今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 4話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第4話 『夢見るアンドロイド』

キュウep4 0

サファリかな? と思ったらサファリでした。
4話目。今回もコンスタントにキュウレンジャーのメンバーを増やしていくお話です。

ラプターがワシピンクへ変身するに至る流れは…「一緒に戦いたい」という願望というか妄想によるものでした。
今まで真面目キャラとして描かれてきたラプターにとっていきなりこの描写を挿まれるのは少し面喰いましたが、
どちらかと言えば「そんな心意気で変身して大丈夫なの?」と思ってしまいました。

現在のキュウレンジャーの目的は、88の星座系をジャークマターから取り戻すことです。
戦力不足とはいえ、興味本位で「戦ってみたい」という妄想心を突っ走らせていいものなのでしょうか。
半端な覚悟で戦ってはいけないことは、恐らくオペレーターのラプターが1番理解していことだと思います。

ただ個人的に、88の星座系を開放するという目的に対して、あまり暗い姿勢で挑んでほしくないと思っているのも事実です。
また、キュウレンジャーのトップたる司令官があんな具合なので、
「ノリ半分でもいいから明るく戦っていきます」というのがこの番組の路線なのかもしれません。要は慣れか。

ラッキーの描写も少しはマシでした。
ただ「夢がないのは死んでるも同然」というのはちょっと言い過ぎな気がしなくもないです。
全人類が夢に溢れているわけではないでしょう。殊更に地球は現在ジャークマターに支配されているのですから、夢も希望も抱けなくて当然だと思います。
せめて「夢はないよりあった方がいい」程度の台詞にすべきだと思います。
こういう話のテーマは、新規メンバー加入回とは別にやるべきかな?
関連記事
スポンサーサイト

前回までと違ってちゃんと圧制の様子が描かれてるのが地味に好印象でした。
荒みきった街で子供の抱く夢が「お腹一杯食べたい」とかヤバ過ぎるだろ(その割に喫茶店は開いてたけど)。ラッキーの言葉は若干極端ではあるけれど、その程度の望みすら叶えるどころか持つことさえ満足に出来ないのであれば確かに「死んでるのと同じ」なのかも知れません。スパーダは本人なりにラプター心配して「帰れ」と言ってるわけだから、もっと言い方あるだろとは思うけど。
貢物代わりに夢を奪われる子供達には堪ったものじゃないとはいえ、「命を取られないだけマシ」と萎縮する大人達の気持ちも理解出来なくはないし。
ただワシピンク覚醒の喜びがあるとはいえ、ユメパックン取り逃がした事を深刻に取ってないのはちょっとどうかと思ったかな。ただでさえ地球には他のダイカーンが居るわけだし、下手したら恐らくキュウレンジャーに対する「見せしめ」とばかりに市民への無差別攻撃に走る恐れだってある。

個人的に現在気にしてるのはこのまま舞台が地球で固定されないかどうか。
ロケやセットに予算食うとはいえ、せっかく「宇宙を解放しながら旅をする戦隊」という企画なんだからその辺は何かしら考えてるものと思いたいです。「全宇宙を支配するジャークマター」「惑星に圧制を敷くダイカーン」「それらを倒しながら宇宙を渡る為の母艦オリオン号」といった設定が無意味なものになってしまうし、前回のニードルみたく既に崩壊まで時間が無いという星を見殺しにする事になります。
多分わざわざいて座系から追ってきたエリードロン倒したの節目に地球を離れるものと現時点で予想はしていますが。
[ 2017/03/05 11:38 ] [ 編集 ]

蛇「夢ってのは呪いと同じなんだ」

こんにちは!


圧政の中、せめて「夢」に縋りたいって人達は子供に限らずたくさんいるでしょうし、「夢」を捨ててでも生きていたいという人達の気持ちも理解出来ます
また、ラプターの「妄想」についても、サポートロイドとして味方達が前線で傷ついていく姿を見続けてきた事でいつしか「自分が味方を守りたい」という「夢」が生まれたとしてもおかしくありませんし、寧ろ王道だと思います
テーマやバックグラウンドが重い分、明るいノリで突っ走るという今作の風潮は個人的には凄く好きです
次回はスティンガー回のようですが、チャンプとの確執は序盤で扱うには重すぎるような……
[ 2017/03/05 13:21 ] [ 編集 ]

イオク様より、ずっと(狙撃が)上手い!!

