今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 10話

宇宙戦隊キュウレンジャー Space.10 『小さな巨人ビッグスター』

キュウep10 0

小さな巨人っつったら個人的にはミクロマンです。
あのアニメの玩具も磁石を使った組み換え遊びが特徴的でしたね。懐かしい。
10話目にして、キュウレンジャーのメンバーが話数を超える大所帯となりました。
本来であれば庇護の対象である子供が戦隊ヒーローとして立派に活躍するその姿を見るのは非常に熱い展開です。
…のはずなのですが、肝心のお話の内容がうんちでした。

小太郎君がキュウレンジャーになりたがっていた理由は、単純に「キュウレンジャーの活躍に感化された」だけという、
子供らしいと言えばそうですが極めて身勝手で面白味の無いものです。
過去戦隊においても同様の理由でメンバーに参加したがる人はいましたが、大抵そういう人は「ヒーローに憧れる理由」を掘り下げていくうちに、
メンバーに参加するに値しないと自覚して諦めたり、もしくは「ヒーローとは別に自分なりの戦いをする」と決めて去っていくパターンが殆どです。
しかし小太郎君の場合は、先述した「憧れ」より掘り下げられることは一切ありませんでした。
ビッグ・ビア総司令も小太郎の想いを掘り下げるのではなく、どういうわけかショウ司令の現状を知ったら(それもただの伝聞)満足してしまいました。
そもそも小太郎君、守るべき弟をほっといてオリオン号に乗って大丈夫なの?

オリオン号内部の話はもっと酷いクオリティでした。
「ナーガが気を失っている」というところから話が始まり、てっきり私は「手鏡を見ている最中に金縛り能力が暴発した」とか思ってましたが、
その真実は椅子の上に立って笑顔を練習してたら落っこちた」というものでした。
椅子の上に立った理由はなんだ!?
「椅子の上に立って遊ばないようにしましょう」という子供たちへのメッセージとも受け止められますが、それスーパー戦隊でやらなくちゃいけないこと?
オリオン号が太陽に突っ込む話だって、そもそも各メンバーがボイジャーを使って脱出すればいいだけの話です。
もしくはボイジャーを使って、逆シャアのアクシズ落下シーンの如く時間稼ぎをしても良いと思います。
それらの対策も打たずに、ひたすらオリオン号内部で「犯人はこの中にいる~」とか茶番に等しいコントを見せつけられて、大変不満でした。
オリオン号へのハッキングでボイジャーの発進機能もロックされていたのかもしれませんが、仮にそうなら劇中でしっかり描写されるべきです!

細かい話ですがキュータマの扱いに関しても不満アリです。
88あるキュータマの販促をしなければならないノルマは分かりますが、りょうけん座がただの嗅覚、とかげ座が木登りするだけなんて…

総じて、メイン脚本の人が描いてるとは思えないほど頭の悪いお話でビックリしました。
鉄オルでもそうでしたが、登場人物がただのバカにしか見えない展開を私は大変嫌いますし、他の方だって同じだと思います。

何はともあれ小太郎君はヒーローとして覚醒しました。
かつて小学生の身でヒーローに変身したキバレンジャーは子供たちからの関心を惹きつけたようですが、コグマスカイブルーも同様のスターになれるのでしょうか。
役者の演技力も申し分ないです。というかラッキーの人より上手い気がする。
視聴者からはもちろん、子役ヒーローとして製作側からも期待がかかっていると思われるため、今後の汚名返上に期待していところです。
関連記事
スポンサーサイト

( 虎)「ようこそスーパー戦隊の世界へ」(王 )

こんにちは!


確かに、無駄に推理したりオタオタしてる暇があったらリュウボイジャー辺り呼び出してオリオン号を押し戻してもらえばよかったんじゃないかと
ビッグ・ベア司令が不安視するのもわかる気がします
小太郎もキュウレンジャーの一員になったはいいけど、この手のキャラって致命的なトラブルを呼び込みやすいんですよね……
[ 2017/04/16 10:40 ] [ 編集 ]

ナーガ・レイ ガーゴイル先輩説

過去、私は地球人の追加戦士は来てほしいと申しましが、そう言ったキャラにはそれ相応のバックボーンが欲しかった。
小太郎のような少年でも構いませんが、ジャークマターに支配され苦しむ人々の為に立ち上がる気概であって欲しかったです。
とはいえそもそもこの地球がそれほどディストピアには見えないからなぁ…サファリの件と言い今回の大森坂の屋台と言い…

