今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 43話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 『たどりついた真意』

鉄血ep43 0

そのためのバエル… あとそのための阿頼耶識? 権力! 勢力! 暴力!
約30分間に渡ってマクギリスが「バエル手に入れました! 超嬉しいです!」と視聴者に根絶丁寧に説明するお話でした。
しかしガエリオとアインのゆゆうじょうぱぱわーのせいで邪魔されてしまいました。
ちゃあんとエドモントンの戦いで仕留めてればこんな拗れた問題にならなかったのにねぇ…

遂にギャラルホルンの中枢を掴んだ(らしい)マクギリスと、それを良しとしないアリアンロッドの部隊という、勢力が二極化したことで今週の話はおしまい。
これは… 鉄華団が早速空気になってしまいそうです。オルガはいつまでマクギリスの傀儡を続ける気なのでしょうか。
火星の王になることが絶対ではない、皆で笑い合える安住の地が欲しいのであれば、決断すべき時はそう遠くないはずです。

でもこのギャラルホルンの内輪もめ騒動、今までのローテーションから鑑みるに解決するまであと2話くらいは引き伸ばされるんじゃないかな。
次回予告から察するに、44話は整備するだけで終了、45話はちょっとだけ戦う、46話でそれ相応決着がつく…という展開かな?
46話からは3月に入るので、バエルとガンダムフレーム機(恐らくキマリスの改修機?)の販促のために登場するのは間違いないでしょう。
とりあえず来週は地味な話になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/12 18:51 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(2) | CM(14)

スススとヴィダールの戦闘はもうちょい激しいのを期待しただけに残念でした。

バエルがどうしてギャラホの掌握と繋がるものなのか、そこらへん次回でしっかり説明してほしいです。
[ 2017/02/12 19:28 ] [ 編集 ]

完全にガリガリが主人公でしたね。

バルバトスがラスボスに付き従う右腕みたいな扱い
[ 2017/02/12 19:32 ] [ 編集 ]

アインデバイスを入手しました…………ストックします(伏字無し)

やっぱりフロントミッションじゃないか(伏字無し)
スクエニはフィギュアヘッズとかいうボダブレのパクリは要らないからFM6作ってどうぞ。

なんだか唐突に始まったマクギリスのクーデターですけどガンダムバエルを手に入れるまでの過程はアッサリでしたね。
結局本部の地下に隠してあった訳ですけど何故物語終盤まで入手に苦労したのかイマイチ分かり難い。
前々から仄めかされていましたが、「イズナリオ・ファリド 虐おじ説」はマジだったようです…
ライダー。援軍を要請して!(クラウド・ストライフ)

遂に仮面を取ったガエリオですが、マクギリスと戦う大義こそあれ、やはりアリアンロット側に着くのは腑に落ちません。
ラスタル個人に対する恩義はあれども彼がギャラルホルン腐敗の中枢に居るのは事実ですし…
まぁ、ミリアルドも敢えてホワイトファング側に着くことで「強者」であろうと足掻きましたが…

>これは… 鉄華団が早速空気になってしまいそうです。
空気どころかマクギリスとガエリオの間に割って入った三日月は明らかにおじゃま虫状態でしたね。
このアニメの主人公でありながら全編通して三日月の「宿敵」が居ないことがこの段階でネックになっています。
こうなるとオルガが三日月を上手く導けるか?なのですがマクギリスと手を切る決定的な亀裂が今のところ無いのも事実。
序列一位とは言え、MSに過ぎないバエルが何故この戦力差を覆せるのかは興味深いです。
単なる「御旗」って訳でもないでしょうし…
[ 2017/02/12 21:20 ] [ 編集 ]

何と言いますか、全体的に鉄華団の面々が消え去っていたのが気になりました。
パイロット専門の昭弘やシノはともかく、一応のメインヒロインたるクーデリアとアトラ、大本命のハッシュ君はどうした……。

それはさておき、マクギリスがとうとう本性を表しましたね。一人称が「私」から「俺」に変わった瞬間、「あ、櫻井さんガチだ」と確信しましたね。ごめんよ、変態ロリコンサインペンとか言って…。
また、後付けながらもガエリオの「嘘だぁぁぁぁ!!」の真意がより深く掘り下げられているのも、中々に好印象でした。
それにしても、この光景を見たアルミリアはどう思ったんでしょうね。そっちの方が心配です。

バエルは純粋に格好いいと思えました。ルプスレクスのゲテモノ増し増しな改造と対照的な、シンプルなシルエットはこれまでのマクギリス機に通ずる物を感じます。アグニカ・カイエルがこの機体の本来のパイロットである事は確定しましたが、眠りに就いていたという意味が気になります。
今回明かされた擬似アラヤシキみたいな物なんでしょうか? だとしたらマクギリスもヤバそうですが、果たして。
[ 2017/02/12 22:54 ] [ 編集 ]

どうなるんでしょうねこの戦い。
確かにマクギリスは危険人物っぽいんですが、ガエリオの背後にいるラスタルもそれに劣らず黒いという現状。
正直どちらについても鉄華団の未来はあまり明るくはなさそうです。
[ 2017/02/13 02:05 ] [ 編集 ]

