今週のバトルスピリッツ ダブルドライブ 51話(終)

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第51話 『光の勇者たち』

DDep51 0

最終回に言うことではありませんが、儀式バトルって事実上バトスピを1人でやってますよね…?
2年続けてラストバトルが舐めプかいっ!
「絶甲氷盾を封じたのは和巳がシシに抗う演出のため」と言えなくないですが、あんまりこの手の演出はやってほしくない。
ラストバトルなんだから、全力を尽くしてナンボだと思います。そんな51話。

最終回になって唐突に改心する和巳といい、あっさり目的をバラして墓穴を掘るシシといい、やはり期待は裏切りませんでした。
タツミの時もそうでしたが、仮にも4クール作品。キャラクターの心情変化はもう少し丁寧に描けなかったのでしょうか。
とはいえ、バトルそのものは前作烈火魂よりはずっとマシな出来栄えだと思います。
舐めプはどうかと思いましたが、光魔神誕生の流れとかは王道で不快感はあまりありませんでした。
なんやかんやでキッチリ終わらせるべき部分にはケリをつけ、スッキリとしたオチを迎えられたことは良いことです。
ラストの幕の引き方も個人的には好きです。


DDep51 2

本日でバトルスピリッツ ダブルドライブもおしまい。
色々言いたいことはありますが、とりあえず一言で表すなら「こいつも烈火魂の血を引く作品だった」というところでしょうか。
進展性の薄い人間ドラマ、「勇者の末裔」だの「ソウルコアの力」だの活かし切れてない諸設定、何より4クールもの密度があるとは思えない話の薄さ。
これは全部、前作烈火魂でも当てはまった要素です。同じスタッフが作ったんだからそりゃ似通うにきまってます。
とりあえず筆者が主に感じた上記不満点を掘り下げていくと…

◆進展性の薄い人間ドラマ

いつか言ったと思いますが、前作も今作も、基本的にキャラクターは第一印象を最後まで覆すことはありません。
良いヤツはずっと良いヤツです。悪いヤツはずっと悪いヤツです。
(厳密に言えば終盤でタツミやシシが改心しましたが、言ってる事は相変わらず無駄に偉そうなので印象を覆すほどのものではないでしょう。)
だから基本的にキャラクターは同じことしか言いません。4クールに渡ってエトはずっと「邪神王復活阻止!」タツミたちはずっと「勇者再興!」としか言ってません。
冷静に話し合えば解決できる問題だというのに、双方とも自分の主張ばかりして全然分かり合おうとしない姿勢にはガッカリしました。

◆活かされてない設定

スピリッツワールドという異世界を舞台にしたというのに、作中描写された世界観と言えば駿太たちが船で移動してた際の岩場ばかりです。
どんな国や地域があるのか、もしかするとかつて勇者たちが治めていた地域とかがあるんじゃないかとか思っていたのですが、
精々出てきたのは「特定キャラの故郷」くらいで、随分と世界観形成のやる気のなさを感じました。
勇者設定に関しても「かつて邪神王を倒した」くらいしか説明されていないので消化不良です。そもそも何故青の勇者と緑の勇者については触れられなかったのでしょうか。

設定とはやや異なるものの、本作は「カードの奪い合い」もストーリーの中核を成していましたが、その内容もイマイチでした。
主人公側に殆どメリットがないことが不満でした。作中では駿太はカラミティ・ボアやアバランシュ・バイソンといった敵の十二神皇を奪うこともありましたが、
特にバトルに使うことなく敵に奪い返されてしまいました。主人公側が使った敵のカードといえば、精々ウロヴォリアスくらいです。
反面、敵側は奪ってきたカードを頻繁に使用してきました。エグゼシードやゲイル・フェニックスも一時的に敵に回りましたし、
グロリアス・シープなんて3回も敵に使われました。明らかに敵側に贔屓された内容でした。
バトル物のアニメとしては、敵側が強くなった方がそれを乗り越える主役側の強さが引き立つ… と考えたのかもしれませんが、
もっとフェアな内容であればもう少しグダグダなシナリオ展開をマシにできたんじゃないかな、とも考えています。

儀式バトルも同様に楽しいものではありませんでした。
そもそもカードバトルというのは両プレイヤーの言葉や態度などで駆け引きするのも1つの魅力だと思っているので、
1人でベラベラ喋ってるだけのバトルは見ごたえのあるものではありませんでした。

◆密度の低いシナリオ

これは上記2点の総括みたいなところなりますね。
本作のストーリーは、言ってしまえば「変わり映えの無い景色の中で行われる、十二神皇を巡った不毛な争い」といったところです。
十二神皇探し以外に目的がなく、敵と出会っても同じ言い争いばかりするので全体的なシナリオ進行は退屈でした。
武蔵での頂上決戦から全国大会へ筋道を立てていた烈火魂の方がまだマシだったと思います。
(そもそもバラバラの世界に散ったはずのカードの内9枚がスピリッツワールドで見つかったこと自体都合が良すぎる)


