今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 9話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第9話 『キラパティがあなたの恋、叶えます!』

キラプリep9 0

まてこらガキ!
困ってる人がいました。
お菓子作ってあげました。
喜んでくれました。
バトルはいつも通りでした。
おしまい。そんな9話目。

極めて予定調和な展開だったので、お話について良くも悪くも特に言うことが見つかりません。見所も特に感じられませんでした。
「ぜってーいちかばかり喋るんだろうな」と思ったらまさにその通りでした。正直、店員5人もいらない…
お悩み相談解決系のお話はグダグダとダレ展開を誘発させます。それは仮面ライダーシリーズが実証済みです。
むしろ敵側の設定が明かされておらず、アイテム販促のノルマも(仮面ライダーに比べれば)緩いプリキュアにおいてはより深刻な問題になると思います。
前作と違って細かいアイテムを収集する目的もないみたいですし、どうやってシナリオを繋げていく気なのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

チャーハンです。今回の話の感想が随分簡素なのでびっくりしました。そこまでひどい内容だったのでしょうか?多少の粗は感じましたが話自体は良かったと思いますが。個人的にはゲストの男の恋の悩みの描写は結構掘り下げられてましたし、そこからいちか達が男の力になろうとクッキーを作って届けての会話や男が自分の想いと彼女(みどり)がわけてくれたクッキーの意味を再確認して告白する流れ等は良かったです。戦闘もただクリームエネルギーを使うだけでなく細かい粒子を放ったりホイップのクリームエネルギーをジェラートが練ってボールにして打ち出す等今までの中では一番見ごたえがありました。ただあきらの言い訳はさすがに苦しいとは思いましたし敵が初対面の相手に「しつこい奴ら」と言うのは?、となりましたが。まだ五人組の特徴が生かしきれてないですが今は長い目でいくしかないですね。次回はゆかりとあきらがぶつかりあう(というよりその取り巻きが)話ですのでお悩み相談はないと思いますが相談自体はいいと思いますのでマンネリにならない範囲で続けてほしいです。あと、敵の情報についてはあまり気にし過ぎない方がいいですよ。自分も気になりますが気にし過ぎても話が楽しめなくなりますし…
[ 2017/04/02 16:07 ] [ 編集 ]

今日もいい天気☆(幻聴)

ドーナツの回でシルエットだけですが悪い妖精達は最低9体はいる事が確定しましたが、そうなると次回で現時点での全ての個体が登場する事になりそうですが、最近管理人様の言うように、見所がいまいちつかめていない感じです。今週なんか後半は「今回の敵、ゼルダの伝説のドドンゴに似てるなぁ」とか考えてたら終わってました。(戦闘シーンが薄いのは今に始まった事ではないですが…)とりあえず今は1クール終了までにはOPのロッドが登場し、オルーバ(仮称)の登場もしくは敵の目的公開ぐらいはノルマとして達成してほしいかな、と思う次第です。
[ 2017/04/02 17:16 ] [ 編集 ]

KTH「あああああああああ!!(味見を)忘れてたああああ!」

MJM「BLも淫夢もAVと同じ、好きな人はドスケベ(正論)」
辰巳くんを演じた間島淳司さんは個人的に好きなアニメによく主演してる方で印象に残ります。
橘田ネキに埋もれがちですが得意料理は餃子だとか…

シナリオは悪くないですしバトルも連携して工夫も見られますが地味な話になってしまったのは否めませんね。
前回もそうでしたが、キラキラルは戦闘だけでなくクラフトの能力がある事を活かしてお客に合わせた店内改装をしたり。
力仕事があおい担当っぽくなってたりお決まりの失敗も焦がしてしまうのではなくサイズを誤った所に変化が見られますし。
料理をする上での「礼節」でもある味見をいちかがしているカットがあったのは好印象でした。
(お題がクッキー☆なだけに前作に対する当てつけでしょうか?)

