今週の動物戦隊ジュウオウジャー 48話(終)

動物戦隊ジュウオウジャー 最終話 『地球は我が家さ』

ジュウオウep48 0

2年連続、最終回に不意打ち喰らって命を散らす蜂須賀さん
遂に始まった最終決戦。安定した出来栄えかと思ってたら妙に急ぎ足で何処かグラグラしたお話でした。

ジニスはメーバの集合体だったそうです。
自身のコンプレックスを紛らわせるために他者を見下し、愚弄していた…というのは別に構わないのですが、
今まで私は「メーバ=ジニスが生み出す量産型雑魚」とばかり思っていたので、
メーバそのものがジニスだったとなると

「そもそもメーバって何処で生まれたの?」
「メーバはどの時点で劣等感を感じていたの?」


という疑問ばかりが沸いて、何だか戦闘に集中できませんでした。
元々、メーバジニス(ジュウオウジャーと戦っていたヤツ)とは別に本物のジニスがいて、その本物ジニスに扱き使われていたメーバは
ある日謀反を起こし、本物ジニスを撃破。以後、メーバジニスが本物に代わってデスガリアンを治めていた…とか想像はできますが、
何れも推測の域を出ません。何故最終回になって新設定を出すという、魔法つかいプリキュアみたいなことをやってしまったのか…

「ジニスの正体はメーバだった」という設定はジュウオウジャーに利点があったわけでもなく、
また「操とジニスは別の存在」という描写は、今更どうでもいいというか言われなくても知ってますという印象が強く、蛇足感が拭えません。
こんな設定なら明かす必要はなく、ジニスの正体は謎のままの方が威厳があって良かったと思います。

ラストシーンも正直度し難い印象です。
せっかく前回で「人間とジューマンの和解の兆し」を見せていたのに、無理矢理2つの世界を融合させる必要はあったのでしょうか。
いくら何でも結論を急がせ過ぎだと思います。かつてラリーさんやバドは人間に迫害されていた過去があったわけですし。
操とラリーさんがやってた人間とジューマンの和解に関するプレゼンは「リカルド・マーセナスの改暦セレモニー」みたいで胡散臭さ抜群でした。
いくら今後のスーパー戦隊との客演があるとはいえ、このラストはちょっと「らしくない」です。
香村さんは上層部にこのようなラストにするよう圧力がかけられたのでしょうか? と邪推してしまいます。


ジュウオウep48 1

はい、というわけで今回でジュウオウジャーは最終回です。
全体的に「地球を愚弄する敵組織」「地球を守るヒーロー」という対立がハッキリしていて、
メンバー間の絆や繋がりもうまく表現できていたと思うので、極めて王道テイストで見やすい作品だったと思います。
また新人起用が当たり前なニチアサ特撮としては珍しく、「主演メンバーの演技が普通に上手い」と感じたことも印象的でした。
(前作ニンニンジャーの主演メンバーの演技がイマイチだった反動もあるかもしれません)

反面、香村さんがシリーズ構成初挑戦だったためか全体的な構成にはちょいちょい粗が目立ちました。
ネット上で結構言われているのが「バングレイ戦が長すぎてその後の展開が駆け足」という意見ですね。
確かに序盤でメンバー間の繋がりの描写に重きを置いてしまった結果、この最終回という重要な展開に影響が出てしまった印象はぬぐえません。
最終盤の展開は何だか魔法つかいプリキュアみたいでした。
とはいえバングレイ戦自体は結構見応えがあっただけに、その部分を否定しきれないのも事実です。
ついでに言うと、玩具があまりカッコイイとは思えなかった…orz

文句が多くなってしまいましたが、ここ数年では癖も少なく勧善懲悪な作風を貫き通してくれたので、その点に関しては満足のいく出来栄えだったと思います。
それではお疲れ様でしたー。
関連記事
スポンサーサイト

