今思うとRGにメガランチャーが付かなかったことは本当に謎

DSC00100_201704222154374d4.jpg

新しいゼータくん作りました。
DSC00101_201704222154397c0.jpg

旧版(右)と比較しても、プロポーションに大きな変化はないですね。
個人的にはガッチしている旧版のプロポーションの方が好みな気がします。REVIVE版はフロントスカートがダラっとしててカッコ悪い・・・
ウイングの大きさがかなり異なりますが、設定画に近いのは旧版の方ですね。
尤も設定画のゼータはもっとずんぐりした体格なので、あまり気にするほどの問題でもないかも。好みの問題かな。


DSC00102_20170422220006282.jpg

DSC00104_2017042222000908c.jpg

DSC00103_20170422220007dbf.jpg

DSC00105.jpg

DSC00106_20170422220012737.jpg

DSC00107.jpg

DSC00108.jpg

DSC00109.jpg

公式が「最高峰の可動」と謳うだけあってよく動きます。ゼータ系列お馴染みの首可動については相変わらずですが…
左右可動は仕方ないにしても、もうちょっと見上げるようにしてほしかったな、首。


DSC00110.jpg

DSC00111_20170422220936c93.jpg

WR形態は相変わらず「2個買いした方が良さそう」という感想に落ち着きました。
RGのように完全変形に拘って信頼性を低くしてしまうのはいけませんが、流石にいちいちパーツを分離させるのは面倒なので…


プロポーション、可動性能共に高クオリティに設計されているプラモではありますが、
一方で色分けはまだまだシールに頼る部分が多かったり、ライフルやメガランチャーをナギナタみたいに持つことが出来なかったりと、
改善すべき点はまだまだ多いです。特に色分けに関しては旧版から殆ど進歩がありません。
名機ゼータガンダムは盛り込むべきギミックが多いために、立体化された際の「満足できるライン」というのも高いと思います。
少なくとも、個人的にはまだ満足できるレベルではないです。これからの改善に期待したいところです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/22 22:19 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(10)

新しいΖだー!
私個人としてしましては、今回のΖの方がプロポーションは好きです。よく動きますし、メガランチャーも付きます。何よりビームサーベルが色分けされてるのもグッドかと。

ただ、少しいただけない点もあります。

背部のバインダーは相変わらず真っ黒ですし、シールドに至っては色分けが劣化してます。見比べていただけるとお分かりになるかと思いますが、シールドの中央の赤い凸が旧版だと色分けされています。新版はなんと、そこがシールになってます……パーツ分け出来る場所だと思うんですけどねぇ……。
[ 2017/04/22 22:48 ] [ 編集 ]

こんばんは!


解りますとも
HG、MG、PG、MIA、ロボ魂に至るまで全て手を出してるのですが、未だに「これだ!」というΖに出会えてません
ロボ魂は変形オミットしてるにも関わらずあのザマですし、当分は決定版と呼べるZは無理かも知れませんね
[ 2017/04/22 23:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

スペシャルグラハム様、コメントありがとうございます。

>シールドの中央の赤い凸が旧版だと色分けされています。新版はなんと、そこがシールになってます……
あ、普通に貼り忘れてた…
今回のZは赤色の色分けにとことんついてませんね。
バインダーのところとか可動させる度に剥がれる危険性が…
[ 2017/04/25 00:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>ロボ魂は変形オミットしてるにも関わらずあのザマですし
腰が回らないのは本当にどうかと思いました。顔とかは好みだったんたですけどね…
[ 2017/04/25 00:15 ] [ 編集 ]

