今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 5話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第5話 『きまぐれお姉さまはキュアマカロン!』

キラプリep5 0

抽象画と化したプリキュアヒロイン.jpg
今作における脚本ローテのグチャグチャっぷりは、恐らく東アニなりに後任育成してるからなんだと思います。
前作でTV脚本未経験の方がシリ構を担った結果、(あくまでも個人的には)よろしくない出来栄えになってしまったので、
ある程度実績のある方を主軸に沿えて、サブ脚本の方を育成しよう…という方針になったんじゃないかと。
そこで白羽の矢が立ったのが田中さんだったんでしょうね。
そうじゃなきゃこの脚本体勢はよく分かりませんぬ。

今回もサブ脚本の方が担当された5話目ですが、癖が少なく今までに比べれば比較的良かった印象です。
結局マカロン作りには失敗してしまいましたが、ノリだけで完成させてしまった前回よりはマシかな?

ゆかりの台詞がやたらと少なめに感じたのが残念です。パティスリーに入ってからは特に少なく感じました。
「1つの物事に集中する」ことが無かった故に、自分の心情を表現するのが
難しかったのかもしれませんが(事実いちかを助けたことに対して「分からない」と言っていた)、
もうちょっと台詞があっても良かった気がします…ゾ。

全体的にゆかりがいちかとしか交流できていなかった点もちょっと気になりました。
何でも1人でソツなくこなせてしまう彼女にとって、「チームだからこそできないこと」に触れさせるのは悪くないことだと思います。
次回のあきらもどうやらいちかとの絡みがキーになりそうなので、今後他のメンバーの扱いが悪くならないか心配です。

バトル面はゆかりの個性(?)を生かした展開が見られましたが、チーム戦では全く使えそうにないのできっと今回限りでしょう。
そもそもアレはネコというよりネコをあやす側の行動だよなぁ。動物設定がどんどん影の薄いものになっていく…
関連記事
スポンサーサイト

クリ○トン「30分で、5万!」 バン◯イ「4クールで、※※万!」

藤田咲さんってひょっとしたら億万長者になってたかもしれないんだよなぁ…
野獣先輩同様、大金よりファンの笑顔を優先した人間の鑑。

暮田SDはキュアマカロン・琴爪ゆかりのキャラ設定に対して結構悩んだそうですが蓋を開ければ掴みは十分魅力的なキャラだと思いました。
「気まぐれ」「アンニュイ」「近寄りがたい女の子」というとおジャ魔女のおんぷちゃんやGOプリのきらら、ジュウオウジャーのアム辺りでしょうが。
彼女たちはそういった癖の強い性格ながら、他のキャラと深く交われば作中でも視聴者にとっても共感を生む存在でした。
要は、「心の内の『本音』」が垣間見れれば「ギャップが魅力」につながるのです(ダジャレ好きは紫の系譜なのか…)
何もかも熟せ退屈だった彼女が無骨ながらも真っ直ぐで遠野の様な屈託のない笑顔を見せるいちかに惹かれ
初めて苦戦したマカロン作りを通して心を通わせたと、「三ツ星猫」の存在や「嫌いじゃない」から「好き」への変遷の演出も上手かった。
個人的に今回に関しては、ゆかりの台詞の少なさは気になりませんでした「絵」の力が十分あったので(全2回とのギャップのせいもありますが…)

彼女を扱う上で問題なのは「ミステリアスながらも共感を生むキャラ」を最後まで貫けるかですね。
あと、仰る通り今回は委縮状態だったひまり&あおいが彼女と上手く絡めるか?当然この二人同士の繋がりも今の所弱いですし。

次回で最後のメンバー、キュアショコラの加入ですが「男装の麗人」といえばキュアサンシャインのいちゅきですが
彼女はプリキュア覚醒後は割と普通の女子として振舞っていたのでそれほど攻めたキャラ付ではありませんでしたが
ショコラの場合はプリキュアの姿形、中の人まで「ヅカ系」ですからね。
このままだと年少組はいちか以外埋没しないかという懸念も少しありますねw
[ 2017/03/05 16:15 ] [ 編集 ]

1・2話から勢いが止ま…って見えるのは私だけでしょうか?

仲間になったら出番が減るひまりとあおい、戦いを遊びのように行うマカロン、相変わらず何したいか分からない敵サイド…褒めるところがないわけではありませんが、個人的に回を追うごとにどんどん失速しているような気がします。
最後の三ツ星猫の描写等はノリで懐いたりせず、そこからあきらとの遭遇に繋げた部分などは普通に良かったと思いますし。
ガミーは力、ホットーはクールさ、今回のマキャロンヌは美しさといったように、敵ごとにそのスイーツのキラキラルを得る目的が付箋になったりするんでしょうか?
プルプルとシュックリーは現時点ではただ単に独り占めしたいだけにしか思えませんが…
使命感を持たせない、というのは初代でも行い、成功していたので今回のマカロンのように戦闘=遊び(余裕)をやりすぎない範囲でキャラにするのは最終的に成功してくれればまぁいいのですが、使命感と道徳心は違うという事はスタッフにわかっていただきたいですね…、前作はこれを履き違えた所為でキャラクターがガッタガタになった様なものですし…
[ 2017/03/05 17:01 ] [ 編集 ]

サーバルちゃん「すごーい!君は何でもできるフレンズなんどね!」

「ケルトの英雄クー・フーリンは闘いに際して異形化し狂戦士となる。
しかし、闘いが終わっても狂戦士化は解けない。その異形化を収め、正気に戻すためにキュアマカロンの変身シーンを見せて動きを鈍らせた上で冷水を4回ぶっかける必要があった。」
(抜粋:民明書房「犬のしつけ方」著:言峰綺礼)