私の予想通り当分はジャークマターの占領下にある地球でキュウレンジャーは戦うようですね。
確かに今回の地球市民に放ったラッキーの啖呵は極端な気もしましたが、やっとヒーローらしい事を言えた感じです。
今のところは無謀な抵抗活動に消極的で不支持な人々ですが今後キュウレンジャーの活躍に触発され立ち上がる地球人も出てきそうですね。
そうなると、やはり追加戦士なりサブキャラなりで地球人のレギュラーは出てきて欲しいですが。
(ゴーカーイシルバー以来ですが、ゴーカイジャー本編未見の私には『DOGEZA』のイメージが強い…)

シリアスな背景に対してノリ自体は軽めのシナリオは私も嫌いではないです(ゆかりん並みの感想)
最初は「9人もキャラを動かすのは大変」と思いましたが、地球での活動に於いて「コスト制限(5人)」という要素を設けたのは斬新ですね。
抽選で出撃メンバーを選ぶのがこの作品らしいですが、レッドであるラッキーが毎回活躍するためには彼の幸運設定が活きていきます。
キュウレンジャー側の文明からすれば地球は辺境のようですがそんな惑星にジャークマターが念入りに圧政を敷くのは隠された秘密があるってことでしょう。
今のところ敵側にいるサソリオレンジ・スティンガーの目的もその辺と関係ありそうですね。

ところで今回のワシピンク参戦回であると同時にスパーダが目立っていた印象でしたが。
彼はラプターに対して特別な感情を抱いているから返って語気を荒げたように感じました。
(地球の缶切りをも知っている)料理人設定とはいえ、特製ケーキまでふるまってますし怪しいですw
[ 2017/03/05 13:47 ] [ 編集 ]

ラッキー「話にならねえな」  ぼく「いやまったく(呆れ)」

今回はスパーダの方が正論だったと思います。

何の武装も訓練もしてない秘書ロボットを本人の気持ちを汲んで戦闘員として最前線に送り出すなんて
私には正気の沙汰とは思えません。
三年生の補欠選手を思い出づくりで試合に出してやる監督じゃねーんだからさ…
ラプターが船内で「妄想」ではなく「鍛錬」をしていた、とかだったらまだ納得できたのですが。

境遇で言えばもともとはパンピーなラッキーも似たようなもんなんですが、
「俺も出来たんだからこいつもやれる!」なんて根拠のない暴論を命がけの戦いに持ち込まないで下さい。

あと今回の件、戦いで一族郎党皆殺しにされたガルがノーリアクションだったのが意外でした。
雑誌によるとあいつ人間年齢で35歳くらいらしいんで、腰巾着にならずにもっとバンバン意見してラッキーを導いてやってほしい…

あいつにマトモに意見して言うこと聞かせられる人物が一人くらい必要だと思います。
[ 2017/03/05 14:40 ] [ 編集 ]

こんにちは

エグゼイドが割とギスギスした展開なので、戦隊は明るいのかなと勘繰ってしまいます。ともあれ個人的には割と楽しめています。これから慣れていければと思っています

ラッキーは個人的には言うことをズバッと言ってくれるので結構好印象です。ですがラッキーにも意見するキャラクターが欲しいところです。今回はスパーダがそのポジションでしたが、彼のキャラではイマイチ務まりにくかったかなと思います。スティンガーが仲間になったら、ラッキーに意見してくれるキャラクターになってくれるのでしょうか…

まぁ始まったばかりなので楽しんで視聴出来ればと思います

駄文失礼致しました
[ 2017/03/05 17:06 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>(その割に喫茶店は開いてたけど)
この描写を入れた意味がよく分かりませんでした。
カレー屋開くほどの余裕があるのであれば、何故市民に食べ物が普及していないのか?
宇宙人に圧政を強いられているのであれば、何故人間同士協力していないのか?
食べ物に飢えている子供を描く上でケチがついていると思います。