なんていうんですかね、「もう最終回か…」という気持ちより先週から「え?今回最終回なの?」って気持ちが強いですね。面白かったのですが過去にもありがちだった「これが最後の戦い!」という雰囲気が感じにくかったというか…。何かいつの間にか最終決戦になっていた、みたいな気分で。
[ 2017/02/05 12:35 ] [ 編集 ]

全体としては良い感じで好きだけど、少なからずアラもある。
まさしくそういう風でした。

これまで戦闘員の出自なんて気にしたことは全くありませんでしたが、確かにこうしてラスボスにまで絡めてくるならもっと描写があっても良かったかも。
ジャグドかプレイヤーの誰かに「こいつらは何処ぞの星で見つけてきた下等生物だ。命令されたことには逆らわない便利な道具さ」とか一言でも触れさせれば、それと一緒くたにされるジニス様の屈辱とか、知った相手は側近であろうとも殺す狂的な部分とかももっと伝わったかも知れません。ジニス様のキャラそのものは最初から全くブレてないんですけどね。一見優雅で寛大だけど、実際は他人が自分に並び立つことを良しとしない狭量な小物。
ナリアはトッキュウのグリッタみたいになると予想した人も多いみたいだけど、「ジニス様のため」に他者、それこそ同じデスガリアンさえ踏み躙って来たわけだからまあ妥当な末路だと思います。というかずっとジニス様の側に居たのに何が地雷なのか把握してなかった辺り、結局デスガリアンは誰一人として真を他人を想ってる奴は居なかったということか。

このラストは自分結構好きでしたけどね。少なくとも魔法何とかよりは。
…というかシリーズ構成が姫プリの人だし、本当にまほプリの逆張りを狙ってるんじゃないかと。「二つの世界が繋がる、というテーマを自分が描くならこうする」みたいな。少なくとも世界融合時に双方が仰天してたり、ジューマンが正体を堂々と晒してたりする辺りそう感じます。何もかも一方的過ぎるんだよ魔法界は。
まあラリーさんとバドが受け入れるの早い、というのは確かに。「繋がっていればやり直せる」という大和の出張を信じたとしても、人間の残酷な顔を知っていて、かつジューマンもずっと人間を排斥する風潮が続いてきた以上また自分達のようなトラブルが起きないとは限らないわけだし、どうしてもそういう不安は付きまとうでしょう。一応大和父がフォローを入れてるシーンこそありますけどね。

1年間お疲れ様でした。
キュウレンジャーも事前情報と予告見る感じ期待出来そうですが、どうも3月に色々詰め込んでくるらしいのが若干心配です。
[ 2017/02/05 12:39 ] [ 編集 ]

あと1、2話あればなぁ…

最後のシーンを見て、「え、これで終わり!?」と本気で思ってしまいました。
最終回予告の後のテロップが「衝撃のラストを見逃すな!」みたいな感じだったので、あれ、衝撃?感動じゃなくて?と先週から思ってたんですがまさかこうなるとは…

バングレイ編はたしかに長かったですが個人的にはとても好きな話が多かったですね。ゴーカイジャー登場回やワイルドトウサイドデカキング登場回はジュウオウジャーの中でも1、2を争う好きな話ですし、大和役の中尾さんの演技など素晴らしくバングレイ編はジュウオウジャーには欠かせないなと思います。

概ねの今回気になる点はWOLTさんと同じなんですが、自分がどうしても気になっていたことを一つ。
ナリアはなぜあれほどまでにジニスを慕っていたんでしょうか。
前回倒されたと思ったナリアが今回出てきたので、何か昔ジニスに助けられたとか絶対語られると思ったんですけどね…

去年のニンニンジャーがアレだったとこととスーパー戦隊40作品目ということで個人的には期待値高めで始まったジュウオウジャー、毎週かなり楽しめたと思います。
長い文章になりましたが、毎週感想を欠かさず出してくれたWOLTさんありがとうございました!
[ 2017/02/05 13:46 ] [ 編集 ]

孤高で残忍なゲームマスターなのかと思ってたら

プライドだけは高くて被害妄想しがちなコンプレックス内弁慶だとは思わなかったぜぇー!

