのか気になりますね。
スタッフ(というより脚本家1人)によれば「女児はプリキュアだけ見れればよい(意訳)」らしいので、
夢云々はともかくプリキュアだけ映せていれば、意には沿っているのではと思っています。
[ 2017/01/08 10:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1485-6bea9b7c


魔法つかいプリキュア! 第46話「魔法のクリスマス!みらい、サンタになる!?」

魔法つかいプリキュア!の第46話を見ました。 第46話 魔法のクリスマス!みらい、サンタになる!? キラキラした飾りでクリスマスムードの魔法界にサンタさんに会いに行ったみらい達はサンタの帽子を被ったグスタフさんやアイザック先生を発見する。 これから魔法界とナシマホウ界の子供達にプレゼントを配りに行く予定だったのだが、アイザック先生がぎっくり腰になってしまう。 動けない...
[2016/12/26 00:18] URL MAGI☆の日記