>個人的に現在気にしてるのはこのまま舞台が地球で固定されないかどうか。
何れ重要拠点になりそうなのは確かですが、居座ることはないでしょう、たぶん。
他の星の選出が気になるところですが。
[ 2017/03/07 00:29 ] [ 編集 ]

Re: 蛇「夢ってのは呪いと同じなんだ」

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>また、ラプターの「妄想」についても、サポートロイドとして味方達が前線で傷ついていく姿を見続けてきた事でいつしか「自分が味方を守りたい」という「夢」が生まれたとしてもおかしくありませんし、寧ろ王道だと思います
それは考えにくいと思います。
ラプター自身がアンドロイドである自分を「(妄想を引き起こすほど)壊れている」とも言っていたように、
彼女が戦闘願望を抱いているのは「仲間のため」ではなく完全無欠の妄想で間違いなと思います。
劇中で仲間の身を案じて戦いたがっていた描写があったわけでもないですし。
個人的にはそういう理由で覚醒されても良いと思うんですけどね。
[ 2017/03/07 00:41 ] [ 編集 ]

Re: イオク様より、ずっと(狙撃が)上手い!!

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>今のところは無謀な抵抗活動に消極的で不支持な人々ですが今後キュウレンジャーの活躍に触発され立ち上がる地球人も出てきそうですね。
「9人の救世主」というコンセプトに反するので少し難しいとは思いますが、現地の方と協力して
敵対組織と共闘する流れは非常に熱いと思います。何らかの形でやってほしいですね。

>ところで今回のワシピンク参戦回であると同時にスパーダが目立っていた印象でしたが。
彼はラプターに対して特別な感情を抱いているから返って語気を荒げたように感じました。

それはまだ分からないと思います。ラッキーとスパーダではキュウレンジャーとしての在籍期間が違いますし、
そうなればラプターの立ち位置や重要性などもスパーダの方が分かっていて当然だと思います。
まだまだ仲間意識の範疇だとは、私は思っています。
[ 2017/03/12 09:57 ] [ 編集 ]

Re: ラッキー「話にならねえな」  ぼく「いやまったく(呆れ)」

リュウ様、コメントありがとうございます。

>何の武装も訓練もしてない秘書ロボットを本人の気持ちを汲んで戦闘員として最前線に送り出すなんて
私には正気の沙汰とは思えません。

私もあまり頭の良いやり方だとは思いません。
とはいえラッキーはノリと気合いでキュウレンジャーに覚醒したようなものですから、
彼にとっては「やる気さえあればどうにかなる」という問題だったのかもしれませんね。

>あと今回の件、戦いで一族郎党皆殺しにされたガルがノーリアクションだったのが意外でした。
雑誌によるとあいつ人間年齢で35歳くらいらしいんで、腰巾着にならずにもっとバンバン意見してラッキーを導いてやってほしい…

35歳て… 何とも言えないお年頃ですね。
ガルに限らず声優メンバーの方たちはどうにも台詞が少ないというか印象に残らないといいますか、微妙な扱いな感じがします。
[ 2017/03/12 09:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

なかちゃん様、コメントありがとうございます。

>ですがラッキーにも意見するキャラクターが欲しいところです。
私もそういったキャラクターは欲しいと思いますし、他の皆さまも「欲しい」と思う人が多いみたいですね。
明るいノリは結構ですが、ラッキーを筆頭にして幸運だけを頼りにするようなチームにはなってほしくないと思います。
[ 2017/03/12 10:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1540-ef69d83d


宇宙戦隊キュウレンジャー 第4話「夢みるアンドロイド」

宇宙戦隊キュウレンジャーの第4話を見ました。 第4話 夢みるアンドロイド エリードロン相手に大ピンチのキュウレンジャーの絶体絶命のところに颯爽と助けに現れたラプターは今まで隠していた圧倒的な戦闘能力でエリードロンを一網打尽にするというイメージで絵日記を書いていた。 そんな中、ショウ・ロンポーの指示によってダイカーンは各惑星に1人のはずだが、ダイカーンの乗るモライマーズが...
[2017/03/05 11:40] URL MAGI☆の日記