……いやー、前回時点でずいぶん小物になったなーと思っていたらまさか最終回でさらにこんな小物中の小物になるとはさすがに思ってませんでした。
慕ってくれてたナリアを背後から攻撃したのも、何か卑屈ないじめられっ子がせっかく庇って助けてくれたクラス委員長に恩を仇で返してるようにしか見えませんでした……。

これならアザルドの方がまだ……あーでも、アザルドもアザルドで不死身にかまけてバラけた挙げ句に弱点のコア見つかってたからやっぱりラスボスってよりただの前座って気がしないでもないですけどね。

そして唐突な地球ジューランド融合……地球さんがこんなんできるんならバドのこれまでの苦悩は何だったのか、少なくとも人間を排除しようとしてたジューマンまで呼び込んだことになるはずだけどそこは良かったのか、結局悲願達成みたいな空気だったけどこんな強引で良かったのか……そんなことばかり思ってしまいました。

しかしまぁEDは良かったですね!
バドの笑顔でキレッキレなダンスが良かったです!歌詞も全員+全形態分出ましたし。
[ 2017/02/05 14:13 ] [ 編集 ]

今回の最終回に関しては、結構同感ですし、言いたいことも少ないですが、個人的に不満だったのが「ジューマンってどんな存在なのか」「ジューランドとは具体的にどんな所なのか」とかがあまり詳しく描写されてない所です。どちらも1話でしか描かれていないので、あのラストの展開に説得力を感じませんでした。

それとデスガリアンが結局ストーリー的に大して関わらないのも不満でした。本当にストーリー上の役割は「ただ倒される」だだけの存在でした。まあだからこそ、ジニスだけではなくクバルやアザルドも最後まで同情できない悪として徹底的に描けたのでしょうし、こればかりは一概に悪いとは思いませんでした。

とは言えジュウオウジャーと言う作品自体は良かったと思います。この作品を手掛けたスタッフ、必死で演じてきたキャストの皆さん、ご苦労様でした!

来週からのキュウレンジャーも期待しています。
[ 2017/02/05 14:20 ] [ 編集 ]

MRI「(同じラストで)嬉しいダルルォ!?」NRA「やめてくれよ…(ドキプリの思い出)」

うーん、やはり駆け足で終わってカタルシスは弱かったですね。
ジニスの正体に関しては「最強と思われた存在が実は最弱の雑兵の群体だった」というのは面白い設定ではありますが。
作劇には上手く活かせませんでしたね、雑兵の存在を上手く料理したのはFFVIIとかKHですかね?

地に足の着いた思考に至ったジュウオウジャーがMRIみたいなパッパラパーである筈は無く。
彼らの願いが人間界とジューランドを強引に繋ぐ奇跡になるのは不自然ではあります。
それでも人間とジューマンという異なる種族の交流を通して「他者を理解する事の難しさ」というリアルでの社会病理も十分に描けてますから。
最終回後の「一つになった世界」は問題が噴出するでしょうがそれに対して彼等がひた向きに問題解決に取り組む事は容易に想像できます。

筆者様はMLPがお好きなようですが、欧米でこういう「ケモノ」が主流なのは人間が直に演じるとカドが立つ社会問題風刺をするためでもあります。
昨年の「ズートピア」なんか最たるものですし、日本でもクレーム対策で細田作品等で取り入れつつありますね。
香村氏のマホプリに対する当てつけなのか?東映上層部のオーダーなのか?は不明ですが。
急に作品スケールが壮大になったのは「ケモノ系はリアルの社会風刺の縮図」という近年の主流を受けての物かもしれませんね。

何はともあれ2016年度のニチアサで最も安定感のある作品ではありました。
香村氏も初のシリ構で色々不慣れでしたでしょうが本作を通して何か掴んだのではないでしょうか?
特にゴウカイジャー未見の私でも楽しめた客演回は見事でした。
私にとってはニチアサ自体の脱落を防いでくれた救世主ですね、1年間お疲れ様でした。

