今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 11話

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.11 『宇宙を救う3つのキュータマ』

キュウep11 0

マイティブラザーズ!(色合い的に)
ラッキーといい小太郎といい、やたらとエゴイズムの目立つお話でした。そんな11話目。

小太郎はまたも大人の忠告を無視して独断行動をとりました。
子供なりの気ままさをアピールしたいのかもしれませんが、前回と併せてわがまま放題なのは心象を悪くする一方です。
単純に5人メンバーの中に加えてあげればよかったのに…

ラッキーは幸運体質が無くなったことで見てられないくらい焦るようになりました。
見た感じ、戦いを通じて自身の幸運っぷりを確かめていたように見えます。
それをイカーゲンにぶつけるのは間違っていると思いますけどね。彼との戦いでは幸運状態でも苦戦していましたから。
過去に冒険をしていたことや、キュウレンジャーして戦いに身を投じていたのも、その理由あってこそのものなのでしょうか。
現状、ラッキーがキュウレンジャーと戦う明確な理由が存在しないので、そう思わざるを得ない状況です。

前後編の前編という、比較的モヤモヤの残りやすい話がメインだったせいか、オオグマボイジャーやリュウテイオーの活躍もあまり印象に残るものではありませんでした。
戦闘の内容も微妙でした。「水が苦手」といっても単にバシャバシャかけてただけですからね。そもそもワームがモチーフのせいか、敵のデザインが普通にキモイ…
1クール目のシメとなる次回の話で、ラッキーの信頼をどれだけ取り戻せるかに期待がかかります。

…でも「不運」って本人の努力だけじゃ克服しようがないと思うんですが、どうやって説得力を持たせるんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは!


せっかくの新ロボなのにフィニッシュでポカやらかしてデビュー戦にケチついた感が……デザインは凄く好みなのに
小太郎は言うに及ばず、ラッキーも我を通そうとして空回りしてる感がいつもにもまして酷かったですね
回想での子供の頃のラッキーがえらく壮絶なシチュエーションだった事もあって、彼が何故自らのラッキーに拘るのか気になりますね
そしてトモキュータマが飛んでくる事も含めて全て予測済みだったイカーゲンの秘密……より、いきなりキャラ崩壊したマーダッコ姐さんのインパクトの方が気になる点について
[ 2017/04/23 12:16 ] [ 編集 ]

アルゴ船ならグングニルでスクラップにしたんですがそれは…

ウイングダイバーの中の人がキタエリと知ったのはつい最近ですが…
まぁ、手羽先からリスポンした亜人(佐藤さん)もいますから、タコ足からなんて普通。

案の定、小太郎はトラブルメーカーでしたね。個性を出すためとは言え他に方法は無いのか…
まぁ彼の場合はスティンガーという兄貴分が付きそうですから今後の伸びしろはあるとは思いますが。
「弟が兄貴分になる」スティンガーと「兄が弟分になる」小太郎の対比は面白い設定ではあります。
この関係性が双方のキャラの形成に活かされれば良いですが。

>見た感じ、戦いを通じて自身の幸運っぷりを確かめていたように見えます。
そうなるとラッキーは想像してたよりも過激な面を持った主人公ですね、自身をチップに見立てベットするような物です。
ニチアサヒーローである以上、視聴者の為にも彼らの勝利は「必然」であるべきです。
次回のサブタイにわざわざ『11人』と付けているのですからキュウレンジャー全員が揃ってこそ成立する勝利へとならなければ…

>そもそもワームがモチーフのせいか、敵のデザインが普通にキモイ…
本編では軽く流されてましたけどあの街の住人はデスワームに食われてしまったようです。
インダべーをも無差別に捕食してましたからジャークマターの侵略とは別に偶発的に自生してしまったのでしょう。
アレが氷山の一角なら地球の生態系はメチャクチャになってやっぱりディストピアです。
どうにもシリアスな面と緩い面がゴッチャになり作中世界がフワフワしてますね…
[ 2017/04/23 15:35 ] [ 編集 ]

デスワームのグロデザインやリュウテイオーの角など、どことなく90年代特撮感のあるお話でした(笑)

