今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 2話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話 『小さな天才キュアカスタード!』

キラプリep2 0

よかったー、らんこパイセンアイドルになれたんすねー。
2話目です。

新メンバーを迎えるために、丁寧でクセのない友情描写が光るお話でした。
「他人との距離の置き方」と、「スイーツ作りの工程」という、
どちらも繊細な対応が必要になるという共通点で絡めてきたのは上手いと思いました。
ただ、いちかと違い「何故プリンに拘るのか?」という点に関しては明かされていないのは気になりました。
その辺は今後のシナリオ次第ですかね。

あと気になったのが、いちかの中学校シーンに切り替わるのがかなり唐突だと感じた部分です。
プリキュアという作品は、まず第一に学校生活を描くことをベースとする作品だとは思っていますが、
今作では「スイーツを作る」という工程に拘っているせいか、あまり学校生活を意識していないように思えます。
プリキュアメンバーの中には2人高校生が含まれていることもあり、今作における学校生活の描写は従来よりも大きく減少するのではないか? と思っています。
そうなってしまうと前作並みに友情描写が非常にこじんまりしたものになってしまうのではないか? という不安も過ります。
でもその辺はスイーツを作って他の人に売り捌く与えることで対応していくのかもしれません。

バトルシーンについては・・・なんか普通にライダーキックしてましたけど、いいんでしょうか。
見てる分には全然構いませんが、肉弾戦封印とはいったい…
敵をクリームとかで縛り付けて浄化するのはあんまりスカッとしない倒し方ですね。今後の発展に期待。
関連記事
スポンサーサイト

スピードタイプ被った…被ってない?

友情描写で尺をしっかり取った分、戦闘シーンが少々短かかったですが、動き自体はそれなりにあった為、特には気になりませんでした。
クリームエネルギー足にまとってたし、直接じゃないから多分ヘーキヘーキ!しかし五人揃ってからでもいいから固有の名あり浄化技欲しいっすね…
[ 2017/02/12 16:18 ] [ 編集 ]

ick「この辺にぃ、無人のスイーツ屋の厨房(販促物)来てるらしいっすよ」

地縛霊は居ますが…ホールケーキを動かしたポルターガイストくんの正体は長老だった…?
前々作のエンドカードに続き一般通過パイセンには驚きましたw

シリーズ通して知性“的”なプリキュアは数多いですが、ひまりの様に具体的な博識ぶりを見せるのは何気初代のほのか以来な気がします。
そんな彼女を“ナード”と一蹴する事なく受け入れた宇佐美いちかは正にピンク枠に相応しい主人公でした。
今回のシナリオを「乗り鉄と知り鉄との和解」という意見を見て妙に納得してしまいましたw

「スイーツは“思い”だけでも“知識”だけでもダメ、“呪文”を唱えれば何でも簡単に出てくる物じゃない。」
なんといいますか、コレ『魔法』に当てはめても同じことが言える気がするのですがそれは…
兎にも角にも、何故いちかとひまりが惹かれ合いプリキュアに覚醒したのか非常に説得力のある話でした。
長老という賢者枠が加わったものの未だストーリーの背景はハッキリしませんがメンバー加入の序盤は十分楽しめそうです。

>今作では「スイーツを作る」という工程に拘っているせいか、あまり学校生活を意識していないように思えます。
始めて描かれたプリキュアの学園生活でしたが2人の性格の違いを描写する以外は簡潔でしたね。
それでも「(ヘタクソなくせに)バスケの輪に加わるいちか」と「本の虫なひまり」がよく描けており
2人が邂逅する展開としては十分でした。なんといいますか短いながらも「絵に説得力がある」んですよねぇ。
設定を活かせられる学園描写は文化祭が考えられますがその辺は今後のスケジュールとの兼ね合いでしょうか?

>バトルシーンについては・・・なんか普通にライダーキックしてましたけど、いいんでしょうか。
クリームが間に挟まってるし多少はね?
…ですが変身バンクでのクリームを纏うシーンと言い「食べ物を粗末にしている」というクレームにならないか?という懸念も見られますね。
かといってそう言った外部の声に敏感になり過ぎては筆者様が仰っていた「表現の幅が広まり返ってバトルのイメージが散漫になる」事も考えられます。
まぁ何より2話で実質投げた「魔法使いらしい戦い」よりかは試行錯誤をしてくれそうです。
[ 2017/02/12 16:35 ] [ 編集 ]

スイーツは科学と熱弁し話が止まらなくなるひまりに対し、図書館で本を借りて歩み寄ろうとするいちかの描写はとても良かったと思います。
そのため2人が友達になる過程も納得できるものになっていました。

公式ではキラキラルは思いのつまったスイーツに宿るエネルギーらしいのですが、今回の敵のプルプルは工場で大量生産されてそうなプリンからキラキラルを奪っていましたね。
家庭で作るものと工場で作るもの両方にキラキラルあるということは、手作りだけでなく工場で作ることにも焦点を当てることもあるんでしょうか。

>敵をクリームとかで縛り付けて浄化するのはあんまりスカッとしない倒し方ですね。今後の発展に期待。
バンク付きの浄化技が見たいのですが、登場するのはOPのロッド型のアイテムが出てくるまでお預けですかね。だとしたら早くても5人が揃ってからになりそうですね。
[ 2017/02/12 17:50 ] [ 編集 ]