そしてキュウレンジャーはキャラデザはかなり好みなのですがイキナリ9人組なのがやはり心配です。
久正人先生なだけにトップ絵はアメコミを意識してる印象ですがパワーレンジャーの逆輸入を意識してるのでしょうか?
あと、「前作のロボは角ばってるから今作は球体」って極端スギィ!
[ 2017/02/05 15:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ミルク様、コメントありがとうございます。

今回の最終回はバタバタと色々なことを解決しようとしていて、かなり忙しい印象でしたね。
ジニス自体は前回までラスボスらしい雰囲気を出していたのに、今回で急に小物扱いされて
だいぶ熱が下がってしまったのも残念でした。結局トドメが普通にホエールガンだったのも一因でしょうか。
[ 2017/02/06 21:55 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>ナリアはトッキュウのグリッタみたいになると予想した人も多いみたいだけど、「ジニス様のため」に他者、それこそ同じデスガリアンさえ踏み躙って来たわけだからまあ妥当な末路だと思います。
個人的に下手に救いを入れてほしくなかったので、むしろあの末路は良かったと思います。
やっぱり非道な悪役はそれらしく、因果応報を受けるべきです。

>「繋がっていればやり直せる」という大和の出張を信じたとしても、人間の残酷な顔を知っていて、かつジューマンもずっと人間を排斥する風潮が続いてきた以上また自分達のようなトラブルが起きないとは限らないわけだし、どうしてもそういう不安は付きまとうでしょう。
いくら人々が願おうとむなしく戦争の連鎖が続いてしまう(主にシリーズを管理する公式側のせいで)ガ○ダムシリーズを知ってる身としては、あまり良い雰囲気には浸れません。
それこそまほプリみたいに、「今じゃなくても数年後、異文化交流するために別世界の住人が会いに来る」みたいな展開でも良かったと思ってます。

>キュウレンジャーも事前情報と予告見る感じ期待出来そうですが、どうも3月に色々詰め込んでくるらしいのが若干心配です。
そもそもデフォルト9人の時点で詰め込み過ぎです。今は不安が大きいですね。

なお、コメント投稿の際はタイトルと名前を逆にしないよう注意してください。
今回はNGコメントの中につがな様のコメントがありましたので特例として承認しましたが、
普通なら名前未記入のコメントは承認しませんし、特に対応も致しません。ご了承ください。
[ 2017/02/06 22:04 ] [ 編集 ]

Re: あと1、2話あればなぁ…

たんぽぽ様、コメントありがとうございます。

>ナリアはなぜあれほどまでにジニスを慕っていたんでしょうか。
前回倒されたと思ったナリアが今回出てきたので、何か昔ジニスに助けられたとか絶対語られると思ったんですけどね…

敵側のドラマを割く余地は多かったですね。
クバル中心、アザルドがおまけ程度、という配分でいっぱいいっぱいだったのでしょうか。
ジニスの正体の件といい、もっと掘り下げてほしかったですね。
[ 2017/02/07 00:00 ] [ 編集 ]

Re: 孤高で残忍なゲームマスターなのかと思ってたら

七露様、コメントありがとうございます。

>慕ってくれてたナリアを背後から攻撃したのも、何か卑屈ないじめられっ子がせっかく庇って助けてくれたクラス委員長に恩を仇で返してるようにしか見えませんでした……。
1度取り乱した姿を見られちゃったら、誰であろうと許すつもりがなかったんでしょうね。
最後の最後でせまーい器になってしまいました。

>そして唐突な地球ジューランド融合……地球さんがこんなんできるんならバドのこれまでの苦悩は何だったのか
彼は世界の繋がりを断ち切った張本人なんですけどね。やっぱりその辺をなあなあにはしてほしくなかったです。
[ 2017/02/07 22:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ジフェルト様、コメントありがとうございます。

