見本写真に上がってるキックしてるポーズを本編のどのあたりでやったのか全然思い出せない

DSC00060_2017052523043006e.jpg

私は元々フィギュアにバイクを乗せるのが下手なフレンズです。
特に真骨頂みたいな、よく動いてかつ繊細な扱いが必要になるフィギュアなんてバイクに乗せるだけでも一苦労です。
フィギュアは人間と違って肌や筋肉の弾力がないので当然といえば当然なのですが…

せめて説明書にバイクの乗せ方をちゃんと記載してほしい。
商品紹介画像の中にきちんとバイクに乗ってる写真を含ませといてほしいと思う今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/25 23:08 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(5)

ハンドルを掴む。
足をペダルに乗せる。
両方やらなきゃならんのが幹部のつらいところですねw
という冗談はさておき、ハンガーのような指示フレームがあった方がいいかもしれないですね。
[ 2017/05/26 06:48 ] [ 編集 ]

見本の空中ライディングキックは確か夏の劇場版でルナドーパントのバラまいたマスカレード相手にお見舞いしたやつですね
俺は乗せる前にある程度ポーズを決めてから乗せて腰と足先を押さえながら微調整してます
ライダーの腰の形に凹んだシートパーツとかあるともうちょい楽なんですけどね
[ 2017/05/28 01:45 ] [ 編集 ]

フィギュアーツが特にこの様なフルカウルマシンに乗せづらい理由は、プロポーションの良さによる胴短長足にあります。

バイクはほぼ実車通りの寸法に対し、ライダーのプロポーションが良すぎるんですね。これにより、胴が短い為、タンク長が邪魔をして腕が伸び、背筋が立ちます。

そして最大の弊害として、腰が深く沈まなくなります。この
「ケツに体重をかけているように見えないライポジ」
は、ライダーの一番ダサい乗り方です。教習所の風景です(笑)

バイクというのは良く出来ていて、日本車なら日本人、外車なら欧米人の体型に合わせて、人間工学を下に、各パーツのポジションを考えて作られています。

フィギュアーツライダーマシンシリーズは確かに実車に基づいた精巧なデザインではありますが、フィギュアーツの人間体型に基づいたマシンではない為、そういう所で軋轢が生じる訳です。

バイクヲタの御託失礼しました。
[ 2017/05/28 19:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

>ハンガーのような指示フレームがあった方がいいかもしれないですね。
欲しいんですけど、同梱するとなったら価格が上がりそうですね。600円くらい…
ただでさえプレバン商品は送料手数料で高くつくというのに…
[ 2017/06/03 18:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>フィギュアーツが特にこの様なフルカウルマシンに乗せづらい理由は、プロポーションの良さによる胴短長足にあります。
真骨彫シリーズは元々実際の肉体を忠実に再現することを念頭に置かれたブランドだというのに、
それを突き詰めた結果バイクに乗りにくくなってしまうというのは皮肉な話ですね。
乗る人に合わせたセッティングが必要だというのは仰る通りだと思います。
この辺は玩具設計の都合上、解決するのが難しそうですね。
[ 2017/06/04 22:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1601-44b5a1c6