マクギリスvsガエリオをここまで乞うご期待!しちゃった以上、ある程度、ミカヅキが食われちゃうのは仕方ないのかな。
まぁ、先のことを心配しても仕方ないんで、ナイスバトルを期待したいと思います。
[ 2017/02/13 18:48 ] [ 編集 ]

ショッカー「死体確認しないとか三流だろwwww」

ゲル・ショッカー「死体確認せずに勝利宣言するからだぞ」
デストロン「まったくだ」

ついに姿を現した(現された)バエル。300年寝てただけなのに…。マッキー「それが権力!僕の求めていた力!」あれどっかで見たぞ?さて、最後に笑うのは誰か…というか鉄華団以外みんなギャラルホルン=敵、だからギャラルホルンの誰かが笑うことになったらそれはそれで…。

ガエリオの正体がヴィダールだったなんて…(棒)一体誰リオ・某ドウィンとか言われていた時が懐かしい。それにしても三日月が体機能を犠牲にして得た阿頼耶識の能力を、アインを使って操れるとかチートもいいところでは。また三日月がモットチカラヲーしてしまう可能性もありますね。

しかしマッキー、アインの件で得たとか言ってたけど、CGSなどで使われている阿頼耶識手術とマッキーの阿頼耶識手術は違うものなんですかね?阿頼耶識の性質上、ナノマシンが定着するのは成長期の子供だけ、ということだったはずですが…。
[ 2017/02/15 20:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

スススって何の事だか一瞬分からなかったんですけど、
バルバトスルプスレクスの略称だったんですね。びっくり。
[ 2017/02/19 00:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

四章で眠らせて来るぱぴぷぺぽ様、コメントありがとうございます。

三日月とガエリオ、片や主人公、片やサブキャラでも
戦う意志と理由が違えばここまで立場が変わるものなのか、と思い知る展開でしたね。
今後三日月が主人公らしさを発揮するシーンはあるのか…
[ 2017/02/19 00:49 ] [ 編集 ]

Re: アインデバイスを入手しました…………ストックします(伏字無し)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>遂に仮面を取ったガエリオですが、マクギリスと戦う大義こそあれ、やはりアリアンロット側に着くのは腑に落ちません。
彼は元々「歪みを内側から是正する」という主義のはずですから、組織の中にいた方が好都合なのかもしれません。
単にマクギリスに従いたくないがための当てつけの意味もあるかもしれませんが。
[ 2017/02/19 09:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

スペシャルグラハム様、コメントありがとうございます。

>アグニカ・カイエルがこの機体の本来のパイロットである事は確定しましたが、眠りに就いていたという意味が気になります。
元々ガンダムフレーム機にはAIの基本となる意思みたいなものが備わっていて、
阿頼耶識経由でそれとリンクすることでガンダムフレーム機は真の実力を発揮する…ものだと思っています。
(バルバトスが三日月の意志に呼応して強くなっていたのは恐らく同じ原理)
バエルの中にはきっとアグニカ・カイエルの意志が埋め込まれているのでしょう。
他人の力を当てにしすぎるのはどうかと思いますが。
[ 2017/02/19 09:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

鉄華団が真の安住の地を目指すのであれば、誰にも組みしない道を選ぶことが最良だと思います。
ただ実現は難しいですし、今のオルガにその道を選ぶ覚悟も気力もなさそうです。
[ 2017/02/19 09:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

ナイスバトル、期待したいですね。
阿頼耶識に接続したからには、マクギリスにも血涙を流すほどの大バトルを繰り広げてもらいたいところです。
[ 2017/02/19 16:15 ] [ 編集 ]

Re: ショッカー「死体確認しないとか三流だろwwww」

ユウ様、コメントありがとうございます。

コメント返信が遅れてしまい、申し訳ございません。

>阿頼耶識の性質上、ナノマシンが定着するのは成長期の子供だけ、ということだったはずですが…。
既にお話にも出ていましたが、元々ギャラルホルンは極秘裏に阿頼耶識の開発を進めていましたからね。
「世間一般に広まっている」阿頼耶識手術が、成長期の子供にしか定着できないんでしよう。
[ 2017/02/25 21:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1526-78a44ea8


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話(第二期18話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話(第二期18話) 『たどりついた真意』 ≪あらすじ≫ 本部施設を掌握したマクギリスは、全ての「力」の象徴たるアグニカ・カイエルの魂が宿る機体を目指す。 公式ホームページ更新後改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◇子供の論理はどこまで通用するか 残り話数などを考えても、最終的にはここへ物語は収束していく...
[2017/02/12 20:20] URL 刹那的虹色世界

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #43「たどりついた真意」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第43話を見ました。 #43 たどりついた真意 ギャラルホルンの本部施設を掌握したマクギリスは薄幸な幼少期からのファリド家の跡取りとして拾われた後も不幸な境遇は変わらずにいた。 力を求め続けるマクギリスが見つけたのは最高の力の象徴であるギャラルホルンのトップのアグニカ・カイエルであった。 アグニカ・カイエルに呼びかけるマクギリスの...
[2017/02/12 22:22] URL MAGI☆の日記