色分けをシールに頼ってるのは「できない」のではなく「やらない」のですよね、価格をこの値段に抑えるために。
これは改善どうこうの話ではなく単純に価格との相談になります。
RGゼータでハイパーメガランチャーが付かなかったのも同様に価格との相談の結果でしょう。
RGの価格は当初2500円+税で統一され、ゼータが初めての3000円+税でした。
以後ストフリやダブルオーライザー等メッキやボリュームのある機体も3000円+税でしたからこの上げ幅が限度ということだったのでしょう。
ただ大型機体+メッキにより3800円+税でシナンジュが出されたので、仮にゼータの販売がこの後であればハイパーメガランチャーの付属の可能性は高かったかもしれません。
[ 2017/04/26 06:58 ] [ 編集 ]

水を差す様で悪いですが、シールドの差し替え伸縮を再現しようとしたためにシールドの赤はやむを得ずシールにしたと思われます。
RGとの差別化ってのもあるでしょうしw
[ 2017/04/26 23:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kei様、コメントありがとうございます。

>色分けをシールに頼ってるのは「できない」のではなく「やらない」のですよね、価格をこの値段に抑えるために。
私は「良い物を手に入れるのであればそれ相応の対価を払って当然」だと考えているので、価格よりもクオリティを重視してほしいと考えています。
私は製作側の人間ではないのでコストとクオリティのバランスについてはよく分かりませんが、比較として上げているRGはクオリティの上昇と共に価格を上げているんですよね?
でしたら、HGも時代と共に価格が変動しても不思議ではないと思います。
そもそも定価1944円超えてるガンダムタイプMSのプラモは珍しくないですし。
[ 2017/05/02 00:50 ] [ 編集 ]

>比較として上げているRGはクオリティの上昇と共に価格を上げているんですよね?
いいえ、そんな事は言っていません。
可変機の複雑な可動構造によるパーツ=ランナー増の分(Zガンダム)、機体が大きく単純にボリュームを上げざるを得ない分(00ライザー、シナンジュ、天ミナ)、メッキ処理など付加価値(ストライクフリーダム、シナンジュ)がある分の値上げです。
質を上げるための値上げについてはRGはまだ行っていません。

>HGも時代と共に価格が変動しても不思議ではないと思います。
そうです、主に関節パーツの複雑化によるパーツ増から値段は上がっています。
ポリキャップを減らしKPSで関節を構成することでパーツ増をなるべく抑えていますが。
だから色分けに関しては程々にして価格の上がりすぎを抑えています。これらは原油価格の上昇も少なからず影響してます。

以前ホビーショーで担当者に話を聞きましたが、HGは気軽に手にしてもらいたい位置付けのもので、RGやMGとの差別化において、一番コストにシビアなグレードだそうです。
[ 2017/05/04 08:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ガンプラ好き様、コメントありがとうございます。

>水を差す様で悪いですが、シールドの差し替え伸縮を再現しようとしたためにシールドの赤はやむを得ずシールにしたと思われます。
貼ってなかったからすっかり忘れてましたゾ。情報提供ありがとうございました。
[ 2017/05/04 23:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kei様、コメントありがとうございます。

>いいえ、そんな事は言っていません。
>質を上げるための値上げについてはRGはまだ行っていません。

これは私とkei様に認識の齟齬があるようです。
サイズはともかく、スケール故に複雑怪奇で変形オミットも考慮できたであろうゼータ、
メッキ処理をせずともインジェクションカラーなどで済むこともできたストフリやシナンジュなどは、
私にとって間違いなく「質を高めた結果値上がりした」と認識しています。
そもそも可動も色分けも造型も基本トップレベルのRGにおいて、「高めるべき質」とは何なのでしょう?

>以前ホビーショーで担当者に話を聞きましたが、HGは気軽に手にしてもらいたい位置付けのもので、RGやMGとの差別化において、一番コストにシビアなグレードだそうです。
さしずめ「ゼータは主役機体だからお求めしやすいようコストを控えめにした」といったところでしょうか。
ZIIだったりゼータプラスだったり、ゼータ系列における親戚のみなさんは2000円の大台を超えているので、
そこまで遵守すべきコストだったのかなぁとも思います。(尤もパーツ構成やら色分けやら全く別物ではありますが)
[ 2017/05/09 00:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1580-6132335b