只、そう言った細かい所の良点が作中世界設定の地味さに埋没してしまってますね。
前回のコメントでチャーハン様が仰っていたあらゆる行動を「自分で考える必要のある」点は良いと思いますが。
良い意味でも悪い意味でも歳相応のプリキュアになってしまっている所です。
(前作は歳も舞台設定も関係なくひたすら作中世界に対し怠惰な主人公でしたが…)

>「ぜってーいちかばかり喋るんだろうな」と思ったらまさにその通りでした。正直、店員5人もいらない…
実際GOプリも序盤は はるはるがガンガン物語を引っ張ていた印象でしたが他のキャラが埋没していた事はありませんでしたね。
人数の問題もありますが、脚本がいちかの描写に精一杯で有機的に他キャラの魅力を引き出す役割を演じられていないのがネックです。
かと言っていちかの自己主張が強い訳でもないのでヤッパリ地味だなーとなってしまいます。

>アイテム販促のノルマも(仮面ライダーに比べれば)緩いプリキュアにおいてはより深刻な問題になると思います。
バンク技が無いのも致命的ですね、実際売り上げも前作に比べ掴みが弱いとか。
最も前作の売れ方はモフルン一辺倒で単純比較するのは判断に困りますが…

次回はゆかり&あきらの年長組のスポット回ですが、8話で若干見られた「意見の対立」が再燃するようですね。
従来のプリキュアで見られる要素を主人公抜きでやるのは斬新ですがどうなる事か…
[ 2017/04/02 20:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>今回の話の感想が随分簡素なのでびっくりしました。そこまでひどい内容だったのでしょうか?
「ひどい話」だったから内容が薄いのではありません。
単純に「語ることが少ない」からです。
今回のお話は「クッキー作って人助けをする」という、次回予告だけ見ればおおよそ把握できるような、ありきたりなものです。
ならキャラ描写はどうかと言うと、相変わらずいちか1人だけが喋っている状態なので特に得られるものもありませんでした。
総じて大した見所もなく、語るべきところも見つからない薄い内容だったと判断いたしました。
[ 2017/04/05 01:18 ] [ 編集 ]

Re: 今日もいい天気☆(幻聴)

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>ドーナツの回でシルエットだけですが悪い妖精達は最低9体はいる事が確定しましたが、そうなると次回で現時点での全ての個体が登場する事になりそうですが
数以前にどういう敵キャラがいたのか全く覚えていないです。名前すらも。
どんな性格しているのか発揮する前に退場しちゃいますから。妖精は正直どうでもいいんで、早いとこ黒幕の存在を知りたいです。
多分、敵勢力が明らかになって本格的に戦うことになったらOPのロッドもでてくるんでしょうね。
[ 2017/04/05 22:01 ] [ 編集 ]

Re: KTH「あああああああああ!!(味見を)忘れてたああああ!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>人数の問題もありますが、脚本がいちかの描写に精一杯で有機的に他キャラの魅力を引き出す役割を演じられていないのがネックです。
かと言っていちかの自己主張が強い訳でもないのでヤッパリ地味だなーとなってしまいます。

脚本ローテのゴテゴテバラバラっぷりのせいで、キャラの印象をいちかしか掴めていないのでは? と思います。
主人公ですから扱いやすいでしょうし性格も分かりやすいですから、良くも悪くも彼女に頼り切りになってしまうのも頷けます。
そしてそれが続くとますます他のキャラの把握が難しくなってしまうような。

>バンク技が無いのも致命的ですね、実際売り上げも前作に比べ掴みが弱いとか。
プリキュアの玩具って、軒並み高額なだけあってプレイバリューとかは結構考慮されてるんですよね。
パティスリーのバッグなんて簡単なゲーム機能をつぎ込んでるらしいですが、アニメだとそういう点を販促できないのは惜しいといいますか、
もう少しアニメでやることと玩具でアピールしたい点を統一させれば良いのに、と思ってしまいます。
[ 2017/04/06 00:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1568-26b95880