前回の記事にて、GC550の付属キャプチャーソフトであるRECentral4での出力が確認できたあと、
アマレコTVの方でも出力してみた。

GC550-2-1.jpg

GC550-2-2.jpg

気持ちいいほどの高画質。RECentral4と大きな違いがあるようには思えない。
RECentral4にはライブ編集機能や、マイクの音を一緒に録音する機能などゲーム実況に特化した機能が付いているものの、
普通に録画するのであればアマレコだけでも全く問題ない。



GC550-2-3.jpg GC550-2-4.jpg

左がRECentral4、右がアマレコTV。ぶっちゃけ大きな差はないだろうか殆ど一緒。
録画機能も試してみましたが、どちらも綺麗に撮れていました。
録画面を考慮しても、低負荷であるアマレコの方に軍配が上がりそうな気がしますが…

残念ながらアマレコの標準機能ではaviファイルとして出力されてしまうので、編集する必要があってちょっと面倒。
RECentral4の方はmp4として出力されるのですが…


GC550-2-5.jpg

それを解決してくれるのがGeForce Experienceに搭載されているShadowPlay
本来であればゲームを録画するための機能なのですが、デスクトップPCにおいては
デスクトップキャプチャーとしても使用できるため、使い道が広くて非常に便利。
GeForce Experienceは、近年のゲーミングPCであれば標準搭載されているのではないでしょうかね。

ShadowPlayでキャプチャーする際は、あくまでも「デスクトップキャプチャー」として使用するので、
ゲームプレイ中はゲーム以外の画面を映してはならないという妙な制限がかかってしまいます。
RECentral4だとマウスを動かすたびに録画情報が映ってしまうのですが、アマレコTVではフルスクリーンにしてしまえばその心配もなし。
ここでもアマレコTVに軍配が上がります。

しかもこのShadowPlay、動作が非常に軽い! ゲームプレイ中の負荷はほぼゼロ。
出力されるファイル容量も、RECentral4で録画したものより少しだけ軽いことを確認しました。

結論として、今後GC550を繋げて遊ぶ時はアマレコTV側に出力して、
録画する時はShadowPlayのお世話になりそうです。KH2.8が発売されたらLv1縛りの動画を録り直してみようかなぁ…

何れもそこそこ高スペックなPCを持っていたからこそ実現できた賜物。
初期投資ってやっばり大事ね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/29 22:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1488-be4ef689