いちか「溶かし尽くせ、泡の巨人…ウィッカーマン!」

2話良かったですね。
積極的な凡骨いちかと引っ込み思案な天才ひまり。
いちかがひまりに寄り添いながら、ひまりを引っ張っていく。
そしてひまりがその知識でいちかを支えてる。
これだから、ひまりがいちかの友達になるし、逆も然りなのですね。

何気に今回物理攻撃があまり有効でない理由が出てましたね。
あの敵専用の理由なのか、ガミーに対してもそうなのか気になるところですが…。
それにしても、肉弾戦なくても中々いい動きしていると思います。
バンク技がないのが寂しいですが、そのうち出ると信じて待ちます。

あと、敵に奪われたキラキラルは敵を浄化することで黒変したスイーツが元に戻ることが判明しました。
これにより、敵と戦う理由・浄化する理由が明確になって良かったです。
[ 2017/02/13 14:37 ] [ 編集 ]

Re: スピードタイプ被った…被ってない?

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>動き自体はそれなりにあった為、特には気になりませんでした。
スピードタイプで被っていることも確かに感じたのですが、
そもそも「非肉弾戦」を名言している今作において、スピードタイプ以外のキャラクターが生き残ることはできるのでしょうかね?
パワータイプなんて、非肉弾戦の今作とは相性最悪だと思いますし。
[ 2017/02/18 23:47 ] [ 編集 ]

Re: ick「この辺にぃ、無人のスイーツ屋の厨房(販促物)来てるらしいっすよ」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>始めて描かれたプリキュアの学園生活でしたが2人の性格の違いを描写する以外は簡潔でしたね。
割り切って描写を限定したのは英断だと思います。
ですが曲がりなりにもプリキュアというのは女子中学生の日常を描くのがメインな作品です。
今後はいちかの中学生活も描かれるものだと思いますが、中学校のお披露目シーンを
アッサリ終わらせてしまったことはちょっと今後にも響いていくのではないかと思います。
根本的に学校生活には力を入れない方針なんでしょうかね。
[ 2017/02/19 00:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

グレイ様、コメントありがとうございます。

>家庭で作るものと工場で作るもの両方にキラキラルあるということは、手作りだけでなく工場で作ることにも焦点を当てることもあるんでしょうか。
単純に考えれば、プリンを大量に作る場所といえば工場が1番イメージしやすいからだと思います。
手作りのスイーツだけでなく、工場にもスポットがあたる展開が今後あるかもしれませんね。
[ 2017/02/19 00:45 ] [ 編集 ]

スカートでバスケはいけないと思います(建前)

チャーハンです。今回はひまりの加入回でしたがひまりが孤立していった過去の描写はかなり重かったです。まだ二話ですが今作は明るい話だけでなく人の悩み・弱さ等暗い部分にもしっかり触れていく方針かなと思いました。後、全体的に話のテンポが早く説明が最小限に抑えられる等かなり話の作り方を変えてきてる印象ですが話自体はわかりやすくて面白かったので違和感を感じるというのはなかったです。ただ流石にクリームエネルギーを纏ってのキックは「あれってセーフなのか?」と思いましたが(笑)、いちかとひまりの関係ですが「考えるより行動派」と「理論家で引っ込み思案」の二人という感じで丁度良さそうですね(前作の二人とだぶる気も…一応しますが(笑))。戦闘シーンはあっさり気味でしたがひまりが「待ってください~せっかく出来た友達を無くしたくないんです」の流れが実に感動的で良かったです。次回は三人目のあおい登場回ですがこの調子が続くといいですね。
[ 2017/02/19 07:05 ] [ 編集 ]

Re: いちか「溶かし尽くせ、泡の巨人…ウィッカーマン!」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>何気に今回物理攻撃があまり有効でない理由が出てましたね。
あの敵専用の理由なのか、ガミーに対してもそうなのか気になるところですが…。

「物理攻撃は効かない」と明言されたわけではないので、恐らく敵専用(プリン形態専用?)だと思います。
公式が肉弾戦を廃止するのであれば、むしろアニメの中でそれ相応の理由を語ってもいいとは思いますね。
[ 2017/02/19 13:33 ] [ 編集 ]

Re: スカートでバスケはいけないと思います(建前)

チャーハン様、コメントありがとうございます。

コメント返信が遅れてしまい、申し訳ございません。

>後、全体的に話のテンポが早く説明が最小限に抑えられる等かなり話の作り方を変えてきてる印象ですが話自体はわかりやすくて面白かったので違和感を感じるというのはなかったです。
きちんとスポットを当てるべき部分を絞り込んでいた印象ですね。
細かい掘り下げようは残されているものの、キャラの概要はきちんと掴める構成なので、とても良いと思います。
[ 2017/02/26 00:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1525-48d09714


キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話「小さな天才キュアカスタード!」

キラキラ☆プリキュアアラモードの第2話を見ました。 第2話 小さな天才キュアカスタード! 妖精のペコリンと出会い、突然、伝説のパティシエプリキュア・キュアホイップに変身したいちかはおしゃべりするカバンと出会う。 このカバンは持ち運びができるパティスリー工房だということが分かる。 そんなある日、いちかは「“どでかプリン”入荷!」のチラシを見て、商店街にあるお店に猛ダッシ...
[2017/02/12 14:57] URL MAGI☆の日記