>個人的に不満だったのが「ジューマンってどんな存在なのか」「ジューランドとは具体的にどんな所なのか」とかがあまり詳しく描写されてない所です。
そうですね。どちらかと言えば後半の方で暗黒面が強調されていたので、いきなり共存の道を歩み出すのは強引だと感じました。
腹黒いのは人間も同じですが、そういうことは劇中でキッチリ話すべきだと思います。

>それとデスガリアンが結局ストーリー的に大して関わらないのも不満でした。
私は特に不満はないです。所詮彼らは侵略者(というより破壊者)側ですから。
敵側の事情も知ろうとせずに戦闘に勤しむ連中なので、ストーリー的にイレギュラーでも問題ないと思います。
[ 2017/02/07 22:32 ] [ 編集 ]

Re: MRI「(同じラストで)嬉しいダルルォ!?」NRA「やめてくれよ…(ドキプリの思い出)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>最終回後の「一つになった世界」は問題が噴出するでしょうがそれに対して彼等がひた向きに問題解決に取り組む事は容易に想像できます。
とりあえず、前向きな方向で未来を示せたのは良かったですね。
ああゆう終わり方をしたのは、きっと製作側も「人間とジューマンが共存する世界」をもう少し描きたかったんじゃないかなとと思います。
それに関しては今後のVシネマに注目ですかね。

>筆者様はMLPがお好きなようですが、欧米でこういう「ケモノ」が主流なのは人間が直に演じるとカドが立つ社会問題風刺をするためでもあります。
ジューマンというネーミング自体がヒューマン(=人間)を意識したものですし、少しだけとはいえ人間とも関わってはいますから、
角を立てずに社会問題を取り上げたとはあまり思えないです。むしろああゆう問題があったからこそ
共存する道が「結論を急ぎ過ぎ」と感じたのであって。ケモノ系はケモノ系を貫いて欲しいです。
まあMLPでも映画で人間出てきましたが…
[ 2017/02/07 23:33 ] [ 編集 ]

ジニス=???

こんばんは!


巷で色々言われてますが、個人的にはジュウオウジャーのラスボスという一点に於いて「ジニス」程相応しい存在は居ないと思います

・「群れ」の概念
ジュウオウジャーがそれぞれ個性の違う「個人」が集まって「群れ」となるのに対し、ジニスはそれ自体が一つの意思に統合された「群体」という点で良い対比になってると思います

・操との関係性
考えてみればジニスが操をエクストラプレイヤーとして選んだのも「劣等感」という共通点に惹かれたのかも知れませんね
しかし、同じように力を求めながらも操が他者との「繋がり」を諦めなかったのに対して、ジニスは他者を「支配、蹂躙」する事を選んだ点も対比の一つと言えるでしょう


また、ゲームマスターとして常に「頂点」にある事を望み、「仲間」も「同情」も切り捨てた結果、全てを失い孤独に破滅していくというのも、常に「群れ」であり続けたジュウオウジャーとの対比と言えるでしょう
最後まで尊大なまま倒されるラスボスもいいですが、こういうラスボスも悪くないと思います
[ 2017/02/09 19:10 ] [ 編集 ]

Re: ジニス=???

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>・「群れ」の概念
そうですね。惜しむらくはジニスが「群れ」であったことの説明が唐突だったことでしょうか。

>・操との関係性
人間におけるジニス(劣等感を振り払う強さを手に入れたらどうなるか、という実験例)を作りたかったのかもしれませんね。
[ 2017/02/12 21:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1517-55b8c24d


動物戦隊ジュウオウジャー 第48話「地球は我が家さ」

動物戦隊ジュウオウジャーの第48話を見ました。 第48話 地球は我が家さ 大和達はジニスの圧倒的な凶悪なオーラにもひるまず果敢に攻めるが、全く攻撃が通用しないどころか、ジニスの作り出した空間に飲み込まれ、次々にやられてしまう。 そんな中でも、必死に突破口を探る大和はジニスの秘密に気付く。 「大和、お前何を見たんだ?」 「ジニスの正体」 「私の…私だけの秘密、見てし...
[2017/02/05 13:57] URL MAGI☆の日記