今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 15話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第15話 『愛ゆえに!怒りのキュアショコラ!』

キラプリep15 1

あ、チョココロネだ。
15話目です。
相変わらず捻りのない無難なお話でしたが、前回みたいなツッコミどころが少ない分マトモでした。
また前回と違って、あきら とみく には「チョコ」と密接な繋がりが明かされたことも大きいです。
反面、あきらが特別何かをしたわけではないので、前々から危惧していた「他者にアイデンティティを委ねている」という部分も露呈しました。
年長組はキャラの掘り下げがあっさりしてるねぇ…

リオ君は普通でした。普通すぎて特に言うこともありませんが。
脚本間で設定などの意思疎通がうまくできていないと思われる中で、
リオ君に関しては何となく「こいつやることないけど悪役だし顔だけ出しとこう」という意思が統一されているように見えるのは中々シュール。
関連記事
スポンサーサイト

これがダブルミクですか(中の人的な意味で)

今回のリオの行動は至って普通でしたが、初登場の回を除けば一番彼の計画を実行(良質なキラキラルを生むためにいちか達を奮い立たせてスイーツを作らせ、それを食べた人間のキラキラルを奪い、実験する)する為の筋が通ってましたね。
それ以外の回では尊重するかと思えばなぜか否定する側になってましたし…もしかしたら、あえて逆の行動をする事でいちか達を試す描写の可能性も微粒子レベルで存在するかもですが、本編の描写だとただの言動不一致に見えてしまうのが何とも…
次回はゆかりがリオの実態に迫る回、この展開にするために後回しにしたんですね。珍しく実験成功の下りもなく、ただ憤るだけだったのも今後の付箋でしょうか?
ところで、あのプラスルもどきはいつ出てくるんですかね…?
[ 2017/05/14 17:54 ] [ 編集 ]

ick「チョコレートとか好きですか?嫌いですか?」みくちゃん「どちらかと…言わずとも好きです!」

「怒りのキュアショコラ!」という程にはあきらは取り乱していませんし。
妹のみくもアニメでよく見る病弱な少女とは見えませんでしたが王道で無難な回でした。
(まぁ、前作の様に「愛ゆえに」病的で視野の狭い人間にはなって欲しくはありませんが…)
みくにあきらへのプレゼントを提案したいちかの他にアイシングのレクチャーをしたひまり。
おだてられ調子に乗ってしまうあおい 、ケーキを作っている間、あきらの話し相手になったゆかりと。
他のメンバーも個性を発揮できるパートがあったのもこれまでの微妙だった点が見直されていました。

>「こいつやることないけど悪役だし顔だけ出しとこう」という意思が統一されているように見えるのは中々シュール。
「初代のキリヤみたいな敵を出そう」というアイディア止まりでリオ自身の立ち振る舞いが煮詰まってませんね。
そもそも彼は初登場の時、それ程劇的な邂逅をいちかとしている訳ではないので関係性が凄く淡白なんですよね。
ほのかとキリヤは日常パートの段階から「価値観が異なるが互いに気になる存在」という恋愛の王道を征く展開でしたから…
対するいちかもラブのせつなに対して向けたような熱烈な好意をリオに向けている訳でもありません。
そしてジュリオは今回に限らずバトル中は妙にキラキラルに関する解説役も兼任していてオルーバくんと重なる所でもあります…
[ 2017/05/14 23:37 ] [ 編集 ]

Re: これがダブルミクですか(中の人的な意味で)

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>もしかしたら、あえて逆の行動をする事でいちか達を試す描写の可能性も微粒子レベルで存在するかもですが、本編の描写だとただの言動不一致に見えてしまうのが何とも…
前回なんていちかの行動に普通に唖然としてましたもんね。オンオフの切り替えが激しいと言いますか、ジュリオの時と態度がガラっと変わってる気がしますね。

>ところで、あのプラスルもどきはいつ出てくるんですかね…?
あれがリオくんなんじゃない?(錯乱)
[ 2017/05/17 00:23 ] [ 編集 ]

ゆかり「何故妹の名が『みく』なのよ?」あきら「スタッフに聞いてくれよ」

チャーハンです。今回はあきらと妹のみくの姉妹愛が中心の回でした。みくが病気の割に元気な感じでしたが他の方の意見を見ますとみくの様な感じの病人も結構いるという意見が結構でてましたので個人的にはそういうものかな、という感じに考えてます。話自体はとても良かったです。あきらのアイデンティティについては自分も同じように感じました。ハピネスチャージの愛乃めぐみと同じタイプのようですね。みくの想いがキラキラルを通じて伝わるシーンで「あたしの事いつも心配してる顔じゃなくて本当の笑顔が見たかったの」という言葉がいつも笑顔に見えて実際には笑っていない、どこかで無理をしてるのを表してました。以前ゆかりに「自分の意見は?」と問われてましたがいちか以外のメンバーでキラパティ(プリキュア)から一番距離を置いているのは案外あきらかも知れないですね。次回はゆかり回ですがジュリオにも焦点が当てられそうですね。ここまでのジュリオはキラキラルの実験をする一方でひまり・あおいの悩みについては「頑張る事なんかない」「自分の気持ちをわかってもらうなんて無理なんだ」とネガティブな意見ばかり言ってますが過去に何かつらい事があってそれで力を(キラキラルを)欲するようになったのかな?と考えてます。(初登場時のアドバイスの事もありますし)ゆかりがメインの回ですのでゆかりの方が気になりますがこの急接近で物語がどう動くのかも気になる所です。
[ 2017/05/20 07:32 ] [ 編集 ]

Re: ick「チョコレートとか好きですか?嫌いですか?」みくちゃん「どちらかと…言わずとも好きです!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>そもそも彼は初登場の時、それ程劇的な邂逅をいちかとしている訳ではないので関係性が凄く淡白なんですよね。
不十分であるプリキュアメンバーの5人の描写にも尺を費やさなければいけないので、割りを喰らってしまった感じでしょうか。
あとはそもそも彼のバックに控えているであろう悪役がハッキリしていないせいで、彼個人の立ち位置がよく分からないのも原因の1つかもしれません。
[ 2017/05/24 22:31 ] [ 編集 ]

Re: ゆかり「何故妹の名が『みく』なのよ?」あきら「スタッフに聞いてくれよ」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>みくの想いがキラキラルを通じて伝わるシーンで「あたしの事いつも心配してる顔じゃなくて本当の笑顔が見たかったの」という言葉がいつも笑顔に見えて実際には笑っていない、どこかで無理をしてるのを表してました。
笑ってない、というより「自分のことを考えていない」といった方が正しいと思います。
他人の事を優先させてしまいがちなあきらにとって、妹のみくが元気な姿を見るだけでも十分「嬉しい」という喜びの感情が沸くのでしょうが、
みくにとっては自分以外のことにもっと関心を向けてほしかったんだと思います。
こういう姉を間近で見ているせいなのか、若干ですがみくにはあきらよりも精神的にリードしている部分が見えますね。
[ 2017/05/25 00:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1595-bf7d124f