3・4話から泥沼にさらに呑まれるかと思ったら何とか底に足が着いた、そんな5話。
話自体は良かったと思います。
孤独の天才ゆえに退屈しか覚えなかった琴爪ゆかり。
そこに現れたサーバルちゃん並みの知能を持つ謎の人型生命体いちかに興味を持つ。そして、マカロンを作ることを通じて心を開いていく。

変身シーンはセクシィ!でしたね!まるで綺麗に焼けた遠野みたいに。
やはり高校生だからあれぐらいはないt(紫の光でこの先は読めない)

戦闘もパワーのあおい、拘束のひまり、とどめのいちかと役割分担できてましたね(上手くいったとは言ってない)
まぁ、マカロン無双になったのはマカロンの初登場回だから多少はね?

そして最後にあきらを見つめるいちかから野獣の眼光を感じました。
次回はキラキラパティスリーでデンジャラスビーストいちかが剣城あきらさんに睡眠薬入りアイスティーを飲ませ、地下室に連れ込むんでしょうか…?

それはそうとして、なんで戦わないといけないんでしたっけ?(根本的疑問)
[ 2017/03/06 12:32 ] [ 編集 ]

リアン「(opの映画cmを見て)あーあ、モフルンに手を出すから…」

チャーハンです。opの映画cmで初対面(?)からみらい達と険悪なムードになってましたがcmでこれを出していいのでしょうか?冷凍みかんは懐かしかったですが。(あくまで見た印象ですが)それはさておき、今回はゆかり登場回でしたが個人的にはゆかりのキャラクターが気に入りました。最初はツンツンしてて気難しいかと思ってましたが話が進むにつれてゆかりがどういう娘なのか何でもできるが故に何に対しても楽しめなくなってた事、上手く行かないとムキになるなどと色々わかって見方が変わっていきました。ゆかりは人によって好みが分かれるキャラクターだと思いますが自分としては最後まで今のキャラを貫いて欲しいですね。戦闘シーンは今回変化が見られました。他の方も仰ってました通りいちか達が連携して戦ったりマカロンの攻め方がシャボン・マカロンヨーヨー(?)を作って攻撃したり爪で岩を引き裂いたりと今までの中では一番戦闘描写が激しかったです。アニマル(猫)の特徴も自分の印象としては結構出てたと思います(顎の下をくすぐるのはともかく…)。今後どういちか達と関わるのか楽しみです。次回はいちかがイケメンに恋する話ですがどうなることやら…(笑)。
[ 2017/03/09 10:37 ] [ 編集 ]

Re: クリ○トン「30分で、5万!」 バン◯イ「4クールで、※※万!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

私もゆかりは面白いキャラだったと思います。
台詞の少なさは表情の変化などでカバーできていた、ということですかね。
いちか達中学生組とはやや異なる立ち位置にあるみたいなので、そのへんをどう調整していくかに期待がかかりますね。

>このままだと年少組はいちか以外埋没しないかという懸念も少しありますねw
年上組のキャラの方がハッキリしていると思います。これからの個別回でのフォローに期待、というところでしょうか。
[ 2017/03/12 10:13 ] [ 編集 ]

Re: 1・2話から勢いが止ま…って見えるのは私だけでしょうか?

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>褒めるところがないわけではありませんが、個人的に回を追うごとにどんどん失速しているような気がします。
基本メンバーを揃えなくてはならないノルマを抱えている中、それ以外の課題を放置しているような印象ですね。
とはいえ今は基礎固めの時期なので仕方ないことでもあります、バトルはもうちょっと見ごたえあってもいいんですけど…

>使命感と道徳心は違うという事はスタッフにわかっていただきたいですね…、前作はこれを履き違えた所為でキャラクターがガッタガタになった様なものですし…
「自分たちの気に入らない連中は排除する」を地で往ったキャラでしたからねあれは…
お客のために心を込めてスイーツを作る、というパティシエである以上、そうそう道徳心は離れないと思いましょう。きっと。
[ 2017/03/12 10:19 ] [ 編集 ]

Re: サーバルちゃん「すごーい!君は何でもできるフレンズなんどね!」

変態キュア親父様、コメントありがとうございます。

>変身シーンはセクシィ!でしたね!まるで綺麗に焼けた遠野みたいに。
黒くはなってないですね… 猫は黒かったですけど。

>それはそうとして、なんで戦わないといけないんでしたっけ?(根本的疑問)
この辺の説明にはまだまだ時間がかかりそうですね。
[ 2017/03/12 23:00 ] [ 編集 ]

Re: リアン「(opの映画cmを見て)あーあ、モフルンに手を出すから…」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>opの映画cmで初対面(?)からみらい達と険悪なムードになってましたがcmでこれを出していいのでしょうか?
私もちょっと不思議に思いました。
もしかすると映画本編で彼女らが顔を合わせるのはあれぐらいの機会しかないのかもしれませんね。

>ゆかりは人によって好みが分かれるキャラクターだと思いますが自分としては最後まで今のキャラを貫いて欲しいですね。
高校生ポジションということで、いちか達中学生組とは少し離れた立ち位置にあるみたいですね。
変に関わらせない方がキャラを維持しやすいのかもしれませんが、出番を少なくし過ぎて空気化しないことを祈ります。
多分大丈夫だとは思いますが。
[ 2017/03/16 22:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1542-f42c833f