>ビッグ・ビア総司令も小太郎の想いを掘り下げるのではなく、どういうわけかショウ司令の現状を知ったら(それもただの伝聞)満足してしまいました。
現在進行形で醜態をさらしている状況で彼がショウ司令を認める展開に持っていくのは説得力皆無ですね。
メインのシナリオを進めるために脇キャラを別行動させるのが前回から見られたパターンですが。
オリオン号での茶番は前回以上に蛇足ですし、ショウ司令こそあの場で自らビッグベアの説得に尽力すべきだったのに…

>視聴者からはもちろん、子役ヒーローとして製作側からも期待がかかっていると思われるため、今後の汚名返上に期待していところです。
某プリキュアみたいに「子供が大仰な使命を背負ったり戦術的に戦わない」と毛利氏がご乱心しないことを祈ります。
基本ギャグな『東映不思議コメディシリーズ』でも少年少女の主人公勢はシッカリしていた印象でしたから。
[ 2017/04/16 21:56 ] [ 編集 ]

そんな餌で俺様が釣られるクマー!

ここ最近株を上げたショウ司令が、メンバーを巻き添えにしてただの無能へと逆戻り。
今回はキュウレンには好意的な私でも流石に擁護しかねるクオリティでした。

シリアスだった反動でギャグをやりたいのでしょうけれど、この笑えない状況下であんなざまを見せつけられてもねぇ・・・。
最近東映がいろいろ作りまくっている余波を受けたのかな。
[ 2017/04/20 21:21 ] [ 編集 ]

Re: ( 虎)「ようこそスーパー戦隊の世界へ」(王 )

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>小太郎もキュウレンジャーの一員になったはいいけど、この手のキャラって致命的なトラブルを呼び込みやすいんですよね……
今回の時点でトラブル起こしていますからね。
頭脳明晰にしても変ですし、ムードメーカーなら別のキャラでもできそうですし。なまじ数が多くなっているので扱いに苦労しそうです。
[ 2017/04/23 11:14 ] [ 編集 ]

Re: ナーガ・レイ ガーゴイル先輩説

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>現在進行形で醜態をさらしている状況で彼がショウ司令を認める展開に持っていくのは説得力皆無ですね。
むしろ前回(9話)、ショウが仲間を救うために奮闘している姿を見て、ビッグ・ベア司令が力を貸して
リュウコマンダーの力を得る…という展開でも良かったかもしれませんね。ビッグ・ベア司令を出すタイミングに困りますが…

>某プリキュアみたいに「子供が大仰な使命を背負ったり戦術的に戦わない」と毛利氏がご乱心しないことを祈ります。
「敵に失礼だから笑顔で戦わない」とか言ってた作品とは違い、こちらの子供は楽しそうにノリノリで戦っているので大丈夫でしょう。
[ 2017/04/24 22:10 ] [ 編集 ]

Re: そんな餌で俺様が釣られるクマー!

オルタフォース様、コメントありがとうございます。

>シリアスだった反動でギャグをやりたいのでしょうけれど、この笑えない状況下であんなざまを見せつけられてもねぇ・・・。
最近東映がいろいろ作りまくっている余波を受けたのかな。

ショウ司令がいきなり謎推理をし出したのは、推理ドラマのパロディがやりたかったから…とかいう意見もあるみたいですね。
やりたいこととやるべきことは混合しないほうがいいような…
[ 2017/04/25 00:02 ] [ 編集 ]

ラッキー「司令が俺達を選んで導いたんだ!」
リアルタイム視聴当時はスルーしてましたが、よく考えたら
・スパーダ、ハミィ、チャンプ:スタート時点で既に居たので加入の経緯は不明
・ラッキー、ガル、ナーガ、バランス:ショウ着任前に加入
・ラプター:後から覚醒
・スティンガー:ショウがスカウトしたと明言されている
…あれ? 9人中半数以上はショウ関係なくない?
前回でショウが戦う覚悟を新たにして「模造品」のリュウコマンダーで本格参戦したのに、その直後にポッと出の小太郎が正規メンバーになっちゃうのも何だかなあって感じです。

加えて後の回も含めて(荒川脚本とも比較して)の感想なんですが。
仲間が全滅の危機に瀕してる最中に焼き鳥屋行ってみたり、部下が失神してる脇で探偵ごっこに興じてみたり、前回の引きから「あんな適当な奴にリベリオンは任せられん」とぶっちゃけてしまったり。
あんまり言いたくないけど、毛利って「ネタを挟んでも良い場面」と「シリアスで通さなければならない場面」の区別がついてないんじゃないかって気がしてます。
[ 2017/06/21 17:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1576-e6fa443c