小太郎は恐らく、我々が年を経てしまったから(笑)こそ粗が目についてしまうのでしょうね。

恐らく小太郎と同い年位の時期に見ていたら、やっぱり小太郎の言い分になる気がします。折角力を手にしたのだから、その力は使いたいと思うのが子供は当たり前でしょうし。
恐らくですが、小太郎は視聴者(子供)目線のキャラという試みだと思うので、スティンガーを始めキャラが心得を説いて成長させ、みている子供達もそれを感じ取ってもらいたいという制作の意図があるのかもしれませんね。


そしてラッキーはいよいよ背景が少し明かされそうで。体質に身を任せるキャラというよりは、強がっているのをラッキーという言葉で隠している様なキャラなんでしょうか。その方が人間臭くて良いですが。
取り敢えずラッキーには幸運だけじゃない何かを手に入れて欲しいですね。というかそれが成長の鍵なんでしょうね…。


次回で第二幹部も倒せそうですし、テンポは良い感じですね。そもそも30分後の社長が引っ張り過ぎなんですが(笑)
[ 2017/04/24 12:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>回想での子供の頃のラッキーがえらく壮絶なシチュエーションだった事もあって、彼が何故自らのラッキーに拘るのか気になりますね
「過酷な状況から生き延びたのだから、自分は幸運な存在だと実感したい」みたいなところですかね?
幸運というのは日々の鍛錬じゃ磨きようがないことなので、主張に説得力もたせるのは大変だと思いますが…

>いきなりキャラ崩壊したマーダッコ姐さんのインパクトの方が気になる点について
ニチアサにおけるCV:キタエリキャラは今日も平常運転です。
[ 2017/04/25 23:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>回想での子供の頃のラッキーがえらく壮絶なシチュエーションだった事もあって、彼が何故自らのラッキーに拘るのか気になりますね
ベタ路線なら「こんな過酷な状況から生き残ったんだから、自分はラッキー!」とでも思いたいんでしょう。
過去に冒険に身を投じてたのも、敢えて自分を危険な目に遭わせることで幸運を実感してたんでしょうかね。

>より、いきなりキャラ崩壊したマーダッコ姐さんのインパクトの方が気になる点について
CVキタエリキャラの面白さは本作でも健在です。
[ 2017/04/29 01:53 ] [ 編集 ]

Re: アルゴ船ならグングニルでスクラップにしたんですがそれは…

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>本編では軽く流されてましたけどあの街の住人はデスワームに食われてしまったようです。
インダべーをも無差別に捕食してましたからジャークマターの侵略とは別に偶発的に自生してしまったのでしょう。

実はあまり実感できてないです。都合のよい時だけ周囲に人がいなくなるのはスーパー戦隊において通例ですからね。
世界観が従来と大きく異なるのに相変わらず同じロケ地を使いまわしているせい。というのもありますが。
[ 2017/04/30 01:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>小太郎は恐らく、我々が年を経てしまったから(笑)こそ粗が目についてしまうのでしょうね。
いえいえ、身勝手な理由で独断行動することは十分悪いことです。大人として正しい感覚だと思います。
大事なのはそういった理由を良しとしてベタ褒めすることではなく、きちんと注意を促し次に繋げることだと思います。
スティンガーとの関係が良い結果を生むといいですね。

>取り敢えずラッキーには幸運だけじゃない何かを手に入れて欲しいですね。というかそれが成長の鍵なんでしょうね…。
他のもの、手に入れてほしいですね。今までは「よっしゃラッキー!」と自分のアイデンティティをゴリ押してばかりでしたので。
[ 2017/05/02 00:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1581-3c559aba


宇宙戦隊キュウレンジャー 第11話「宇宙を救う3つのキュータマ」

宇宙戦隊キュウレンジャーの第11話を見ました。 第11話 宇宙を救う3つのキュータマ 「司令がブリッジに集まってってさ」 「待って、この前出した懸賞が当たってるかどうかだけ…」 「どうせ当たってるんでしょ?」 懸賞に外れたラッキーは88星座占いで運勢最悪の中、ショウ・ロンポーの指示でアルゴ船復活に必要な3つのキュータマを探すことになる。 その中のひとつトモキュータ...
[2017/04/23 21:15] URL MAGI☆の日記