流石に悪口だけ言って締めるのもアレなんで、ちょっとだけいいところも。


◆2クール目は面白かった

多分、今作で1番面白かったのは2クール目の間だと思います。
この頃になると敵勢力の動きが活発になり、駿太とヨクのキースピリットであるエグゼシードとゲイル・フェニックスが敵に奪われてしまうという一大展開が繰り広げられました。
つい最近まで獅子奮迅な活躍を遂げていた相棒が、一転して敵に回ってしまう展開はバトスピの歴史を振り返っても稀です。
そのため、「数少ないリソースの中どうやって十二神皇を取り戻すか?」という部分にシナリオのスポットが当たりました。
特に19話のヨクVSヨロイのバトルは今作の中でも1番出来の良い内容だったと思います。
ゲイル・フェニックスを倒すのではなく、如何に敵の攻撃を受け流して反撃のチャンスを作っていくか、というプレイングが光りました。
敵勢力の動きが目立ち始めた頃なので言い争いの方も激しくなく、展開のグダグダさもそこまで強く感じられなかった、というのも大きな点でしょう。


結論。
凡作です。
別に致命的に悪いところがあるとは言いませんが、所詮はただの販促アニメ止まりです。後世に残していけるような魅力があるとは思えません。
多分こういうアニメが1番風化し易いと思います。別にブレイヴみたいな話にしろとは言いませんが…
バトスピアニメも今年でおしまいみたいです。次やるのはいつになるのか分かりませんが、とりあえず今作のスタッフは続投しないでください。
ていうか、本当にバトスピアニメやるんならニチアサに帰ってきて… 私、待ってますから。
それではアニメが放送再開される日まで、しばしのお別れです。お疲れさまでした。

DDep51 1
関連記事
スポンサーサイト

遊戯王しかりヴァンガードしかり、今期のカードゲームアニメは不作続きでしたが唯一、面白かったのがデュエマのアニメでした。バトスピは出来が悪い・・・というより小さくまとめすぎているという感じがします。後、近くにカードバトラーがいないのでせっかく作ったビオランテデッキが回せないんじゃあああ。
[ 2017/04/06 21:04 ] [ 編集 ]

ダブルドライブに思ったこと

自分は今作がバトスピアニメ初視聴で、そこそこ楽しく見てましたが、やはりウロヴォリアス登場前辺りのダレっぷりと、4クール目の失速感が頂けないなと思いました。
ぶっちゃけDVD買うよりも最強ジャンプの漫画版買った方がマシだと思います。漫画版はコンパクトに纏めていたので。
それと、YHさんの言う通りデュエマのアニメはギャグ、ストーリー共に平均的によく出来ていたと思います。もう次アニメ再開されるなら、シリーズ構成に加藤陽一さん(デュエマのシリーズ構成の方)呼べばいいんじゃないかと思います。
[ 2017/04/08 15:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

YH様、コメントありがとうございます。

>バトスピは出来が悪い・・・というより小さくまとめすぎているという感じがします。
はい。ベストを尽くしている気がしません。ノルマだけ回収すればいいや、という気が感じられます。
カードバトルアニメに慣れていないのか知りませんが、2作続けてこの結果なら、
バトスピに関してあんまり信用ならないスタッフ陣だと思いました。
[ 2017/04/10 00:30 ] [ 編集 ]

長谷川勝己さんは

ノルマを達成すりゃいいやってのは本当だと思います。販促するときに販促しとけみたいな
実際、あの脚本家同時期にシリ構やってた某タカトミアニメも(私はまだ中盤までしか観てないといえ)毎回新しいキャラを捕まえてそのキャラを次回でうまく使えばいいのに毎回同じ奴しか召喚しないし
[ 2017/04/12 20:22 ] [ 編集 ]

Re: ダブルドライブに思ったこと

トーマス様、コメントありがとうございます。

>もう次アニメ再開されるなら、シリーズ構成に加藤陽一さん(デュエマのシリーズ構成の方)呼べばいいんじゃないかと思います。
人によって向き・不向きがあるので一概に肯定はできないです。
そもそも昨今のデュエマ自体人を選ぶ作風ですから。
まあスタッフを変えてほしい、と思うのは私も一緒です。
[ 2017/04/12 22:02 ] [ 編集 ]

Re: 長谷川勝己さんは

トーマス様、コメントありがとうございます。

>ノルマを達成すりゃいいやってのは本当だと思います。販促するときに販促しとけみたいな
大筋のストーリーを進めることを重要視し過ぎるあまり、細かい描写とかを考えるのが苦手なんでしょうか。
監督などの他スタッフとの相性もありますから一概には言いきれませんが、販促のやる気のなさに関しては何となく共感できてしまいます。
[ 2017/04/14 00:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1564-fdd35f3e